画像の周波数表現がどのようなものかいまいち理解できないので、
どなたか詳しく教えてください。
(具体的なことではなくて、概念がどのようなものかを教えてください。)
または、参考書や、URLなどでもかまいません。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

よく画像情報の圧縮で使っているやつのことでしょうか。


jpegとか。

簡単に言うと,画素の点の情報の変化を波として表現することというような意味と思います。
変換方法はいろいろあるらしいです。
JPEGがDCT(離散コサイン変換)だそうですが。


波にすると何がうれしいかというと、
波ならばサイン波の組み合わせで表現できるので、
分析,加工がしやすいというのがあります。

例えば,画面上の細かい変化は高い周波数の波となるとか、高い周波数をカットすることで
細かい変化がを取り除けるとかですね。


あまりよく分かってないのでうまく説明できませんが(^^;

画像処理とか空間周波数をキーに検索するといろいろみつかると思います。
あとは、画像の圧縮なんかでも説明されていることが多いですね。

参考URL:http://www.kamakuranet.ne.jp/~smo/
    • good
    • 0

リフレッシュレート


垂直走査周波数
水平走査周波数

     
 どれも、CRTディスプレイやグラフィックボードの性能を表したり、設定するときに使う言葉。ただし、最近の機器は必要十分な性能を持っているし、自動的に適切な状態に設定されることが多い。


 パソコンの画面は、光の点で表現されている。たとえば解像度が800×600ドットだったら、横方向に800個、縦方向に600個の光の点が並んでいるということ。

 CRTディスプレイは、画面の裏側から電子線を当てて、その電子線が当たった場所が一瞬光るというしくみで画面を映し出している。といっても分かりにくいね。

 具体的には、画面の左上から右上に向かって光の線を描く。解像度が800×600ドットなら、横方向に並ぶ800個の点を1本の線のように一気に描く。これを走査(そうさ)という。1本目を描き終わると左端に戻って、少し下に2本目を描く。こうして下まで行くと、1画面分おわりだ。これを超高速でやっている。

 で、1秒間に何本の横線を描けるか、というのが水平走査周波数。単位は普通、kHz(キロヘルツ)で表す。たとえば45kHzなら、1秒間に45,000本の線を描くことができるという意味だ。

 次に、1秒間に何画面を描けるか、というのが垂直走査周波数。たとえば画面解像度が800×600ドットなら、縦方向には600本の光の線が並んでいることになる。そして水平走査周波数が45kHzだと、45,000÷600=75で、1秒間に75回、画面を描くことができる。つまり、この場合の垂直走査周波数は75Hzということになる。

 単位を見るときに、水平走査周波数はkHz、垂直走査周波数はHzで、k(キロ)のあるなしに気をつけよう。kは、1000という意味だね。

 垂直走査周波数のことを、リフレッシュレートともいう。1秒間に、画面を何回、描き直す(リフレッシュする)ことができるかという意味だ。

 リフレッシュレートが60回(60Hz)以下だと画面がチラチラして見にくい。そのため最近のCRTディスプレイは、リフレッシュレート70Hz以上が普通になっている。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【教えて!Goo】の【回答】参考URL欄にふたつのURLを記述できない・・・

タイトルの通りです。

参考URL欄をカンマで区切っても、折り返し2つのURLを記述できないのですが・・・

http://www.goo.ne.jp/help/faq/community/oshiete_set.html

例えば http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=286192
回答No.4です。

Aベストアンサー

","カンマが、
「全角カンマ:","」になっていますよ
「半角カンマ:","」ならいけると思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=271168,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=272645

QCADがいまいち理解できません。

CADという言葉がいまいちわからないです。コンピューターグラフィックについてのことでしょうが、CADが何をさすのかがわかりません。C+がプログラミング言語のように、CADとはコンピューターグラフィック言語でしょうか?(自分のカンです)

解りやすく詳しい内容のお答えをお待ちしております。
CADの入門的なサイトや、それについての詳細・解説サイトなどもご存知でしたらご一報くださいm(_ _)m

Aベストアンサー

CADとは、Computer Aided Designの略で、日本語にはコンピュータ支援設計と訳されます。つまりコンピュータを用いて機械・建築などの設計を行うためのシステムのことを指します。よってプログラミング言語ではありません。

CADは大きく分けて2次元CADと3次元CADに分かれ、3次元CADのほうが上位ですが、まだまだ値段が非常に高価なので手軽には手に入りません。

2次元CADではVector Works、Auto CAD、JW_CADなどが有名どころです。3次元CADではPro/Engineer(Pro-E)などがあります。

Pro-Eは超高価なだけあって、超高性能です。大手の機械メーカー、自動車メーカーでも設計に使っています。

そんな上位機種もあると思えば、フリーソフトとして公開されているものもあります。JW_CADがそれです。フリーソフトといってあなどれない程の機能を備えており、プロユースとしても使われています。

JW_CADは↓のサイトからダウンロードすることができます(Windows用です)

参考URL:http://www.jwcad.net/

CADとは、Computer Aided Designの略で、日本語にはコンピュータ支援設計と訳されます。つまりコンピュータを用いて機械・建築などの設計を行うためのシステムのことを指します。よってプログラミング言語ではありません。

CADは大きく分けて2次元CADと3次元CADに分かれ、3次元CADのほうが上位ですが、まだまだ値段が非常に高価なので手軽には手に入りません。

2次元CADではVector Works、Auto CAD、JW_CADなどが有名どころです。3次元CADではPro/Engineer(Pro-E)などがあります。...続きを読む

Q電化製品の周波数(50Hzまたは60Hz)について

日本の電源周波数は西60Hz東50Hzで、これは西は米の、東は独の発電機を持ってきたことが由来です。
では、50Hzと60Hzのメリット、デメリットはそれぞれ何でしょうか?
また、最近の電化製品は、周波数が違っても動作するものが多いですが、それぞれ50Hzのほうが有利なものや60Hzのほうが有利なものがあると聞きましたが、それぞれ教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

> 本当は、60Hz地域より50Hz地域のほうが効率がいい製品について

一般的な電化製品では無いと思います。

周波数が関係するのは、損失としては鉄損(ヒステリシス損+渦電流損)、
最大磁束密度(鉄損にも関係する)ですが、周波数が上がると損失は
減りますし、最大磁束密度も小さくなることから、機器を小型化出来ます。

スイッチング電源など、周波数を高くすることによってトランスを
非常に小型化する事が出来ます。このように、トランスをはじめ発電機も
小型化が可能です。

誘電体損とかケーブルの充電電流は増えますが、周波数が高い事による
メリットの方が大きいと思います。

> 実際は50Hzを使用しているところのほうが多いです。

これは、日本でも周波数を統一出来なかったように、周波数を変更する
と言う事は大変な事だから、ご質問にある通り最初の発電機の規格に
引きずられて使用しているに過ぎないと思います。

現在、全く何の制約もなく電力設備を作るなら400Hz位を選択する
と思います。航空機の電源など、400Hzを採用しています。


> 今まで、オーディオ機器は60Hzのほうがいい音がでるとか、

オーディオでは電源容量が重要になりますが、同じ大きさのトランスを
使った場合、周波数が高い方が磁束密度が低くなりますから、大きなエ
ネルギーを変換出来るためだと思います。


> 50Hz地域でビデオカメラを撮ると画面に雪が降ったようなノイズが出る

これは、ビデオカメラが30fpsで撮影するため、50Hz地域では、
蛍光灯のちらつきと干渉するためだと思います。

ですから、効率の面から言えば60Hzの方がいいです。

あと、各国の周波数ですが統一されていないので日本くらいだと思います。
一国内で電圧が複数存在する国はいくつかありますが・・・

こんにちは。

> 本当は、60Hz地域より50Hz地域のほうが効率がいい製品について

一般的な電化製品では無いと思います。

周波数が関係するのは、損失としては鉄損(ヒステリシス損+渦電流損)、
最大磁束密度(鉄損にも関係する)ですが、周波数が上がると損失は
減りますし、最大磁束密度も小さくなることから、機器を小型化出来ます。

スイッチング電源など、周波数を高くすることによってトランスを
非常に小型化する事が出来ます。このように、トランスをはじめ発電機も
小型化が可能です。

...続きを読む

QURLにwwwがあるものとないものの違いは?

URLにhttp://www.xxx.co.jpのようにwwwがついているものもあれば
http://ooo.co.jpのようにwwwが付いていない場合もあります。

この「www」がついているのと付いていないのはどういった違いがるのでしょうか?
ドメインを取ろうと思って、ドメインに空きがあるのかどうかの確認をするときにはすでに「www」が入った状態になっていると思います。

ドメインを取ってから後で自分で設定をするのでしょうか?

Tripodでも、http://www.tripod.co.jp/user名/ と
http://user名.tripod.co.jp/ があると思います。

うまくかけませんが、どうか分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

URLは右から読むとわかりやすいのは、経験上おわかりになると思います。
以下は、わかりやすくするためのたとえ話です。

一番右は国コードですよね。ということは、jp,kr,fr,などの国コードは、
国際的な話し合いによって決まっている、ということです。
(アメリカの場合、例外的に国コードが省略されています)

次に、co.jpのcoですが、これはjpの左にありますので、日本という国の
中で決めたコードです。意味としては一般企業ということですね。

その次の例えばapple.co.jpのapple部分は、アップルコンピュータという
企業が、co.jpドメインを管理する日本の団体(JPNIC)に取得申請
をして、取得できたので使っているわけです。

ということは、その次のwww.apple.co.jpのwww部分は、
アップルコンピュータの管理下にあるので、会社が自由につけることが
できるのです。
だから、web.apple.co.jpとか、homepage.apple.co.jpとか、
勝手に決めてもよい、ということになります。

URL本来の意味としては、特定のマシン(コンピュータ)
を指し示す、世界で一つの名前、ということですので、
www.apple.co.jpというのは、www.apple.co.jpと名付けられた
特定のコンピュータのことになります。

これは、会社の内線番号に例えるとわかりやすいかもしれません。
wwwの部分は、www部門の内線番号、というわけです。

コンピュータには、ある特定の仕事をさせる目的のものが
あります。サーバーはその一つで、例えばwwwサーバー、
メールサーバー、DNSサーバーなどがあります。

また、インターネットの世界では、特定の通信手順
がありまして、webサービスに使用されるのはhttp
と呼ばれているものです。

つまり、http://と頭につけば、これはwwwサーバーの
仕事であるから、wwwサーバーへ回してしまえ!
という割り振り(設定)にしておくことが一般的です。

だから、http://ooo.co.jpというリクエストが
来たときには、ooo.co.jpを所有する会社が持っている
DNSサーバー(電話交換手のようなもの)が、
自動的にwwwサーバーへと繋ぐ、ということになります。

ちょっと回りくどくなってしまいました。
結論としては、

ドメイン取得は
ooo.comとかxxx.net、yyy.co.jpとかzzz.jp
の部分。

取得したドメインよりも左側の部分は、取得者の管理下にある。
wwwサーバーを公開する目的でドメインを取った場合は、
慣例としてwww.とするのが無難。
これは取得者が(ホスティングサービス会社などを通じて)
自分で設定をする。


以上のことから、http://user名.tripod.co.jp/
のuser名部分は、tripodの管理下にあることがわかるでしょう。
つまり、これはuserがドメインを取った、ということではない
ということになります。

(ユーザーのホームページをこのような形で公開する
のはいくつか方法がありますが、wwwサーバーソフトの設定で
実現していると思われます。)

URLは右から読むとわかりやすいのは、経験上おわかりになると思います。
以下は、わかりやすくするためのたとえ話です。

一番右は国コードですよね。ということは、jp,kr,fr,などの国コードは、
国際的な話し合いによって決まっている、ということです。
(アメリカの場合、例外的に国コードが省略されています)

次に、co.jpのcoですが、これはjpの左にありますので、日本という国の
中で決めたコードです。意味としては一般企業ということですね。

その次の例えばapple.co.jpのapple部分は、アップ...続きを読む

Q参考URL

回答をしようとしたら以下のような文が表示されていました.
******ここから******
<注意>
 当サイトでは、個人情報の公開(メールアドレスや、個人サイトのURL等)および個人情報の公開につながるサイト(掲示板等)へのリンクを禁止させていただいております。大変申し訳ありませんが、これらはせっかくご質問/ご回答をいただきましても、削除させていただくこととなります。ご注意ください。
******ここまで******

ちょっと屁理屈っぽいですが,
個人情報=個人サイトのURLだとすると,
個人サイトにつながるサイトへのリンクもダメですよね.
そうすると,リンクできるサイトはどれだけあるのでしょうか?

有用な情報の掲載された個人ページへのリンクができないのは,
WWWを利用したQ&Aシステムとして,ナンセンスだと思うのですが,
皆さんはどう思われますか?

それとも,何か誤解してるのでしょうか?

Aベストアンサー

その例文は見かけた事がありませんが、何処のカテゴリーの質問に回答する際に表示されるのでしょうか?

以前に発表された見解はこうなっていましたが・・・

●営業行為の判断について
規約上は「自己または第三者の営業に関する宣伝のみを目的にする場合」の投稿は禁止とさせていただいています。ただし、参考URLにご自身の運営するサイトならびに所属する会社・組織等のサイトを記載することは禁止しません。もちろん、当該サイトが質問者の質問に回答する上で、参考となることが条件です(メールアドレスの記入は認めません)。明らかにURLの露出を目的として、繰り返し回答を記入される場合はこの限りではありません。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/info.php3?view=okweb


人気Q&Aランキング

おすすめ情報