ナトリウムーカリウムポンプが細胞内外のナトリウムイオンとカリウムイオンの濃度を一定に保っているが、なぜ自由な拡散によりナトリウムイオンやカリウムイオンが移動しないのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これらのイオンは下のお二方のおっしゃるとおり


膜を透過する事はできません。

ですが膜に存在するイオンチャネルを通って
それぞれのイオンは濃度の薄い方へ拡散する事はあります。

ただしここでそれぞれのイオンは電荷をもっているので
細胞の今ある状態から
濃度勾配だけにしたがって拡散すると
濃度勾配とは逆の電気化学的な勾配ができます。

それによってそれぞれのイオンの流入量と排出・その他の器官への取り込み量
は等しくなり、このときの電位を平衡電位というのです。

つまり濃度が一定に保たれるとは言いますが
イオンの移動がないわけではなく流入量=排出量になるので
一定と言っているわけです。

また特に神経細胞などではカリウムチャネルがほとんど開いており
カリウムイオンが平衡電位に深く関連しています。

もっと詳しく説明する事も出来るのですが
ながながしくなるのでもし知りたい場合には細胞の分子生物学や
神経の本などを参考にしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
そして質問の内容がわかりにくくてごめんなさい。
イオンの移動が全くないと思い違いをしていました。

お礼日時:2001/11/13 12:11

質問の主旨がよく読み取れなくて恐縮ですが、


自由な拡散は、細胞膜(=浸透膜)が存在する以上起こりえないとおもうのですが???
ナトリウム-カリウムポンプはATPを利用した能動的なイオンチャネルで、エネルギーを使い恒常的に濃度を保っています。一応面白いURLがあったので載せておきます。

参考URL:http://www.metaco.co.jp/Cglib/12_saibou/a-147/a- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問の内容がわかりにくかったにもかかわらず、回答ありがとうございます。
紹介していただいたURLも見てみたいと思います。

お礼日時:2001/11/13 12:16

こんにちは。


えっと・・・これは、生体膜をなぜイオンが通過しにくいか?・・・ってことでしょうかね?

それは、脂質が疎水性だからでしょうね。
ただ、水分子は小さいためか、よく通過します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生体 ナトリウム カリウム 役割

赤血球の内側にカリウム、細胞外にナトリウムが多いのは生体内で何の役割を担うためにそうなっているのですか?

Aベストアンサー

難しい質問ですね。
正しい解答ができるかどうか自信ないんですけど。


ナトリウム-カリウムポンプのことはご存知ですよね?
その上で、なぜ「細胞内にカリウム、外にナトリウム」?
(どうして赤血球限定なのか、わからないんですけど)

細胞膜は、何でも出入りできるようにはできていないので、
細胞がほしい物質を内部に取り込もうとするとき、
イオンの電気勾配を利用して、マイナスを帯びた細胞内に引っ張り込む、
これがエネルギー輸送ですよね。

カリウムもナトリウムもプラスイオンですが、
何でも入ってきてしまわないようにコントロールしたいので、
細胞膜の孔は、できるだけ小さくしておきたい。
ナトリウムよりも小さいカリウムの方が出し入れしやすい、ということだと思います。

また、このシステムは太古の原始生物時代から使われているシステム
ということも、重要だと思います。
生物の体液や細胞液は、原始時代の海水とよく似た組成だと言います。
初めの生物は、海水の中にいて、細胞膜一枚で海と仕切ったようなものでした。
細胞膜の孔から、栄養と老廃物を透過させて交換して代謝してたのでしょうから、
内も外も海水、というのが、一番手間のかからないものだったと思います。

なぜ、何の役割のために……誰かがシステムを作り上げたのではなく、
海という素材から作られてきた成り立ち……だから、カリウムとナトリウム、
ということではないでしょうか。

生物はみんな、体の中に海を持っているんですよ。ステキですよね。

難しい質問ですね。
正しい解答ができるかどうか自信ないんですけど。


ナトリウム-カリウムポンプのことはご存知ですよね?
その上で、なぜ「細胞内にカリウム、外にナトリウム」?
(どうして赤血球限定なのか、わからないんですけど)

細胞膜は、何でも出入りできるようにはできていないので、
細胞がほしい物質を内部に取り込もうとするとき、
イオンの電気勾配を利用して、マイナスを帯びた細胞内に引っ張り込む、
これがエネルギー輸送ですよね。

カリウムもナトリウムもプラスイオンですが、
何でも入っ...続きを読む

Qナトリウムカリウムポンプ シンポートについて

ナトリウムカリウムポンプについて
大学細胞生物学のテストで細胞膜についての内容があります。
そこで、ナトリウムカリウムポンプはシンポートなのでしょうか?それともアンチポートなのでしょうか?
レジュメではシンポートと書かれているのですが、ナトリウムとカリウムは膜をはさんで互い違いに輸送されている図が載っています。これはアンチポートと言えるのではないかと思って悩んでいます。
ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

アンチポートは“受動輸送”される物質に対して“能動輸送”される物質が反対方向に輸送されることをいい、シンポートはそれらが同一方向に輸送されることを言います。従って、ナトカリATPaseのナトリウムやカリウムの輸送は定義上、アンチポートやシンポートとはいいません。
ただ、広義の使い方、つまり二つの物質が反対方向に移送されることをなんでもアンチポートというかどうかですが、これは図書館で調べましたがわかりませんでした。少なくともテストではアンチポート等とは書かない方が無難だと思います

Qナトリウム・カリウムポンプ

大学での発表形式の課題の問題なのですが…どのように説明したらいいか分からなくて悩んでいます。どなたかアドバイスをよろしくお願いいたします。

膜タンパクとしてなNa+―K+ポンプだけを含む脂質小胞を作ったとする。話を簡単にするためにこのポンプは一回の回転で一個のNa+とK+をそれぞれ逆方向に輸送するとしよう。またNa+―K+ポンプ分子の細胞質側を向いているべき部分は小胞の外部に露出するように配置されているとする。以下の場合どのようなことが起こるか述べよ。

A:この小胞をNa+、K+のイオンを含む溶液中におき、小胞内部も同じイオン組成をもつ溶液で満たされている時

B:Aで述べた外部溶液にATPを加えた時

C:ATPは加えるが小胞内部と外部の溶液がいずれもK+を含んでいないとき

D:小胞の膜に埋め込まれているポンプの半数の向きを変えて、細胞質に面していた所が小胞内部を向くようにしてから、ATPを外部溶液に加えた時

E:Aで述べた外部溶液にATPを加えるが、膜にはK+漏洩チャネルもあるとき

高校の生物を履修したくらいの理解度で何とか説明することはできないでしょうか?

大学での発表形式の課題の問題なのですが…どのように説明したらいいか分からなくて悩んでいます。どなたかアドバイスをよろしくお願いいたします。

膜タンパクとしてなNa+―K+ポンプだけを含む脂質小胞を作ったとする。話を簡単にするためにこのポンプは一回の回転で一個のNa+とK+をそれぞれ逆方向に輸送するとしよう。またNa+―K+ポンプ分子の細胞質側を向いているべき部分は小胞の外部に露出するように配置されているとする。以下の場合どのようなことが起こるか述べよ。

A:この小胞をNa+、K+のイオンを含...続きを読む

Aベストアンサー

AからEのそれぞれの場合に対応する簡単な図を描いてみてはいかがでしょう。
例えばAの場合

(外側)
   溶液(Na+、K+)

------( K )------
(膜)    ↑↓
------(Na)------

   溶液(Na+、K+)
(内側)

Qある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞

ある細胞集団でG1期の細胞が100個、S期の細胞が50個、G2期の細胞が40個分裂期の細胞が10個あったとします。
核一個あたりのDNA量が一倍の細胞(G1期の細胞)は100個、DNA量が二倍の細胞は(G2期と分裂期の細胞)は40+10=50個、S期の細胞はDNA量が1.25倍のもの、1.5のもの、1.75倍のものなどさまざまですね。それをグラフにすると次のようになります。
グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。
ちんぷんかんぷんです。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

>G1期の細胞が100個
S期の細胞が 50個
G2期の細胞が 40個
分裂期の細胞が 10個

>グラフではS期がG1より低いのはなぜですか。

「低い」とはグラフの縦軸のことをおっしゃっているのでしょうか?
それならば、縦軸は「細胞数」と書いてあります。

G1期の細胞が 100個
S期の細胞が 50個

ですから。。。。

QHEK細胞、HeLa細胞および初代培養細胞株について

HEK細胞、HeLa細胞の違いってなんでしょか?
現在読んでいる論文に頻繁に登場してくるのですが。

HEKが小児の胚由来、HeLa細胞が子宮頸がん由来ということはわかっているのですが、実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?
では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

当方化学系の研究室に所属しているので身近に質問できる人がいません。なにとぞよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二つはどちらもずーっと分裂し続けます。

>あと初代培養細胞株と通常の細胞株の違いって、初代培養細胞株は培養条件や形質転換の条件が確立されていない点で扱いにくいという理解でよろしいのでしょうか?

確立されていないということはありません、ただ、効率が悪かったりします。上にあげたURLにあるように、初代培養細胞はまず集めることや、培養自体が難しいとかありますので、総合的に実験しづらいです。

>では初代培養細胞の利点は何かあるのでしょうか?

所詮、293細胞やHeLaは「細胞株」でしかありません。
試験管ではない、細胞を使った解析は出来ますが、それはあくまで
この二つの特殊な細胞でそうなるということにすぎません。
最後の決めの実験はやはり、実際の細胞ではどうなのか?ということを証明しなくてはなりません。

例えば、腸の細胞での話をしていて、最初は293細胞で実験をやっていて得られた結果を、細胞はやはり腸の細胞で証明しないとダメだということです。

293とHeLaなどの「細胞株(cell line)」は実験に使いやすい
汎用実験用細胞といった感じのものです。

これをまずは見てみて下さい。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4078187.html

>実験を行う上での選択の基準は何でしょうか?

自分の実験で扱いやすいと思った方を使うだけです。
この二つの細胞は、遺伝子導入が容易いので、よく使いますが、
どっちが良いのかというのは個人の判断です。

>HeLaは癌細胞由来だから癌細胞のアッセイなどに使って、HEKは正常細胞を見たいときにつかうということでしょうか?

いいえ。どちらも既に正常細胞ではありません。正常細胞はあくまで初代培養細胞です。この二...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報