1940年ごろのことですが、今は亡き父母が一時期住んで居た所が
東安省虎林とゆう地名で、現在は何とゆう地名になってるのか、ご存知でしたら教えて下さい。調べて見たいのですが、調べ方が解りません。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  Google で、「東安省 虎林」で検索すると、旧満州国の東安省虎林県虎林市という地名が、満州鉄道や、満州開拓団の人々の敗戦時における悲劇などの回想や記録に出てきます。ある人の記録では、虎林(こうりん)と読みがありました。いまのどの辺りなのかが分かりません。
 
  かなり満州国時代は知られた地名だったようです。現在どうなっているのか、もっと色々な検索エンジンで調べれば何か分かるかも知れません。というのは、満州の鉄道線のなかに「虎林線」という鉄道の建設計画があり、また虎林要塞というものが、対ソ連防備のために、虎林に置かれていたという記述があります。
  
  Google で、「満州 虎林」で検索すると、次のような記述が、満州鉄道についての文書ページ(以下のURLにて公開)のなかに出てきます:
  http://www.wako.ac.jp/souken/touzai99/tz9907.htm からの引用です。

>>さらに牡丹江から北東の虎林に向かって線路が延長されたことが注目される。すなわち、虎林がウスリ江をはさんで、ソ連の軍事拠点イマンにもっとも近接していたところから、一九三五年以降ここに巨大な要塞の建設が開始され、一九三九年までにウスリ江岸の虎林の市街地を西方約六〇キロの黒咀に移し(*23)、従来の虎林は虎頭と改め
 
  ウスリー江を挟んで、満州とソ連が国境を接しており、ソ連のイマンという土地の対岸近くに旧虎林市があり、その地に要塞を建設して、60キロ西方に移したとあります。

  また次のURLは、「ウスリー 虎林」で検索すると出てきたものですが、1969年のダマンスキー島事件(ウスリー川の中に浮かぶ、島をめぐって、中ソが領有権争いを行った事件)の30年後に記された文章で、文中に「虎林市政府」と出てきます。ということは、現在、中国において、虎林市という市があり、虎林という地名があることになります。
  http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jp/news/79/essay …
 
  このページには地図が付いていて、拡大すると、ダマンスキー島の左下に、小さく、虎林(フーリン)という地名が見えます。中国のロシアとの国境辺りの地図でみれば、大体どのあたりか分かるはずです。このURLを、下に貼り付けて置きますので、ページを開いて、地図を拡大し、実際に見てください。(よく見ると、このウスリー川は、河口にウラジオストクがあります。ハバロフスクとウタジオストクの中間辺りに、虎林があります。……また虎林の北東わずか上に、虎頭とも見える文字が記されています。これは、上の満州鉄道記事に記述の「……ウスリ江岸の虎林の市街地を西方約六〇キロの黒咀に移し(*23)、従来の虎林は虎頭と改め」という文章と一致します。虎頭が元の虎林で、それが、西に移動すると、地図の虎林の位置に来るからです)。
 
  これで大体場所が分かりました。後は、検索エンジン等を使って、もっと詳しい情報がないか調べられることです。また中国の地図を見れば、おそらく大型の地図なら、地名が載っていると思えます。中国の観光誘致とかいう話もありますし、別のどこかの旅行会社の旧満州国旅行スケジュールに「虎林」という地名が、立ち寄る場所として複数回載っていましたから、案外、今でもよく知られている土地なのかも知れません。
 

参考URL:http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jp/news/79/essay …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返事有難うございます
長年気にしていた事が、解決の糸口が見つかり感謝します。自分なりに調べて、
何時の日か虎林を訪問したいと思います。有難うございました。

お礼日時:2001/11/04 10:27

現在は黒龍江省虎林市です。

現在の市の位置は北緯45度44分、東経132度59分です。満州時代の虎林の町はその東北東40キロの河岸、対岸はロシアのイマンでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返事有難うございます。虎林への糸口が見つかりました
父母は、すぐそばに、大きな河があり、鉄道も通っていたと話していました。
チャンスがあれば、足跡をたどりたいとおもいます。有難うございました。

お礼日時:2001/11/04 10:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「防砂林」かと思ったら「砂防林」とは!

本日、TV朝日の番組「ワイド!スクランブル」の中で「湘南ホームレスたちの光と影」を報道してましたが、当該ホームレスは海岸にある「砂防林」の中で生活しているとか。
「砂防林」とは何だ!「防砂林」の間違いだろうが!と、そのときは思いました。
対象が雪や風の場合はそれぞれ「防雪林」「防風林」と称するように、砂の場合は「防砂林」のはず。
いったい「防砂林」なる言葉を、いつから誰が使い始めたのでしょうか?

私が知らぬ間に「雪防林」「風防林」「砂防林」になっているとか?

Aベストアンサー

「防砂」と「砂防」は全然違います。よって「防砂林」と「砂防林」も全然違うわけです。

>TV朝日は昔から「砂防林」で通して来たのか?それとも一般的には「防砂林」だが、湘南海岸の例の“林”が官庁によって「○○砂防林」と名付けられている(縦看板がある?)からそれに従ったのか?

・昔から砂防林のことは「砂防林」と呼称し、防砂林であれば「防砂林」と呼称する。ただそれだけのことです。名称は似ていますが、用途が全然違います。別物ですから、呼称が異なって当然です。

「防砂」とは、砂が入ってくるのを防ぐこと、つまり対象は砂粒です。漢語であり、一般用語ですよね。

これに対し「砂防」とは、土石流の捕捉と土砂の移動を防ぐことで、対象は単なる砂粒ではありません。今では一般用語となっていますが、元々は「土砂溢漏防止」を略した独自の意味を持つ専門用語です。

ちなみに「土木」という語も、「築土構木」の略語です。「築土」は河川の堤防や道路、「構木」は家屋の建築、橋梁の架設を指します。現在は前者を「土木」、後者を「建築」と呼びますが、元は一緒なのです。

更にちなみに、国語から離れて恐縮ですが、「砂防」というのは治山治水の一環で、河川当局が所管します。砂防法の所管は国土交通省河川局の砂防部保全課ですし、各都道府県も土木部(県土整備部等)の河川砂防課です。これに対し「防砂」は治山治水ではありません。単に「テニスコートに砂が入らないように防砂ネットを張る」などのように用います。

ご質問では「海岸」とおっしゃいましたが、「砂防林」という以上、正確には河口部付近の林だと思います。

もう一つちなみに、海岸の所管は、砂防部保全課の海岸室(一般海岸)のほか、港湾局の海岸・防災課(港湾海岸)、水産庁の漁港漁場整備部防災漁村課海岸班(漁港海岸)、農林水産省の農村振興局整備部(農地関係海岸)に分かれています。

多分、ご質問の海岸は「砂防林」の延長上ですので、砂防部所管の「一般海岸」だと思います。

「防砂」と「砂防」は全然違います。よって「防砂林」と「砂防林」も全然違うわけです。

>TV朝日は昔から「砂防林」で通して来たのか?それとも一般的には「防砂林」だが、湘南海岸の例の“林”が官庁によって「○○砂防林」と名付けられている(縦看板がある?)からそれに従ったのか?

・昔から砂防林のことは「砂防林」と呼称し、防砂林であれば「防砂林」と呼称する。ただそれだけのことです。名称は似ていますが、用途が全然違います。別物ですから、呼称が異なって当然です。

「防砂」とは、砂が入っ...続きを読む

Q中国黒竜江省東安市に駐屯していた部隊について調べています。

みなさん、始めまして。私は写真や手紙などから身元不明の日本軍部隊の捜索をしている者です。
今回入手しました資料は、昭和16年頃~昭和19年頃まで、中国の東安市(現在は、黒竜江省牡丹江市東安区と思います。)に駐屯していた部隊です。
手がかりになるのは、写真の裏に、各日付と清尾少尉、松永班長殿など個人名です。兵科は不明です。ほとんどが北海道出身者の方と思います。若干、東京の方がいます。

軍衣の右胸に△と▽を組み合した部隊章や「カ」、「ミ」、「タ」などの名前が縫われています。
情報をお持ちでしたらお知らせください。

Aベストアンサー

>昭和16年頃~昭和19年頃まで、中国の東安市(現在は、黒竜江省牡丹江市東安区と思います。)に駐屯していた部隊です。~ ほとんどが北海道出身者の方と思います。若干、東京の方がいます。

>軍衣の右胸に△と▽を組み合した部隊章や「カ」、「ミ」、「タ」などの名前が縫われています。

 当時満洲国の東安に駐屯していた部隊で、ほとんどが北海道出身者ということと山形の部隊章ということから「第24師団歩兵第89連隊」の方々ではないでしょうか。同部隊は「山」という兵団文字符だったため山形(三角形のくみあわせ)の部隊章を右胸につけていました。『秘録写真戦史総集編 日本軍の沖縄作戦』(85年 月刊沖縄社)108頁に同部隊の大佐の写真にその記章が写っています。

 歩兵第89連隊は北海道旭川で編成された連隊で、同師団の隷下部隊として沖縄戦では最終期では連隊長以下の将兵が与座岳陣地を死守してほとんどが戦死しました。

Qコナラ-アベマキ林とは?

植物生態学に詳しい方、教えてください。コナラ林、アカマツ林などといった呼び方はよく聞きます。それぞれ、「コナラの優占する林」「アカマツの優占する林」という解釈をしていますが、「コナラ-アベマキ林」とはどんな林を指すのでしょうか?
1.コナラとアベマキがほぼ同じ程度に優占している林
2.優占種がコナラで、2番目がアベマキの林
3.高木層ではコナラが優占しているが、亜高木層(や低木層)ではアベマキが優占している林

1~3のどれかだろうとは思うのですが、
判断しかねています。

職務上、環境汚染に関する調査はしているのですが、
植物生態学には弱いので、詳しい方、ご教授をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

どのような意味で言葉を使用しているのかは,確かに使用者に直接聞いてみないと解らないですね。特に「○○林」と表現されると解らないですね。しかし,それでは回答になりませんのであくまでも推測ですが…

日本におけるヤブツバキクラス域の「落葉広葉樹二次林」は,優占種がコナラの「コナラ群落」,優占種がクヌギの「クヌギ群落」,優占種がアベマキの「アベマキ群落」等があります。しかし,「クヌギ群落」や「アベマキ群落」は極めて限られた少数の特定の地域にしか存在しません。ほとんどの地域はコナラが優占種の「コナラ群落」です。

「コナラ群落」は,さらに混生している植物(区分種)により「クヌギ-コナラ群集」「アベマキ-コナラ群集」等に細分されます。ここで問題になりますのが,国際植物社会学命名規約では,(区分種-優占種)の順です。「クヌギ-コナラ群集」「アベマキ-コナラ群集」は,その規定に従ったものです。しかし,日本では長く(優占種-区分種)の順で記載されてきました。従来の表記法に従うと上記の群集は,それぞれ「コナラ-クヌギ群集」「コナラ-アベマキ群集」になります。

ご質問の「コナラ-アベマキ林」は,アベマキが優占種でコナラが混在する群集は,日本にはほとんどありませんから,推測ですが,従来の表記法の「コナラ-アベマキ群集」を指しているのではないかと思います。現在の表記法では「アベマキ-コナラ群集」です。ですからコナラの中にちらほらアベマキの混ざった雑木林と言うことだと思います。2なのではないでしょうか。

どのような意味で言葉を使用しているのかは,確かに使用者に直接聞いてみないと解らないですね。特に「○○林」と表現されると解らないですね。しかし,それでは回答になりませんのであくまでも推測ですが…

日本におけるヤブツバキクラス域の「落葉広葉樹二次林」は,優占種がコナラの「コナラ群落」,優占種がクヌギの「クヌギ群落」,優占種がアベマキの「アベマキ群落」等があります。しかし,「クヌギ群落」や「アベマキ群落」は極めて限られた少数の特定の地域にしか存在しません。ほとんどの地域はコナラが優...続きを読む

Q「大和」という地名はいつごろからある?

奈良県の「大和」という地名はいつごろからありますか?
おそらく古事記、日本書紀、万葉集にはすでにあると思うのですが、どういう漢字をあてていたのでしょうか?
「大和」って、ヤマトとは読めないですよね。
元になった漢字があるのだと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく、下記の過去問が回答になると思いますのでご参照ください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1162042

大雑把に言えば、やまと=倭→大倭→大和と変遷したということです。

Q林秀貞の出自について

Wikipediaの「林氏」の項目に、
「林氏(はやしし)は日本の氏族。河野氏一族の河野通広が美濃国に定着し、稲葉氏を名乗る。通村の代に、姓を「林」と改めた。戦国時代に織田信長に重臣として仕えた林秀貞が有名。」
と記載されています。一方、Wikipediaの「林秀貞」の項目には、
「林氏は尾張国春日井郡沖村(愛知県北名古屋市沖村)を本貫とする土豪であった。」と記載されています。
これからすると、信長の重臣であった林秀貞は、美濃の稲葉氏と同族で、通村かその子の代に尾張春日井郡に移ったと思われます。
 こうした記載内容は何に依拠しているのか、誰か知りませんか。その他、林秀貞の出自がわかる文献など教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。
「姓氏家系大辞典」 太田 亮著 角川書店でした。
河野通有 系、稲葉通弘が祖だそうです。

Q赤穂浪士萱野三平の戒名をご存知でしたら教えてください。

萱野三平の戒名をご存知でしたら教えてください。
確か赤穂浪士はみんな「刃○○剣信士」という戒名だったかと思いますが、萱野三平はどうでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

萱野三平の戒名に「刃」ありますね。
「刃道喜剣信士」

下の参考URLのちょうど一番下の欄にも載っています。
ここには、また別の戒名もありますね。


NO.1さんの紹介されたHPにも載っていますが、
「刃」の戒名がつかなかった義士もいるようです。
寺坂吉右衛門です。
(参考URLの方には、なかほどにあります)

吉右衛門のことは、
http://www.k-miyake.com/MiFiles/tera.html
にも載っていますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/MID/edo/chushingura.htm

Q台湾のヒノキの原生林

台湾のヒノキの原生林を見てみたいと思ったのですが、どのように観光したらよいのか、まるで判りません。
「台湾観光」「原生林ツアー」「原生林の紹介サイト」などを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 台湾檜を見るには、観光地として名高い阿里山や、林業で
栄えた太平山を巡るのがいいかと思います。ツアーもありま
すが、林を見るのが主目的なら鉄道などを乗り継いで自力で
行ったほうが、目的に適っていると思いますよ。

・阿里山森林鉄道の旅( 台北ナビ )
http://www.taipeinavi.com/play/play.php?id=181

・蘭陽自然・生態の旅1日コース( 太平山を巡ります )
http://www.taiwantourbus.com.tw/japan/tour_detail.php?uid=84

 余談ですが、台湾檜の原生林ってあるんでしょうか?
檜は基本的に植林されるものですから、上記の山々だと
人の手のはいった林しかないと思います。そもそも阿里
山森林鉄道は、檜の運搬を目的に敷設されましたからね。

Qこのフコク生命とゆうレトロ感凄い看板があるんですがこれっていつごろ作られたものなんですか? 色々と調

このフコク生命とゆうレトロ感凄い看板があるんですがこれっていつごろ作られたものなんですか?
色々と調べたけどなかなか見つけられなくて知ってる方教えてください┏○┓

Aベストアンサー

このような看板のことを「ホーロー看板」といいます。
1950~1970年代に日本で普及した屋外広告です。

1975年ごろより徐々にその姿を消していきました。


なので1950~1970年代のいずれかの年に
作られたと思います。

Qブナ林の林床

ブナ林の林床にスズタケが群生しているところが多いのは、なぜですか?

Aベストアンサー

林床植物はご存じでしょうか。林床は,光はあまり当たりませんし,湿度も高く,夏は木陰ですから気温が低い等,植物に取りまして特別な環境です。そこに生育する植物を林床植物といいます。

スズタケは,太平洋側ブナ林の典型的な林床植物です。スズタケは,ブナの林床が一番育ちやすいのですが,上記に上げました様々な環境要因の中で光が最も重要な要因だということが知られています。

スズタケは,耐雪性が低いものですから,日本海側の多雪地帯のブナ林は耐雪性の高い,チシマザサやチマキザサです。太平洋側のブナ林をブナ-スズタケ群落,日本海側のブナ林をブナ-チシマザサ群落等と区別しています。

参考になりましたなら…

Q1940-50年に起こった大きな出来事

戦争、経済関係中心で、お願いします。

また、日本と世界の2つの観点から教えて下さい。

Aベストアンサー

●1940年

・9月27日 - 日独伊三国軍事同盟成立。

●1941年

・10月18日 - 東條英機が内閣総理大臣となり、東條内閣を組閣。
・12月9日 - 中華民国(重慶政府、蒋介石政権)、日独伊に宣戦布告。

●1942年

・1月18日 - ベルリンで日独伊軍事協定調印
・2月15日 - 日本軍がシンガポール陥落
・6月5日 - ミッドウェー海戦( - 6月7日 )

●1943年

・1月14日 - アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相によるカサブランカ会談
・4月18日 - 山本五十六大将、米軍機の攻撃を受け戦死

●1944年

・7月18日 - 東条内閣総辞職
・11月7日 - ゾルゲ事件: リヒャルト・ゾルゲ・尾崎秀実が処刑される。
・12月7日 - 東海道沖で東南海地震発生(軍需工場の崩壊により戦争敗北が早まったと言われる)

●1945年

・2月4日 - ヤルタ会談開催
・3月10日 - アメリカ軍が東京を空襲(東京大空襲)
・4月1日 - 米軍が沖縄本島に上陸
・4月30日 - 独総統アドルフ・ヒトラーと妻エヴァ・ブラウンが自殺
・7月26日 - ポツダム宣言発表。連合国は日本に降伏を要求する
・8月6日 - 午前8時15分米軍が広島市へ原子爆弾投下
・8月9日 - 午前11時02分、米軍が長崎市へ原子爆弾投下。
・8月14日 - 午前11時、天皇が御前会議でポツダム宣言受諾の意思を表明。日本政府としての戦争終結
・8月15日 - 午後0時、昭和天皇の玉音放送で日本国民にとっての戦争終結
・8月30日 - マッカーサー元帥が沖縄本島より厚木飛行場に到着し、米太平洋軍総指令部GHQを横浜税関に設置。
・9月2日 - 東京湾上の戦艦ミズーリ艦上で、重光葵・梅津美治郎らが降伏文書調印

●1946年

・1月1日 - 天皇の人間宣言
・1月10日 - 国際連合総会第1回開催
・2月28日 - 公職追放令公布
・5月3日 - 極東国際軍事裁判所開廷
・7月1日 - 米ビキニ環礁で原爆実験
・11月3日 - 日本国憲法公布

●1947年

・5月3日 - 日本国憲法施行
・7月3日 - GHQ: 財閥解体の一環として三井物産・三菱商事の解体を要求
・9月14日 - カスリーン台風来襲

●1948年

・1月26日 - 帝銀事件発生。警視庁は旧731部隊員を調査するが、GHQが調査停止命令
・2月16日 - 朝鮮民主主義人民共和国樹立宣言
・3月17日 - イギリス、オランダ、フランス、ベルギー、ルクセンブルクにより、ソ連に対抗するブリュッセル条約締結(NATOの前身)
・6月28日 - 福井大地震
・7月20日 - 李承晩が大韓民国初代大統領に当選
・8月15日 - 大韓民国樹立宣言
・9月9日 - 朝鮮民主主義人民共和国成立

●1949年

・3月7日 - 日本、ドッジ・ライン(財政引き締め)実施
・4月4日 - アメリカ合衆国を中心に北大西洋条約を調印。NATO発足
・7月5日 - 下山事件発生(自殺説・共産党員、国鉄労働組合員による他殺説)
・7月15日 - 三鷹事件発生(日本共産党員をGHQが調査)
・8月17日 - 松川事件発生)日本共産党員をGHQが調査)
・9月7日 - ドイツ連邦共和国(西ドイツ)正式に発足
・10月1日 - 中華人民共和国成立
・10月7日 - ドイツ東部のソ連占領地区にドイツ民主共和国(東ドイツ)成立

●1950年

・6月25日 - 朝鮮戦争勃発

です。

●1940年

・9月27日 - 日独伊三国軍事同盟成立。

●1941年

・10月18日 - 東條英機が内閣総理大臣となり、東條内閣を組閣。
・12月9日 - 中華民国(重慶政府、蒋介石政権)、日独伊に宣戦布告。

●1942年

・1月18日 - ベルリンで日独伊軍事協定調印
・2月15日 - 日本軍がシンガポール陥落
・6月5日 - ミッドウェー海戦( - 6月7日 )

●1943年

・1月14日 - アメリカのルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相によるカサブランカ会談
・4月18日 - 山本五十六大将、米軍機の攻撃を受け戦死

●1944年

・7月1...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報