プロが教えるわが家の防犯対策術!

 最近、特に思いますが、プロ野球選手にケガが多いと思います。肉離れ、骨折等で○○選手、今季、絶望!スポーツ紙に報道されています。

 彼らは体が資本でありますから、自己管理が重要です。日頃、毎日、トレーニングをしているにも関わらず、ケガが多いと思います。

 投手が酷使、投げ過ぎ等で肘、肩を痛める、捕手がクロスプレーで交錯、打球が当たるのは分かりますが、野手がヒザ、腰痛で登録抹消、戦線離脱、いとも簡単に欠場しています。若手も怪我が多い。
 休んだらレギュラーの座が危ないとも思ってないようです。(特に巨人の○橋、○久保、自由契約になった番長など長距離砲と言われる野手)

 各チームにはトレーニングコーチがいるのですから、入念にプログラムを組んでいるはずです。

 毎日、体を鍛えているはずのプロ野球選手が何故、こんなに怪我ばかりするのか疑問で仕方ありません。プロ野球選手の体ってそんなにヤワなのかとも思えます。

プロレス、総合格闘技、k-1、ボクシングなど相手から攻撃されるスポーツ選手がケガするのは当然ですが、投げる、打つ、走る、守るの野球選手が怪我が多いのは鍛錬不足としか思えません。

 少なくとも、専属のトレーニングコーチをおいていますので、どんなトレーニング内容なのか知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大きな勘違いをしていると思います。


中には鍛錬不足の者もいるでしょうが、一流スポーツマンのモチベーションからすると考えにくい話です。

ゲームや練習での怪我は鍛錬不足と言うより、鍛錬のしすぎやアンバランスによって起きるのです。
強化の程度が違うと、そうでない部分に負荷が来ます、その負荷は一般人とは比べものにならない大きさですから、しわ寄せが来る部分は溜まったものではなく、それが故障につながります。
この辺り、バランスよいメニューを組むのがトレーニングコーチの腕なのですが、選手はどうしても特異な部分を強化したり、逆に不得意な部分ばかりを強化するようなバランスの悪いトレーニングをしてしまいがちです。

また、鍛錬のしすぎから来る疲労の蓄積によるトラブルも忘れてはいけません。

更に言えば、プロスポーツ選手は一般にそうでない者より抵抗力が落ちており、感染症などにかかりやすいということもあります。なんで、有名選手はあんなに風邪ひくんだろうと思っていましたが、こういうことのようです。
    • good
    • 0

素人考えですが。



野球選手もプロスポーツ選手です。格闘技みたいに直接的な打撃はないにせよ、肉体の限界ギリギリまでプレーをしていることには違いありません。もちろん、鍛えてはいるでしょうが、鍛えるにも限界というのはありますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本野球界「怪我さえなければ~」とういう選手

スポーツの世界で「たられば」は厳禁ですが・・・

過去現在含めて
「この選手怪我させしなかったらなぁ~もっと凄かったのに!」
と特に印象に残る選手っていませんか?

ちなみに私にとって印象的なのが、広島の前田智徳選手と
巨人の吉村禎章選手です。このお二人は怪我がなければ
三冠王に絡む活躍をしていた様な気がして、何とも勿体ない思いです。

Aベストアンサー

荒川尭選手

世界の王を育てた荒川博氏が、その才能にほれ込み養子縁組までして育てあげた選手。早稲田大で活躍し、当時博氏が巨人のコーチであったこと、東京六大学で活躍したことから神宮を本拠地とするヤクルト、この2球団以外の指名は拒否していたが、結局大洋ホエールズに指名される。本人は拒否したが、1年後ヤクルトへの移籍を前提に大洋と契約。このことが、「ドラフト破り」と批判を受け、いろんな嫌がらせを受ける。その中でも大洋ファンの暴漢に襲われ、左目を負傷したことが、現役生活を短くした。プロ入りし、活躍する年もあったが、徐々に左目の後遺症により、5年という短い現役生活を終える。

個人的には、この選手のプレーなどリアルタイムでは見たことはありませんが、いろんな野球の本ではよく取り上げられることが多く、またドラフト制度のあり方にも影響を与えた選手です。エピソードを聞くと、ちょっとかわいそうな気がします。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%92%E5%B7%9D%E5%B0%AD


人気Q&Aランキング