忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

7年ほど乗っている車のラジオ及びカーナビの画面にノイズが出る様になってしまいました。(いつ頃かは定かでは有りません、気がついたらノイズが・・・)
どうもエンジンの回転数に同期してノイズの周波数が上がり下がりしてます。
そこで、電源ラインにノイズフィルター(ローパスフィルター)を入れてみたのですが特に効果がありません。
と言う訳でノイズの元であるオルタネーターを何とかしたいのですが、ブラシ等を交換してノイズが減るのでしょうか?また、素人に交換できるような物なのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 どういうノイズなのか文面からだけでは解らないので、ハズス可能性もありますすが・・。

(^_^;
 ラインノイズフィルターをかませても改善されないということですが、「ヒュー」とか「ジー」という音が出ているのなら、オルタネータを触る前にまずはラジオ・カーナビのアースをしっかり取り直してみてはどうでしょうか。

 さてカーナビの画面のノイズの出方ですが、「ザザザ」と画面にノイズが乗るのでしょうか?それとも画面が不安定にゆれるような感じなのでしょうか?

 ふつうカーナビのモニターはナビ本体とケーブルでRGBないしRCA接続されていますから、割と点火系ノイズの直接影響は受けないと思いますが「ザザザ」タイプのノイズが出ているのなら、点火プラグを抵抗入りのタイプに交換すれば改善されることがよくあります。
 本来抵抗入りプラグ使用指定のクルマなのに、プラグ交換で抵抗なしの普通のプラグにしてしまっているなんてことはありませんか?
 その辺も異常がなければ次にオルタネータを疑ってもいいでしょう。
 
 私の経験ですと、オルタネータのブラシ摩耗などによる発電量不足や電圧不安定の症状が出ている場合、画面が縞模様にゆらぐようなノイズが入ることが多いようです。

 もしそうだとして、オルタネータのオーバーホールを行うとすると、大概はブラシ交換でかたがつきます。
 しかし出来れば予防安全の意味でベアリングも交換するほうが良いでしょう。

 ブラシ交換だけなら大型の半田こて、一通りの工具類、工作力があれば素人にでも可能ですが、ベアリング交換はそれなりの工具が必要なのでちょっと難しいですね。
 オルタネータをご自分で取り外しできるのなら、それを近所の電装屋さんに持ち込んでオーバーホール作業を依頼するほうが良いと思います。
 ブラシ交換だけだと費用は持ち込みで¥5千くらいからで出来るでしょう。    
 またオーバーホールせずにリンク品(現物下取りで再生品と交換売買)を使う手もあります。
 こちらだと交換作業を自分ですれば¥2~3万からでいけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ノイズの種類ですがカーナビの画面に縞模様が出ます。
エンジンの回転数に応じて縞の数が増えたり減ったりします。
ラジオに付いては「ビービー」と音がします。これもエンジンの回転数に応じて
「ビービー」音の高さが変わります。
一つずつ試していきます。まずは安いところから

お礼日時:2001/11/21 20:54

それは、ブラシを交換してもなおりません。

原因はオルタネ―ターの後ろについているコンデンサーの不良です。(コンデンサーがオルタの中にないぞうしているのもあります。バッテリーあがりなどの不具合がなければ、オルタは交換する必要はありません。コンデンサーは修理工場店で、きけば手に入ります。交換は、ご自分でもできるかもしれません。ステレオの電源にノイズフィールターをつけるのもありますが、オルタの方を先にてをつけてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
先日、他の方のご意見を参考にプラグの交換してみました。
抵抗入りの物に交換しました。ラジオに入るノイズはだいぶ減少し
ましたが。カーナビの揺らぎと言うか縞は、まだ消えません。
そこでオルタのコンデンサーを交換しようとたくらんでいます。
では。

お礼日時:2001/11/28 21:26

オルタネーターの交換だと,大変なことになっちゃいそうですね。



その前に,スパークプラグが古くなっていませんか?
もし,古いままでしたら交換してみてください。
案外,こんなことで直っちゃうかもね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そう言えばスパークプラグもう5年も換えてないですね。
早速、今週末にやってみます。これだと簡単です。
ところで古くなったスパークプラグは何故ノイズの発生源と
なってしまうんでしょうか?

お礼日時:2001/11/21 20:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオルタネーター ノイズ について困っています

現在オルターネーターノイズに困っています。原因は色々あると思いますが、私の知っている範囲ですと 

(1)電源ラインからの侵入ノイズ 
(2)スピーカーケーブルからのノイズ、
(3)アースラインまとめない場合のノイズ

他にも色々あると思いますが具体的な対策案や、皆様の経験談お聞かせ頂きたいのです。

対策その一としてアイソレーションアンプというノイズキャンセル部品があるらしいという事を調べまた。
しかし実際効果が無いという評価や、音質変化もあり、導入をためらっております。

当方の現在のシステムは 電源ラインバッ直をトランクまで引いて、電源ブロックをかませて各アンプに配線、再度各アースをまとめて一箇所にアース。

ヘッドユニットはパイオニアP-01 外付けDSPユニット
IPバス接続 アンプは海外製のカーデンスでマルチ接続しております。

取り付けは地元業者に依頼しましたが、技術が無いし、これ以上もしやるなら別途工賃請求するとの返事でした。多分これ以上この業者に依頼しても恐らく良い結果は出ないと判断し、自分で対策を決意しました。
皆様のお力をお借りたくて投稿しました。
どうか助けて下さい。お願い致します

現在オルターネーターノイズに困っています。原因は色々あると思いますが、私の知っている範囲ですと 

(1)電源ラインからの侵入ノイズ 
(2)スピーカーケーブルからのノイズ、
(3)アースラインまとめない場合のノイズ

他にも色々あると思いますが具体的な対策案や、皆様の経験談お聞かせ頂きたいのです。

対策その一としてアイソレーションアンプというノイズキャンセル部品があるらしいという事を調べまた。
しかし実際効果が無いという評価や、音質変化もあり、導入をためらっております。

当方...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。補足します。


1.電源(+12V)からノイズが回っているかどうかを確認する方法

パワーアンプの入力ケーブルを外し、アンプのボリュームを最低にします。(入力をショートすれば尚可)
電源とアースの配線は今まで通りにして、アンプのパワーSWを入れて、SPからノイズが出るかどうか確認します。

・ノイズが出た場合:
電源から回ってきたノイズです。

・ノイズが出なかった場合:
アースから回ってきたノイズです。


2.なぜ電源ノイズは無視できて、アースのノイズは無視できないのか?

簡単に言うと、カーオーディオでは「電源のアース線」と「信号のアース線」が共通だからです。

家庭用の超高級アンプに使われている「バランス接続」をすれば、電源のアースを信号線から切り離せるので、アースのノイズは無視出来るようになります。

但し、家庭用オーディオの場合には「機器間の信号のアース線」と「電源のアース線」が最初から分かれているので、バランス接続は必要ないとも言えます。
1つの機器の中では「信号のアース線」と「電源のアース線」が共通になっていますが、これはアンプ設計者が対策をするので問題とはならないのです。
(カーオーディオの場合、これを取付作業者が対策しなければならないから問題となる)


どうやら、高級カーオーディオにこそ「バランス接続」が必要不可欠だと言えそうですね。
また、カーオーディオでセパレートアンプを取り付ける場合は、(本当は)アース設計が出来るくらいの知識が必要なのかも知れません。

#2です。補足します。


1.電源(+12V)からノイズが回っているかどうかを確認する方法

パワーアンプの入力ケーブルを外し、アンプのボリュームを最低にします。(入力をショートすれば尚可)
電源とアースの配線は今まで通りにして、アンプのパワーSWを入れて、SPからノイズが出るかどうか確認します。

・ノイズが出た場合:
電源から回ってきたノイズです。

・ノイズが出なかった場合:
アースから回ってきたノイズです。


2.なぜ電源ノイズは無視できて、アースのノイズは無視できないのか...続きを読む

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Qカーオーディオのノイズが原因は?

ヘッドユニットから外部アンプにウーハー用のRCAケーブルをつけてもらいました。ただエンジン始動して音楽を聞くとヒューンという感じのノイズが聞こえるようになりました。エンジンが回転していないときにはノイズはしません。
このラインは車の元々の電源線のそばを通しています。
このノイズは、この電源からのものなのか?それともエンジン回転による、アンプの電圧不足によるものでしょうか?
キャパシタはつけておりません。

Aベストアンサー

おそらく、ダイナモでの発電時に起きてるノイズが乗ってると思います。
電圧不足とか、キャパシターが無いからとか関係ないことになります。

一応、対策はないことないのですが、ノイズを殺す代わりに音質の良い所も消えてしまう可能性が有ります。
http://minkara.carview.co.jp/userid/121345/blog/15551011/
人様のサイトですがこんな感じでノイズを消す事ができます。
参考にされたらいかがでしょう?

ま、書かれてるとおりです。
バッ直とか、アース落とし位で消えればラッキーぐらいで思ってください。

Qカーステレオの電源ノイズ対策

お世話になります。
カーステレオの電源にノイズ取り機を付けたいのですが、ACCと常時電源のどちらに取り付ければよいのでしょうか。
パワートランジスタとコンデンサーを使った自作ノイズフィルターを使います。このフィルターをシガーソケットに取り付けて多少の電圧降下が有るがノイズ除去の効果が有ったので。
もう一つ、質問です。
グランド側の電位差でもノイズが発生すると聞いたのですが対策は同じところでグランドを取る以外に方法は無いのでしょうか?もしくはグランド側に効くノイズフィルターは有りますか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

パワーアンプの様にバッ直電源(バッテリー直接)を引いていない場合、

増幅回路の電源はACC系を使っている物が多いです。

先ずは、ACC側に入れてみてノイズの低減を確認されるのが

いいのでは。

グランド側の電位差は難しいです。

車のマイナス側の回路は車体の金属部分がメインです。

グランド接続個所によって、マイナス側にも抵抗があり、

バッテリーのマイナス側との電位差が発生(抵抗値が高い)し

ノイズの原因になります。

出来る事なら、マイナス側もバッテリーから直に配線すると

完璧になります。

Qカーラジオへノイズがひどい

カーステレオのAMラジオへのノイズが場所によりかなり強烈に混入します。ノイズというのは,自車が発するエンジンノイズ(イグニッション・ノイズ)のことで,バチバチとかぶつぶつとかいう音です。今年3月購入の新車(カローラ)なのですが,このときから発生しております。ディーラで見てもらっても配線系統の異常はなく原因がわからないようです。
カーステレオは純正ではなく,CARROZZERIAのFH-M70で前車からの流用です。前の車の時もノイズは混入していましたが,これほどひどくはありませんでした。オートバックスへ行っても,これは車の問題だ,といわれるし・・・。
どのような対策をとればいいのでしょう?そのための予算額は?
ちなみに,CARROZZERIAはノイズに弱いため,かなりしっかりアースを取らないとダメだ,ときいたことがあるのですが。

Aベストアンサー

 ボンネットのアースをしっかりと取ってみてはどうでしょうか?
 ボンネットはメーカ純正オーディオでノイズが入らない場合、とくにアースを取ることはされておらず、車体側との蝶番部分に依存することになります。普通はこれで問題ないのですが、ノイズに敏感なオーディオやアンテナの引き回しの関係ではブツブツ・プチプチ音系ノイズが出ることがあるようです。
 太めの電線1本で済みコストもしれていますので、一度ダメもとでトライしてみられては?

Qオルタネータノイズと電装品のアースについて

現在オルタネータノイズのようなノイズに悩まされています。

私の車は、純正オーディオの外部入力部分にナビの音声を入力していて、そのナビの外部入力にさらに地デジチューナを入れています。
ノイズが乗るのはオーディオの外部入力、すなわちナビもしくは地デジチューナの時のみです。
この時、地デジの電源を切ってもノイズはそのまま入り続けます。
ナビの電源が入っていないときはもちろん聞こえません。
先日、ナビにバックカメラを取り付けたら、今まで少し気になるレベルのノイズがとてもひどくなりました。
ちなみにRCAタイプのノイズフィルタを付けましたがあまり効果がありませんでした。

最初はエンジンかけず、ACCにしただけでもノイズが乗っていたのですが、電源系とオーディオケーブルを離したらACCではノイズは乗らなくなったのですが、エンジンかけたらノイズは載ってしまいます。

一つ気になることがあり、これら電装品のアースはすべて、ボディのある一点から取っていることです。
そのアースポイントが一番使いやすいポイントなのですが、複数の電装品を一つのアースポイントから取ることにより、相互のノイズの影響を受けることはあるのでしょうか?

アースをバッ直にした方がいいのでしょうか?

現在オルタネータノイズのようなノイズに悩まされています。

私の車は、純正オーディオの外部入力部分にナビの音声を入力していて、そのナビの外部入力にさらに地デジチューナを入れています。
ノイズが乗るのはオーディオの外部入力、すなわちナビもしくは地デジチューナの時のみです。
この時、地デジの電源を切ってもノイズはそのまま入り続けます。
ナビの電源が入っていないときはもちろん聞こえません。
先日、ナビにバックカメラを取り付けたら、今まで少し気になるレベルのノイズがとてもひどくな...続きを読む

Aベストアンサー

>アース端子延長板=アーシングターミナル

で、良いと思います。

パワー系と信号系を離すのは、この世界では、まぁ、普通です。

星型一点アースは、メーター類なんかのアースを一点にして指示値の基準を同一電位にするときには使うかもしれませんが、ノイズ対策上は? ですね。

QオルタネーターB端子からバッテリーの+端子間の配線について

先日、オルタネーターのブラシを交換修理して、元通り組み付けていろいろと点検してみたのですが、オルタネーターB端子からバッテリーの+端子間に何らかの異常があり、バッテリーに充電されません。

テスターで検査してみたところ、オルタネーターに関しては、異常はありません。(ブラシを交換したおかげで、以前よりもパワーアップした事を確認済み)複雑に絡み合っているコードを丁寧に解いて確認しようとも考えましたが、とても手間がかかる作業なので、ためらっています。

そこで、素人なりに考えたのですが、B端子からバッテリー+端子間を5.5sq程度のケーブルで直結してはまずいでしょうか?

そもそも、B端子からバッテリー+端子間には、50Aのメインヒューズの他にどんな回路を経由しているのでしょうか?

また、直結する際の注意点などを教えて下さい。

Aベストアンサー

車両側のB端子の処理については取り外した上で絶縁処理をしておいてもかまいませんが、ただし、B端子の配線が2本来ているような場合は、1本がバッテリへ1本が他の電装品への電源ラインである場合があるので、取り外してしまうとそれらの電装品が動作しなくなってしまう可能性がありますので注意が必要です。

ヒュージブルリンクを使う場合、オルタネーターの最大出力と同等または+数%程度の容量のものが適当でしょう。また、セルモーターとオルタネーターが近い位置にあればオルタネーターのB端子とセルモーターのB端子をつないでも(この場合もヒュージブルリンク等は必要です)かまいません。セルモーターのB端子までの配線は十分に太い(14sq~22sq程度あるでしょう)ので5.5sqで長く引くより電圧低下を抑えられるでしょう。

いずれにしても大きな電流が流れますので、端子の取り付けはしっかりして置かないと焼損するなどの危険があります。配線や端子ボルトにあった圧着端子を使用してさらに半田付けすることをお勧めします。

Qアンプの設置に伴う、電源ケーブルの引き込みと分岐について

 はじめまして。morifore4181と言います。どうぞよろしくお願い致します。
 現在、アンプ1台(カロ PRS-A700)を助手席下に設置するため、4ゲージの電源ケーブルをバルクヘッドを通して引き込みを考えています。そこで分からないことがあります。

1.エンジンルーム内やバルクヘッド自体がかなり高温になりますが、ケーブル保護は必ず必要でしょうか?必要な場合、露出しているケーブル部分を『コルゲートチューブで完全に覆う』のが正解なのでしょうか?

2.将来、アンプをもう一台追加する事を考えていますが、アース線と同じように、電源ケーブルにあっても、分岐した配線の長さは同じにした方が良いのでしょうか?

3.3の場合、通常は4ゲージを8ゲージ2本に分けると思いますが、4ゲージ2本に分けての使用は可能でしょうか?またそのメリット・デメリットはありますでしょうか?

以上、いろいろ手を尽くしましたが、よく分かりませんので、よろしくお教え願います。

Aベストアンサー

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピーカーケーブル類だけで良いのではないでしょか。
ただこれも神経質になる必要は無い程度です。

3.理論上、4ゲージ2本に分けた方が良いのではないでしょうか。
多分、抵抗を減らそうとして太いケーブルを使用しているわけですから、分岐後に細くする必要はないと思いますよ。
ただ取り回しが面倒ですよね(^ ^;
あとは分岐などせずにあらかじめ8ゲージでも4ゲージでもいいので最初から2本一緒に引き込んだ方が良いとも思います。
分岐させるとその分だけ配線が長くなりますので。

ちなみに私はデッキとアンプ用に2本、同じ電源ケーブルを引き込んでいます。
皆様は音質を考え、パワーアンプ用に太く抵抗の少ないケーブルを使用しているのだと思いますが、なぜ肝心のCDプレーヤーの電源がオーディオスペース裏の純正のバッ直配線を使用しているのでしょう。
オーディオ機器の電源は命みたいなものです。
大電力を使うパワーアンプのみが高性能な電源ケーブルを必要としているのではないのです。
家庭用オーディオをやっている人からみるとこれは信じられない話だと思います。

ご参考までに。。。

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピー...続きを読む

QRCAケーブル自作

RCAケーブルの自作を考えネットで調べていたところ、
シールド線のシールドを片方だけグランドに落とすと良いと言うのを多々見かけました。
しかし片方だけでどうして使えるのでしょうか?
グランドに片方しかつながっていないと電気は流れませんよね?

Aベストアンサー

taiki123さま

 先ず、言葉の意味からはっきりさせましょう。
 RCAコネクタ付きケーブルには、同軸ケーブルを使用する場合と、2心シールド線(4心の場合もありますが)が有ります。
 同軸ケーブルは中心導体と外部導体から出来ています。言葉の通り中心導体と外部導体の中心は同じ位置にあります。外部導体はシールドの役割も果たします。両端のRCAコネクタには中心導体、外部導体とも接続しないと信号伝送は出来ません。
 2心シールド線は2本の絶縁された電線を通常は撚り合せて、その上に銅線でシールドを施すのが一般的です。信号伝送は2本の絶縁電線で行います。

 次にケーブルに対するノイズを考えてみますと、ノイズは電磁波ですから、電界と磁界から出来ています。
 まず磁界に関しては、同軸ケーブルは上記しましたように中心導体と外部導体の中心はちょっと離れた所から見れば同じ位置にありますから、磁界でノイズの起電力は発生しません。2心シールド線の場合は対撚がしてありますと、隣り合った対のループには逆方向の起電力が発生しますので、トータルとしてはほとんど打ち消されます。
 2心シールド線のシールドが接地された両方の機器に接続されていますと、シールドと両方の機器の接地と接地された大地で大きな電気の通り道(ループ)が出来ますので、このループを磁界が切りますと、ノイズが発生します。因って、このループを造らないように片端でシールドを接地します。2心シールド線の場合には音楽信号は2心の電線で伝えられますので問題ありません。
 電界に付いては同軸ケーブルの外部導体にはノイズは発生します。外部導体の抵抗が小さいとノイズ電流はどちらかの機器の(接地)抵抗の小さい方へ容易に流れ去りますが、抵抗が大きいと外部導体の長さ方向に電位差が出来ますので、ノイズの影響が出ます。2心シールド線のシールド部にはノイズが乗りますが、片方に(出来れば接地抵抗の小さな機器へ)シールドを接続してあれば、ノイズは接地してある機器側に流れ去ります。この場合もシールドの抵抗が小さい方が有利です。

 上記説明は音声帯域の信号伝送に付いての話で、高周波域になると、表皮効果が有効に働きますので、様相が違ってきます。

 以上の如く、片端接地をするのが効果的なのは、2心シールドタイプのケーブルを使用する場合です。

 参考まで;音声帯域の信号の場合には、絶縁電線2本を均一に撚り合せた、シールドを施して無い、2心の撚線でも電界によるノイズ環境が悪くなければ、良好な伝送が出来ます。磁界ノイズに関しては上記したように撚る事が効果があります。例えばCat.5等のLANケーブルはこの技術が使われています。シールドが無い方が、ケーブルの伝送特性は良好にする事が出来ますので、音質も良くなります。この様な製品も市販されています。

taiki123さま

 先ず、言葉の意味からはっきりさせましょう。
 RCAコネクタ付きケーブルには、同軸ケーブルを使用する場合と、2心シールド線(4心の場合もありますが)が有ります。
 同軸ケーブルは中心導体と外部導体から出来ています。言葉の通り中心導体と外部導体の中心は同じ位置にあります。外部導体はシールドの役割も果たします。両端のRCAコネクタには中心導体、外部導体とも接続しないと信号伝送は出来ません。
 2心シールド線は2本の絶縁された電線を通常は撚り合せて、その上に銅線でシ...続きを読む

Q走行中、FMラジオの雑音

H.24マツダデミオスポルトに乗っています。
サイバーナビ AVIC-VH99CSを使っています。
最近、車を走らせている時、FMラジオを聴いていると、時々ザーザーと大きな雑音(ノイズ?)が、
入るようになりました。
どのチャンネルに合わせても似たような症状が出ます。
AMラジオは、問題ありません。
どうしたらよいのでしょうか。
季候、天候にも、かんけいがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 車内に取り付けられている他の電装品からのノイズの影響の可能性があります。特に最近よく聞くのは日本ではあまり聞いた事のないような海外ブランドのドライブレコーダーから発生するノイズの影響です。(ひどい場合はナビがGPS信号を受信できなくなったりする事もあるみたいです)
 他にもレーダー探知機や車内照明などを設置しておられましたら電源コードやヒューズを抜くなどしてそれらの作動を一旦停止させてみて下さい。

 取り付け作業時に問題がある場合は、ナビ本体および車両ハーネス(オーディオ変換ハーネス)のアース線の接続不良があります。
※同じ場所に接続(ネジ止め)されているかどうかや、そもそもきちんとアースに落ちている場所に接続されているかどうかなど。
 AVIC-VH99CSの場合、ナビ側の集中ケーブルとクルーズスカウターユニットの電源ケーブルにそれぞれ先がクワ端子になったアース線があると思いますので、これらのナビ側のアース線と車両ハーネス側のアース線が同じ場所に接続されているかをご確認ください。
※クルーズスカウターユニット本体部をナビから離して設置しておられていてナビと同じ場所にアース線を接続できない場合は、確実にアースに落ちている場所に接続されているかをサーキットテスターなどを使用して確認してみてください。
 またデミオはロッド式のルーフアンテナのため関係ないと思いますが、AVIC-VH99CSのアンテナコントロール端子と車両ハーネス(オーディオ変換ハーネス)との接続状況をご確認ください。
※アンテナコントロール端子の接続の必要がない車種の場合でも、ナビ本体裏で配線を遊ばせていると走行中の振動などで動いて車両金属部とのショートしてしまったりする可能性もありますので接続しておいた方が安心です。
※パワーアンテナ(電動伸縮アンテナ)や、ガラスプリントアンテナやショートポールアンテナ(アンテナブースター内蔵)の場合は、アンテナコントロール端子を接続しないとラジオ受信に不具合が発生します。
※アンテナコントロール端子を接続しない場合は、AVIC-VH99CSのアンテナコントロール端子の先がAVIC-VH99CS本体や車両の金属部分に接触しないようにビニールテープなどで絶縁処理されているかを他の接続されていない空き端子を含めてご確認ください。

 他にもAVIC-VH99CS自体に異常がある可能性がありますので、この場合は別のナビ本体やオーディオデッキと入れ替えて同じ症状が発生するかどうかテストをしてみてください。

 車内に取り付けられている他の電装品からのノイズの影響の可能性があります。特に最近よく聞くのは日本ではあまり聞いた事のないような海外ブランドのドライブレコーダーから発生するノイズの影響です。(ひどい場合はナビがGPS信号を受信できなくなったりする事もあるみたいです)
 他にもレーダー探知機や車内照明などを設置しておられましたら電源コードやヒューズを抜くなどしてそれらの作動を一旦停止させてみて下さい。

 取り付け作業時に問題がある場合は、ナビ本体および車両ハーネス(オーディオ変...続きを読む


人気Q&Aランキング