私は今、ポケットビリヤードのような、玉突きをシミュレートするプログラムを作っています。はねかえり係数=1で、質量、半径が等しい球の一対一の衝突についての式はたてることができました。最終的には親玉が、三つの球(この三つは正三角形にならべられており、互いが接しているとします。四つの球とも、半径、質量が等しく、跳ね返り係数は1とします。)に衝突するプログラムにしたいと考えていますが、運動方程式に自信がありません。三つの球にどのように力が働くのですか?式をたてるのを難しく感じています。アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 卒研でしたか。

なるほど。
 自分で考えたテーマなんでしょうか?ひょっとして、教官からテーマを与えられた?
 ご質問に使われている用語から、あまりビリヤードのご経験がないらしいことが推察されます。ビリヤードって一体どんな現象なのか、まず入門書(実用書コーナーにあり)は必携でしょう。それから上手な人に実際に技を見せて貰い、解説してもらうことを是非お勧めします。ひなびた玉撞き屋のオヤジを拝めばキット魔法のようなのを見せてくれます。ビデオカメラで記録するのも必要ですが、自分の目で良く見ることが最も大切です。
 指導教官もビリヤードの物理が分かっていない可能性大です。教官にも一緒に見て貰って、どこまで単純化するか相談すべきかも知れません。(授業料を払ってるんですから、教官を使うのに遠慮は要りません。)

 研究として、なるべく本物の現象に近いシミュレーションを目指すというのなら、これは数値物理学の研究ですね。つまり実際に条件がコントロールされた物理実験を行って、シミュレーション結果と突き合わせるのでなくては「本物の現象に近い」かどうか実証できません。着実にやるのなら、動いている玉の回転を計測する方法も開発しなくてはならず、今から卒研としてまとめるのは実際上難しいでしょうね。ビデオカメラで簡単に測れる運動量や軌道の形などだけを測定し、回転については理論的に扱うに留めて、結果としてシミュレーションが実験と合うかどうかを検討するという位がせいぜいでしょうか。それでも玉を撞く「マシン」を作らなくちゃいけないことに変わりはありませんが、取りあえず寺の鐘を撞く撞木のような簡単な装置でも事は足りるかもしれません。(いや、キューの先端の形状、チョークの付け方など、コントロールが難しい要因はまだまだあるなあ…どうしましょう?)
 この線で進めるなら、少なくとも、対象とする現象をもっと絞るべきです。例えばクッションや的玉の話はなしにして、スピンの付いた手玉の動きだけを徹底追及する。一番基本的な物理現象のモデルに注力するんです。ここが出来ていないと全て砂上の楼閣ですからね。

 これをやらないのなら、単に易しい「プログラミング演習」をするに過ぎないわけで、だったらモデルはテキトーで良いということになりますし、(GUIを除けば)1週間もあれば完成するでしょう。複雑な摩擦を無視するなら、ビリヤードと言わずエア・ホッケーゲームぐらいにしておくべきかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。アドバイスいただいたことをもとに、さらに指導教官と話し合っていきたいと思います。それにしても、ビリヤードってすごいスポーツなんですね。玉を突く場所によって動きも違ってくるんですね。もっともっと勉強すべきです!頑張ります!ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/28 15:45

お答えはできませんが、興味深いのでコメントさせて下さい。



stomachmanさんのおっしゃることは誠にもっともで、まさに正論と思います。
しかし、もう少し簡単なアプローチ法もほしいところです。
特に、
> 複数の的玉が接触して並んでいる所に手玉を当てた場合、これら一群の玉の
> 中を通過する音波(粗密波)の干渉によって、どの玉にどれだけのエネルギ
> ーが与えられるかが決まります。くっつけて一列に並べた的玉の端に、列の
> 軸上から手玉を当てたとき、的玉の一番遠いものだけが動く、という現象は
> 粗密波の伝播で説明される典型的ケースです。

の話は、時々書物でも見かけますが、何か大げさすぎるような気がしています。

こんな風に考えられないでしょうか。玉をくっつけるのではなく、わずかに離しておきます。手玉が最初に衝突するのも、ぎりぎり、どれか一個となるように、条件を加減します。これなら、第一近似としては、ご質問者がやられている完全弾性衝突モデルで扱えます。こうしておいて、玉を近づけていき、くっついたときの極限を探るのです。複数の玉があれば、近づけ方はいろいろあるでしょうが、もし、どの場合もある一つの衝突後の運動状態に漸近するなら、それが、くっつけて置いたときに実現する運動で、これが「粗密波の干渉」で考えたモデルにも一致する、、ように予想します。直感なので、あまり自信はありません。(乞ご批判)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。あまりにも広く考えていて、もっと的を絞るべきだと反省しています。 
hagiwara.mさんのアドバイスのように球を少し離して考えてみようと思います。物理を専門に学んだことはないのですが、本当に奥が深いんですねー!!もっと色々なことを考慮してより正確なシミュレーションにしたいです.....頑張ります!       

お礼日時:2001/11/28 15:10

> 玉突きをシミュレートする


ことそのものを目的となさっているとはちょっと思えません。なぜなら
> はねかえり係数=1
と仮定していらっしゃるからです。

玉突きをそれらしくシミュレートするならば、少なくとも以下の要因を考慮する必要があると思います。

●手玉を撞いた直後
 玉をキューで突く時の撞点の選び方によって、玉に回転が掛けられます。横方向の回転(回転軸が鉛直)と縦方向の回転(回転軸が水平)とに分解できます。玉と台とは点接触しているわけではなく、ラシャがへこむことによって小さいながら面で接触しています。
 縦方向の回転だけを考えても、玉は(特別な場合を除いて)ラシャの上で滑って移動し、いずれ滑らなくなる(ころがり摩擦)まで、滑る間に動摩擦でラシャから角運動量を与えられます。この手玉が他の玉に正面衝突した場合、ほぼ瞬間的に速度は0になり、従ってその場で回転している状態になる。そしてラシャとの摩擦によって再び走り出します。押し玉(順回転、あるいは単に転がした場合)・引き玉(バックスピンを与えた場合)というのがこれです。
 横方向の回転は玉の軌道をカーブさせます。特にマッセと言われるテクニックでは、キューを立ててほぼ真上から撞くことによって、玉の運動量をごく小さくしつつ横方向の回転を大きくすることで、極度に曲がった軌道を走らせることができます。
 さらに、撞点の選び方と強さによっては、玉を飛ばすことができます。この場合、玉はラシャから離れてるため直線的に飛び、回転も変化しません。ラシャ面に落ちると、回転が摩擦によって変化し、また弾んで飛び上がります。いずれこの運動は収束して転がる状態に変化します。
飛んでいるの手玉が的玉に正面衝突すると、的玉の上方にぶつかる。そして跳ね返り、高く飛び上がります。
●的玉とのインタラクション
 手玉の回転は的玉の運動量および回転にも影響を与えます。手玉と的玉が接触している僅かな時間に、回転が摩擦で伝達されるのでしょう。的玉が転がることによって、ラシャとの摩擦により、当然「押玉」と同様の順回転が発生します。これは運動エネルギーを回転に費やすことになる。
勿論反発係数が1ということはありません。音が出ますからね。
●クッションとのインタラクション
クッションは単純な形状をしていませんので、ぶつかる運動量によって変形の仕方が違い、従って効果も異なってきます。
クッションにぶつかっている間に、玉の回転とクッションとの摩擦が生じ、これが玉の跳ね返る方向に影響を与えます。特に横回転によって向きがかなり変えられます。極度に強い順回転ですと、クッションをよじ登って台から飛び出すこともあります。さらに玉が飛んでいる場合も考慮しなくてはなりませんね。
 玉の回転そのものはほぼそのまま維持されているわけですから、ぶつかる前までは例えば順回転していた玉でも、ぶつかった後は(運動の方向が変わるために)逆回転+横回転という状態に変化します。
 ポケットがあるビリヤードはかなり複雑です。ポケットの周囲のクッションの性質は他の部分とは違っているからです。

 以上は玉の変形、キューとのインタラクション、クッションの変形の詳細などについてまでシミュレーションを考えてはいない。たとえば、複数の的玉が接触して並んでいる所に手玉を当てた場合、これら一群の玉の中を通過する音波(粗密波)の干渉によって、どの玉にどれだけのエネルギーが与えられるかが決まります。くっつけて一列に並べた的玉の端に、列の軸上から手玉を当てたとき、的玉の一番遠いものだけが動く、という現象は粗密波の伝播で説明される典型的ケースです。

 ですから、ホントは何をやりたいの?ということをはっきりさせ、どこまでモデル化し、どこは理想化するかを切り分けないと話にならないと思いますよ。

この回答への補足

玉の衝突について、球一対一の衝突の現時点までにわかっている、運動方程式は以下の通りです。   もしよかったら、一対三の衝突(この三つの球は正三角状に並べられており、跳ね返り係数は1です)を教えてください。
  


1、衝突の原理

衝突前の2つの球の速度
赤玉の速度v1
白玉の速度v2=0 (止まっているから)


衝突後の2つの球の速度
赤玉の速度v1
白玉の速度v2



衝突したかどうかの判定
球の半径をr1,r2 各々の球の中心をo1,o2 微小量をεとする。
このとき
r1+r2-ε<o1o2<r1+r2+ε
の条件をみたせば衝突したことになる。



運動量保存の法則
運動量保存の法則;衝突前の2物体の運動量ベクトルの和は衝突後の2物体の運動量ベクトルに和に等しい。


衝突直前、赤玉の中心と白玉との接点とを結んだ方向をn方向、n方向に垂直な方向をt方向とする。運動量ベクトルをn方向とt方向に分けて考える。赤玉の衝突後の速度をv1’とする。白玉は衝突後、n方向にのみ動いていく。白玉の衝突後の速度をv2’とする。
 
運動量保存則は各成分ごとに成り立っているから、
  n方向
     m1v1 cosα =m1 v1n’+m2 v2n’    ―(1)
t方向
     m1v1 sinα =m2 v1t’     ―(2)
v2t ‘=0 (白玉は衝突後n方向にしか動かない)       ―(3)

跳ね返り係数
     -e=(v1n’-v2n ‘)÷(v1 cosα)    ―(4)


e=1、m1 =m2 (2つの球の重さは等しい)として、
v1t’ 、v2t’、v1n’、v2n’ を求める。

式(1)より
v1 cosα =v1n’+ v2n’     ―(5)
式(2)より
  v1 sinα =v1t’       ―(6)
式(3)より
  v2t ‘=0
式(4)より
  -v1 cosα=v1n’-v2n ‘ ―(7)
式(5)+(7)より
  2v1n’ =0     ∴v1n’ =0 ―(8)
式(8)を(5)に代入
  v2n ‘= v1 cosα ―(9)



以上よりまとめると
   v1n’ =0
v2n‘= v1 cosα
v1t’ =v1 sinα
v2t ‘=0
      

補足日時:2001/11/28 10:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。そんなに詳しく考えなくてはいけないことを知り、びっくりしました。   私は情報電子工学を学んでいる学生で、プログラミングについての知識はある程度はあるのですが、物理に関しては、高校程度の知識しかなく、困っていました。玉突きのシミューレートのプログラム開発は卒研でやっています。論文締め切りまでの残りの時間、可能な限り実際の現象に近いシミュレートができるよう、頑張っていきます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/28 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽自動車の中で衝突安全性能のベスト3は?

軽自動車の中で衝突安全性能のベスト3の車種は?なんでしょうか?

側面衝突実験や、フルラップ衝突テストや、オフセット衝突テストや、リア衝突実験など、色んな衝突テストがありますが、一番生存確率の高くて、尚且つ怪我後遺障害の起こりにくい軽自動車は何でしょうか?。そして2番、3番はいかがな車種でしょうか?

また、各社各車、どんな安全技術や安全のための具体的構造やアイデアを取り入れているか?や、このような装備やシステムは、有効に作用するなどの意見を教えてください。

Aベストアンサー

動画で衝突実験を見ることが出来ます。

参考URL:http://cafe.cdn-japan.com/carclash/

Q跳ね返り係数を用いた衝突後の時間

高さh 質量mの小球を静かに離した。h,m,g,e (eは0<e<1)で空気抵抗はないとする

それで問題に入ります。

問1 床に衝突する直前の速さv_0と衝突するまでの時間t_0を求めよ

これは エネルギー保存則を使って
mgh = 1/2 mv_0 よってv_0 = √2gh

時間は等加速度運動より、h = 1/2gt_0^2
よって
t_0 = √2h/g

と出してみました。

問2 床に衝突して鉛直上向きに跳ね返った。この時、衝突後のv_1とこの後、2回目に衝突するまでのt_1を求めよ

で前者の問題は
跳ね返り係数から e = v_1/v_0 からv_1=v_0e
よって
v_1 = e√2gh

と出しましたが次の最後のt1の求め方がまったくわかりません。

解答では-v_1 = v_1-gt_1によりという説明でいきなり答えが出ていたのですがこの式の意味がわかりません。

丁寧に教えてもらえますか。それと上記の問題で解答が間違っていたら指摘して下さい。

Aベストアンサー

>-v_1 = v_1-gt_1

 これは、落ちてきた小球が床で跳ね返る時刻を0として、初速v_1で跳ね返り、t_1秒後に落ちて来たときの速度を表しています。上方向を正としています。

 右辺が初速v_1から、下向きの加速度gがt_1秒間働きますから、v_1-gt_1です。左辺は、再び落下してきて二度目の床への衝突直前の速度です。空気抵抗がないことから力学的エネルギーが失われず、速さは跳ね返るときと同じで、向きが下向きであるのえ-v_1です。

 それでも解けますし、別の解法としては最初に上から落としたときと同じやり方でもよいです。空気抵抗がないことから、上から落とすのと、そこまで投げ上げるのは全く対称的な動きになります(具体的には時間を反転すればよい)。

 つまり、投げ上げて落ちてくるまでの時間は、最も高く上がった位置から落としたときの2倍の時間でいいのです。単に落としたときの求め方は、もう解いておられます。それと同じ要領でやり(上がる高さをh_2として、それをv_1で表して解いて行けばOK)、その2倍の時間とすればOKです。

 模範解答の方が早いかもしれませんが、それを思いつかない場合でも、既に分かっていることと似ていないか、同じ形の式が使えないか考えると、解けることも多いですよ。

>-v_1 = v_1-gt_1

 これは、落ちてきた小球が床で跳ね返る時刻を0として、初速v_1で跳ね返り、t_1秒後に落ちて来たときの速度を表しています。上方向を正としています。

 右辺が初速v_1から、下向きの加速度gがt_1秒間働きますから、v_1-gt_1です。左辺は、再び落下してきて二度目の床への衝突直前の速度です。空気抵抗がないことから力学的エネルギーが失われず、速さは跳ね返るときと同じで、向きが下向きであるのえ-v_1です。

 それでも解けますし、別の解法としては最初に上から落としたときと同じやり...続きを読む

Q古い車や修理した車の安全性(事故等の衝突安全性)はどうなりますか?

10年以上(~20年)経った車や事故修理した車の安全性(事故等の衝突安全性)は、その車の新車時の安全性を確保できているのでしょうか?

(問1) 古い車ですと経年劣化で錆の発生や車体剛性の不足などが考えられますが、初期の衝突安全性は損なわれますか?また、エアバックは正しく開きますか?

(問2) 事故修理(板金等)した車のそれも、衝突安全性は損なわれますか?また、エアバックは正しく開きますか?

(問3)車の整備マニュアルを読んでみたのですが、定期交換部品の品目に、シートベルトやエアバックは載っていなかったのですが、10年・20年程度では問題のないものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

(1)について
劣化しているでしょう。通常のご使用でも落ちていきます。事故の場合はかなりの、力が加わりますので激しく劣化してもおかしくありません。
>車体剛性の不足
については、メーカーも考えているでしょうから、直ちに不足という事はないと思いますが。新車時と比べれば落ちて事には間違いありません。
>エアバックは正しく開きますか?
開かないと意味の無い装備ですから。

(2)について
事故修理(板金等)した車のそれも、衝突安全性は損なわれますか?
事故次第です。ちょっとこすったり、当てたりでしたらほとんど影響ないでしょう。強く打った場合は影響あるでしょう。エアバックは(1)と同じです。

(3)について
シートベルトは、キズや擦り傷があれば交換した方が良いでしょう。エアバックは定期的に替えなければならないものではありません。使ってしまえば高官ですが。交換時期はディラーかメーカーにお問い合わせ下さい。

Qはねかえり高さと、はねかえり係数を教えてください。

3tの鉄の台がばね定数0.72MN/mの4本のばねで支えられている。500kgのおもりを高さ0.48mから落としたとき、台の変位は平衡状態から20mmであった。おもりのはねかえり高さと、はねかえり係数を求める途中式を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
>つり合い位置のずれによる弾性エネルギーの差は,重力による位置エネルギーの差によって相殺されます。

そうですね。
私の早とちりでした。

申し訳ありません。

Q衝突安全性に優れた車メーカーはどこでしょう

衝突安全性は各社力をいれていると思いますが、今のところ進んだ衝突安全性を実現しているのはどこのメーカーでしょうか?やはり財力のあるトヨタ自動車でしょうか?三菱あたりも力をいれているような気がしますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

車の大きさも関与してくるので、どれくらいのサイズで比較されるかでも変わってしまい、
一概には言えないかと思います(軽と3ナンバーセダンを比較しても無理があります)。
また、車体側の安全性をいくら上げても、シートベルトをクリップで留めて緩めていたり・
ヘッドレストの高さが正しくない(あるいはヘッドレスト自体を取り外している)・シート
を倒し過ぎたり深く腰掛けていないといったユーザーが誤った使い方をしていては、いかに
安全な車であっても事故の時には安全装備の効果が活かせないだけでなく・逆に凶器になって
しまう恐れもあります。正しい着座姿勢と正しいシートベルト着用が安全の大前提です。

Q平面上の二球衝突とはねかえり係数・非弾性衝突

ビリヤードでの二球衝突を簡素化して考えています。

【条件】
摩擦は一切なし。
非弾性衝突(はねかえり係数e)
ボールは剛体、大きさを持つ。
正面衝突ではない。


この時はねかえり係数を考えるのは二球の中心どうしを
結んだ方向だけで良いのでしょうか?
それとも二球衝突時の接線方向へもはねかえり係数を考
えなくてはいけないのでしょうか?
それとも分解する事ではなく相対速度を考えて
e=-|v1'↑ - v2'↑|/|v1↑ - v2↑|
のようにするのでしょうか?

高校の教科書を参考にしたのですが、はねかえり係数が
正面衝突についてだけしか定義されておらずわかりませ
んでした。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

運動方程式 ma↑ = F↑ を成分ごとに見ると,
力がかかってない方向には加速度が生じないことがわかります.

今の設定の場合,衝突の際に二球に働く力は
お互いに働く撃力のみです.

したがって,二球の中心どうしを結んだ方向にのみ力が働いているので,
速度の変化が生じるのもこの方向のみとなり,
はねかえり係数もこの方向のみ考えればよいことがわかります.

Q燃料電池車の衝突時に於ける安全性

燃料電池車では水素タンクを搭載していますが、万が一もし衝突して水素タンクが潰れてしまうなどということはないのでしょうか。交通事故時などに於ける爆発の心配はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。また来ました。m(__)m
よく考えるといい点ばっかり目に付きますが、悪い点もあれば上げておかなければ不公平と思い、また来ました。

但し、これは水素タンクの種類によって大きく異なります。

まず、水素ボンベを積んでいる場合ですが、かなり高圧のボンベを使うことになると思います。
この場合、全壊したらそれだけでかなりの破壊力を生じるでしょう。
例えば、現在使われてる溶接などの水素ボンベの口金部分を破壊するとあの重いボンベがロケットのように飛んでいってしまいます。

次に液体水素を使用した場合は、液体水素が流出します。
これは極低温ですから火災とはまったく別な危険があります。
つまり触れたら即座に凍ってしまいます。
気化するまでにそれほど長い時間はかからないでしょうが、あたり一面火の海ではなく、あたり一面が冷凍になってしまいます。そこに人間がいる場合はまともに浴びれば即死という事もありえます。

次にメタルハイドライド(水素吸蔵合金)などの場合は、徐々に水素が放出されるので、非常に安全と考えられます。
但し、実際運転中は、この合金は水素を放出するために数百度程度に加熱されてるので、触るとやけどすると思います。

こんにちは。また来ました。m(__)m
よく考えるといい点ばっかり目に付きますが、悪い点もあれば上げておかなければ不公平と思い、また来ました。

但し、これは水素タンクの種類によって大きく異なります。

まず、水素ボンベを積んでいる場合ですが、かなり高圧のボンベを使うことになると思います。
この場合、全壊したらそれだけでかなりの破壊力を生じるでしょう。
例えば、現在使われてる溶接などの水素ボンベの口金部分を破壊するとあの重いボンベがロケットのように飛んでいってしまいます。

次...続きを読む

Q半径1mの導体球Aと半径2mの導体球Bが100mの間隔で置いてある。

半径1mの導体球Aと半径2mの導体球Bが100mの間隔で置いてある。
電位がそれぞれ10V、20Vであるときの相互の反発力の大きさを求めよ。
解:4.4×10^(-12)[N]

さっぱり分からないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

V=kQ/r, F=kQ^2/R^2

Q1=r1V1/k
Q2=r2V2/k

F=kQ1Q2/R^2
=k(r1V1/k)(r2V2/k)/R^2
=1/k*r1r2V1V2/R^2
=1/(9*10^9)*1*2*10*20/100^2
=4/9*10^-11
=4.4*10^-12N

Q衝突安全性について

ベンツのボディは丈夫であるとよく聞きますが、Eクラスとクラウンを比較したらどうなのでしょうか?
CクラスとマークXを比較したらどうなのでしょうか?
衝突安全性が高いランキングがわかるサイト等知っていり方教えてください。

Aベストアンサー

同じ物差しで比較したのは多分無いと思うので、「比較したい車A」:「比較したい車B」の時、以下のようなサイトから、

「比較したい車A」:「共通する車C」と、
「共通する車C」:「比較したい車B」とを探し出し、
「比較したい車A」:「共通する車C」(ここのレベルを":"の左右で揃える):「比較したい車B」しかないでしょうか?


http://www.euroncap.com/content/safety_ratings/introduction.php
http://www.nasva.go.jp/mamoru/index.html
http://www.safercar.gov/
http://www.nhtsa.dot.gov/portal/site/nhtsa/menuitem.4759a5f928566706e93305d546108a0c/

Q3倍の質量の鉄球との衝突

ある点から2本の同じ長さの糸を吊るし、それぞれの糸の先に鉄球をつけます。
片方の鉄球は、もう片方の鉄球の3倍の質量があります。
このとき、質量の小さいほうの鉄球をある程度まで引き上げ、
これをもう片方の鉄球に衝突させます。
このとき、それぞれの鉄球は衝突した後、
小さいほうは引き上げたときよりも上がらず、
大きいほうは停まっていた状態から少し上がった。
もう一度両方がぶつかると、小さいほうは最初に引き上げたところまで戻り、
大きいほうは停まります。
そしてこれを繰り返すのです。

さて、この実験に何の意味があるかというものなのですが、
私はもともと物理が得意でないので、答えにたどり着けません。
恐らく、何かが一致、とか、何かが半分とか、そういうものなのでしょうが、
よく分かりません。
運動量保存の法則や、跳ね返り係数などを使ってみましたが、いまいちです。

答えとまでは言いません。アドバイスだけでもいただけたら助かります。

Aベストアンサー

下記の運動エネルギーを起点にして、いろいろ調べられてはいかがでしょうか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8B%E5%8B%95%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC


人気Q&Aランキング

おすすめ情報