最新閲覧日:

高齢者の方が、見えやすい色と見えにくい色は何色なのかを調べています。

ちょっとした段差に、気づいてもらうためには、
どんな色を使えばよいのでしょうか?

教えてください。

A 回答 (2件)

必要文献は有償でコピーが手に入るそうです


http://www.hql.or.jp/jpn/adb/main/tojois/15_samp …

老人になると、水晶体に色素の沈着が高度になるために、紫色に対する感受性がにぶくなり、青緑部までしか知覚できなくなることもあります。また、老人では明度・彩度の低い色は見えにくくなり、色視野にも変化が見られます。しかし、一般には形態視よりも色彩視の傾向が強いとされています。そのため推奨される色としては、明度彩度の強い色 、黄色などがいいと思います。よく考えたら…道路標識ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にして、調べてみます。

お礼日時:2001/11/19 14:01

こんにちは。

段差ですか。
どこでも バリアフリーとは、行かないですからね(^^;

街中では、黄色が良く使われていますよね。
ただ、ありふれすぎていて(周りに多すぎて)わかり難いかもしれませんね。

ためしに、薄め開けた状態で歩いてみると、多分、黄色が目立つと思います。
でも、色盲だった時は、どうなんでしょ??

失礼しました。でわ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黄色ですね!
参考にして、調べてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/19 14:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報