プロが教えるわが家の防犯対策術!

申告規制とはどういったことでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

概要編


 信用取引(制度信用取引)の規制
  信用取引の規制は金融庁と証券取引所が行います。
  (近年はすべて取引所が行なっている)
  これには全銘柄に適用される全面規制と個別銘柄に適用される
  個別規制があります。

   全面規制は、
     (1)委託保証金率の引き上げ
     (2)委託保証金率の一部現金徴収
     (3)代用有価証券の担保掛目引き上げ
    などがあります。

   個別規制は、
     上記(1)~(3)に、加え信用取引売買の制限・禁止などがあります。

   尚、規制を行なう場合、(1)(2)(3)の併用で行なうこともある。


 貸借取引の規制
  貸借取引が何であるかは省きます。東証1・2部全銘柄の約92%が
  制度信用銘柄であり、同じく約68%が貸借銘柄に指定されています。
  貸借取引の規制は、各証券金融会社が行ないます。
   貸借取引の規制措置(制限措置)は、
     (1)制度信用取引の新規売り
     (2)制度信用取引買い方の現引き
     (3)制度信用取引買い方の転売
   があり、これらの申し込みの一部または全部を制限・停止することです。
   これら申し込みの制限または停止は、証券金融会社が各証券会社に
   対して行ない、これを受けて各証券会社が顧客に同じ適用措置を行ないます。


回答編
 貸借取引は、各証券会社が証券金融会社に融資・貸株の申し込みを
 行なう取引ですが、この申し込みを別名『申告』と呼びます。
 従って、申告規制とは貸借取引の規制・制限措置と言うことです。
 取引所の行なう信用規制と分けて表示・表現させるために『申告』
 と表記していると思いますが、あまり一般的ではありません。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング