『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

橋本真也の引退の原因になった、対小川、4試合についての疑問なんですが、当時、個人的にはプロレスは全てが真剣でなくても、タイトルマッチなんかは真剣勝負だと思ってました。当然、橋本対小川の4試合もです。(橋本の復帰理由は納得できませんでしたが。)

最近の「プロレスはショー」との動きから。気になってネットで調べました。結果、以下の2つの事を見つけました。

・当初、試合は3試合を予定されていて、1試合目は小川が勝ち、元柔道代表選手の凄さをアピールし、2試合目は橋本が勝ち、プロレスの凄さをアピール。3試合目で橋本が勝ち、プロレス一日の長を示す。
との筋書きを、3試合目で猪木が小川を煽り暴走させ、4試合目へ。

・1試合目で橋本が負けた時に猪木は、泣きたい気持ちになった、と語る。

どちらも有りそうな話ですが、内容的には反する様な気が、、、。

真実を知るのは無理かもしれませんが、あなたの知ってる、この試合に関する事を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 私はプロレスでの試合後のコメントは基本的にショー的要素を強める為と判断します。



 つまり、猪木が泣きそうになったとコメントしてもあくまでやらせであり、真剣さを強調するもので本当に泣きそうになったのかどうかは疑問です。猪木一流のマッチメイカーとしてのコメントのような気がします。

 ただ、プロレスと言うのは基本的に納得のいく結果しか残さないもので、その段階で小川の方が強いと判断されれば、容赦なく橋本の綺麗な潔い負け方を組まれます。小川に新日を引っ張っていけそうなスター性があればなおさらです。その点では、「そのような試合しか組むことの出来なかった橋本に猪木は泣きたくなった」と言うことも説明がつきます。

 さらに、その時点で新日フロントから小川より弱いと判断された橋本の不信感もあり負けて即引退したのかな?と言うのも私の周りのプロレスファンの見解でした。そのまま新日に残っていても今後は小川のかませ犬として扱われるだけですしね。

 だから、試合自体はショーでも、それを取り巻く環境と本人の強さと言うのはガチだったと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございます。

確かに当時の小川は、新日マットをメインでやっていく感じでしたね。復帰してから橋本は新日在籍中にゼロワンを立ち上げてたと思うので、小川戦をキッカケに新日に不信感を持ったといのも頷けます。

猪木のコメントは、最初の盛り上げの為のショー的コメントというのに同感です。

お礼日時:2005/08/12 21:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q 小川対橋本は台本はあったのでしょうか?  

何回かこの二人はプロレスのリングで戦ったと思うのですが(負けたら即引退試合とかもやってましたよね)

これらの試合って通常のプロレスみたいに全て台本があったんでしょうか?

Aベストアンサー

「どちらが勝つか」については取り決めがあったと思います。

ただ、他の試合はともかく、99年1・4東京ドームでの試合については、試合の内容まで取り決めはなかった(あるいは取り決めが守られなかった)のではないかと思います。ああいういびつな試合内容にする必然性が感じられないからです。

橋本(の属する組織)と小川(の属する組織)が緊張関係にあり、橋本としては当時「小川が何をしてくるかわからない」という緊張感があったようで、警戒のあまりああいう試合になったのではないかと思います。橋本が体にオイルを塗っていたとかレフェリーを蹴った(反則負けor無効試合狙い?)とかですね。

他の一連の試合は普通のプロレスの範疇でしょうが、あの試合だけは未だに論争になることもある異様な試合だったといえるでしょう。

Q前田日明 「プロレスを壊したのはアントニオ猪木だ!」って本当ですか???

──資質という部分で言えば、今回の三沢光晴死亡事故を受けて、全日本、新日本、NOAHの3団体で統一のプロレス・コミッションを作って、ライセンス制を敷こうという動きもあるようです。
プロレスラーのライセンス制度というのは、現実的なのでしょうか。

前田日明「今は......ムリだと思うよ。
だって、じゃあ『ハッスル』はどうすんの? っていう話になる。
芸能人出るじゃん。
あれはもうプロレスラーじゃないよね。
それに『ハッスル』だけじゃない。
アントニオ猪木がタッキー(滝沢秀明)とプロレスやっちゃったじゃない(00年3月14日/横浜アリーナ)。
よく『前田日明がプロレスを壊した』なんて言われるけど、そうじゃない。
アントニオ猪木が壊したんですよ。
タッキーとやった時点で、観客もガッカリしたし、選手もガッカリしたし、俺も涙が出るほど悔しかったよ。
猪木さんが何を、金のためにこんなことしてんの、って。
プライドはどこにいったの、って。
プロレスであれが許されると、もう誰も『ハッスル』のことなんて言えない。
『ハッスル』もプロレスだって言うしかない。
そしたら、ライセンス制なんてムリですよ」


プロレスを壊したのはアントニオ猪木なんですか?

今の段階でプロレスラーのライセンス制度というのはムリですか?

──資質という部分で言えば、今回の三沢光晴死亡事故を受けて、全日本、新日本、NOAHの3団体で統一のプロレス・コミッションを作って、ライセンス制を敷こうという動きもあるようです。
プロレスラーのライセンス制度というのは、現実的なのでしょうか。

前田日明「今は......ムリだと思うよ。
だって、じゃあ『ハッスル』はどうすんの? っていう話になる。
芸能人出るじゃん。
あれはもうプロレスラーじゃないよね。
それに『ハッスル』だけじゃない。
アントニオ猪木がタッキー(滝沢秀明)とプロレス...続きを読む

Aベストアンサー

そもそもですが、ライセンスの件と三沢選手の事故の件は、直接関係ありません。それ以前から、メジャー3団体で話し合いが行われていた中の一環です。

で、無理かどうかと言えば、無理ではないと思います。ただし、あくまで、メジャー3団体としてってこと。
そもそもで言えば、プロレスはボクシングなどとは異なる機構だから。それは、団体と言いながら、すべては非上場の、単なる会社組織だから。たとえば、自動車工業会と言うくくりはあっても、トヨタと日産、ホンダが仲良しこよしできるかって話です。まあ、自動車は、最低限の規格基準が法で決められていますが、法的な遵守目標が無いプロレスでは、根本難しいと言うことです。

前田氏が言うことももっとも。線引きができない。
プロレスが演劇であることは、隠しても隠し切れない事実。だからといって、コミッショナーやライセンスを設けていけないって法は無い。映画「レスラー」に関連して、ミッキーロークが言ってましたが「プロレスラーは、お互いの信頼があって初めて危険な行為ができる。だからお互いへのリスペクトや絆、仲間意識が強い」逆に言えば、素人相手に演劇はできても、プロレスはできないってこと。ただ、それをカミングアウトしてるアメリカならともかく、日本ではリングに上がった時点で、その辺の線引きが無くなる。むしろ、そういう色分けがされずに、すべて八百長だからとか言う、負のほうへの短絡的な仕分けがされる。そういうのが、プロレスラーのプライドとして許せないってことなのでしょう。

猪木氏の件にしても、そういう線引きをなくした最初の試合?というのは、私怨も含めた前田氏の言い分でしょう。ただ、アレは事前に「エキスビション」と謳われていたし、ほんとの試合だと思ってる人はいないでしょう。つまり、猪木さんにそんなことしてほしくなかったという、愛情の裏返しでもあるのかなと思います。

そもそもですが、ライセンスの件と三沢選手の事故の件は、直接関係ありません。それ以前から、メジャー3団体で話し合いが行われていた中の一環です。

で、無理かどうかと言えば、無理ではないと思います。ただし、あくまで、メジャー3団体としてってこと。
そもそもで言えば、プロレスはボクシングなどとは異なる機構だから。それは、団体と言いながら、すべては非上場の、単なる会社組織だから。たとえば、自動車工業会と言うくくりはあっても、トヨタと日産、ホンダが仲良しこよしできるかって話です。ま...続きを読む

Q橋本真也の解雇について

こんにちは。新日本プロレス(現ZERO-ONE)の橋本真也が新日本を解雇された理由ってなんですか?長州力との確執が原因なのですか?ただ、その確執も何が原因だったのですか?昔、橋本は長州を団長と呼んで慕ってたと思うのですが・・・。結構、気になってます。

Aベストアンサー

 解雇の流れについては、表向きな理由の一つとして、「全日本との関係」ってのもあったりしてます。
 今でこそ秋山(NOAH)と永田(新日本)との間で交流気運が盛り上がってますが、この頃はまだ新日本は全日本と関係を持っていたわけで…
 そんな中、橋本が全日本と断絶しているNOAHとの交流をおおっぴらに口に出してしまったために、全日本との交流をつなげるためには橋本の存在がうざったかったのだと思います。

#10.4で川田が健介に敗れていたら話は変わっていたかもしれません。

 ま、橋本にしても、新日本という足かせがなくなればNOAHとの交流もやりやすくなるということで渡りに船だったともいえます。

 でも、新日本、猪木事務所、UFO、ZERO-ONE、みんな猪木の息がかかってるからなぁ…
 おんなじだろって気もしますけどね^^;
 極論すれば、PRIDEも^^;

Q大山倍達って強いの?

じっさいどの程度強かったのでしょうか?
よくボクサーやレスラーに連勝したとか
聞きますがどの程度のレベルの相手だったのでしょうか?
なにか相対的な強さがわかるように教えて頂きたいのですが

空手を世間に広めたという事はわかるんですが
=強さと言う事では無いと思うんですが



今のレベルでは話しにならないとは思うのですが
当時のレベルでも大山倍達は本当に強かったのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問を読んで連想したのは、昔文壇で盛んに「宮本武蔵は名人か否か」が論議された事です。
その回答として吉川英治がかの大傑作「宮本武蔵」を執筆したのはあまりにも有名ですね。
大山総帥の場合、吉川版武蔵に相当する伝記作品が「空手バカ一代」になりますが、逆に「空手バカ一代」こそが論争の的になっているのは皮肉としか言い様がありませんね。

で、回答しますと
大山総帥は確かに強かったと思います。
最盛期の身体能力を持ってして現代の戦法・戦術を身につければ充分に現代の総合格闘技でも通用するとは思います
ただし、当時でも現代でも「最強」ではないと思います。
日本あるいは世界で1番強い、とはいかないまでも充分に強いと呼べる実力
そんなところではないでしょうか

Qヒョードルvs永田裕志はなぜ行われたのですか?

ヒョードルvs永田裕志の試合を動画で見ましたが、なぜこんなに実力差のある2人の対戦が組まれたのですか?誰かが欠場したりして急に決まったカードですか?当時の状況などを教えて下さい。

ヒョードルvs永田裕志の試合は検索で女子格闘家アリサ☆外伝というサイトを探して見ました。

Aベストアンサー

この試合が行われたのはイノキボンバイエ2003という、03年の大晦日のイベントです。前年、前々年に大晦日の格闘技イベントが好評だったため、この年はプライド、K-1、イノキと3つもの格闘技イベントが同日に行われ、紅白歌合戦の裏で中継される(プライド=フジ、K-1=TBS、イノキ=日テレ)異常事態になりました。で、選手の引き抜きや二重契約などが頻発。そもそも手駒があるプライド、K-1は自前選手とサプライズゲストで何とか乗り切りましたが、個人プロデュースのイノキ~は、選手集めに大苦戦。当初出場とされたミルコ・クロコップは怪我ということで中止、藤田和之の相手だったプロボクサーは来日せずドタキャン。ヒョードルも、プライド(当時DSE)と二重契約であることが発覚し、前日まで本当に出れるのかは不明とも言われていました。他の選手集めも困難を極め、窮余の策として猪木の顔が利く新日本プロレスから選手を借り出すことになったのです。で、噂では、永田の出場が決まったのが3日前、対戦相手は前日(実際にカード発表は30日)という話だったとか。アマレス経験があって、一応道場では総合に近い動きの練習もしてたのが理由らしいですが、総合の暫定王者との試合は、そもそも無理な話です。

で、このイベントは、視聴率で紅白含めた裏番組に惨敗、日テレは放送権料を減額、しかも、裏の世界の御方が選手契約も含めてかなり動いてらしたようで、後日、プロデューサーの逃亡騒動や、ヒョードル強硬出場に絡む恐喝などでその筋の方の逮捕者まで出ています。また、その余波で、永田のギャラ(1000万とも2000万とも)は未払いのままだとか。

この試合が行われたのはイノキボンバイエ2003という、03年の大晦日のイベントです。前年、前々年に大晦日の格闘技イベントが好評だったため、この年はプライド、K-1、イノキと3つもの格闘技イベントが同日に行われ、紅白歌合戦の裏で中継される(プライド=フジ、K-1=TBS、イノキ=日テレ)異常事態になりました。で、選手の引き抜きや二重契約などが頻発。そもそも手駒があるプライド、K-1は自前選手とサプライズゲストで何とか乗り切りましたが、個人プロデュースのイノキ~は、選手集めに大苦戦。当初...続きを読む


人気Q&Aランキング