星間雲が中心に向かって収縮し始め「平たくつぶれる」のはどうしてですか?
あと渦を巻くのはどうしてですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


  No.2 の方の回答は、星が、ガス雲から誕生する過程としては、大体あっているのですが、何故、回転しているのかの説明がありません。
 
  >ちりはお互いの引力によって集まりだし、
  >最後は中心部の高速の回転が始まります。
 
  この「中心部の回転」は何故生じるのか、説明がありません。太陽を構成する塵に、元々特定の回転モメントがあれば、結果的にそうなりますが、回転モメントはどこから出てきたのか、というのが、実は問題の本質なのです。
 
  塵の集団が回転モメントを或る偏りを持って備えていた場合、このような塵が重力収縮して恒星を形成する時、恒星の原始雲は回転し、渦巻いています。しかし、この「回転モメント」はどこから来たのかです。
 
  これについて考えてみて、これまで明確な答えをみたことがないことに気づきました。どこかに説明があるのかも知れませんが、わたしが見たことがないと言うことです。
 
  そこで、ここで考えてみます。思考実験をするのですが、その思考実験が理論的に十分妥当であれば、それが回答になります。少なくとも、有力な説にはなります。
 
----------------------------------------------------------------------
 
  回転モメントはどこから来たのかということは、次のように考えられます。まず、原始恒星の形成開始は、どのように行われるのか、これについて、或る仮説として、かなり一様に星間塵などが高い密度で存在している空間域(これは、直径1000光年とか、膨大な空間です)があるとすると、この空間域に対し、近く(と言っても、何千光年でもよいのです)で超新星爆発が起こった時、このエネルギーが色々な形で周囲の空間に放出されます。空間を伝わる重力波の衝撃波が伝わるという説があります。あるいは重力波でなくとも、膨大な電磁エネルギーの放射が起こります。これが原因で、一様であったガス雲=塵の雲のなかで、密度のゆらぎが起こり、それがやがて収縮して、原始恒星にまで、圧縮されて行く、という説があります。
 
  No,2 の方の述べておられる恒星誕生の過程とよく似た話ですが、違う処は、直径1000光年とかの膨大な範囲のガス雲で、重力的揺らぎが、ほぼ同時に生じるということです。つまり、恒星が誕生する時、或る広い範囲で、かなり多数(この場合、1万個か10万個か分かりませんが)の原始恒星の誕生が促されます。
 
  こういうことが起こると、同じ大きさの原始恒星雲集団が、均等な間隔で、この空間域で収縮を始めるのではないのです。一番最初はそうかも知れませんが、収縮が進行すると、大きさや配置で、非常に不規則になって来ます。大きな原始恒星へと成長する収縮雲もあれば、小さな原始恒星への収縮雲もあることになります。また、その配置も不規則です。
 
  こういう空間域の多数の収縮雲が、全体として回転を始める可能性は、何か外部要因があれば、ありえると思えますが、全体としては、回転モメントが発生する機構がありません(内部の重力的な作用での運動は、全体としては相殺されるのです)。しかし、空間域内部の収縮雲は、原始恒星へと近づく過程で、相互に重力作用し合うと考えられます。また当然重力相互作用はあるのです。
 
  そこで、どういうことが起こるかと言うと、或る収縮雲が、別の収縮雲を重力的に引きつける、或いは、両者が同じぐらいなら、互いに引き合い接近するということが起こります。この時、仮に二つの収縮雲の接近だと、この二つの収縮雲に対し、周囲の別の収縮雲からの重力作用も働きます。この重力作用は、空間において、当然、等方的ではなく、偏りがあります(つまり、一方のAの銀河の北の方向に、大きな収縮雲があれば、この方向からの重力の影響が大きくなります。他方のBは、銀河の西の方向に大きな種宿雲があると、その重力の影響を受けます)。
 
  AとBの互いに引き合う力がもっとも重力としては大きいのですが、Aに対し、別の収縮雲から重力作用があり、Bに対し、Aのとは違う収集雲から重力作用があって、この作用方向が違い、大きさも違うと(というか、違うのが当然なのです)、AとBが接近しつつ、AとBには、接近方向と垂直な法面に載る他の重力作用があり、AとBで、この作用力の方向が一致するというのは、まずありえません。すると、どういうことになるかと言いますと、AとBには、引力以外に、「偶力」が作用するということになります。
 
  偶力が作用すると、何が起こるかと言うと、AとBは、接近しつつ、互いのまわりを回転するような運動を開始します。つまり、回転モメントがここで生じるのです。
 
  AとBが、収縮の過程を、互いが衝突する前に終わらせる、あるいは、偶力によるモメントで、丁度、太陽に地球などの惑星が落下(というか衝突)しないように、互いに回転しながら、収縮して原始恒星になる時、最終的にどうなるかと言うと、二重連星となります。そして、恒星の大部分は、二重連星で、時に三重、四重連星です。単一恒星系の方が実は珍しいのです。
 
  しかし、太陽系は単一恒星系です。これはどうなっているのか。恐らく、二重連星へと進もうとしたが、相手の収縮雲が小さすぎたのでしょう。あるいは、何か特別な理由があったのかも知れませんが、ともかく、太陽となる原始恒星雲のまわりを回っていた、小型の収縮雲が太陽の引力で壊され、太陽の原始雲と交わりながら、原始太陽の円盤型の渦を形成したのでしょう。(円盤になり、渦を巻くのは、これまでの話のように、二つの収縮雲が「偶力運動」している場合、「偶力の作用面で」円盤の形に収縮し、回転しながら渦を巻きます)。
 
  連星を形成するはずであった一方の収縮雲が、十分な大きさがなかった場合、回転モメントが足りないような気もするのですが、それは最初の収縮と、重力による近接、偶力の付与などの過程で、太陽系には、非常に大きな偶力が与えられたのだと考えると説明できるかも知れません。太陽系のような惑星システムは、どうも珍しいようですから、特別なケースなのかも知れません。
 
  なお、以上の説は、わたしがいま思考実験で考えたものですが、
  1)多くの恒星は、連星系で回転モメントを持っている。
  2)太陽系の回転モメントの起源は、他の連星系と同様と考えるのが極めて自然である。
  3)木星などは、いま少し質量があれば、最小規模の恒星になっているのであり、太陽系は、そういう意味では、潜在的な連星系である。(なりそこねた連星系である)。
 
  というようなことから、理論仮説として十分説得力があります。
  太陽系をもう一度実験で造って見ることはできませんから、そうだという証拠はありませんが、そうでないという根拠はなく、そうであるという理論的根拠は大いにあります。
 
  これはわたしが考えて出したモデルですが、仮説として、明確な否定根拠がない限り、回答となります。(こういう「説」であるということです)。また、こういう考えか、または幾分違うヴァリエーションの仮説が、宇宙物理学ですでに存在すると思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん説明していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 09:30

 


  補足します。
 
  先の説明では、太陽となる大きな収縮雲と、小さな収縮雲を考えたのですが、理論的には同じことなのですが、単一原始恒星でも同じことが起こります。
 
  つまり、まだかなりな大きさであった収縮雲が、仮に球形をしていたとすると、一方の端と他方の端は、かなりな距離があります。従って、一方の端の領域のガス雲と他方の端のガス雲で、他の収縮雲からの重力作用の方向が異なることが当然あり、この場合、ガス雲自体のなかに、偶力があり、回転モメントがあります。このような収縮雲が原始恒星となり、恒星となると、恒星は自転していることになります。また、恒星とならなかったガス雲は、「重力が偶力・回転モメントより大きいため」、自転の赤道面で、円盤の形になります。そこから、惑星の収縮が起こって、太陽系ができたという説明も可能です。これは、実は、先の説明と、理論的には同じなのですが、違った風に見えますので、追記します。
 
  無論、この過程で、惑星系を持たない、自転する単一恒星系もできるのかも知れませんが、その場合でも、土星の輪のような、リングガスを備えていると考えるのが自然です。
 
    • good
    • 0

 太陽系ができる前は、水素やヘリウム、赤色巨星の爆発などによって作られたわずかばかりの重い元素からなる星間物質が、小さなチリとして宇宙空間にゆっくりと回転しながら漂っていたと考えられています。



 それらが雲のように広がる空間のそばを、天体が通過するなどのアクシデントがきっかけで密度のゆらぎがおこり、そのゆらぎの影響でちりはお互いの引力によって集まりだし、最後は中心部の高速の回転が始まります。この中心部の回転によって原始太陽が生まれ、この天体の自転赤道面に遠心力によって太陽になりきれなかったチリが円盤状に広がります。

 結果として、その頃の太陽系は平たくつぶれるように見え、中心部分は周囲より速くまわっているので渦を巻いている形になるわけです。

 私見てましたから、間違いありません、とは言えませんが、ネタ本は二間瀬敏史著「ここまでわかった宇宙の謎」(講談社プラスアルファ文庫)です。宇宙論は支持される理論がときどき変わることがありますので、今はどうなっているのか、気を付けていたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 09:31

中心に向かうのは、お互いに引き合う(万有引力)結果ではないでしょうか。


その結果、ぶつかりある中で回転する力が生まれれば、遠心力で平たくなると思います。
地球だって、自転しているから楕円なんだし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

太陽系」に関するQ&A: 惑星の英語の読み方

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(1)星間雲に突入というのは本当ですか?


(1)星間雲に突入というのは本当ですか?突入したら影響は有りますか?(圧縮、等)

(2)大陸の移動が気候や人類に影響する事はありますか?

(3)銀河同士の衝突が地球や人類に影響を及ぼす事はありますか?

(4)20才の私ですが、今後100年間、宇宙や地球の現象が人類に大きな影響を及ぼす確率は0%に近いですか?

本当に悩んでいるので他の現象を紹介したり、不安を煽ったりする事は勘弁してください。

Aベストアンサー

>(1)上の方々の回答についてcozycube1さんはどう思われますか?(星間雲の事や大陸移動の事.不安になる回答があります)

 他の回答者様の回答についてコメントするのは、ここでは禁止されていますので、あれこれは申せません。

 もちろん、他の回答は参考にはしますし、拝読して自分の回答を修正、あるいは撤回することはあります。今回の現時点では、私自身の回答内容を変更する必要性は全く感じません。

>(2)【現在インド大陸がアジアと衝突しアフリカ大陸やオーストラリア大陸もアジアに接近しつつある】とWikipediaに書かれていますがこれにより何かが起きる事は無いですか?(スーパーブルーム等)

 要はプレートテクトニクスですね。さらにマントルに注目したのがプルームテクトニクス(こちらはまだ提唱段階かと)です。

 これは、急にそういうことが起こってきたという話ではないです。40億年前だったか、ともかく地球ができて以来、ずっと起こっていることについて理解が進んできただけです。何が起きるかは次にまとめます。

>(3)大陸の移動が原因で地震が発生するということですか?大陸の移動が環境に影響する事は100年単位では0%ですか?

 地震は地球表面の地殻が動いていることが原因です。地殻が動いているため、非常に長い目で見れば、大陸も移動しています。万年、億年といったーオーダーですが。

 地震は環境に影響します。海底で起これば、津波が発生することもあります。何千万年以上という長期でみれば、大陸が移動しますので、ある場所の気候は変わるでしょう。

 100年と言う単位でみるなら、地震でしょうね。次いで、火山の噴火でしょうか。これらを何とかして、場所と時期を予測しようと研究はしています。しかし大変に難しいです。

 地震なら、起きそうな場所は分かるようになってきました。活断層といったことですね時期の正確な予測が難しいのです。

 たとえば、割り箸を割るとします。一方の端つながった二本の箸の中央には、割れやすくするための溝があります。引きはがすように引っ張れば割れることは分かります。しかし、どこまで力を込めたら割れるかは、どうしても正確には言えないのです。おおまかには言えます(「材料の強度から見て*kg以上の力」とか)。

 割り箸と同じく、地震も断層面でいつ急に滑るのかは分かりません。大きな地震でも、「今後30年以内には、ほぼ確実」といった予測までです。断層の観測ではなかなかうまくいかないため、電離層の変化など、他の兆候の研究が進みつつあります。ちなみに地震雲なんて与太話ではないですよ。

>(4)聞き方が悪かったです.他の銀河同士の衝突が地球に影響する事は0%ですか?

 例を挙げたほうがいいかもしれません。宇宙のどこかで激変といっていいことが起こることが期待されています。ベテルギウスの超新星爆発が起きて欲しいというのは、その一つです。

 二つのブラックホールの衝突が起こることが期待されています。重力波の観測ができそうだからです。ブラックホールは太陽より重い天体です。二つのブラックホールが衝突すると、元の質量の足し算の2/3の質量の1個のブラックホールができます。

 消えた1/3の質量は重力波のエネルギーとなります。質量がエネルギーになるって、膨大なエネルギーになります。1グラムの質量が一気にエネルギーに代わると、町の二つ三つは消え去ります。

 二つのブラックホールが衝突すると、太陽の質量以上が、一気に重力波というエネルギーに変わるわけです。なんとなく、物凄い影響を与えそうな感じがします。「巨大重力波が辺り一面を粉々に砕く」とか。

 実際には、「それくらいあれば、非常に精密な観測装置を使って、かすかに重力波がキャッチできるかもしれない」という程度です。重力が、どうしてそんなに弱い力なのか、よく分かっていません。ブラックホール同士の衝突という大激変ですら、その程度です。

>(5)最後にまた.今後100年間は地球や宇宙の現象(超新星.ガンマ線バースト.氷河期.等)が人類に大きな影響を与える事は0%ですか?

 宇宙の至る所で、超新星爆発も、ガンマ線バーストも、毎日といっていいくらい、頻繁に起きています。ただ、宇宙は大きいので、どれも遠すぎて詳しく観測できないんですね。ベテルギウスだと期待できそうです(同程度の距離の候補星がmあと1個あります)。ガンマ線バースト候補星は、最も近いものでも、ちょっと遠すぎるようです。

 何億年も前に、どうも地球に影響を及ぼした超新星爆発があった形跡があります。生物種の大量減少が起きた時期と一致するため、原因と考える人もいます(少数派ですが)。
 原因と考える人の推定では、超新星爆発の影響でオゾン層の半分程度が失われた可能性があるとのことです。そのため、紫外線が増えて、植物に影響したというものです。
 とてもではないですが、「大量の高エネルギーガンマ線が地表の生物に」なんてものではありません。

 太陽では起こらないとされていた、スーパーフレアが起こる可能性が示唆されています。名前が何か凄そうです。実際に、フィクションで地球に破滅的な影響を及ぼすといったものがあります。ある夜、月が突然に明るさを増し、引き続いて……、といったものです。
 これも実際には、そんな大きな影響はありません。通信網などは注意した方がいいかもしれない、という程度です。

 氷河期は、何千万年、何億年でみれば、間氷期とセットで繰り返し起こってきました。そういう長期的に見れば、今後もあるでしょう。

 ちょっと話題になったのが、2012年以降の太陽黒点活動との関係でしょうか。ヨーロッパで昔、平均気温が明らかに下がった時期があります。同時期の日本でも、凍ったことがない川が凍ったという記録が残されています。

 これを太陽黒点と絡めて考える人がいます。太陽風が増えて、それがウイルソンの霧箱と同じ仕組みで雲を増やして、日照量が低下して、といったものです。大手A新聞が取り上げ、NHKのドキュメンタリーでもネタに使われて、ちょっと注目されました。

 2012年程度だと、1957年でのものと同程度なんですが。もちろん1957年以降、寒冷化した形跡はありません。地球温暖化は進行しましたが。そういうことは紹介されず、黙っています(「それを言っちゃあお仕舞いよ!」ってお約束な世界なんでしょうけど^^;)。

 こうした、「よく分からないけど怖そう」というのはよくあります。特にそれらしい用語を添えてだと、本当っぽく聞こえます。

 それについての教訓的な逸話が、「ジハイドロジェンモノオキサイド(略称DHMO)」です。訳せば、一酸化二水素、H2O、つまり水なんですけど。水の性質を普通に解説した文章を、ちょっと怖そうな感じに書き直し、「水」を「ジハイドロジェンモノオキサイド」と書き換え、流布したら、大騒ぎになったというもの。

 実際にあった事件とも、都市伝説とも言われています。よく知っているものの名前を、聞いたことが無い(けど正しい)用語に置き換えると、簡単に騙されてしまうということですね。

 日本では、ニュースで凍結防止の食塩を塩化ナトリウムと表現したことから、一部ではちょっとした騒ぎになったことがあります。「なんだか危険な化学物質を撒いている!」といった感じでした。ごく最近のことです。

 分からないけど、どうしても気になることは調べればいいんですけど、どうやっても知ってること、調べて分かることよりは、知らないこと、分からないことのほうが圧倒的に多いということは仕方ありません。

 オカルトなことや人を除けば、誰も気にすらしていないなら、気にする必要はありません。何らかの危険な兆候があれば、信頼できる筋から、情報が流れてきます。

 オカルトな人は、騙すテクニックに長けているので(そういう話術などがある)、情報ソースから除いておくのが無難です。

>(1)上の方々の回答についてcozycube1さんはどう思われますか?(星間雲の事や大陸移動の事.不安になる回答があります)

 他の回答者様の回答についてコメントするのは、ここでは禁止されていますので、あれこれは申せません。

 もちろん、他の回答は参考にはしますし、拝読して自分の回答を修正、あるいは撤回することはあります。今回の現時点では、私自身の回答内容を変更する必要性は全く感じません。

>(2)【現在インド大陸がアジアと衝突しアフリカ大陸やオーストラリア大陸もアジアに接近しつつある】...続きを読む

Q銀河内の星間物質について

銀河内の星間物質について
紫外線でみた銀河の写真はHII領域が光っているのでしょうか?

Aベストアンサー

どの方向からアプローチしたいか?
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/lectures/QuantumPhysics/08/stuff/081015/081015QP_BlackbodyRadiation.pdf

これで大きく違ってきます。

結論的には、恒星は全て紫外線を出します。
になります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93

どの方向から進むかですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E5%9B%B3

どの方向からアプローチしたいか?
http://photon.c.u-tokyo.ac.jp/~kuga/lectures/QuantumPhysics/08/stuff/081015/081015QP_BlackbodyRadiation.pdf

これで大きく違ってきます。

結論的には、恒星は全て紫外線を出します。
になります。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E4%BD%93

どの方向から進むかですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%...続きを読む

Q星間赤化について

よく教科書で可視光の星間赤化の話を目にするのですが、星間赤化、ダストによる減光はX線では効いてこないのでしょうか。
もし効いてこないとしたら、これはなぜなのでしょうか。
回答宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

 可視光を含めた全ての電磁波について、星間赤化は起ります。波長が短いほど星間物質で散乱されやすいために、観測では減衰してしますということですから。

 γ線、X線、紫外線のほうが可視光より星間赤化は大きく、赤外線、さらにはマイクロ波や電波と呼ばれる電磁波では、可視光より星間赤化は小さくなります。

Q宇宙初期、星間塵などが無い頃、ダークハローの中でプラズマ状態のガスが冷

宇宙初期、星間塵などが無い頃、ダークハローの中でプラズマ状態のガスが冷えて星になる時の冷却機構はどうなってるのですか?星間塵などがあれば、熱を逃がしてくれると思いますが、何もない所で温度を下げようと思ったら、電磁波の放射ぐらいしか知らないのですが、電磁波の放射だけで高温のガスが冷えて、星になったのですか?

Aベストアンサー

これって結構複雑な問題だったような気がしますが、

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&hs=yQy&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=%E5%86%B7%E5%8D%B4%E3%80%80OR%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%80%80%E5%88%9D%E6%9C%9F&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

の5つ目のリンク(pdfファイル)によると、結局、電磁波放射が主らしいです。

Q宇宙空間でのカルマン渦

宇宙空間でカルマン渦は起きますか?起きるとすればどのような状況でしょうか。

Aベストアンサー

カルマン渦は流体現象なので、宇宙空間が流体と呼べるだけの密度を有するかどうかを検討する必要があると思います(たぶん、ないです(^^)

もし、一惑星上での現象でも宇宙空間での現象ということであれば、
ハワイ諸島の後ろを流れる雲がカルマン渦を作っていた写真を見たことが
あります(記憶違いだったらごめんなさい)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報