痔になりやすい生活習慣とは?

火災保険の水災特約の担保条件について質問します。

現在地下室付きの2世帯1戸建て住宅を建築中で、地下部分に私達子世帯が居住します。

ドライエリアに雨水用のピットと排水ポンプを設置しますが、想定外の大雨等で地下室が浸水した場合、火災保険の水災特約での補償は担保されるのでしょうか?それとも地上階のみになるのでしょうか?

土地は神奈川県の高台で通常は水害の心配はありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

水災の場合、総合保険であれば地下室であっても補償されます。



ただし、
1.地下の生活空間の床上に浸水しただけで、時価額の15%未満の損害の場合は、お見舞い金として契約保険金額の5%(上限100万円)。
2.時価額の15%以上30%未満の損害の場合、契約保険金額の10%(上限200万円)。
3.建物・家財で1と2を同時に支払いを受ける場合には、1構内200万円が上限です。
4.30%以上の場合、契約保険金額×損害額÷時価×70%
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。いろいろ条件があるのですね、大変勉強になりました。

お礼日時:2005/09/13 17:25

 もちろん保障されますよ。


最近の保険は進歩してますので保険会社によっては損害額の100%保障する会社もあります。料金もほとんど変わらないのでもし加入を考えているのであれば100%保障のタイプがお勧めです。僕が代理店をやっているAIU保険会社なんかもそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。安心しました、100%保障のタイプを検討します。

お礼日時:2005/09/13 17:23

水災特約?


専用住宅ですよね?
通常、損害保険の「住宅総合保険」であれば水災は特約無しで保障されます。
地下室でもOKです。
「住宅火災保険」じゃだめですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答どうもありがとうございます。「住宅総合保険」であれば補償されるのですね。先日の大雨で心配になってしまいました。これで安心しました。

お礼日時:2005/09/13 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火災保険の建物(地下付き)の保険金額について

このたび、築9年の中古一戸建てを購入し、火災・地震保険の加入を検討しているのですが、建物の保険金額をどのように考えていいのか悩んでいます。

家は地上2階地下1階建てで、地下は鉄筋、地上部分は木造です。
新築時の費用を問い合わせたところ、地下をつくるための土地の整地?費用込みで坪当たり100万円かかった、としか教えていただけませんでした。とすると、土地は約42坪、床面積は195m2、約59坪ですので、建てるのに5900万円かかったということなのでしょう。
一方、ローンを組む銀行で紹介された保険会社では、床面積から標準的に3820万円と見積もっており、上下30%の範囲で変更は可能とのことでした。

万が一のときは、立て替える費用を全額保険でカバーできるようにしたいのですが、火災で地下の整地まで改めて必要になるとは思えませんし、鉄筋の部分の損害は最小限に収まるような気がします。でも、建物の再取得価格の全額を保険金額にしておかないと、部分的な損害のときも補修費用の一部(建物の再取得価格に占める保険金額の割合分)しか下りないとも聞きました。建物の保険金額はどのように決めたらいいでしょうか。

このたび、築9年の中古一戸建てを購入し、火災・地震保険の加入を検討しているのですが、建物の保険金額をどのように考えていいのか悩んでいます。

家は地上2階地下1階建てで、地下は鉄筋、地上部分は木造です。
新築時の費用を問い合わせたところ、地下をつくるための土地の整地?費用込みで坪当たり100万円かかった、としか教えていただけませんでした。とすると、土地は約42坪、床面積は195m2、約59坪ですので、建てるのに5900万円かかったということなのでしょう。
一方、ローンを組む...続きを読む

Aベストアンサー

購入された建物の価格(ローン含む土地代は含まない)を補償額にされ、気になるようなられば上下30%調整(新たにエアコンを付けた給湯器を新しくしたなど)されればよいと思いますよ。
万一全焼してしまったら今と同じ建物が現在幾らで建てられるかが補償額です。
地下については最小限度の損害がどの程度かわかりませんが、消化水または台風などの水害で地下に溜まることによって思いがけない損害が出るかも知れませんので考慮すべきと思いますけど。

補償額は多くても少なくてもいけませんが、最近は再取得価格の全額を保険金額にしなくても補償額が減額(比例填補)にならない保険も出てきています。また、割高ですが契約内容によって比例填補にならないこともできますよ。

Q地盤面てなんですか?

お世話になっています。

そのままなのですが地盤面てなんでしょう?

土地に建物が建っているとして、土地全部ですか?それとも建物の下の部分の土地だけのことですか?それとも全く違う別のものですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

不親切だったようですいません。
取り合えず、法文の「・・る水平面をいい、」の所までで別けて考えてください。
地盤面とは、水平面の事で、高さのレベルを表します。
例えば、1Fの床面から1m、というように基準となる高さです。
法上、建物の高さを測る為の基準面=地盤面のことです。
その基準面がどの高さになるのか?というと、
例えば、サイコロのような立方体の建物を建てるとします。
法文の「建築物が周囲の地面と接する位置」=「建物の外周において地面と接する高さ」
ですので、底の面全体ではなく、底の面の4辺が地面に接している高さになります。
例えば、道路より10cm上がった平坦地だった場合、4辺の各部分共に同じ+10cmの高さになりますので、
地盤面は道路から+10cmとなります。

Q登記と契約上の延べ面積の違いによる火災保険の減額

実家が、隣家が火元の火事で全焼しました。
火災保険会社から、登記の延べ面積と契約書の延べ面積が違っているので、登記の分しか支払えないと言われています。
登記は22坪、契約書は40坪で、実際に建っていた坪数も40坪です。増築しているので差異が生じています。ちなみに保険契約した時点で40坪ありました。契約のときには登記の書類の提出は求められませんでした。

支払ってきた保険料は40坪から算出された補償額分に対する保険料のはずです。それなのに、登記が22坪なので約半減した補償額しか支払われないというのが、納得いきません。
どうにか交渉の余地はないでしょうか?どのように交渉したらよいかどなたか教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

通常保険会社がそのような誤った主張をするとは考えられません。
契約時に40坪として保険金額を算出し契約しておれば
新価実損払いの契約なら40坪で計算した保険金が支払われます。

火災保険では現実に40坪あったことが確認されれば
登記面積とは関係なく損害査定をして保険金が支払われます。

そのために鑑定人が来て、実測するのです。

極端に云えば、無登記でも実際に建物があったことおよび正当な
被保険者(所有者)が確認できれば支払われます。

もし本当に保険会社の主張なら、新米社員の主張でしょうね。
現実に私も損保社員のときに、何回も無登記や今回のように
増築などで登記面積が異なるケースを実際の面積で支払ってきています。

これはどこの保険会社でも同じ扱いです。
損保協会に公正な第三者機関としての苦情処理機関(損保協会ADR)
がありますのでそこへ提訴してください。

>http://www.sonpo.or.jp/useful/soudan/adr/index.html

Q鉄骨の耐火被覆について教えて下さい

鉄骨造のショッピングセンターで鉄骨本柱は設計図に耐火被覆30m/mが有るのですが、鉄骨間柱にも耐火被覆は必要なのでしょうか。間柱はH-350x175x7x11のサイズです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされます。

逆に言えば、条例等で耐火構造を要求されている場合は、鉄骨造も一定基準以上の耐火被覆を要する事になります。

鉄骨造の梁・柱に用いられる鋼の溶解温度は約1300度です。

木造住宅での火災での燃焼温度は1200~1300度ですから、鉄骨造でも内装に木材等が多用されて派手に燃えれば、鉄骨は溶けます。

耐火被覆があれば、耐火被覆がダメになって鉄骨が溶け始めるまで1時間ほど時間稼ぎ出来るので、鉄骨が逝く前に鎮火出来る可能性が高くなります。

当然、間柱にも同様の耐熱被覆が必要だと思いますが「設計図に指定が無い」のであれば「設計者が建築費を削減するために、わざと指定しなかった可能性」も否定できません。

間柱に耐熱被覆した場合、あとから「余計な事はするな」とクレームになる可能性があります。

間柱に耐熱被覆しなかった場合、あとから「欠陥建築だ」とクレームになる可能性があります。

つまり「設計者に確認しないで勝手に判断すれば、してもしなくても、後でクレームになる」って事です。

ここの回答者の全員が「間柱にも必要」と回答したとしても、設計者は「不要」と思っているかも知れません。

ここの回答者の全員が「間柱には不要」と回答したとしても、設計者は「必要」と思っているかも知れません。

したがって「ここで質問した回答はすべて無意味なので、どうすべきか、設計者に問い合わせるしかない」って事です。

建築基準法上、鉄骨造は一定基準の耐火被覆をすることで耐火構造とみなされます。

逆に言えば、条例等で耐火構造を要求されている場合は、鉄骨造も一定基準以上の耐火被覆を要する事になります。

鉄骨造の梁・柱に用いられる鋼の溶解温度は約1300度です。

木造住宅での火災での燃焼温度は1200~1300度ですから、鉄骨造でも内装に木材等が多用されて派手に燃えれば、鉄骨は溶けます。

耐火被覆があれば、耐火被覆がダメになって鉄骨が溶け始めるまで1時間ほど時間稼ぎ出来るので、鉄骨が逝く前に...続きを読む

Q携行品損害を補償してくれる保険に2件加入していたのですが・・・

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入していたことをお話しました。

B社は、A社に連絡を取り、写真も修理の見積もりもA社に出して頂いた物でOKです、新たに出していただく必要はありません、とのことでした。

結果、A社より私に5,500円振り込まれ、B社よりA社へ約1,700円支払われました。二社で合計5,500円の保険金が私へ支払われた、ということです。

二社へ保険金を払っていた私としては、何となく納得できません。今回は仕方ないとして、今後、それぞれの会社へ単独で加入していました、と言って(もちろんそれぞれへ書類は提出して)二社から保険金を貰うのは違法なことなのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてください。よろしくお願い致します。

携行品損害の請求の件でお尋ねします。

海外旅行から戻りスーツケースにヒビが入っているのに気がつき、加入していた海外旅行の保険会社(A社)に請求いたしました。
修理は可能、ということでメーカーから見積もり(¥5,500)を取り寄せ、デジカメで取った写真を送り手続きは終了しました。

それから、自宅にかけている保険(B社)に持ち出し品も補償する、という項目があったことを思い出し、確認したところ補償していただける、という返事を頂き、他に保険に入っていないか確認されたのでA社に加入して...続きを読む

Aベストアンサー

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は出ません(一部、再調達価額特約を除く)。
なぜなら、損害以上のお金が出るなら、みんな自宅が燃えたら儲かるので、みんな自分の家にわざと火をつけるようになってしまいます・・。

仮に、上のケースで、こっそり複数の保険会社に、2000万円ずつ、火災保険に入っていたとしても、損保会社はお互いデータ照会するはずなので(不備も多いですが)、普通ばれて、保険金は、やはり合計で1000万円しかもらえません。万一ばれなくても、後でわかれば保険金詐欺で捕まってしまいます(だから、損保会社の手続きに重過失がない限り、基本的には違法です)。

ちなみに、これに対して、生命保険は命に明確な値段がつけられないので、保険金は、基本的に満額出ます。
つまり生命保険の方が、損害保険より、保険として満額もらえやすいのです。
これが損害保険よりも、生命保険の方が、保険金詐欺が目立つ理由ですね。

それは生命保険的な発想です。
確かに一般の方から見れば、そう考えるのは当然だと思いますが・・。

それは、そもそも損害保険というのが、損害のマイナス部分を、損害を受ける前の状態まで復帰させる、という目的で制度が作られているのが理由です(一応、海外旅行傷害保険も損害保険の色彩が強いです)。
なので、分かりやすく言うと、2000万円の家に、2000万円の火災保険を掛けておいても、自宅火災で1000万円分しか被害が出なければ、通常は損害分に見合う最大1000万円までしか保険金は...続きを読む

Q運転免許証の有効期限について

免許更新について教えてください。
有効期限である誕生日を過ぎたのですが、更新申請ができる期間は誕生日から一ヶ月先まで設定されていたので悠長にしていたら、今日、友人から、「更新は誕生日から一ヶ月先までできるけど、誕生日を過ぎたら、今持っている免許証は無効になる」と聞きました。
つまり、まだ更新は可能な期間だから、と誕生日を過ぎても更新せずに今の免許証を持って運転していると、それは無効の免許証だから無免許運転になるというのです。
明日、朝から運転しなければいけない用があります。
ご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

平成14年6月1日に改正道路交通法が施行されたことにより、それ以前の旧免許証は従来と扱いが異なることとなりました。
旧免許証には、『平成○○年の誕生日まで有効』と記載されています。しかし、改正道路交通法により、現在免許証の有効期間は誕生日の1ヶ月後の日(その日が日曜日等の場合は次の平日)までとなっていますので、実際には有効期間が1ヶ月間延長されています。従って誕生日の1ヶ月前から誕生日の1ヶ月後の日(その日が日曜日等の場合は次の平日)までの2ヶ月間に免許証の更新を受ければよいということになります。
また、有効期間が1ヶ月間延長されていますので、旧免許証で誕生日の1ヶ月後の日(その日が日曜日等の場合は次の平日)まで運転することができます。

参考URL:http://www.top.in.arena.ne.jp/menkyo03kousin.html

Q法人として中断再開は可能でしょうか?

個人(または個人事業主)として中断証明書を発行して、その後
法人設立したため法人として中断再開することは可能でしょうか?
個人事業主から法人への等級引継ぎは可能ですので、登記簿などの
資料を揃えたら法人としての中断再開はできるものでしょうか?

ちなみに、保険期間中での個人事業主から法人への等級引継ぎは
法人設立から1年以内の申し出であることが条件となっていますが、
中断期間は10年あるので、そこが気になります。

ご存知の方おられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。すみません。回答になってませんでしたか?

てか、なってませんね(笑

質問の内容だけですと、
個人事業主として所有していた車を廃車、もしくは譲渡として中断証明を取る。
その数年後(数ヵ月後でもいい)法人を設立。新たに法人で車を購入して中断証明による等級継承による再契約。

はい、できません。

では本当に出来ないのでしょうか?
代理店は色々方法を考えます。
法を犯す訳でもなく、保険会社を騙す訳でもなく、方法はないのか?
これ以上は言えません。

※既に法人化している場合は何もできませんが、これから法人化するなら打つ手はあるでしょう。
但し前途ある会社設立の時に高々自動車保険の等級の為に細々とした作業を嫌うのも経営者ならではといえるかも。

ちなみに個人・法人間の等級継承に必要な書類は

個人事業主の時の事業と法人設立時(申告時)の事業が同一であることを証明する書類



個人事業主の時に使用していた被保険自動車と法人設立時(申告時)に所有している被保険自動車が同一であることを証明する書類

になります。
要するに個人事業と法人事業で事業の内容は変わらず、使用自動車も変わらないから、同リスクとして等級継承を認めますという制度なのです。

No.1です。すみません。回答になってませんでしたか?

てか、なってませんね(笑

質問の内容だけですと、
個人事業主として所有していた車を廃車、もしくは譲渡として中断証明を取る。
その数年後(数ヵ月後でもいい)法人を設立。新たに法人で車を購入して中断証明による等級継承による再契約。

はい、できません。

では本当に出来ないのでしょうか?
代理店は色々方法を考えます。
法を犯す訳でもなく、保険会社を騙す訳でもなく、方法はないのか?
これ以上は言えません。

※既に法人化してい...続きを読む

Q火災保険の延べ面積

延べ面積に駐車場は含まれるのでしょうか?
我が家は、1階を店舗として貸しています。店舗前面に駐車場があります。駐車場の両端の壁は、2階部分を支えています。1階店舗は19坪、2階が住居で25坪ですが、登記の延べ面積は、1階26坪、2階25坪とあります。火災保険には、登記とおりか実際の部屋の面積で申告するのか教えて下さい。

Aベストアンサー

実際の面積です。
登記の面積は実際に増築しても登記していないとそのままになっていたり
します。
ガレージが別にある場合には、建物の面積で加入してそれに門、塀、車庫、
物置を含むとして契約されますが、建物の一部としての車庫なら当然それも
含めた実際の面積で契約します。

なお、登記上の面積は1戸建の建物の場合には壁真基準で測量し、登記しますが、実際に火災で全焼したりすると、外壁基準で保険会社は実測し直し
ますので、実際の登記面積より大きくなります。

Qエレベーターの設置費用と維持費

5階建てマンションにエレベーターを設置したほうが将来、老人が多くなると賃貸需要面で有利と考えてます。
1フロア3~4戸では採算合わないので4階建てEV無しも一考の余地ありと指摘されました。
設置時の費用と月間維持費を教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

そうですね。(1)No.1の御回答のように、見積もりを取られたほうがいいと思います。というのは、昇降機系は、価格があってないような面があると聞いています。つまりは、後のメンテナンスをそのメーカー系列で行うのかどうかでも昇降機の値段はちがってくるようです。また最近の物騒な世の中の影響で、防犯カメラ付から警報音声付とか色々な最新の機能が付随したものもあり、価格はさまざまです。かごと設置費用で小規模マンションの場合は1千万前後(安い場合はもっと安いと思います。)かもしれませんが、それもどんな機種やメンテナンスを選ぶかによって大幅に違ってくるようです。
(2)建設を、ゼネコンさんや有名ハウスメーカーに依頼した場合、設計と施工が同じところになりますから、エレベーターの費用を安く見積もられ施主側に提示があったとしても、他の設備面などに上乗せすることができますので、実際はいかほどのものかはわかりにくくなりますね。一方、設計事務所に設計管理を依頼されて、施工と分けた場合は、エレベーターのかごと設置費用がわりとはっきり単独で把握できるものです。ですから、どういうふうに依頼されるのか、どんな機種を選ばれるのかがわかりませんので、設置費用についてはなんともお答えのしようがありませんね。

メンテナンスの費用:
これもさまざまです。毎月点検の場合と、三ヶ月に一回の場合がよくあるケースですが。またどこに点検してもらうかでも費用は異なることがあります。たしかエレベーターで事故がつづけてありましたよね。あの事故を起こしたエレベーターのメンテナンスには、確か問題があったようなことが新聞に書かれていましたね。このごろはこのメンテナンス業界にも価格破壊があるときいております。メーカー系列ではなく独立系の会社も多くあるようですよ。ただむずかしいですよね。安いと悪いのか?高いと良いのか?このあたりは、信頼のおける設計の方とよくご相談されたほうがいいでしょう。ちなみに、毎月点検だと2~3万ぐらい。三ヶ月に一回だと4.5万~5万、つまり月平均1.5万~1.8万ぐらい。
でももっと高いところもあるみたいです。
この他に、ワイヤーの交換、35万ぐらい 高さによっても違う 
     8~10年
かごの交換:20~25年ぐらいが目安だと言われています。←これは費用がかかる!

前のご質問で少し気になったのは、4mの公道に一面しか敷地が面してないのでしょうか? もしその場合、近隣からの建設反対とかはありませんか? 周囲がオフィスビルとかばかりなら、ほとんど反対はないでしょうが、民家や日照に影響をあたえる分譲などがある場合、なにかと大変です。5階建て4階建てのマンションの場合、4mの道路に大きな生コン車やクレーン車が入ってくるわけですし、隣地境界ぎりぎりまで、何メートルも地面を掘るわけですから。
そんなこんなで、これから少し大変かもしれませんが、がんばってくださいね。

そうですね。(1)No.1の御回答のように、見積もりを取られたほうがいいと思います。というのは、昇降機系は、価格があってないような面があると聞いています。つまりは、後のメンテナンスをそのメーカー系列で行うのかどうかでも昇降機の値段はちがってくるようです。また最近の物騒な世の中の影響で、防犯カメラ付から警報音声付とか色々な最新の機能が付随したものもあり、価格はさまざまです。かごと設置費用で小規模マンションの場合は1千万前後(安い場合はもっと安いと思います。)かもしれませんが、それも...続きを読む

Q地震保険の建築年割引 確認資料は何処で入手

地震保険の建築年割引を調べています。保険会社のHPを見ると、
----------
昭和56年6月1日以降に新築された建物の場合。地震保険料割引(10%)。

【確認資料】:建物登記簿謄本(写)、建物登記済権利証(写)、建築確認書(写)、検査済証(写)等の対象建物の新築年月が確認できる公的機関等(国・地方公共団体、地方住宅供給公社、指定確認検査機関など)が発行する書類(写) (新築年が昭和57年以降である場合は新築年)

割引適用にあたっては、所定の【確認資料】をご提出が必要です。
【確認資料】をご提出日以降の保険期間について適用されます。
----------
Q:上記の必要な【確認資料】は何処で入手するのでしょうか?
市区町村役所?法務局?個々の建物所有者の自宅金庫奥?何処ですか?

謄本や証明書の手数料はいくらかも?経験者や専門家にお尋ねします。
御教授戴けます様、宜しく御願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

なるほど、わかりました。
では、去年の固定資産税の納付書はありますか?
もしあれば、そのコピーでも今は確認資料とすることができます。
ただし、新築年月が建築年月として記載されている場合は、市区町村役場の資産税課に問い合わせて、建築年月=新築年月であることを確認のうえ、誰に確認したか部署及び担当者名を書き添えて提出すれば良いとされています。
詳しくは代理店、もしくは保険会社に聞いてください。

その他、中古物件でなければ、建築確認書や登記済権利証はあると思いますがいかがですか?
一度探してみてください。

500円で割に合わないとのことですが、確認資料を一度取り付ければ、同じ保険会社で契約を更改する場合は、以後提出の必要はありません。
また、確認資料は原本でなくコピーでいけますので、原本を置いておけば契約を他社に変えても大丈夫です。


人気Q&Aランキング