最新閲覧日:

ADSL環境・無線LANでノートPCを使用し始めました。
現状においては無線の暗号化はしてません。
ウィルスバスター2002を導入済みです。

結構安心しています。まさか自PCに不正アクセスする人間が近辺(無線の届く範囲)には居ないだろうと。

しかし、少々気になることが・・・
ウィルスバスター2002パーソナルファイアーウォールを見たところ
不正アクセスの記録があります。因みに種類はPing Attackと記録されてます。
これはどなたかに不正アクセスされてるいるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

無線LAN は不正アクセスというより、無線電波をひろってしまうことが原因でおこってしまいます。

(有線だったら、距離制限もあるのに、無線では、10KM 以上の距離でも信号をひろってしまうことがわかっており、セキュリティサイトでもやっとこの秋ころから警告を発するようになってきています。ちなみに私も勉強中。
こういうこと、情報も限られているし、対策いつも後手後手になるんだよね)ですから、不正アクセスというよりは、そのひろった信号に対してパーソナルファイアウォールが検知してるんだと思います。不安をあおるわけではないけど、常にセキュリティは心構えだけで万全に近くなるとおもっておいてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>無線では、10KM 以上の距離でも信号をひろってしまうことがわかっており

ずいぶん遠くからも影響あるのですネ・・・

お礼日時:2001/11/21 00:58

PINGは、あなたのコンピュータに対して誰かが「もしもし」と聞き、それに対しあなたのコンピュータが「はいはい」と答えるものです。

潜水艦のソナーのようなものですね。これは、コンピュータ(ネットワークカード)が勝手にやってしまうことです。基本的に無害です。

PINGへの返答によって、あなたのコンピュータがネットワーク上にあり、電源が入っていること、それとMAC(マック)アドレスが知られます。それ以外に、さしあたり影響はありません。MACアドレスは、ネットワークカード固有の、全世界で(一応)唯一無二の番号です。

「セキュリティーで保護されたページ(SSL)」の技術とは、直接関係ありません。PING自体は無害ですが、あなたのコンピュータの存在が明らかになったことで、よからぬ事を考えている人がいないとも限りません。少なくとも、誰かがあなたのコンピュータに対して「ping <宛先PC名 or IP address>」を実行したようですね。

気になるのであれば、「ウィルスバスター2002パーソナルファイアーウォール」でPING(ICMPプロトコル)に返答しない設定ができるのではないのでしょうか? または、すでに設定済みかもしれないですね。同ソフトのことを良く知らないので、詳細は詳しい人の返答を待ちましょう。

ちなみに、不正アクセスは「近辺(無線の届く範囲)」からとは限りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初心者のわたしにわかりやすい説明ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/19 23:32

 無線・有線に関係なく、インターネットに接続している以上は外部からアクセスを受ける可能性があります。



 今回のログ内容は、Pingという種類のアクセスをウィルスバスターが検知して、それをハジいたという記録です。

 Pingとは、「そのコンピュータがネットワークに接続されているか調べる」という操作で、本来は不正なものではありません。しかしabichanさんの関わり知らないところでPingされたということは、それが不正な意図であった可能性はあります。

 ウィルスバスターのヘルプで「Ping」を検索してみてください。

この回答への補足

早速の回答 ありがとうございます。

JCBのHPよりセキュリティーで保護されたページ(明細確認)に
入った時になる可能性とかありますか?

なんかそんな時間帯であったような・・・

補足日時:2001/11/19 00:31
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報