プロが教えるわが家の防犯対策術!

例えば、20個以上30個未満を言う場合「にじゅうすうこ」と発音します。
文字にすれば「二十数個」が正しい表現だと思うのですが、最近の新聞・テレビなどでは「20数個」と表現されることが多いようです。
後者の表記では「20」で意味が途切れてしまうのでは?と思います。
20数個という表記でも正しいのでしょうか?
また、なぜこのような表記が増えたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

新聞社の用字用語集では、あいまいな数や概数は、「二十数個」などと漢数字で表記することが明記されています。



このことは、下記5社の用語集で確認済みです。
・共同通信 『記者ハンドブック 用字用語集』(9版;2001年)
・時事通信 『用字用語ブック』(4版;2002年)
・朝日新聞 『朝日新聞の用語の手引』(2002年)
・毎日新聞 『毎日新聞 用語集』(2002年)
・読売新聞 『読売新聞 用字用語の手引』(2005年)
・NHK  『新 用字用語辞典』(3版;2004年)

  -------------

朝日新聞の場合、縦書き本文中でも漢数字ではなく洋数字を原則とする方針に数年前から変わりましたが、それでも以下の場合は漢数字を使うことになっています。(他社も基本的には同じ)

|2 次の場合は漢数字を使う。
| a 慣用句、成句、専門用語、固有名詞に含まれる数字
|   例 五十歩百歩 七転八倒 <中略> 二重橋 二酸化炭素 <以下略>
| b 万以上の単位語(万、億、兆、……)
|   例 10万人 100億円
|     (「5百円」とはしない)
| c あいまいな数を表記する場合
|   例 数十個 二十数人 何百個 5万数千円
|     (「20数人」「何100個」としない)
| d 読み誤る恐れがある場合
|   例 二、三十年前 四、五百キロ
|     (「2、30年前」「4、500キロ」としない)

  -------------

なお、ちょっと気になったのはNHKの下記部分。

|(3) 漢数字で書く語の具体例
|   (1) 概数
|    <例>
|     十数人 千数百人 何十年 何千人

|     ただし,次のように算用数字と併用する場合には,
|     「10数人」などとしてもよい。
|    <例>
|     「6人~10数人」

|     なお,「数10人」「数100人」
|    「100数10人」などとは書かない。

この「6人~10数人」は、ちょっと違和感がありますが、さりとて「6~十数人」も変ですし…。
テレビは横書きが一般的なので、見た目の分かりやすさを重視しているのかもしれません。

なお、新聞記事についても、Web上に掲載されているものは概ね洋数字で表記されています。新聞の組版情報をWeb用の横書き文に変換する際に、一律に洋数字に変換している、などということはないと思うのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

丁寧に調べていただきありがとうございます。新聞はきちんと(?)漢数字を使用しているんですね。

Webだと洋数字が主体ですから、その中に突然「二十数個」などと漢数字があると、かえって違和感ありますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/13 20:32

文章の横書きがほぼ定着したからです。



縦書きの場合、数字の書き方には相当苦労します。
二十数個と、漢字で書けば楽に記載出来ます。

学校の黒板や、ノートは横書きでしたが、
これを文学や国語と認めてはいませんでした。
横書きは、「いけない」のです。
手紙も縦書きが普通で、横書き便箋など無かったのです。

こう言う状態から、横書き便箋が出来始め、
インターネットの普及、携帯電話と文化は進化して行きます。
縦書き自体が国際社会から取り残されると言う見解もあり、
横書きに重点が置かれるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

横書きが定着したと言う理由も納得できます。
私信も横書きで書いてしまいますから。

それでも、漢数字で書くべきだと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/13 20:40

実際学校の教科書でも使われているので、もっと増えていくように思います。

(個人的には違和感あり)
数学の教科書だと2次方程式と高次方程式、2項定理と多項定理、などのようにほぼすべての数字はアラビア数字になっています。こういった表現が教科書で使われている以上、若い世代はなじんでしまっていると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

教科書でも、2次方程式ですか。教科書で書かれているなら、ますます増えていくんでしょうね。確かに書きやすいと言えば書きやすいですが、違和感アリアリです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/13 20:36

新聞は多く縦書きなので二十数個と表記するべきですが、20数個と書けば「20」のところを漢字1字分の大きさで入れられるので、スペースの節約になります。


「20代前半の人」「50分台で到着」「90年代の流行」などと同じ発想だと思います。

0の存在が気持ち悪い(実際には、そこは0でないから)のは確かです。

日本語にもとから存在した表現ではなく、表記の便宜と思われますので、伝統的な意味で正しいかどうかの議論は難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

>0の存在が気持ち悪い
そうなんです! 上手く説明できなかったんですが、ずっと引っかかっていたんです。

スペースの節約と言う視点は、ありませんでした。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/13 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Qカギ括弧内の最後に句読点は間違い?(例:「~。」)

「こんにちは。」などという用法は間違いだと言う記事を見かけたのですが、
私は小学生のころに「~~です」と書いてバツを貰い「~~です。」と直された経験があります。
以後、作文などで「~。」という使い方をしていましたが間違いだと指摘されたことはありませんでした。

どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールになっています。
【句読点の打ち方──簡略版】
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n140029
 以下は一部の抜粋(重言)。

================引用開始
 句読点の使い方のうち、句点(マル、「。」)については、それほど問題はないと思います。「文の終わりにつければいい」ということはだれでも知っているはずです。「文章読本」に書かれている句点の使い方を見ると、次のような記述になっています。

1)段落全体がカギカッコなどで始まりカギカッコなどで終わる場合は句点をつけない
例 「きょうは予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れるでしょう」
※一般の新聞や雑誌はこうなっている。しかし、教科書の類いはこういう場合もカギカッコの前に句点をつけている。その影響と思われるが、マンガのセリフの場合も、小学館は句読点をつけていることが多い。他社は句点も読点もつけていない。ほかに句読点をつける流儀にしている出版社があれば教えてください。

2)段落の途中に句点があり、その直後にカギカッコなどが続いて段落末がカギカッコなどになった場合は句点をつけない
例 天気予報は、何度も同じことを繰り返していた。「あしたは晴れるでしょう」

3)段落の最後の文がカギカッコなどで終わる場合でも、その直前に主語があり、文末のカギカッコなどのあとの述語(「と語った」など)が省略されているときは句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながら「あしたは晴れるでしょう」。
  この数日の予報がはずれつづけているだけに、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった。

4)文末に注釈などを加えるパーレン(丸カッコ)を使うときは、そのあとに句点をつける
例 気象予報士は苦笑しながらコメントを終えたが、さすがに自信のなさそうな口ぶりだった(笑)。

5)文章全体の注釈、クレジットなどを加える場合は、パーレンの前に句点をつける
例 きょうは天気予報がはずれてひどい雨降りでした。あしたは晴れると思います。(談)

6)改行して箇条書きにする場合は、各文の文末に句点をつける(ただし、箇条書きの内容が簡単な場合はつけなくていい)

 本によって書き方は多少違いますが、だいたいこんなところではないでしょうか。
 新聞でよく見かける3)の形は言葉足らずの印象があり、ふつうの文章で使われている例も少ないので、避けたほうが無難です。6)は趣味の問題で、本書では箇条書きの場合、原則として句点はつけていません。
================引用終了

1)「こんにちは」
2)「こんにちは。」
 どちらも間違いではありません。
 どういうルールに従うか、という問題です。

 学校(義務教育)では、昭和21年に文部省が発表した「くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)」の影響があるせいか、2)の書き方を教えます。
【くぎり符号の使ひ方〔句読法〕(案)】
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf
 しかし、新聞や一般の出版物は1)の形が圧倒的に多いはずです。

 新聞や一般の出版物の句点の打ち方は、おおむね下記のようなルールに...続きを読む

Q"~いただきますよう…","~いただけますよう…"はどちらが正しい?

標記に関しまして,どちらが正しい・座りのいい日本語でしょうか.
私のケースでは,この後には「よろしくお願い申し上げます」などと使用する
場合がほとんどです.今まで「いただきますよう」を使用していましたが,
最近,両方の表現を良く目にするようになり,一体どちらが正式なのか,妙に
気になっています.

Aベストアンサー

こんばんは。
文法については、私が書きますとかなり長くなりそうですので、
ここでは触れません。
ニュアンスの問題で(文法的にも)結論を言いますと、
「き」が正解(無難?)と考えます。

なぜなら、例えばですが、
「この回答に対して、ぜひお礼をいただ『け』ますよう、
よろしくお願い…」って書くと、
「強制の度合い」が大きくありませんか?

基は「き」を使った定形文と思います。
確かに「け」には、「発信者当人の希望の要素」がありますが、
これはあくまでも「定形文」のひとつと考えると、
「定形の変更」(定形を崩すこと)に、
「ある意図が含まれ」てしまいます。
そして、「意図」が含まれると、文章は「強く」なります。

そのような特別な意図を含まない
通常の文章中では「き」が、すわりが良いと考えます。

蛇足ですが「例」については、お気になさらないでくださいね。
「自分が言われたとき」というシチュエーションでお考えになる、
「わかりやすい例」を出したかっただけですので。

Q制作に協力いただいた方に完成物を送るときの送付状の文面

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

----------------------------
拝啓 貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てをいただき、厚くお礼申し上げます。

***「冊子名」がこの度、ようやく完成し無事発行にいたりました。
制作にあたり、多大なるご協力を賜り誠にありがとうございます。
深く御礼申し上げます。

***早速送付申し上げますので、なにとぞご高覧賜りますよう
お願い申し上げます。

敬具
----------------------------

よろしくお願いします。

送付状の文面で悩んでいます。

会社である冊子を作ったのですが、制作にあたり顧客に協力(記事掲載)を頂きました。
その冊子が完成したので、顧客に完成品を送付するためにつける送付状です。

↓こんな感じで考えているのですが、***のところがうまくまとまとまらず、困っています。
いっそ構成をごっそり変えてしまえば・・・とも思いますが、やはりまとめられずにいます。助言をお願いします。
また、言い回しや言葉遣いでおかしいところがあれば、そちらも
ご指摘願います。

--------------------...続きを読む

Aベストアンサー

謹啓  貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社小冊子「***」が無事完成致致しましたので、送付させていただきます。
制作にあたり、皆様より多大なるご協力をいただきましたことを改めて感謝申し上げます。
何卒、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。
今後とも、お引き立てを賜りますよう重ねてお願い申し上げます。                         敬具

Q男の人って昔好きだった人の事はいつまでも忘れないものなのですか?

我が家はお互いの実家とは遠く離れた地で暮らしている核家族で、さらに主人は単身赴任で帰宅するのは土曜日の夜、翌日日曜日の夜には赴任先に戻る生活をずっと続けています。
去年、主人が中学の同窓会に出席し、30年振りの再会が大変嬉しかったらしく、その後も盛り上がった数人の方と帰省の度に都合を合わせ集まっていました。
その中に、昔破天荒だった主人を支えてくれた憧れの女性がいて、いつの間にかメル友に。
最初はお友達だからと容認していたのですがメールのやり取りが頻繁になり、帰宅している土日でも彼女からメールが・・・。
ある日開きっぱなしだったメールを見ると
「もう一度会いたいから・・・」とか「家庭を壊すほど野暮じゃないから東京に行くまで忘れて」との文章が目に留まり、旦那も「東京で待ってる」と返信していました。
主人の目の前で携帯を確認し、問い詰めると最初はとぼけていたものの、彼女が上京した際に二度ほど二人だけで会った事を告白。
お酒を飲んだだけで怪しい事は何もないと言っているものの、メールの文章から察するに普通の関係ではないと思い、彼女の方にもメールで問い質し、最終的にお互いにアドレスを削除する事になりました。
さらに同窓会の幹事をしていた女性ともメールのやり取りがあり、この事態を全て知っていた様で、主人が嘘をついた事、同窓会と称しながらこの様なやり取りがあった事が大変ショックで大泣きして抗議しました。
その後、もうしないと約束し、同窓会にもしばらく出席しない事を条件に仲直りしましたが、未だ主人の部屋には昔その彼女からもらった色紙が飾ってあり、幹事の女性とも連絡を取っています。

こうなる以前から主人は私に「これが僕のマドンナ」と言って彼女の写真を見せたり、彼女宛の年賀状を私に書かせたりしていたのですが、その心理が私にはよくわかりません。
男の人って、昔の思い出を現在の妻にも認めて欲しいのでしょうか?

仲直りしたので主人が家にいる時はその話題には一切触れず明るく振舞っていますが、色紙を見る度に不安になります。

我が家はお互いの実家とは遠く離れた地で暮らしている核家族で、さらに主人は単身赴任で帰宅するのは土曜日の夜、翌日日曜日の夜には赴任先に戻る生活をずっと続けています。
去年、主人が中学の同窓会に出席し、30年振りの再会が大変嬉しかったらしく、その後も盛り上がった数人の方と帰省の度に都合を合わせ集まっていました。
その中に、昔破天荒だった主人を支えてくれた憧れの女性がいて、いつの間にかメル友に。
最初はお友達だからと容認していたのですがメールのやり取りが頻繁になり、帰宅している...続きを読む

Aベストアンサー

私は元カノ側です。
男の人は忘れないみたいですよーー。

私の元彼は、私との旅行の写真とかデートの写真とか、
結婚してからも大事に持っていて、
奥さんとケンカになったそうです。

で、捨てたか焼いたかしたらしいんですけど、
その写真のことを今でも覚えていて、
(捨ててからも10年以上たっているはず)
あの写真は良かったとか、いまだに言ってます。
17年前のデートの写真ですよ~。

彼の子供がある場所に修学旅行に行ったらしいんですけど、
それが私とデートした場所だったので、
「なんかお前とのデート思い出してしまった」・・だそうです。
デートしたのは17年前なのに、何を覚えているんだろう?
と思ってしまいました。私は行ったことは覚えているけど、
細かいことは忘れました。

ちなみに私は元彼と不倫しているわけではないです。
彼が結婚してから、ついでがあったとき、3度だけ会ったかな。
飲んだだけ。
最後に会ったのは7年前だし。
恋人として付き合っていたのも1年半ぐらいと短かったです。

今はときどきメールするぐらいです。
「少しはオッパイ大きくなったか~?」とかメールでよこします。
つまんないことを覚えているもんです・・・。

私は、土日にはメール出さないですね。
余計な夫婦ゲンカされてもイヤですから。

奥様に認めて欲しいってことは、別にやましいことが
ないということではないでしょうか??

色紙捨てろって言ってもいいと思いますよーー。
奥様は強気で!

私は元カノ側です。
男の人は忘れないみたいですよーー。

私の元彼は、私との旅行の写真とかデートの写真とか、
結婚してからも大事に持っていて、
奥さんとケンカになったそうです。

で、捨てたか焼いたかしたらしいんですけど、
その写真のことを今でも覚えていて、
(捨ててからも10年以上たっているはず)
あの写真は良かったとか、いまだに言ってます。
17年前のデートの写真ですよ~。

彼の子供がある場所に修学旅行に行ったらしいんですけど、
それが私とデートした場所だったので、
...続きを読む

Q「とき」を漢字にするときとしないときの違い

~したとき
など、「とき」を感じにするべきかしないべきか迷うことがあります。

「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と
学校の先生から教えてもらったんですが、
それだけでは区別がつかないときはよくあります。

どちらに置き換えても大丈夫なときがあるんです。

みなさん、どのように使い分けてますか?

Aベストアンサー

>「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
>「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と

同じくです。明確な「時」の意識がないものはすべて平仮名。迷ったときや、平仮名で違和感があるときだけ漢字で書きます。

この手の書き分けは、マスコミの用字用語辞典が参考になるかと思います。具体的な内容は末尾参照。
国の通知文書『公用文における漢字使用等について』の考え方に概ね則っているはずです。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000005543&clc=1000000068&cmc=1000005514&cli=1000005532&cmi=1000005540

-------------------------------------------
■共同通信社 『記者ハンドブック』

時 〔名詞など、主として時間・時刻・時期そのものを示すとき〕
  売り時、書き入れ時、実行の時が来た、梅雨時、時が移る、時が解決する、時々、時として、時と場合、時ならぬ、時には〔たまには〕、時の氏神、時の権力、時の流れ、時の人、時の問題、時は金なり、時を待つ、何時=なんどき=、花見時、退け時

とき 〔主として「…の場合」、大切なとき〕
 行くとき、行けないときは連絡する、いざというとき、(もしも)帰ってきたときは、危急存亡のとき、事有るとき、社員を採用するときは、衆院解散のときは、都合の悪いとき、

〔注〕 書き分けに迷う場合は平仮名書き。

-------------------------------------------
■時事通信社 『用字用語ブック』

時 〈名詞など、主として時間・時刻・時期そのものを示す場合〉
  売り・買い時、書き入れ時、決断の時、梅雨時、時折、時が移る、時が解決する、時がたつ、時たま、時々、時として、時と所、時ならぬ、時に、時に従う、時には、時の氏神、時の運、時の権力、時の流れ、時の人、時の問題、時は金なり、時を得る、時を刻む、時を待つ、何時=なんどき=、花見時、退け時

とき 〈形式名詞、「…の場合」の意味で〉
  行くときは、火事のときは119番、困ったときの神頼み、事故が起こったときの処置、…しようとするとき(に)は

【注】 迷った場合は平仮名書き。

-------------------------------------------

>「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
>「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と

同じくです。明確な「時」の意識がないものはすべて平仮名。迷ったときや、平仮名で違和感があるときだけ漢字で書きます。

この手の書き分けは、マスコミの用字用語辞典が参考になるかと思います。具体的な内容は末尾参照。
国の通知文書『公用文における漢字使用等について』の考え方に概ね則っているはずです。
http://...続きを読む

Q帰路

帰路に着く、と言う言葉は
 「家に着いた」と言う意味でしょうか?
それとも
 「帰り始める」と言う意味でしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「帰路につく」の「つく(就く)」は動作の開始を表します。
したがって「帰り始める」の意味になります。
ちなみに下記辞書の用例にも掲載があります。

【就く】 Yahoo!辞書
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%B1%E3%81%8F&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=13697112358400

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。


人気Q&Aランキング