位相速度と群速度の違いがわかるように、それぞれについての説明をお願いします。
また、位相速度が光速を越えることができるのはなぜか(なぜ特殊相対性理論に矛盾
していないと言えるのか)教えてください。

A 回答 (3件)

波動関数で考えましょう。


確率は波動関数の二乗です。

位相速度は位相の時間変化で、
群速度は波速全体の速度ですよね。

で、位相速度は波速内での位相の速度で、
位相自体は(干渉が無ければ)確率には効いてこない。

と言うわけで、位相速度で何かが観測されることはない。
ので、特殊相対論に矛盾しない。


お話としては以上で良いと思いますが、
もう少し膨らませると、面白い話が出てくると思う。
どうして、この疑問を持たれたのですか?

学生の方でしたら、
もう量子力学と特殊相対論は勉強されましたか、
どの本で勉強されましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
疑問をもったのは、実験で試料のX線に対する屈折率が
1より小さいという結果が出たからです。
この場合試料中のX線の速度は光速度を越えている
ことになりますよね。
これは位相速度と光速度との関係を考えれば
説明できるらしいのでこういう質問をしたわけです。

特殊相対論は、講義を取ったことはありますが
それっきりでほとんど身についていません。
本も持っていません。
量子力学は勉強しているところです。
持っている本は量子力学1(小出昭一郎著・裳華房)ですが、
そろそろ別の参考書も欲しいなと思っています。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

どうもご質問本来の主旨にストレートに回答できていないことに気が付いたので追加します。



X線のフォトンが結晶に入射してから突き抜けるまでの時間を測れば、明らかに真空中の光速より遅いはずです。それにも関わらず、フォトンを波束として見た場合に、結晶中に発生する電磁場の波長は(振動数は同じでも)真空中より長くなっていて、このために屈折率が1以下になるのです。
また、位相速度で物や情報を送ることはできないので、特殊相対性理論の因果律を破綻させる心配は無いわけです。
    • good
    • 0

位相速度というものが一番よく分かる実験は以下のようなものです。


準備
(1) 1mm位の間隔(正確に等間隔にすること!)で平行線をひいて紙を埋め尽くします。黒で描いてください。線の太さと線と線の隙間がだいたい同じになるようにすると良いです。パソコンで作図してプリントすれば簡単です。
(2) この紙をOHPシート(トランスペアレンシーシート、要するに透明のシート)にコピーします。
(3) 同じ紙を105%位の拡大(あるいは95%位の縮小)でOHPシートにコピーします。
つまり、20mmの間に(2)のシートでは線が20本、(3)のシートでは線が19本あります。
  (できれば101%とか102%位のも作ってみてください。)
実験
2枚のOHPシートを重ねてみると、濃淡の縞が観察出来るはずです。縞の周期は20mmになります。この縞はモアレと呼ばれています。一番淡く見える部分は、線と線の隙間(透明の所)が上下のシートで一致している箇所です。最も濃く見える部分は、上下のシートで線の位置がちょうど互い違いになっている所です。
さて、重ねたシートの一方を僅かにずらしてみましょう。縞は思いがけないほど急速に動くはずです。
僅か0.5mmずらしただけで「線と線の隙間(透明の所)が上下のシートで一致」という状態が「上下のシートで線の位置がちょうど互い違いになっている」に変化し、従って濃淡縞は10mm移動します。
つまり、毎秒0.5mmの「群速度」でシートを動かすと、濃淡縞は毎秒10mmの位相速度で移動する訳です。
同様に101%拡大のシートを使うと、群速度の100倍の位相速度が観察できます。
 そういうわけで、位相速度が光速を越えるのはちっとも難しくないですよね。

夏、窓にすだれを2枚重ねて掛けると、風に吹かれて僅かに揺れるためにモアレが面白い動きを見せてくれます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q調和振動子の波動関数

調和振動子のポテンシャル中にある相互作用していない2つの電子において量子数nのエネルギー固有状態を記述する波動関数ψn(x),スピン波動関数をφ^{±}とする。
I基底状態Etot=2*E1を記述する2電子波動関数を全てもとめよ
II第一励起状態Etot=E1+E2を記述する2電子波動関数を全てもとめよ

上記の問題を考えているのですが,スレーター行列式に代入するとどちらも波動関数が0になって解が求まりません。
どのようにとけば2電子波動関数を求められますか?

Aベストアンサー

#4の補足について。

OKです。

Q一般相対性理論の前に、なぜ特殊相対性理論が?

一般相対性理論と特殊相対性理論。
ぱっと聞くと一般を基本として、特殊を説いたというイメージを持ちます。
しかし、実際は逆。一般と特殊はどう違うのか?
どこら辺が一般で特殊なのか、分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

「特殊な条件下でのみ、とても簡単に説明できる理論」が「特殊相対性理論」です。

それを「一般化して、どんな条件でも説明できるように、とっても複雑にした理論」が「一般相対性理論」です。

数学の問題集とかでも「以下の式を一般化せよ」って言われたら、答えが複雑な式になりますよね?

Q波動関数の状態ベクトルについて

波動関数は|ψ>だと理解していたのですが,ある教科書で波動関数ψ(r,t)は
ψ(r,t)=<r|ψ)
とされていました.

波動関数|ψ>は,無限個の波動関数の重ねあわせだと思うのですが(←正しいでしょうか?),
なぜ位置rとの内積が波動関数となるのがよくわかりません.
ご教授お願いいたします.

Aベストアンサー

ディラックやランダウ・リフシッツの教科書に載っていると思います.詳しくはそのような本で調べましょう.

位置演算子qの固有値rとそれに属する固有関数|r>にはq|r>=r|r>が成り立ちます.|r>によって状態ketベクトル|ψ>を展開すると

|ψ>=∫ψ(r',t)|r'>dr'

となります.ψ(r',t)は展開係数(重み)です.これとbraベクトル<r|の内積をとると,規格化直交性<r|r'>=δ(r-r')により,

<r|ψ>=∫ψ(r',t)<r|r'>dr'=∫ψ(r',t)δ(r-r')dr'=ψ(r,t)

これが問題の式です.

つまり,波動関数(シュレディンガー方程式の解)とは状態ベクトルを位置演算子の固有関数で展開したときの展開係数なのです.

量子力学は無限次元線形代数です.有限次元線形代数はすでによく学んでいると思います.だいたい,そこでの内容を当てはめて考えれば理解しやすいと思います.

質問者様のような疑問が生じるのは,ほとんどの初等的な教科書はシュレディンガー流に書かれているからです.ハイゼンベルクの行列力学を直接学んでいる人は少ないと思います.ハイゼンベルク流の量子力学,ディラックの量子力学を学んではじめてこの手の疑問はすっきりとするでしょう.そのためには冒頭に挙げたような教科書に進まなければなりません.

ディラックやランダウ・リフシッツの教科書に載っていると思います.詳しくはそのような本で調べましょう.

位置演算子qの固有値rとそれに属する固有関数|r>にはq|r>=r|r>が成り立ちます.|r>によって状態ketベクトル|ψ>を展開すると

|ψ>=∫ψ(r',t)|r'>dr'

となります.ψ(r',t)は展開係数(重み)です.これとbraベクトル<r|の内積をとると,規格化直交性<r|r'>=δ(r-r')により,

<r|ψ>=∫ψ(r',t)<r|r'>dr'=∫ψ(r',t)δ(r-r')dr'=ψ(r,t)

これが問題の式です.

つまり,波動関数(シュレディンガー方程式の解)...続きを読む

Q特殊相対性理論 光速の測定

 こんにちは。今、特殊相対性理論を学んでいるのですが、光速が普遍定数であることについて疑問があります。
 光速を測定するときには、2点間を光が通過する時間を測らなければなりません。そこで2点A,Bの時計あわせが必要になります。そのときに光をA点から発してB点で反射させ、それをA点で受け取るというやり方があります。B点で反射するときのB点の時計が示す時刻が、A点で測った往復にかかる時間の半分を、光を発した時刻に加えたものに等しいならば、時計は合っているとします。
 ここでなんですが、この時計あわせには仮定があって、
  1、光の行きと帰りに要する時間が等しい。
  2、光速が普遍定数である。
ということが仮定されていると思います。この仮定のもとで時計あわせが正しいといえます。そうした仮定の上で実際に光速をいろいろな場所や時間において測定したところ、『光速が普遍定数である。』ということが経験的に確かめられたそうです。これは循環論のようのように感じるのですが、本当に光速は普遍定数なのでしょうか?それとも実際には普遍定数であるかどうかはわからないが、そうみなす価値があるという考え方でよいのでしょうか?

 こんにちは。今、特殊相対性理論を学んでいるのですが、光速が普遍定数であることについて疑問があります。
 光速を測定するときには、2点間を光が通過する時間を測らなければなりません。そこで2点A,Bの時計あわせが必要になります。そのときに光をA点から発してB点で反射させ、それをA点で受け取るというやり方があります。B点で反射するときのB点の時計が示す時刻が、A点で測った往復にかかる時間の半分を、光を発した時刻に加えたものに等しいならば、時計は合っているとします。
 ここでなんですが、こ...続きを読む

Aベストアンサー

> 動いている物体の電磁気学を簡単にするために、原理として光速が普遍定数であることを用いたと考えてよいのでしょうか?
・「簡単」どころではなく、こうしないと自然法則を説明できないからです。

>光速が一定であるとしなければ、『時間』が定義できなくなり、光速も定義できなくなる。
・時間の定義は光速と独立です(具体的なことは知らないが)。「光速が一定」が必要なのは少なくとも「離れた場所の同時」の定義です。

>光速一定の実証性はあきらめるべきで原理と考えるべきなのでしょうか?
・同時性の考察から、そう考えるべきものと思います。ただし、これらを使って構築された理論からの結論に矛盾が無ければ「実証」されたと考えてよいと思います。

Q光は波動関数を持たないのですか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5021911.html


ここの質問で物質波の波動関数はスカラーであり、縦波も横波も持たないと教えて頂いたのですが、
では光の場合はどうなのでしょうか?

光は横波しかもたないわけですが、光の波を光の波動関数であると考えるとスカラーではないのはなぜなのでしょうか?
或いは光の波が波動関数ではないのだとすると、光が波動関数を持たないのはなぜなのでしょうか?

それと出来れば光が縦波を持たず、横波しか持たない理由を教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

次第に話が難しくなってきましたね。

光は物質波ではありません。物質のシュレディンガー方程式に相当するものが、電磁場の場合は、ベクトルポテンシャルAの従う、波動方程式です。でもこれだけでは、よくわかりませんね。しかも、光子の粒子性がまだ見えてきません。そこでAをフーリエ変換するのです。すると、変換の各項の係数が調和振動子の振る舞いに類似していることが分かります。調和振動子は容易に第二量子化ます。それと同じように電磁場を量子化すればよいのです。今述べたことを振り返ってみると、電磁場は一回しか量子化しなかったのに第二量子化が得られたということになります。したがって、ベクトルポテンシャルAは、シュレディンガー方程式の波動関数ψに相当するということが言えそうです。Aはスカラーではなく、ベクトルですよね。このことが普通の物質波との大きな違いです。

真空中を伝わる光が縦波を持たず、横波しか持たない理由(誘電体中では縦波の成分をもつこともあります)マクスウェルの方程式から直接導かれる性質です。

それではまた。

Q特殊相対性理論で、速度の合成を簡単に計算する方法はありませんか?

特殊相対性理論で、速度の合成を簡単に計算する方法はありませんか?

例えば、光速をcとすると、ある直線上を、0.9cで運動するA君に対し0.5cで運動するB君がいる。
さらにB君に対して逆向きに0.8cで運動するC君がいる。
A君にはC君がどちらの向きにどのくらいの速さで運動しているように見えるか。
という問題を簡単に解きたいのです。

Aベストアンサー

その問題でしたら、#1さんがおっしゃるようにそのままでも十分簡単ですね。

もっと複雑な場合には、確かに簡単には計算できないですね。
その際、速度パラメータや速度係数が有用です。
こちらのサイトが参考になるかと思います。
http://space.geocities.jp/funasking/rel_add/index1.html

参考URL:http://space.geocities.jp/funasking/rel_add/index1.html

Q波動関数の絶対値の2乗について

波動関数の絶対値の2乗は確率密度と習ったのですが、ピンときません、なぜ、波動関数の絶対値の2乗は確率密度といえるのでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1粒子の波動関数であれば, 「波動関数の絶対値の2乗」を全空間で積分すると 1 ですね.

Q位相速度と群速度

位相速度と群速度についてよくわかりません。
位相速度はω/k,群速度はdω/dkと表わされるんですよね。
ここで位相速度は何の情報も伝えていない、ただ単振動をしているだけで情報を伝えるのは群速度とよく聞きますが、なんで位相速度は情報を伝えないんですか?

また位相速度とか群速度とか波動方程式での速度、ω=vkに対応しないものなど様々なものが出てきて何が何やらわからなくなってきました。

位相速度って位相が伝わる速さなんですよね?
それが波数によって異なるんですよね、つまり波の伝わる速さがバラバラだと…これがバラバラにならず全て同じ場合に波動方程式が解けるんですか?

群速度は波束の速度なんですよね?
波束というのは様々な位相速度の波の集まりですよね…群速度は平均の位相速度ということですか?

混乱して何が何やらわからなくなってしまいました…。

詳しく教えていただけないでしょうか

Aベストアンサー

信号は波形が伝わる速さと考えていいと思います。
信号が伝わった結果が情報なので、情報が伝わる速さは波形の伝わる速度、つまり群速度ということになります。位相速度は波形が伝わる速度とは直接関係のない概念ということになります。


波束を構成している個々の波はそれぞれの波動方程式に従います。


群速度は位相速度に対してのいわゆる平均とは少し違う考え方です。分かりやすく言うなら群速度は波を重ね合わせた時に生じるうなりの位相がどれくらいの速度で動いているかということを表したものといっていいと思います。群速度、位相速度の考え方は頭の中では少々イメージがつきにくいと思うので、シュミレーション映像などを検索して見て実感するのが一番だと思います。

Q摂動論を用いた波動関数

電荷eを持つ一次元の粒子について
Ho=p^2/2μ+μ^2x^2/2のハミルトニアンを考えます。電場によるポテンシャルはH1=eV=eεzです。
これの基底状態のエネルギーと波動関数を摂動論を用いて一次まで求めるのですが、エネルギーはなんとか求めることができました。さて波動関数についてですが、参考書をみると係数の求め方は乗っているのですが、係数がかかる波動関数の求め方がわからず困っています。ぜひ教えてください> <よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>波動関数についてですが、参考書をみると係数の求め方は乗っているのですが、係数がかかる波動関数の求め方がわからず困っています。

摂動論で使う波動関数は無摂動ハミルトニアンの固有関数で展開(適当な係数を掛けて)していますから、参考書には無摂動系での固有関数(波動関数)がでているはずと思いますが。
尚、ご質問の問題はStark効果を扱った問題と思います。これは大抵の量子力学の演習書に載っていると思いますので、一度図書館で調べられればいかがでしょうか。

Q位相速度と群速度がよく分りません。

位相速度と群速度がよく分りません。
具体例で説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

振動数の近い二つの波を重ねるとうなりという現象が生じます。
うまく図がかけていませんが、重ね合わせの結果、細い線のような波となります。
つまり、振動しながら振幅が周期的に大きくなったり小さくなったりします。
これがうなりです。

太い線で書いた振幅の強弱のパターン(うなり)が移動する速さが群速度。
細い線で書いた波が進む速さが位相速度です。


人気Q&Aランキング