このごろ友達とよく酒を飲みにいくのですが、ふと’ワインてどうやって作っているのか?’と思いまして質問をだしました。できることなら工業的製法だけでなく、成分なども詳しく教えていただければ光栄です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ワインはメジャーですので検索すればいっぱい出てきます。


製法は参考URLをご覧下さい。
成分はご存じの通りポリフェノールが多く含まれています。
http://www.curio-city.com/event/wine/health1.html
を参照下さい。

参考URL:http://www.kumamoto.nta.go.jp/kantei/shittokusak …
    • good
    • 0

MiJunです。


追加情報です。

============================
究極のワイン学/越田善夫/創芸社/1998.4 
ワイン学入門/山梨大学/山梨日日新聞社/1994.7
ワイン学/ワイン学編集委員会/産業調査会/1991.5 
おしゃれにワイン学/田中清高,梅田悦生/時事通信社/1991.12 
おしゃべりワイン学/辻綾子/桐原書店/1986.3 
============================

http://www.wine-net.co.jp/2000wine-net/howto/how …
(ワインの成分)
http://plaza13.mbn.or.jp/~yasui_it/FoodChemical. …
(からだと化学物質)
http://www.sapporobeer.jp/soudansitu/life_scienc …
(表2 酒類のビタミンB群平均含有量 (mg/l) )
http://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zuihitu/polip …
(ワインの功罪)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。興味があるのでいくつか読んでみることにします。

お礼日時:2001/11/27 13:00

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ワイン」
この中で「ワインの基礎知識」等を参考にして下さい。

さらに以下の成書は参考になりますでしょうか・・・?
=======================================
ワインの科学/清水健一/講談社/1999.1 
=======================================

ご参考まで。

参考URL:http://allabout.co.jp/gourmet/wine/subject/msub_ …
    • good
    • 0

メルシャンのホームページで勉強できるみたいです。


ご参考までに。

#つい先日、勝沼のワイナリーで工場見学してきました。
#あたりまえですが、丁寧につくるものと大量生産するものは工程が違うんですね。

参考URL:http://www.mercian.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末年始の山陰(鳥取・島根)について

今度の年末年始に山陰旅行します。
移動手段はバス・JRなど公共交通機関を使います。

旅行中はたぶん(既に?)降雪、積雪していると思います。
毎年の年末年始の天候による交通機関の影響はどんな感じなのでしょうか?
多少(かなり?)の遅れはあるとしても、運休とかもあったりするのでしょうか?

毎年だいたいどんな感じなのか、教えていただけたら助かります。

ちなみに、日にちと大まかな観光の日程は以下のとおりです。

28日…長崎から福岡へ行き、夜行バスで翌朝鳥取へ。
29日…鳥取砂丘、米子泊。
30日…水木しげるロード、松江泊。
31日…松江観光、玉造、出雲泊。
1日…出雲大社、日御碕燈台、島根ワイナリー、出雲泊。
2日…津和野観光、益田泊。
3日…萩観光(山口)、長崎帰宅。

しょっぱなの高速バスからすでに到着時間が遅れそうな気もしますが…
そうなったら砂丘は諦めようかな…とか、1日は大社、ワイナリーはまだしも日御碕までは厳しいかな?とか考えたり…

Aベストアンサー

天気予報を見ないとわからない、が唯一の正解でしょう。明日当たり週間予報が出されます。
ただ山陰そのものは、例年は、雪もあんまり積もりません。米子道がネックですが・・。

Q工業的製法における一般的な有機物の精製法は

 実験室で、医薬品や電気製品用機能素材、高分子添加剤などを有機合成しています。新規な物質をどんどん作るのが目的なので、とにかくどんどん合成して、目的物ができていたらシリカゲルカラムクロマトグラフでじゃんじゃん分ける、ということの繰り返しです。
 しかし、カラムは、試料の何十倍ものシリカゲルや溶剤を使いますし、手間もかかりますし、工業的ではないと思います。私の知る限り、工業的製法における分離精製法としては、まず反応で副生物がない条件をみつけ、水溶物除去のあと溶媒の溜去で除くなどの簡単な方法か、晶析か、高温で分解しないものなら昇華精製ですが、特に医薬品などのように構造が複雑で副生物も多いような物質の場合、シリカゲルカラムに代わる分離精製法って、どういう方法が取られるのが一般的なのでしょうか。どうしてもカラムを使わざるを得ない場合、「工業用カラム」と言って、実験室で使うカラムを大きくしたようなものも特例として使われると聞いたことがありますが、一般的ではないと思います。それとも、医薬品業界では、このような大カラムが日常茶飯事として使われているのでしょうか。
 特にファインケミカル業界における工業的製法についての基本的な知識を、ご教示頂きたく、お願いします。

 実験室で、医薬品や電気製品用機能素材、高分子添加剤などを有機合成しています。新規な物質をどんどん作るのが目的なので、とにかくどんどん合成して、目的物ができていたらシリカゲルカラムクロマトグラフでじゃんじゃん分ける、ということの繰り返しです。
 しかし、カラムは、試料の何十倍ものシリカゲルや溶剤を使いますし、手間もかかりますし、工業的ではないと思います。私の知る限り、工業的製法における分離精製法としては、まず反応で副生物がない条件をみつけ、水溶物除去のあと溶媒の溜去で除く...続きを読む

Aベストアンサー

医薬品やファインケミカルのような低分子有機化合物のプロセスにおける精製法の第一選択は再結晶です。
常温で液体のものならば蒸留ですね。

どうやっても分かれなかったときで、そのコストをかける価値のあるもの(極低用量で効果のある医薬品など)の場合は、カラムを使うこともあります。

Q山梨のワイナリー巡り

女同士でワイナリー巡りをしたいと思います。
条件的には、宿泊1日。半日から1日はワイナリー
もう一日は果物狩りもしくは、周辺観光。

お盆に行こうと思っています。ワイナリーを回るのにはどこに宿泊するのが便利でしょう。また、こことここはお勧めのワイナリー、宿泊地がありましたら教えてください。

ぶどうの丘は宿泊希望日は満室でした。

Aベストアンサー

No.1のものです。
お礼コメントありがとうございます。

シャトレーゼベルフォーレワイナリーは
JR中央線塩崎駅下車、徒歩5分。
 甲府駅よりタクシーで約20分。

メルシャンのワイナリーは
「勝沼ぶどう郷駅」からタクシーで7,8分(1200円前後)
「塩山駅」(特急停車駅)からタクシーで約10分(1800円前後)。

確かに電車よりは車の方が便利でいいんですよね・・・。
誰かが犠牲にならないと・・・。
電車なら駅から近いところを検索してみるしかないかもしれません。

でもお土産にワインを買うと重いので車がいいですね、やっぱり。
誰が運転するか、ケンカにならないことをお祈りします。

いい旅行になるといいですね。
では。。。

参考URL:http://www.chateaumercian.com/cm/winery/index.html

Q工業的製法

ナトリウムと鉄とアルミニウムの工業的製法が分かりません。参考書などで調べたのですが、なかなか載っていません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

私は高2の理系男です。Naの製法はやらなかった気がします、Feはまず酸化鉄((3))(Fe2O3)をコークス(C)等と一緒に溶鉱炉に入れます。するとCが燃焼して一酸化炭素(CO)が出来るのでその還元作用で四酸化三鉄(Fe3O4)になります。さらに下の層に進み同じ要領で還元されFeOになり最後にFeが生成されます。ちなみに段階に反応するのは温度(熱エネルギー)が下層の方が大きいためです。
Alについてはボーキサイトを精製して出来るアルミナ(Al2O3)を氷晶石(Na3AlF6)とともに、融解塩電解すると得られます。融解塩電解については詳しく学ばなくても大丈夫でしょう。

Q勝沼のワイナリー見学でお勧めのところは?

4月のはじめ頃に、勝沼のワイナリーの見学に行きたいのですが、案内してくれる人がいる、お勧めのワイナリーはありますか?
ちなみに、40人弱の団体で行きたいのですが、それも可能なところを探しています。
あと、ワイナリー見学には通常、見学料は必要ですか?いくつかのHPを見ても書いていなかったもので。

何か情報をいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワイナリーの見学、試飲は無料です。有料試飲を
設定して高級ワインを飲ませてくれる所もあります。
でも、大手以外は、40人の見学はちょっと無理ですね。

メルシャン(www.mercian.co.jp/numa/)やサントリー
(http://www.suntory.co.jp/factory/tomi-no-oka/)
なら、大丈夫だと思います。

見学だけだと30分もしないで終わってしまうので、昇仙
峡にでも行ったらいかがでしょう。

個人的に行くなら、いいワインを造っているルミエール、
シャトージュン、白百合醸造なんか興味があります。

Q工業的な製法

アセトンとホルマリンの工業的な製法について詳しく教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

工業的製法だけでいいんですよね?

アセトン
クメン法・・・言わずと知れたフェノールの製法で副生します。下記のURLがわかりやすいです。
http://www17.xdsl.ne.jp/~bkyhp/gutaiteki/note-f-2.html

ホルマリン
ホルムアルデヒドの40%水溶液をこう呼ぶので、ホルムアルデヒドで調べてみるべきでしょう。
http://www.maruhi-plywood.co.jp/page008.html
ここにもあるとおりメタノールの酸化が一般的です。

化学式は表記しずらいので省略です。紹介したHPにありますので。
ではでは、がんばってくださいね

QブルゴーニュのワイナリーとパリからのTGV

ブルゴーニュ地方のディジョン、ボーヌのワイナリーめぐりをした方がいれば教えてください。
未経験の方でも情報お持ちの方、お願いします。
あさって出発なのでけっこうあせってます。

パリからTGVでボーヌに行き、ワイナリーめぐりをしたいと思っています。
その日はボーヌに泊まり、翌日ディジョンを観光して次の目的地に向かう予定です。
時間があまりないので、なるべく早くにボーヌに着きたいと思います。
調べた結果、9時ボーヌ着か11時着かになります。
そこで色々疑問が出てきました。

9時についてはたしてワイナリーがオープンしているのでしょうか。
11時だとすぐお昼休みに突入して、結局午後からしか見れなさそうな気がします。
いくのが金、土なんですが、地方の週末は個人商店は休みが多いはず。そこも気になります。

政府観光局に聞いても細かい情報まではわからず、予定を決めかねています。
ご自身でワイナリーめぐりをした方、観光局のワイナリーツアーに参加した方、その他オフシーズンに地方めぐりのご経験のある方など、情報教えてください。
よろしくお願いいたします。

ブルゴーニュ地方のディジョン、ボーヌのワイナリーめぐりをした方がいれば教えてください。
未経験の方でも情報お持ちの方、お願いします。
あさって出発なのでけっこうあせってます。

パリからTGVでボーヌに行き、ワイナリーめぐりをしたいと思っています。
その日はボーヌに泊まり、翌日ディジョンを観光して次の目的地に向かう予定です。
時間があまりないので、なるべく早くにボーヌに着きたいと思います。
調べた結果、9時ボーヌ着か11時着かになります。
そこで色々疑問が出てきました。

9時に...続きを読む

Aベストアンサー

年に1回は、車でボーヌ地方にワインを買いに出かけています。
どんなワイナリーをお考えかわかりませんが、ワイナリーによっては
土日もお昼も営業をしています。
ワイナリーも大きいところから、小さいところまでいろいろあります
ので、数多く訪問されることをお勧めします。
有名なロマネコンティの畑も見学しその前にあるワイナリーでも
ワインを購入したことがあります。ロマネコンティーの畑の隣の
隣の畑のワインを購入しました。
レンタカーを借りればBESTですが、そうでなければタクシーを半日
ほどチャーターしては、どうでしょうか。それもワイン好きのタクシー
運転手を選べば、一石二鳥になります。

Q水素の工業的製法について

石油や石油ガスを触媒であるニッケルや酸化鉄を用いて加熱分解すると水素が得られる
CnH2n+2 + nH2O → nCO + (2n+1)H2
CO + H2O → CO2 + H2

上記の説明と反応式をみてると水を加えてるので、石油や石油ガスに水を加えてから加熱分解するということですか?

Aベストアンサー

この式の上の方は水蒸気改質反応、下のほうは水性シフト反応と呼ばれる反応で、工業的には別々の反応器で行われます。
どちらも原料と水蒸気を所定の圧力と温度にして、触媒が充填された反応器に送り込んで反応させています。質問では「水を加えてから加熱分解する」と書かれています。もし「釜のなかに石油と水を入れ、触媒を放り込んで、加熱する」というようなイメージでしたら、(そういうイメージではないのなら、ごめんなさい。)違います。工業的には「水蒸気と石油類の混合物を連続的に加熱しながら触媒を充填した反応器に送り込み、連続的に取り出す」という連続操作で反応させています。
水蒸気改質反応は800から900度の高温が必要ですが、非常に吸熱的な反応なので、すぐに温度が低下してしまいます。そこで実際には細い反応器を何本も用意して、周りをガスバーバーで加熱しながら反応させています。これでCOとH2の混合ガスができます。
このままで都市ガスや化学原料として使用されますが(都市ガスは最近では天然ガスが主流になっています)、さらに水蒸気を加えてシフト反応器に送り込むことにより、COとH2Oが反応して、水素を増やすことができます。これは発熱反応ですので通常の反応器が使われます。

この式の上の方は水蒸気改質反応、下のほうは水性シフト反応と呼ばれる反応で、工業的には別々の反応器で行われます。
どちらも原料と水蒸気を所定の圧力と温度にして、触媒が充填された反応器に送り込んで反応させています。質問では「水を加えてから加熱分解する」と書かれています。もし「釜のなかに石油と水を入れ、触媒を放り込んで、加熱する」というようなイメージでしたら、(そういうイメージではないのなら、ごめんなさい。)違います。工業的には「水蒸気と石油類の混合物を連続的に加熱しながら触媒...続きを読む

Q山梨県のワイナリー

GWに主夫婦で山梨県に遊びに行きます。
主人は全くお酒が飲めないのですが、私はワインが好き(甘口しか飲めませんが)なので、ぜひワイナリーに行きたいと思っています。
そこで主人も楽しめるワイナリーがあれば教えて頂きたいのですが・・・
ちなみに候補に挙げているのは以下の場所ですが、どこがおすすめでしょうか?
また、この他でおすすめがあれば教えて下さい。
・メルシャン勝沼ワイナリー
・シャトー勝沼
・マンズワイン
・ルミエール
・ぶどうの丘
できれば遅くまで試飲ができる所が良いです。
宜しくお願いします!
(補足:ワイナリーではないですが、「フルーツ公園」と「かいてらす」には行きます。)

Aベストアンサー

「ぶどうの丘」以外の施設は、基本的に「ワイン工場」です。
ですので、付属のショップなどはあまり期待しないほうがいいかと。
工場を見て試飲するだけなら、ワイナリーごとの味の違いなどが
分かって楽しいとは思いますが。

その意味では「ぶどうの丘」は各ワイナリーのお酒が揃っている上、
試飲も色々と出来ていいのですが、公営施設だけあってそこはかとない
「侘しさ」があるのは否定できません。まあ、景色は抜群なので、
景色も同時に楽しむつもりで行かれるといいと思います。

Q工業高校教師を目指す工業高校工業化学科2年生です。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学べるので、大学で1から電気などを学んで、電気や機械を専門として先生になるというのも考えてます。
〇日本大学工学部(学科は未定だが、行くなら生命応用化学科) 〇東北工業大学(学科は未定だが、環境エネルギー学科や知能エレクトロ二クス希望)

〇その他宮城県にある私立工業大学又は工学部のある私立大学

評判とか、就職とか、学生の雰囲気、授業のレベル等を総合的に見て、一番お勧めはどの大学になりますか?

教員免許は取るつもりです(教職課程のある大学に行きたい)。工業の教員は空きが少ないので、教員になれなければどこかの企業に就職して、空きを待つとします。

というか、大学から電気とか機械学んでも、先生になれますか?正直遅すぎる感じがするのですが....。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学...続きを読む

Aベストアンサー

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありません.ないから勉強しにきているともいえますし,そもそも工業高校や高専と違って,専門科目自体が普通科の高校にはないのですから,ある意味当然です.
また,入学はしたものの,そもそもその分野に強い興味なり意欲なりを持っていない人も相当数いるのが現実です.
なので,そういう人がちゃんとある程度のことを身につけられるように,カリキュラムというのは作られています.

もうひとつ事前に調べておかなくてはいけないのは,どういう教員免許状がその学科で取れるか,です.
これはあなたがどういう科目の先生になりたいか,にもよります.これはよく調べてください.

工業高校からの大学進学は,国公立に進もうとすると著しく不利なのは間違いありません.自分で相当の勉強をしないとだめなことは間違いありません.基本の数学,物理,化学,英語,国語の時間を減らして,専門科目を入れているカリキュラムなのに,そういうことに配慮した入試枠のある国公立は極めてまれですから当然のことです.
私立大学の工学部には,工業高校からの受験に配慮した入試科目等を設定しているところはかなりあります.その辺の情報も,高校の先生は押さえていると思います.

高校の先生にもよくよく相談した方がいいですよ.

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありませ...続きを読む


人気Q&Aランキング