日本では50/60Hzが使われていますが、その周波数が使われる元となったアメリカとドイツから伝わってきた発電機は何故50Hzと60Hzなのでしょうか?
周波数が高いと電圧降下が大きいので、周波数は少ない方が良いというのは分かっているのですが。何故70や40じゃないんでしょうか?70や40じゃだめな理由があったと思うのですが。
40の様に低い周波数だと電灯がちらつくからだと思うのですが、その当時そこまで考えていたかも疑問に思います。
今は周波数が高い方がいいのかもしれないですが、その当時なぜ50Hzや60Hzにしたのか?その決定打となった理由が知りたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 確かに現在の周波数は50Hzと60Hzですが、戦前は日本国内にたくさん電力会社があったので、40Hzの地域も存在しました。

そのころは東日本が50Hzで西日本が60Hzと言うようになってなくて、結構ばらばらになっていました。
 その後、日本が戦争したことで電力会社も国営化になったので、周波数統一の動きが始まりました。結局東日本は50Hz、西日本は60Hzになったのですが、40Hzがなぜなくなったのかは知りません。おそらく40Hzだった地域が元々少なかったんじゃないでしょうか。たくさんあったビデオの規格が結局VHSだけになったのと構造は似ているのだと思います。
 電力関係は一応専門なのですが、周波数の歴史までは詳しくないので、「専門家」の「自信なし」とさせていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、40の時代もあったんですね。
私も難しい質問だとは思ったんですが、専門家の方までがはっきりとわからないとは。

お礼日時:2001/11/12 20:33

ゴメンナサイ質問の意味はわかっていたのですが、いい加減な答えしか思いつかなくて知っている範囲のことだけ書きました。


ただ、想像できることはもともと発電機が入ってきたときは水力発電だったので、落下する水によってタービンを回転させるわけです。1秒に50回転か、60回転をするんです。単純に当時の技術屋(科学者)は60進法を考えたでしょうから、1秒も60で進めるように60ヘルツにしたと思われます。高周波の高い低いで出てくる影響なんて考えていなかったでしょう。しかし、現在でも1秒以下は10進法でカウントするように100ヘルツも考えたのではないでしょうか?ただ、タービンが1秒に100回転も回らなくて、また10回では少な過ぎてトルクが取り難いなどが重なって50ヘルツに決めたという感じがするのですが。
あくまでも想像です。純金を24金(一日が24時間だから)ということに似ていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あぁそうでしたか。自分でも質問の意味を理解してくれるかどうか不安に書いたもので。
発電機が入ってきた時は水力発電だったのですね。
>あくまでも想像です。
想像でもそういうお答えを期待しておりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/10 22:17

私が知っている範囲でお話します。

日本に発電所を最初に作り始めた頃、いわゆる明治維新直後の頃で明治政府の中でも薩摩とか長州などが権力争いをしていたのですね。
幕末は幕府にはフランスが、官軍にはイギリスが援助していたのですが、維新後もこれら外国勢力が自国の商品をそれぞれ勝手に売りこんでいて、各藩が独自に採用をしたために こんな小さな国の中に2つの様式が存在してしまったのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。なぜ二つの周波数が存在してしまったのかよくわかりました。私は歴史には疎いので始めて知りました。しかし、私の質問の仕方がいけなかったのでしょうか。私が知りたいのは何故50・60Hzでなければいけなかったか?という事です。質問の仕方も難しく良く伝わらなかったみたいですみません。

お礼日時:2001/11/10 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50Hzでは200Vしかないのに60Hzでは200と220Vがあるの?

産業用電気機器の仕様で、50Hzは200Vしかないのに60Hzは200Vと220Vがあるのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

海外に220V、60Hzがあるからではないでしょうか?

Q50Hzと60Hzの混在理由

カテゴリーを悩みましたが、発電関係なのでこちらに投稿いたしました。

50Hz地域と60Hz地域ですが、地球上では50Hz地域・60Hz地域混在こそ希少ですが、50Hz国と60Hz国に分かれています。
なので、そもそも地球上に50Hz地域と60Hz地域が混在している理由が気になりますが、特定できませんでした。
また、日本が50Hz地域と60Hz地域に分かれた原因である、発電機を異なる国から輸入した理由も謎です。わざわざ違う国から輸入する必要がなぜあったのか?そう思うときりがありません。

とにかく、聞きたいのは以下の2点です。
イ:何故「地球上には」50Hzと60Hzが混在するのか?
ロ:何故、発電所を作る際に発電機を東京と大阪で違う国(ドイツとアメリカ)から輸入したのか?

Aベストアンサー

私も興味があって調べてみました。

50 60 Hzについては
現在の様な公共インフラと言う地位がなく需要も家庭では白熱電燈が多かったので周波数はあまり重要ではなかったのだと思います。

東京電力の前身は東京電燈でそのころから50Hzを採用いていたみたいです。
http://www.tanken.com/tokyodento.html
 浅草発電所の発電機は、石川島造船所(現IHI)が製作したもので、交流200kW(キロワット)。当時アメリカでも100kWがせいぜいだったので、《刮目に値する》と東京電灯は社史で自慢しています。
 しかし残念ながら故障が多く、結局、ドイツのアルゲマイネ製発電機を併用しました。この発電機が50Hzで、同時期に関西の大阪電灯が採用したGE製の発電機が60Hz。この違いが、現在まで続く日本の電源周波数の違いです。

大阪電燈
http://www.kardia.biz/~j_history/0705dentou.pdf


それと今の様な9社分かれた大きな地域で公共インフラ的な地位があったわけでもなく、東京電燈と品川電燈があったくらいですから管轄地域も大きくなくなかったと思います。
長距離送電技術もない時代ですから今の様に隣接電力会社同士で電力を融通する必要もないので周波数は電力会社とユーザーにとってそれほど重要ではない時代だと思います。
白熱灯以外にもガス灯とかアーク灯とか灯油ランプもあった時代ですから黎明期とも言えます。

具体的事情は分かりませんが周波数は重要ではなく個別の民間会社の事情が優先した結果の様な気がします。

大正から昭和にかけての話で当時電力会社指定の白熱電灯でそれでいくらと言う料金だと聞いたことがあります。(メータではなく)

私も興味があって調べてみました。

50 60 Hzについては
現在の様な公共インフラと言う地位がなく需要も家庭では白熱電燈が多かったので周波数はあまり重要ではなかったのだと思います。

東京電力の前身は東京電燈でそのころから50Hzを採用いていたみたいです。
http://www.tanken.com/tokyodento.html
 浅草発電所の発電機は、石川島造船所(現IHI)が製作したもので、交流200kW(キロワット)。当時アメリカでも100kWがせいぜいだったので、《刮目に値する》と東京電灯は社史で自慢しています。
...続きを読む

Q60Hz電力を50Hzエリアに展開する課題は?

 日経ビジネスオンラインに興味深い記事がありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110328/219174/
 西日本の60Hz電力会社にコンソーシアムを作って60Hz電源をそのまま50Hzで使う(売る)というものです。
 無論高圧変電所は別途製作するものの、東電が公証している周波数変換設備よりもはるかに安く早くできるそうです。高圧鉄塔はレンタルしてとなるそうですが・・・。

 確かに従来の考え方からすると60Hzを変電所無しで持ち込めない、工場やエレベータ等によっては50Hz専用設備もある、「何考えてんだ!」となる所ですが、

 私も大きな各種の工場に何度も入る仕事をしていますが、いまや一部の精密設備を除き工場でも周波数を気にしない設備がごまんとあります。というか多くの設備が西日本専用とか東日本専用とか分けて考えていない共通のが殆どです。(旧い設備ははありますが)
 ・・・・そして、今年の夏、復興支援のためにも本当ならば工場をフル稼働させたいので喉から手が出るほど電力が必要です。
 
 もし仮に上記の様な記事を実行するとなると、
変電所の新設や高圧線鉄塔の件はもちろんの事、60Hz対応不可の設備の電源ラインは従来の50Hzのままとしておく。等適切に使い分けを徹底する等
としたら、それ以外に何か問題はありますか??(政治的な問題や東電が苦しむは別として)

 日経ビジネスオンラインに興味深い記事がありました。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110328/219174/
 西日本の60Hz電力会社にコンソーシアムを作って60Hz電源をそのまま50Hzで使う(売る)というものです。
 無論高圧変電所は別途製作するものの、東電が公証している周波数変換設備よりもはるかに安く早くできるそうです。高圧鉄塔はレンタルしてとなるそうですが・・・。

 確かに従来の考え方からすると60Hzを変電所無しで持ち込めない、工場やエレベータ等によっては50Hz専...続きを読む

Aベストアンサー

この手の質問には否定的回答ばかり出てきますね
今回のような非常事態にそんな言い訳ばかりしていては
ハヤブサもアポロ13号も帰ってこれないね

現実的に可能な案としては
静岡東部と神奈川県西部に60Hz地域をつくるかでしょうか

そこに中電のケーブルを直接張って
東電に加えて中電とも平行して受電契約する
それも6.6kv配電ならケーブルでOKなんだから
つまり需要家に東電と中電の2台のキュービクル設置

>50ヘルツと60ヘルツの混在をどのように整理するのですか?
整理の必要性など無いでしょう

>になるのは「積算電力計の誤差」です。
東電と中電と積算電力計が2台になりますので問題なし

>そのために変電所を作るくらいなら、周波数変換所を増設する方がよほど安全確実では?
周波数変換所を増設する工期は何年?恐らく数年以上
火力発電所なら10年か?
その間エアコン無しで40℃の猛暑を過ごす?

>でもそれを関東広域で行うことは非現実的です。
現実的可能性では東京以西のみ限定でしょうね(東京は含めず)


>東京電力の50Hz送電線に50Hzの送電をする銅線重量25%増
33kv以上の特高では無理かも知れないが
http://toolbiru.web.fc2.com/denki/kyokyu-denatu.htm
6.6kvなら可能性は高いと思う
地中配電で良いのだし
なにより小型キュービクルで可能な工場や商店で使える

33kv特高受電の工場で対応できれば良いのだが
今年の夏までに対応可能な案からは外れる
とにかく3ヶ月以内に対応可能な案としては以上だと思う
さもなくば今年の夏はエアコン無しだ

工場の機械類で60Hzで使えないのはファンとブロアとポンプくらい
コンプレッサも大型機で現行機種ではインバータ無しは珍しい
小型機なら50/60Hz共用
工作機械やロボットでは問題なし
プレス機でも50Hz限定は恐らく無いか有っても少ない
コンベア系は問題なし
つまり一般工場で60Hz送電して使えないのは全機械のせいぜい2割程度
たった2割の為に60Hz送電を諦めるのは早計


ところで、一般家庭用家電で50Hz固定で60Hz不可のって何がある?
旧式インバータ無しエアコン
旧式インバータ無し掃除機
旧式インバータ無し蛍光灯
旧式インバータ無し冷蔵庫
旧式インバータ無し洗濯機
換気扇
http://panasonic.jp/kanki/kankisen/index_basic.htm
インバータ無しでも50/60共用だね
他には思い当たらない
テレビ、オーディオ、パソコンは50/60共用だし
冷蔵庫や洗濯機は昨年のエコポイント騒動で新型に買い換えてるし
問題なし
エアコンでインバータ無しは10年以上昔の骨董品だし

この際、一般家庭でも中電と直接契約しちゃえば?
鉄塔も送電線も工事も中電持ちだし
今すぐ申し込めば運が良ければ今年の夏に間に合う
(もちろん静岡東部限定)

この手の質問には否定的回答ばかり出てきますね
今回のような非常事態にそんな言い訳ばかりしていては
ハヤブサもアポロ13号も帰ってこれないね

現実的に可能な案としては
静岡東部と神奈川県西部に60Hz地域をつくるかでしょうか

そこに中電のケーブルを直接張って
東電に加えて中電とも平行して受電契約する
それも6.6kv配電ならケーブルでOKなんだから
つまり需要家に東電と中電の2台のキュービクル設置

>50ヘルツと60ヘルツの混在をどのように整理するのですか?
整理の必要性など無いで...続きを読む

Q200v三相の50hzで60hzの三相機器て使えますか

1、ホンダext4000の三相200Vの50hz発電機を60hzにする方法ってある?
2、三相60hzのエアーコンプレッサー機器を三相50hzのこのEXT4000でも動きますか?
3、三相50HZのこの発電機で動かない三相200v60hzの機器って他に何がありますか?

Aベストアンサー

>1、ホンダext4000の三相200Vの50hz発電機を60hzにする方法ってある?
モーターならモーター用インバーターを間に入れる
http://www.inverter.co.jp/index_j.htm

2、三相60hzのエアーコンプレッサー機器を三相50hzのこのEXT4000でも動きますか?
83%程度の能力(回転数)になるはず。
50/60=0.8333

3、三相50HZのこの発電機で動かない三相200v60hzの機器って他に何がありますか
3相機器は殆どがモーターのはず。
能力ダウンするぐらい。

Q60Hz用の変圧器を50Hzで使用すると、どうなるのですか?

周波数、電流、電圧、損失、磁界、温度上昇、などを交え理論的に、どなたか解りやすく教えて下さい!図やベクトルなど使っていただけるとこちらも理解しやすいです。

Aベストアンサー

印加電圧が同じだと
・鉄心の磁束密度が1.2倍になります。(電圧と周波数*磁束が比例するので)
・このため励磁電流が増えます(励磁電流増大分だけ、銅損は増えます)
・もし、60Hzに最適化された鉄心が使われていると、磁気飽和が生じて、励磁電流や鉄損が急増します。
・鉄心に余裕が有り、極端な磁気飽和が起きない場合でも、鉄損は増大します。(渦電流損はほぼ変化無しですが、ヒステリシス損が増加するので)
・全体として損失が増えるので、温度は上昇気味になります。

といった事が起きるかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報