清水義範さんの小説でイギリスの通貨について語った作品があったと思います。

正確な文章は思い出せませんが、
「ペンスやポンド、シリングなどの位上がりが複雑なので、自分が今、いくらもってるのかすぐには分からない」、というような記述があったはずです。

この小説はなんという題名でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「単位物語」の中の "円は異なもの" に


似たようなフレーズを発見しましたが
こちらでしょうか? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。まさにそれでした!
子供が「クマのパディントン」を読んで、イギリスの通貨に興味を持ったので、ペンス・シリング・ポンドの説明をするのに探していたのです。
助かりました!

お礼日時:2005/10/25 09:08

すいません、確認はとってないので憶測ですが・・・



「お金物語」ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オイラも「お金物語」かと思ってページを繰っていたのですが、見つかりませんでした。
#2の方のおっしゃるとおり、「単位物語」の「円は異なもの」でした。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/10/25 09:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語訳されたイギリスの現代小説。

日本語訳されているイギリスの小説を探しています。
・ジャンルはミステリー(推理もの)か恋愛もの
・設定がここ10年くらいのもの
この条件でおすすめの小説があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。
すみませんアトウッドはカナダでした(汗

最近の英文学でしたらイアン・マキューアン「贖罪」「アムステルダム」が良かったですね、ちょっと暗いので好みが分かれるところですが。

Q切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出て

切ない小説を探しているのですが、切ない小説にすると恋愛小説ばかりが出てきます。
オススメの切ない小説ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

東野圭吾の「秘密」は読まれましたか?

映画にもなっているし今度はドラマにもなるようですが。

かいつまむと、交通事故をきっかけにして死んだはずの母の心が娘の体に入ってしまいます。その日から夫は、体は娘で心は妻という奇妙な関係で生活し、心は戻らないまま娘は成長します。夫婦のつながりを大切にしたい夫と、自分は娘として生まれ変わったと気持ちを切り替え男女交際を含む学生生活を楽しむ妻。衝突と心の葛藤。そして結末はとても切ないです。夫婦ではありますが、恋愛とは違った心の機微が描いてあり、読むたびに切なくなります。

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。

Q小説がテーマになっている小説

 手紙が物語展開の中でカギになっている小説がよみたいなぁと思っています。
 東野圭吾『手紙』や宮本輝『錦繍』は読んだのですが、その他なにかおもしろいものがないかなあと探しています。
 重いもの、軽いものなんでも、あれば教えてください。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夢野久作「瓶詰めの地獄」
戦前の短編小説ですが、彼の代表作のひとつです。
一度読んだら忘れることの出来ない、不気味な味わいです。
絶対おすすめです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報