大きなビルで電源は送電線から受けています
先日、電力会社側のトラブルでビルが停電しました。

ビルへの送電線は2回線あるらしいのですが、
なぜか片方の送電線でしか、
電気を受けることができない決まりだそうです

両方で電気を受けていたら
停電にはならなかったとのことですが、
なぜ両方同時に電気を受けられないのですか?

説明が上手くいかず分かりにくくてごめんなさい
必要に応じて補足します。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

 2回線同時に電気を受けられない理由は「負荷側(ビル側)で2つの回線の同期をとるのが非常に困難だから」です。



 2回線同時に受けるということは、負荷(ビルの電気設備)に対して同時に2つの電源が加わるということですね。
ちょっと考えると、2つの回線の遮断器を両方とも投入しただけで、同時受電ができるような気がします。

 しかし、それを行うためには、2つの回線の遮断器が投入される瞬間の、2つの回線の電源の「周波数」・「電圧」・「位相」・「相回転」が一致していなければなりません。

 もし、どれか1つでも一致していなければ2つの電源の差により過電流等の現象が起き、遮断器は保護継電器動作により直ちにトリップしてしまいます。

 周波数や相回転は同じでしょうが、位相は両回線のインピーダンスのわずかな差がまともに影響するため、通常は一致することがありません。

 もしわかりにくいのなら、他の条件は同じだが、位相だけが異なる2つの正弦波交流が重なるとどうなるのか、考えると理解が早いと思います。

 上記は2つの回線から受けた電圧が、同一負荷に対して同時に加わる場合を想定して書いたものですが、その想定が異なれば回答も異なります。

この回答への補足

電力会社の変電所では同時受電が可能なのに、
ユーザーの変電所では不可能なのはなぜですか?

電力会社の変電所には
「周波数」・「電圧」・「位相」・「相回転」を
一致させる機械(?)があるのですか?
それをユーザー側が設置することには、
法的に何か問題があるのですか?

補足日時:2005/10/04 22:53
    • good
    • 0

送電線を並行2回線にするのは片方の回線に事故があっても、直ちに停電しないことが目的ですから、両方接続しているのが本来の姿です。

 電力会社の変電所は常時両方の回線の遮断器は「入」になっています。
並行2回線送電線で2回線受電する場合、保護リレーや遮断器がきちんと動作しなければ、片回線事故で2回線とも停電になってしまう可能性があります。
そうなれば、その送電線につながっている変電所や特高需要家が全て停電してしまい、2回線にしている意味がありません。
 現状が片回線受電で切替になっているのであれば、2回線を受電できる設備になっていないと思われます。 たとえば、それぞれの送電線につながっているスイッチは遮断器ではなく、断路器になっているかもしれません。遮断器はそのあとに1台だけつながっており、回線を切り替えるときは一旦遮断器を切って停電にしてから回線の断路器を操作します。
この場合、断路器は電流が流れていないときしか操作できませんから、片回線事故があったとき、事故回線を切り離すことができず、送電側変電所の遮断器によって、両回線が停電してしまいます。

この回答への補足

『並行2回線送電線で2回線受電する場合、保護リレーや遮断器がきちんと動作しなければ、片回線事故で2回線とも停電になってしまう可能性があります。』
というところをもう少し分かりやすく説明していただけませんか?
これは技術的に回避できない問題ですか?

補足日時:2005/10/04 22:52
    • good
    • 0

2回線同時受電において、停電しない受電を考えると、その回線はそれぞれ、別の変電所、または同一変電所の場合、別の変圧器(変電所の受電回路を含み)に接続されていないといけません。

ここでは、A変電所とB変電所に接続されているとして、話を進めます。

電力会社の送電線には、あらゆる事故を想定して検出器が取り付けられており、事故を検出すると、自動的に回線を遮断するように設計されています。

あなたのビルにおいて、両方の遮断機を同時に入れておいた場合、A変電所からB変電所の間でどの位置で事故が発生しても、両方の検出器が事故を検出して、ほぼ同時に遮断されます。結局あなたのビルは停電します。

これを防止するためには、あなたのビルに取り付けられている事故検出器の応答性と電力会社の事故検出器の応答性をそろえて、確実に事故を起こした送電線を特定し、電力会社とあなたのビルで同時に特定の回線のみを遮断するように設計する必要があります。

また、遮断後送電線の状態を調べて、電力会社は再送電を行うのですが、このときあなたのビルでは、再送電してくる場合の遮断機の投入方法について電力会社と密に取決めを行う必要があります。

通常、電力会社の設備間では、あらゆる通信を用いて双方のやり取りを厳密に行うシステムが確立していますが、そのシステムの一部としてあなたのビルが参加する必要があります。

ここまで設備を充実し、電力会社に設備に対応できるのなら、平衡受電も可能と思われます。が、一般に電力会社がここまで設備に対応するための技術提供をするとは考えにくいし、また、電力の契約によっては、特高受電需要家は、停電することを見越して、一般よりも安い単価で契約している場合が多く、あなたのビルにおいてもそのような契約があれば、電力会社は無停電受電に応じるとは思えません。

なお、停電すると業務に支障がある場合は、電源を完全2重化しているような事業所も存在します。これは、ビル内のコンセントに至るまで完全に別の回線で受電した電気を使用するもので、設備費も2倍、電力の基本契約も2倍必要となります。

なお、特高需要家の受電遮断機の状態は電力会社で容易に判断できる設備となっていますので、勝手に同時に入れてはいけません。

この回答への補足

停電の原因はほとんどが送電線にあります
ビル内の設備に原因があることは稀です

別々の変電所から2回線で引くことを望んでいません
電力会社の変電所間を結ぶ2回線の送電線から
分岐してビルに2回線が来ています。

2回線が同時に停電することは稀でしょうが、
ただし、1回線が停電することがあります。
ですから、2回線同時に受電したいのです。

設備にお金がかかるのはユーザー側の問題なので
それはこちらで解決する問題ですが、
なぜ技術的に可能(?)なのに
電力会社が協力的でないのか疑問なのです。

補足日時:2005/10/04 22:46
    • good
    • 0

No.2で配電線だと思って回答しましたが、もしかして特高受電でしょうか。


並行2回線の送電線から受電する場合、両方の送電線に同時に接続して受電することは可能です。その場合は母線に2回線の送電線を接続する形になります。 並行2回線であれば、片方の送電線に事故があっても、事故回線を切り離すことができるので、停電になりません。
ただし、受電回線を切り替える形ならば特別高圧の遮断器は1台で済みますが、両方を同時に受電する場合は母線と遮断器3台、断路器、高機能な保護リレー盤2台など、設備が多く費用もかかります。
ビルの場合はGISになるでしょうが設置スペースも必要です。

ということで、費用対効果を考えて、切替にしているのではないでしょうか。

この回答への補足

送電線2回線から同時に電気を受けるのは、
法律とか電力会社の約款上は問題ないのでしょうか。
単に設備の費用がかかるという問題でしょうか?

電力会社の営業担当に聞いたところ、
さっぱり的を得た回答にならず、
技術的な質問の回答には時間がかかるとの話です。
(わたしが直接お話した訳ではないのですが)

補足日時:2005/10/03 23:19
    • good
    • 0

2回線受電であればと前提して・・・


まず、2回線受電とは規定受電圧を2回線受電して、片方を常用回線,もう片方を予備回線とします。
予備回線側の遮断器は開状態です。
2回線受電とする理由は、電力会社側の理由により鉄塔等の電路の附帯設備のメンテナンスを行う上で常用回線が停電の必要が生じた際、2回線需要家では停電を回避する為、予備回線側へ切替(ループ切替と呼ぶ)し、常用回線を停電しても問題ないようにします。
次に、故障等で電力会社側が停電した場合に、即時復電できるようにする為です。
私の会社では、自動で切り替わりますが電源側停電から復電まで最低24secの時間を要します。需要家によっては手動切替のところもあります。
尚、場合にもよると思いますが、事故回線は停電後再閉路継電器で1min?(忘れましたので自信ありません(^^; )で強制送電されます。
以上が2回線受電ですが、お分かりの通り少しの停電を回避する事はできません。
次に、この前提が違っていた場合・・・なんでしょう?
その2回線とも同じキュービクルに受電されていますか?

この回答への補足

専門用語はよく分かりません。申し訳ありません。
図面には送電線の電気からのスイッチ(遮断器?)が
並んで二つ付いています。

なぜ2つのスイッチを同時にONにしてはいけないのですか?
二つ同時にONすれば、片方の送電線がダメでも
停電にはならないと思うのですが。

補足日時:2005/10/03 23:09
    • good
    • 0

● 2回線同時に受電する事は技術的に困難です。



● 例えばA回線、B回線の2回線が同時受電すると仮定すれば、受電ビルの所でA回線とB回線が繋がっている事と成ります。

● この場合にA回線に事故が有った場合、繋がっているB回線も影響を受け、B回線も事故電流が流れ、事故と判断し、保安上、継電器はB回線も停電動作をします。

● 従って 実際はA回線で送電中に事故が有れば、直ちにA回線の送電を切り、自動的にB回線に切り替えます、この切り替えに1秒程度の時間を要し、瞬時停電が発生します。

●1秒も停電すれば、モーターなど電磁開閉器を使った機器は再起動の操作が必要となります。一般的に照明などは電磁開閉器を使用せず配線しており、自動的に再点灯します。

この回答への補足

電力会社の変電所は、2回線あれば、
両方から電気を受けているそうなのですが、
一般の顧客はダメだからと諦めていいのかな?
と思ったのです。

補足日時:2005/10/03 23:06
    • good
    • 0

特高受電はよほど大きなところだとおもいますので、正確には送電線ではなく、配電線だと思います。


普通のビルでは2回線で受電することは無いですが、信頼性を増す目的で別々の変電所からの配電線を引き込んでいる例はあります。
この場合でも通常は片側から受電しており、受電中の回線が停電したときはもう片方に切り替える用にしているため、切替時に瞬時停電が発生します。
同時に受電するということは、両方の回線を互いに接続することになって、配電系統にループができてしまいます。ループができると両方の電圧が完全に一致しているわけではないので、逆潮流が発生
したり、配電線上で地絡や短絡などの事故が発生したときに変電所の保護装置がうまく働かないなどの悪影響があります。

この回答への補足

配電線ではなくて6万ボルトだったかの送電線です
実際には地下ケーブルでビルに入っているそうです

補足日時:2005/10/03 23:05
    • good
    • 0

其のビルには2回線無いんでは?


送電は1回線で受電が2系統って事なんじゃないですか?

送電が2回線入っていて受電が2系統づつが基本(無停電を謳っていれば)

ビルの管理会社に聞くと良く判りますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化合物の同義語について

こんにちは。製薬企業の特許関係の仕事をしています。
仕事上、多量の文献を調査するのですが、その際同義語も含めて調査する必要があります。この、同義語を調べるのに苦労しています。
同義語を調べるのに便利な本、又はWEBページはありますでしょうか?
どなたか知っていたら教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらで引いてみたら,うまくいくかもしれません.
http://homepage1.nifty.com/k_funa/aiueo2.html

他にも,便利な情報がこちらに出ています.
http://www.chem-station.com/
http://chemnews.cambridgesoft.com/index.cfm?language=j

Q送電線鉄塔にある送電線の特徴やがいしの数に関する問題。

中央線東小金井駅に送電線鉄塔にある送電線の特徴やがいしの数を教えていただけますか?
 その電車の送電線に関する知っていることも全部書いてください。(送電線鉄塔を観察してわかってることは何ですか?)

Aベストアンサー

電力会社に聞く方法があります。

参考URL:http://www.tepco.co.jp/

Qロッケン・ベーレン・アウスレーゼと貴腐ワイントは同義語ですか?

ドイツ・ワインの分類/等級の説明で、しばしば「トロッケン・ベーレン・アウスレーゼ(貴腐ワイン)」の如く、両者が同義語であると受け取れる解説を見かけますが、両者は厳密な定義上も100%同義語なのでしょうか?
若しも何らかの差異があるならば、違いを解説戴ければ幸いです。

Aベストアンサー

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達することができます。
トロッケンというのは、干からびている、という意味です。
但し、単に“トロッケン”と表示されているものは、「辛口」という意味なので注意が必要です。


「アイスヴァイン」は、樹の上で完熟し、凍りついたブドウから造る甘口ワイン。

「ベーレンアウスレーゼ」は、過熟したブドウ粒から造る極甘口ワインですが、貴腐ブドウもブレンドされます。

「アウスレーゼ」は、よく熟したブドウ房から造るワイン。

「シュペトレーゼ」は、通常よりも7日以上遅摘みのブドウから造るワイン。

「カビネット」は、普通のブドウから造るワインで、最も辛口&低アルコール。

「称号付き上級ワイン」と訳される最上級クラスは、次の6つです。
肩書きはブドウの糖度で決まります。

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、「貴腐菌がついて干しブドウ状になったブドウ粒から造る最高級の極甘口ワイン」と一般的に解されますが、意味は、「乾いた果粒を選り摘んだ」ということで、必ずしも貴腐ワインということではありません。
たいていのブドウ品種は、貴腐化なくして高糖度にはできないと言われていますが、ごく限られた品種では、貴腐によらずして比較的容易に高糖度に達すること...続きを読む

Q計画停電 送電の能力増強と蓄電

東京電力は計画停電を今後一年近くも続けなければならないとの見通しを発表したようです。
http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY201103210361.html

必要な電力供給を賄うためには、被災した発電所を復旧するか、新しい発電所を建設する必要があると思うのですが、その前に緊急避難的に、中部電力や北海道電力からの送電に頼るという方法が考えられます。

しかし、この記事でも伝えているように、関西→関東は100万キロワットまで、北海道→本州も60万キロワットしか受けられないとのこと。

発電所の復旧もしくは新設と、このボトルネックの解消とではどちらが容易(時間的・コスト的に)なのでしょうか。
もしボトルネック解消が実効性が高い、ということであれば、日本全国で、より大規模かつ有意義な節電ができるように思うのですが。

それと、電気については蓄電ができない、とのことですが、たとえば、電力に余剰があるときにダムの上まで電動ポンプで水をくみ上げ、需要の多い時期に水力発電量を上げる、といったようなエネルギーの(この例だと電気エネルギーを位置エネルギーに) 変換して備える、ということは考えられないのでしょうか。
できたとしても、ロスが多くて、実効性に欠けるので実現していないのでしょうか。

詳しい方のご説明をお待ちしております。

東京電力は計画停電を今後一年近くも続けなければならないとの見通しを発表したようです。
http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY201103210361.html

必要な電力供給を賄うためには、被災した発電所を復旧するか、新しい発電所を建設する必要があると思うのですが、その前に緊急避難的に、中部電力や北海道電力からの送電に頼るという方法が考えられます。

しかし、この記事でも伝えているように、関西→関東は100万キロワットまで、北海道→本州も60万キロワットしか受けられないとのこと。

発電所...続きを読む

Aベストアンサー

> たとえば、電力に余剰があるときにダムの上まで電動ポンプで水をくみ上げ、需要の多い時期に水力発電量を上げる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%9A%E6%B0%B4%E7%99%BA%E9%9B%BB
揚水発電の事ですね。
これは原子力発電など、出力調整が困難な発電所とセットで使用し、夜間に水をあげ、ピーク時に水を落として発電します。
現在原子力発電が稼働していないため、揚水発電はかなり機能が低下しているようです。
夜間にも火力などをフル稼働させればおそらく回復するかと思います。
しかし、これをさらに大規模に行おうとしても、広大なダムが必要なため、用地確保がこれ以上は難しいのが現状のようです。
原発と事実上セットになっているので、原子力発電所自体をさらに増やす場合も問題になるようです。

他の方法としてはバッテリーに電気を貯める、フライホイールに電気を貯めるといった方法があり、前者はすでに実現していますが、大規模にするには技術的な困難があり難しそうです。しかし、規模の小さい個人や法人が使う無停電装置などでは主流です。
後者は将来的に風力や太陽光など、条件によって発電出力が大きく変化する発電システムとの組み合わせや、昼間に蓄電し、夜間発電するといった使い方が検討され、一部実験も行われているようです。個人的に期待しています。しかし今すぐに利用できる段階で気ありません。また、地震に対してリスクもあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC

大量の発電所を建設するか、60Hz<->50Hzの変換を行う設備を大幅増設するか、というのが現実的で最も速い方法のようですが、前者よりは後者の方が時間的には早くできると聞いています。また、結果的に原子力発電所の比率が下がらないため、短期的にCO2が増える事も前者よりはマシです。
費用はかかりますが、例えば将来逆のことが起こったとき、つまり西日本が被災し東日本に助けてもらうと言ったことも考えられますし安全を考えるなら是非必要な設備だと思います。
60Hzまたは50Hzに日本を統一するのは難しいので、変換設備を大幅に増強するのが一番良いのでは無いかと思います。

その後電気をどうやって作るか、落ち着いたら国民を巻き込んでの議論になるのでは無いでしょうか。特に原発をどうするか。

> たとえば、電力に余剰があるときにダムの上まで電動ポンプで水をくみ上げ、需要の多い時期に水力発電量を上げる

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%9A%E6%B0%B4%E7%99%BA%E9%9B%BB
揚水発電の事ですね。
これは原子力発電など、出力調整が困難な発電所とセットで使用し、夜間に水をあげ、ピーク時に水を落として発電します。
現在原子力発電が稼働していないため、揚水発電はかなり機能が低下しているようです。
夜間にも火力などをフル稼働させればおそらく回復するかと思います。
しかし、これをさらに大...続きを読む

Qhappen to meetの同義語

happen to meetの同義語

こんにちは。

run to, run into, take to, come forが選択肢としてあります。

happen to meetは偶然会う、出くわすみたいな意味なのですが、上記の中で同義語はどれでしょうか?

力を貸して頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

run to
http://eow.alc.co.jp/run+to/UTF-8/?ref=sa

run into
http://eow.alc.co.jp/run+into/UTF-8/

take to
http://eow.alc.co.jp/take+to/UTF-8/

come for
http://eow.alc.co.jp/come+for/UTF-8/

さあ、一体どれでしょうか?

Qインピーダンス電圧と送電線安定度

電験3を勉強しています。

(1)変圧器のインピーダンス電圧は、短絡容量軽減対策上からは「大きい」ほうがよく(2)電圧変動の面からは「小さい」ほうが良い、(3)また送電安定度の面からは「小さい」ほうが良い。

という問題がありまして、穴埋めなのですが

(1)短絡容量軽減対策からは、インピーダンス電圧が大きいということは、インピーダンスが大きいということなので、短絡電流が小さくなると言うのはわかります、また(2)電圧変動の面からはインピーダンスが小さいほうが電圧降下も軽減されるので小さいほうが望ましいのもわかるのですが、(3)の安定度とインピーダンス電圧の関係がいまいちわかりません、どなたかご存知の方がいらっしゃれば、ご教授お願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

送電線の送電容量の式:P=(Vs・Vr・sinδ)/X という基本的な式がありこれで説明できます。お手元の参考書にきっと記載があると思いますのでお確かめ下さい。
この式でδは送電端と受電端の電圧の位相差、Xは送電線(含変圧器)のリアクタンスです。δが大きくなるにつれて安定度が低下します。式を変形して、sinδ=PX/(Vs・Vr)とすると、同一送電容量(P=一定)において、安定度を高める(=δを小さくする)ためには、(1)Xを小さくする 及び(2)電圧を高くする ことが有効です。

Q思惑 動作 行動 感情 形式 の同義語か対義語

この5つの言葉のうち
同義語、もしくは対義語になる言葉は
行動と形式(対義語)になるのでしょうか。
分かる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

#1の者です。
私は
反対の意味を持つ語=対義語
同じ意味を持つ語=同義語
のつもりでお答えしたのですが、


>「形式に囚われず、行動しろ」

この文の場合、形式=きまりごと、型。という意味になりますよね。で、「形式に囚われず」とは、行動する際の条件として使われていますね。
とすると「行動」は形式の反対の意味にはなり得ません。例えば「遊ばず、勉強しろ」という文ならば、「遊ぶ」と「勉強する」が反対の意味でしょうけど、前の文ではそのような関係ではないでしょう?

よって、もし私に『「思惑 動作 行動 感情 形式」このうち同義語か反対語の関係にある二語を指摘せよ』と出題されたとしたら、「正解なし」と解答します。

試験に出題されたということですが、どのような試験かは存じませんが、あまりお気になさらなくてもいいのではないでしょうか?どのような結果になるにせよ、過ぎたことよりもその先でどう対処するか、が大切だと思いますよ(偉そうですが)。

Q直流送電と交流送電の違いについて

直流送電と交流送電にはどのような一長一短があるのでしょうか?また、これからどちらが主流になっていくのでしょうか?

基本的なところは、
直流:(長)位相差がない、(短)変圧が難しい
交流:(長)変圧が簡単 、(短)無効電力が生じる
みたいな感じでしょうか?

細かく見ればもっとたくさんあるように思います。些細なことでも良いのでみなさんが知っていることを教えてください!

Aベストアンサー

>長距離・大容量の交流だと何故系統の安定度が低下するのですか?
ということですが、まず、有効電力は位相の進んでいるところから、遅れているところへ流れます。逆に言えば、有効電力を輸送するには、発電所から消費地まで位相差が必要になります。
位相差が90°の時最も多くの電力を輸送することができ、90°を越えると系統は安定した状態(同期)を保てず、発電機の脱調などが発生します。
大きな電力を長距離輸送しようとすると、それだけ大きな位相差が必要となるので、小さな位相差の変化(負荷の増加、落雷など)であっても、系統は安定した状態を保てなくなります。
長距離、大容量輸送になると、送電線の容量よりも、安定度によって送電可能な電力が決まるほどです。

>交流系統の動揺抑制とは何なのでしょうか?
交流系統で大きな事故が発生すると、系統の周波数などが変動します。詳しいことは分かりませんが、直流送電設備の両端の変換所で、この変動を検出し、抑制するように直流→交流、または交流→直流の変換を制御する機能があります。

Q英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

英語で日本語の「同義語」はなんといいますか?

Aベストアンサー

synonymです。
http://www.synonym.com/synonyms/

Q送電線の架線方法

近所の鉄塔の送電線が定期点検ではずされていました。地上50メーター以上の高さに数百メートルの送電線をどうやってはずしたりかけたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

市街地では一般にヘリやロケットは使わず、今張られている線を使って行います。

鉄塔が2本建っているとします。
最初に鉄塔間に釣り糸のようなものを張ります。釣り糸は人が歩いて行ったり、途中が海であれば船でいったりします。

次に釣り糸にスチールワイヤをつけ、次にワイヤーを太い物に変え、といったようにして最終的に送電線の電線(中にスチールワイヤが入り、外側をアルミニウム線で巻いたもので外径は100mmくらい)に変えます。
電線はドラム(糸巻き)の形になっていて、鉄塔の横にドラム場を設けてエンジンやモーターの力で繰り出していきます。
鉄塔数基(数キロメートルの区間)を一度に張り替えますので、途中の鉄塔では、「がいし」(白い瀬戸物)がついているところをはずして滑車に変えておきます。
メンテでの張替えであれば、今の電線を巻き取るときに最後に釣り糸にしておきます。

山中でもいきなり電線をヘリで掛けるのではなく、最初は細いワイヤーのみを掛けていきます。

参考URL:http://www.kurihara.co.jp/03wor/work0102.html

市街地では一般にヘリやロケットは使わず、今張られている線を使って行います。

鉄塔が2本建っているとします。
最初に鉄塔間に釣り糸のようなものを張ります。釣り糸は人が歩いて行ったり、途中が海であれば船でいったりします。

次に釣り糸にスチールワイヤをつけ、次にワイヤーを太い物に変え、といったようにして最終的に送電線の電線(中にスチールワイヤが入り、外側をアルミニウム線で巻いたもので外径は100mmくらい)に変えます。
電線はドラム(糸巻き)の形になっていて、鉄塔の横にドラ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報