フラットサーブについて質問です。

フラットサーブについて調べると、「サーブに基本だから覚えた方がいい」という意見と、「簡単に返されるから打ってはいけない」という2つの意見があります。
ウチの部の先生は「フラットはだめ」派なんですが、そこそこ速いフラットサーブなら使えると思います。

フラットサーブは打たないほうが良いんでしょうか、それとも練習すべきなんでしょうか。
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 fairさん、こんにちは。

スコンチョです。(^_^)

 実戦で使えるかどうかは、fairさんのフラットサーブの習熟度によるで
しょうから、あくまで一般論を書きますね。

 実戦でフラットサーブは有効です。特に日本人の体格でもセンターのT
の位置へはかなりのスピードで打ち込めます。実際の試合でこれをバンバン
とエースで決める事は難しいですが、いわゆる「見せ球」として効果があ
ります。

 これは野球のピッチャーの組み立てと同じで、変化球しか投げてこない
と分かれば、打者は曲がる前に踏み込んで打ってきます。テニスも全く同じ
で、スライスやスピンしか打ってこないと分かると、レシーバは待ちやすい
(対応しやすい)とも言えます。しかし、何球かだけでもセンターへの早い
のを見せられると、ヤマを張る事が難しくなります。

 フラットサーブのみ打っていると、簡単に打ち返されるというかリズムが
単調になる可能性が高いですが、逆にスライスやスピンに織り交ぜて使えば
非常に有効だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フラットサーブをセンターに打ってエースを取れるようになってきました。
ありがとうございます。
お礼するのが遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/10 21:55

僕はフラットサーブをよく打ちますが基本的に試合では使わないようにしています。

なぜならフラットサーブは、確かに打球は速いかもしれないけどその分フォルトになりやすいからです。ただし練習をするのは良いんではないでしょうか。サーブの基本でもあるしフラットサーブの成功率が高くなれば自信にもなると思います。頑張ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
フラットサーブを使っていない人の意見も聞きたかったので参考になりました。
練習をしてファーストのフラットの確率も上がってきました。
お礼が遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/10 21:58

 フラット・サービスとは、「主にファースト・サービスを用いられる、スピードとパワーを持たせた真直ぐに飛ぶボールを打つこと」です。


 このことから、「スピン・サーブ」や「スライス・サーブ」と全く異なるサービスとして考えられがちです。
 しかし、すべてのサービスの基本はフラット・サービスにあります。
 なぜならば、手首の返し加減により、フラット・サービス時のボールへの回転加減や速度が決定するからです。この手首の使い方が柔軟でなければ、「スピン・サーブ」や「スライス・サーブ」が打てません。
 「スピン・サーブ」や「スライス・サーブ」は、手首の使い方が難しいのですが、フラット・サービスは、比較的に簡単なのです。いや、簡単と言うより、その人の技量によってフラット・サービスのスピードとパワーが決まってしまいます。しかし、言い換えれば、少ない技量でも、フラット・サービスを打つことはできます。
 それに比べて、「スピン・サーブ」や「スライス・サーブ」は、すぐに習得はできません。また、ちょっとミスをすると、相手のリターン・エースのエジキになってしまいます。
 ただし「スライス・サーブ」は、一旦習得すると、サービスの確立が安定します。
 また「スピン・サーブ」は、初心者には習得が困難ですが、ダブルスで上達をしたいのであれば、将来、必ず覚えなくてはなりません。
 そして、フラット・サービスは、これらのサービスを拾得する上で、基本となりますので、必ず習得する必要があります。とくに、シングルの試合で、フラット・サービスが打てないと、試合にはなりませんし、将来の上達は見込めません。
 ただし、フラット・サービスは、ボールが真直ぐに飛ぶために、フォールトの危険性が最も高いので、最初は、弓なりのボールを確実に入れて行くことから始めなくてはなりません。つまり、初心者などは、始めの内は、情けない力のないフラット・サービスを打つか、ダブル・フォールトの山を築くこととなります。
 したがって、多くの指導者は、それよりも「スライス・サーブ」を勧めます。それは、将来の上達を放棄してでも、早くダブルスのゲームに参加して、確実なテニスをしてもらいたい、という指導者の気持ちではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり、フラットは使えるんですね。今、自信を持ってフラットサーブを練習しています。
お礼遅れて申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/12/10 21:53

■「フラット・サービス」は存在しない?



 本当の意味での「フラット」というサービスは存在しません。
 「フラット」とは表現していても、実際には「回転」がかかっています。野球で投手が投げるストレート・ボール(直球)は、しっかりとボールに回転がかかっているので、ボールへの空気抵抗が少なくボール全体に均一となり、ボールが真直ぐに飛んで行くのです。
 テニスでも同じで、ボールに回転がかかっていないと、ボールは真直ぐには飛びません。
 さて、ご質問の中で、「先生は、フラットはだめ派なんですが、そこそこ速いフラットサーブなら使えると思います。」という表現がありますが、意味不明の表現です。
 ファースト・サービスを「フラット(回転をかけて早く真直ぐ飛ばす)」で打つか、セカンド・サービスのように「スライス(回転をかけて緩いが曲がってて飛ぶ)」で打つか、ということなら理解できます。

■フラット(ファースト)サーブの打ち方。

●初心者向けの方法。
1)初心者は、トスアップが安定しません。したがって、トスアップは高くしてはいけません。
2)初心者は、身体が振れます。したがって、脚のひざや腰を曲げたり、右足から左足への体重移動をしてはいけません。身体は棒立ちのままで、サーブを打つこと。
3)初心者は、ヒットタイミングを取るのが難しいので、バックスイングはラケットを持つ腕を肩に軽く担ぐ程度とします。トスアップ前から担いでていも良い。
4)初心者は、ラケットでのボールキャッチ(ヒット)が苦手ですから、ボールをヒットするまでは、ラケットをできるだけコンパクトに振ります。
5)課題(キーポイント)は、ここからです。ボールをヒットした瞬間に、手首を親指側にねじ込みます。つまり、「バシッ」とパンチショットのようにハタキます。手首だけをひねって打つ感じです。これでボールに強い回転を与えられます。この手首のひねる具合を調節するだけで、ボールのスピードとパワーをコントロールできます。

以上、これだけで、安定していて、スピードとパワーのあるファースト・サービスのフラット・ボールを打ち込めます。

この回答への補足

「フラット」について詳しく書いていただきましたが、質問の内容がいまいち伝わってなかった様なので、僕の質問した「フラットサーブ」の意味について補足説明します。
「サーブ」には、「スライスサーブ」「スピンサーブ」「フラットサーブ」などいろんな種類がありますが、その中の一つである「フラットサーブ」というサーブは実戦で使えるのかどうかという質問です。

補足日時:2001/11/07 21:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上級者に質問です。テニスのサーブで、ファーストサーブでフラットサーブを

上級者に質問です。テニスのサーブで、ファーストサーブでフラットサーブを打つ時、回転をかけるという「意識」はまったくないで、打ちますか?実際に回転がかかっているかどうかは別として。

Aベストアンサー

おっさんす。もう歳なんで、フラットでノータッチ狙うことができ
ないんで・・・あまり打たないっす。でも、フラットって回転を
かけないように真後ろから叩くって習ったんで、かける意識がない
というより、かからないように打つのが正しいと習いました(大昔)。

いくつもサーブ研究のサイトがあるんで、プロの意見を見ると良い
っす。個人的に賛同できるのは、逆回転っす。フラットは順回転には
ならない打ち方の人が多いっす。

プロ野球のピッチャーで、150km以上のフォークボールを投げる人は
いないっす。速さを競うフラットサーブで、本当に無回転になったら、
やっぱりスピードが落ちるはずっす。野球のピッチャーの直球は、
逆回転で、順回転はスライダーっす。テニスも同じ人が多いっす。
早いストレートなサーブを打つなら、腕のしなりだけで直角に当てる
サーブより、腰、肩、肘、手首がそれぞれ起点になって、遅れて
出ていくようなサーブが一番速いっす。その場合は逆回転になるっす。

Q硬式テニスのフラットサーブについて

ある硬式テニスの解説書に、フラットサーブのポイントとして以下のようなことが書かれていました。
「インパクトの瞬間、手首を内側にひねる」
私としては手首をひねらず、振り下ろした方がスピードが出るような気がします。
この本が正しいとすると、どのようなことを根拠としているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 あまり人にえらそうなことを言えるテニス歴ではないのですが・・・

 No.4さんと同意見なのですが、手首の回内を使った方がスイングスピードは圧倒的に上がります。
 具体的には、グリップはコンチネンタルが基本なので「手のひらの面」と「ラケット面」が同じとして手のひら面で説明します。
 テイクバックから振り出す瞬間は手のひらは顔に正対します。
 そこから手のひらは徐々に向きを変え、インパクトの瞬間には正面(打ち出す方向)を向いています。
 その後、手のひらはそのまま向きを変え、フォロースルーでは身体の外側(右利きなら右)を向くようになります。これが回内です。

 回内をきちんと行うと、フォロースルーは身体の左側に巻き込むように振るのではなく、身体の右側にラケットが抜けるようになるはずです。また、フォロースルーでも肘が高い位置に残るようになると思います。
 これは手首の回内をきちんとやると、肘の内旋も自然に連動するからです。
 こういうフォームの時が最もラケットヘッドのスピードが上がり、従ってスピードがあるフラットサーブが打てるということになります。

 サーブに限らずストロークでもそうなのですが、身体の大きい軸だけを使うより、できるだけ「先端の関節」を上手く使った方がヘッドスピードが上がり、威力があるボールを打てるようになります。No.4さんのピッチングマシーンの例えが判りやすいです。

 サーブだとキックサーブ(相手のバックサイド側に跳ねるスピンサーブ)も、手首の回内と肘の内旋を目一杯使わないとうまく打てません。
 フォロースルーが身体の左側に来るのは、スライスサーブくらいですかね・・・上手い人はスライスサーブも身体の右側に抜けてます。

 ちなみにこの手首の回内、肘の内旋の使い方が一番上手いのはバドミントン経験者ですね。インパクト後は肘から先だけでフォロースルーするような独特のフォーム(従って打ち終わった時点でも肘が肩の位置より上にある)でサーブやオーバーヘッドを打つ人は、たいていバドミントン経験者です。

 このフォーム、一見難しそうですが、極論すれば「肘から先だけ」で打ってもかなりの威力になるため、棒立ち状態で身体の回転も体重移動も使わない「手打ちサーブ」が可能です。なので打点が安定するしサーブを打ち終わった後に身体が突っ込まないので、確率も稼げるし実戦向きです。セカンドに使うスピンサーブも、ボールへのラケットの入り方が違うだけで基本は同じですから覚えやすいですし。

 なので、まずこの手首と肘を最大限有効に使う「手打ちサーブ」を覚えてから、徐々に体重移動なり足のキックなりを使うことを覚えていく方が、サーブは上達が早いだろうと思います。

 あまり人にえらそうなことを言えるテニス歴ではないのですが・・・

 No.4さんと同意見なのですが、手首の回内を使った方がスイングスピードは圧倒的に上がります。
 具体的には、グリップはコンチネンタルが基本なので「手のひらの面」と「ラケット面」が同じとして手のひら面で説明します。
 テイクバックから振り出す瞬間は手のひらは顔に正対します。
 そこから手のひらは徐々に向きを変え、インパクトの瞬間には正面(打ち出す方向)を向いています。
 その後、手のひらはそのまま向きを変え、フ...続きを読む

Qフラットサーブに軽い順回転を掛けるにはどうすればいいのですか?

いつもお世話になります。
フラットサーブって、本当のフラットだと相当背が高い人でないと、
アウトするとよくいわれます。
そこで実際には軽い順回転を掛けているのだと思うのです。
一方フラットサーブのトスは頭の真上ではなく、30cm位前と聞きます。

ここで質問なのですが、体の前に上げたボールを体を前に傾けて
打たざるをえないのに、どうやって順回転を掛けるのですか?
理論上かなり困難だと思うのですが、教えてください。

Aベストアンサー

ラケット面を下向き斜めの角度で ○ \ のように当てるかスピンサービスの要領でボールを擦りながら叩きます。斜めの角度でボールの上部をカットするように叩くのが簡単です。但し通常のフラットサービスよりスピードは落ちます。うまく回転をかければ重い球も打てまるようになります。

Q速いサーブを打ちたい。

速いサーブを打つアドバイスをどんなことでもいいので教えてください。1stはフラットで2ndはスライスなのでお願いします。

Aベストアンサー

要はボールに力を集中させる事なのですが、大部分はテニスの本に書かれているし、コーチに習うのが宜しいでしょう。特に数回はプレイベーとで習うと良く成ります。

で、その準備としては、筋肉をつけることです。
これは出来ていないと問題外ですが、前腕部はしっかりラケットを握る為に必要です。これが出来ていないと、他の時もそうですが、サーブでもラケットのスピーとに負けてしまうヒトがいます。すると其処で速度が落ちてしまいます。

サーブに特化すると、上腕三頭筋は強化する必要が有ります。特にフラットではこれにより自分で見ても速度が上がることが分かります。

勿論他に上腕二頭筋も拮抗筋として必要ですし、内転させるのに大胸筋類、反るなら腹筋群と背筋群、足も使うなら腓腹筋類、大腿部、臀部の各筋肉も強化する必要が有ります。

強化するには、ひとによりレベルにより違いますが、
基本的には、まず筋肉他の最先端部の細胞まで順調に体液を移動させるために、所謂有酸素運動を行う必要が有ります。これにより血管類の一番細い部分を強化します。
次に筋肉強化を行います。この順番を違えると筋肉強化運動の効果がなかなか出ません。

筋肉・腱の強化を行い、目もしかっりボールを打つ瞬間まで見られるようになったら、ラケットはなるべく小さく、薄いのにしますと、コントロールが凄くつきます(薄い・小さいと肘にきますので、上腕の強化、目の強化の後でないと使いこなせません)
デカラケで1メートル内外にコントロールできていたら、
こういうラケットを使うと10センチ位までコントロールできます。速度とコントロールが命ですから。片方だけでは一寸辛いです。

これらにより150キロ程度のサーブが180キロ程度には成る人がいます。

要はボールに力を集中させる事なのですが、大部分はテニスの本に書かれているし、コーチに習うのが宜しいでしょう。特に数回はプレイベーとで習うと良く成ります。

で、その準備としては、筋肉をつけることです。
これは出来ていないと問題外ですが、前腕部はしっかりラケットを握る為に必要です。これが出来ていないと、他の時もそうですが、サーブでもラケットのスピーとに負けてしまうヒトがいます。すると其処で速度が落ちてしまいます。

サーブに特化すると、上腕三頭筋は強化する必要が有ります。特...続きを読む

Q回転をちゃんとかけたスピンサーブを打ちたい

テニス歴3年の初中級レベルだと思います。
以前は1stフラット、2ndスライスで打ってましたが、
最近壁打ちテニスで練習してから1st、2nd共スピンサーブにしました。

1stはスピードも何故か増して、入れば中級以上の方でも返ってこないとがよくあるようになったので、
1stはよいとして、2ndで悩んでいます。
上手く回転をかけられず、単なる1stの山なりって感じなのです。

イメージでは、もっとバウンドしてから弾むようにしたいのですが。
何かコツってありますでしょうか?。
よろしくお願いします。

理想としては、相手のバック側で大きく跳ねて、
強く打ち返せないってゆうのが理想(かなり高望み)です。

p.s.自分のラケットを買って2年くらいなのですが、
1度張り替えただけです。
練習、試合中に切れたことはありません。
これも回転をキチンとかけれてないからガットが切れないのでしょうか?。

Aベストアンサー

>理想としては、相手のバック側で大きく跳ねて、
強く打ち返せないってゆうのが理想(かなり高望み)です。

一般的にツイストサーブと言われていますが、
現時点でそのサーブを習得するのは難しいでしょう。
そのサーブが打てるのはフラット、スライス、スピンサーブ等を
十分に習得したレベル以上の力量が必要だからです。

>振り切れないんです。
セカンドサーブで振りきれないのであれば十分な回転をかける
ことは出来ません。ボールのコントロールは何らかしらスピン
をかけることによりコート内に入れるのです。
確かに打ちかたの強弱でコントロールする場合もありますが、
それに依存しすぎるのは初心者レベルです。

 セカンドサーブの改善
>1stはスピードも何故か増して
基本的な考えとして、グリップはコンチネンタルで握る。
スイングスピードは変えず、トスの位置とボールの当てる
面と振り抜く方向をかえる。
それにより自然にスピンないしスライス回転がかかることを
認識する。

skyclearさんはスイングが速いようなので、セカンドも同じ感じで
スイングし、トスの位置を頭の右側に上げボールを時計の7時から
1時方向へ斜め右上へ振りぬいて行きます。
最初は大きくフォルトしても構いません。 逆にフォルトする位の
大きく打たないと威力のあるサーブにはなりません。
練習するうちにだんだんコントロールがついてきます。

>そうするとあんまり入らなそうだし
現レベルから抜け出すには、一時的にノーコンになるのは
覚悟して下さい。そういう意味ではサーブの練習を沢山こなす。

裏ワザですが、おもい切り振ってフォルトが多ければラケット
を短めに持ち打ちます。
短めに持つことにより慣性モーメントが小になり振りぬきが
速くなり回転がかかり易くなります。

 ついでに
ボールのトスをもう少し右に上げ、ボールの右サイドを右エッジを
先行させた斜めの面で入り、パチンと前へ弾くように打ちます。
自然にスライス回転がかかります。ネットするようであれば
少し右斜め上にと意識を持ち打ちます。

壁打ちでサーブの練習は難しいです。サーブによってネットを
越える高さや入るポイントが違ってくるからです。
サーブに関してはコートで目標物を置くのが一番です。
それぞれのサーブを練習するときはネットのどの高さで
どこを通すかを自分なりに見つけ覚えて下さい。
それが出来れば壁打ちの時に目標にします。

ガットの交換は人によってまちまちです。ガットが緩んでも
気にならない人はそのままでも使っていても問題ないでしょう。
緩むことによりプレーに支障をきたすようであれば即交換です。

     最後に
 お互いが全く見えない状態でのアドバイスはあまり当てに
なりません。それをご承知でお願いします。

>理想としては、相手のバック側で大きく跳ねて、
強く打ち返せないってゆうのが理想(かなり高望み)です。

一般的にツイストサーブと言われていますが、
現時点でそのサーブを習得するのは難しいでしょう。
そのサーブが打てるのはフラット、スライス、スピンサーブ等を
十分に習得したレベル以上の力量が必要だからです。

>振り切れないんです。
セカンドサーブで振りきれないのであれば十分な回転をかける
ことは出来ません。ボールのコントロールは何らかしらスピン
をかけることによりコート...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報