画家和田耕一さんの事を少しでもいいので、知っている人は教えてください!

A 回答 (1件)

答えではないですがHPで、Tシャツ売ってます。


http://www.tcc117.com/asiatown/kikanshi/hayashid …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あいさつが遅れすいません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 05:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画家とイラストレーターの違い

画家(挿絵画家等ですが・・)とイラストレーターの違いって何でしょうか?
いわさきちひろさんはイラストレーターだと思っていたんですが画家なんですよね?やっぱイラスト調に描いてる人はイラストレーターでリアルに描いてる人は画家というのでしょうか・・??

回答お願いします!!

Aベストアンサー

私が師事している画家の先生によれば(それほど先生は有名ではなく、生徒も少ないのですが)
(1)画家の絵は誰もまねのできないものであって、従って原画が極めて重要でコピー商品には意味はない
(2)イラストはコピーも比較的可能で(誰にでもまねをすれば描けるそうです)、従っていいものは原画でなくても価値がある
のだそうです。

わたしにはよくわかりません

Q私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名

私は懐に余裕が有る時にはぶらっと美術館に行って絵を眺める事も好きです。私の好きな画家は印象画家で有名なモネです。モネは蓮の絵で有名ですが蓮ばかりでなく日の出とかモネの庭の絵の方がむしろ好きです。好きな画家と絵を教えて下さい。

Aベストアンサー

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、心いくまでゆっくりと鑑賞してください、ってサービス。3日連続で入館しましたが、やっと半分くらい回れただけです。モネの絵も展示されています。

スペインのプラド美術館、ベラスケスの作品が多く、それにあの有名な着衣と裸のゴヤの2作品が並べて展示。暗い感じのばかりで、立ち止まって鑑賞することなかったです。

パリのルーブル博物館。有名なモナリザの絵があるんですが、そこだけが人盛り。あのモナリザはどの位置でもモナリザと視線が合う手法で描かれているんですが、それを確認する人はなし。モナリザの目を見ながら右に行ったり左に行ったり、目が動くのに。そのモナリザの前にも、すごく感動する絵が大量に展示されているのに、それは無視で、モナリザに急いで直行の人だらけ。作者不明の大きな絵で、その左下に白い鳩が。その鳩を見ながら歩けば、鳩も正面で動いてきます。写真撮影もOKなので、写真撮れば、どの位置でも鳩はぼやけて撮れています。

この間、バチカンのシクティーナの礼拝堂のレオナルド・ダビンチの、あの指と指がふれる直前の絵が見たくて、わだわだ行ってきましたが、騙された、って気持ち。高すぎる天井の中央にちょっこと描かれているだけ、首は痛くなるし、あまりにも距離があるのでよく見えない、と不満だけ残りました。

メキシコのフリーダ・カーロの住んでいた家。10年くらい前はがら空きで60歳以上は無料だったの、この間行ってきたら、有料になっており、ばからしくて入場しなかったです。お金払ってまで、何度も見に行く気がしないケチ爺さんになりました。

最近は、ソフィア美術館で見たシャガールの絵が楽しいな、なんて感じるようになってきています。

私は、時間の余裕だけがあって、懐に余裕がない時に、フラッと美術館・博物館や遺跡に行きます。もう、老人割引様様です。昔は、小・中学校の美術の教科書に掲載されている絵や彫刻の実物を見ると感動していたんですが、最近は、パッと一目見て、気に行ったいらなかったで、展示物の前を素通りか、ゆっくり時間をかけての鑑賞になってきています。

アメリカの首都のワシントンDCの美術館、それこそ教科書に掲載されて絵だらけ、入場者もほとんどいない、しかも無料。しかも、著名な絵画の前にはベンチも設置で、...続きを読む

Q法廷画家について

日本にいる法廷画家の数や、
有名な法廷画家の名前や、その経歴、
また、法廷画家の収入やその仕事内容、仕事の需要、生活ぶりなど、
なんでもいいので法廷画家についてご存知の方は教えてください。

また、法廷画家にはどうすればなれるのでしょうか?どこかで研修するところや専門にしている学校はありますか?

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「法廷画家」の単語で検索しヒットした記事ですが…

「新聞・テレビでよく見る「法廷画」は誰が描いているのか」
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091116396784.html

専門に勉強とかでなく、取材社に出入りしている絵の描ける人が
便利に使われて描き始めるみたいです。

Q画家、樋口一郎の功績を知ることの出来るサイトは?

画家、樋口一郎の功績を知りたいのですが、調べることが出来るサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

倉敷出身の画家の方ですよね。あまり詳細なことまでは出ていませんが、下記URLはご覧になりましたでしょうか?もし、チェック済みならごめんなさい。

参考URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kcam/collection/artist_list/48.html#top

Qデッサンができない画家?

こんにちわ。

」デッサンができない画家はたくさんいる」 と言った方がいました。岡田尚子さんという画家です。

どうなんでしょう。本当に、デッサンができない画家なんているんでしょうか・・。

デッサンができないのに画家になれるんでしょうか・・

ということは、才能だけで絵を描いているということですよね

誰か教えてください・・

Aベストアンサー

デッサンできない画家は結構います。
私はデッサンは一応できますが、出展もしていないし売り出してもいないので画家では有りません。

デッサンが出来なくても絵を描いて出展したり売り出せば誰だって「画家」なのです。
たとえ認められなくて売れなくても「画家」なのです。

画家になるには資格は特に要りません。

デッサンが出来ようが出来なかろうが認められた「画家」になるにはやはり才能と運ですね。

前の質問に挙げられたジミー大西さんやたいぞうさんも画家として認められたきっかけは芸能人であるからこそで、才能だけではありません。
ジミーさんはたまたまTV番組の企画で著名な抽象画家に認められたからで、もし芸能人でなくてそういったTV番組にも縁が無かったら、こんなに有名になってはいません。
だいぞうさんも無名芸人でしたら画家としても認められないでしょう。

Qヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。

ヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。
ある画家を調べていたら、ヨーゼフグラッシという画家を師事していた。と載っていたのですが、ヨーゼフグラッシについて調べても日本の文献にはほとんど載っていませんでした。どなたか、この画家について知っている方がいましたらおしえてください。おねがいします。なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。絵画に詳しい方ぜひ教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Elena_Pavlovna_of_Russia.jpg

とか

ルイーゼ・フォン・プロイセン
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Luise_Joseph_Grassi_1802_min.jpg

の方が有名な気がします。

この程度はご存知なのかも知れませんが、これ以上ご存知であれば、日本では「グラッシ博士」と呼べるのではないかとw

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wik...続きを読む

Qどんな経緯で画家になるのか(経緯というか理由付け)それと20代から絵を描き始めて画家になった人いるのかな?

(それまでまったく描かなかった人も含む)いきなり画家になりたいと思って絵を学び 描き始めてプロの画家(絵を売って収入を得ている人)になれた人はいますか?
(もともと絵を描くのが好きで)描き続けて学び続けてプロの画家になれた人しかいないですよね?

プロの画家っていうと私が指しているのは、藤田理麻さんや松井冬子さんのような画家です。
理麻さんは米美大卒、松井さんは博士号?を取った方ですよね。

20代から絵を始めて上のお二人級の画家になった方はいますか?
パステルでも日本画でもそういうのは問いません
いたらお名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

私の場合は突然の変身でしたので、返信します。
絵とは全く関係のない人生でしたが、50才から突然はじめて、第1作は
HPの「雪解け水」50号(製作期間6年間)です。独学です。
自慢の実績はグラフィック社出版の「鉛筆画スペシャル」に最優秀作品として「あじさい」が表紙に抜擢された事です。 最近の作業は、現在TVで宣伝・発売されている集英社出版の「巡礼地シリーズ」のヴィジュアル版に15点の作品を掲載しています。
画風は、残念ながらあなたが目指している「心象画」とは、正反対の
新古典派を目標とする「寓意を内在する写実画」です。
具体的な作品例は、下記のHPをご覧ください。

質問の趣旨が分かりませんの、取り敢えず文面上の質問にお答へしました。

念のためですが、絵を描くのに基礎から時間を掛けて学べる人たちは
幸せだと思います。そうしたくとも出来ない人たちは少なくないと思います。それでも、心を籠めて絵でメッセージを伝えようと努力すれば、
周りの、評価は自ずから得られます。
どんな画風であれ、どんな経緯で描くかは関係なく「心の創造の世界」
ですから、ご自分を真摯に見つめてがんばってください。

参考URL:http://enpitushajituga.web.fc2.com/

私の場合は突然の変身でしたので、返信します。
絵とは全く関係のない人生でしたが、50才から突然はじめて、第1作は
HPの「雪解け水」50号(製作期間6年間)です。独学です。
自慢の実績はグラフィック社出版の「鉛筆画スペシャル」に最優秀作品として「あじさい」が表紙に抜擢された事です。 最近の作業は、現在TVで宣伝・発売されている集英社出版の「巡礼地シリーズ」のヴィジュアル版に15点の作品を掲載しています。
画風は、残念ながらあなたが目指している「心象画」とは、正反対の
新古典派を...続きを読む

Q病院で 飾られていました。この絵画の 題名と画家名を知りたいです。ご存知の方、宜しくお願いしま

病院で 飾られていました。

この絵画の 題名と画家名を知りたいです。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウラジーミル・クッシュ(Vladimir Kush) さんの
Red Wood Cuttingという作品です

http://item.rakuten.co.jp/art-hiroba/14186/

Qある天才画家の愛人(彼女)の多く自殺したという話

以前なにかのTV番組で
「天才」と呼ばれる画家の特集がされていました。
ゴッホ、ピカソ、モネ・・・・
そういう感じで世間に「天才」と認知されている画家だったと思います。

その画家の恋人(妻、愛人、恋人を含む)は
その画家の天才性について行けなかったり嫉妬などで
気が狂ったなどの理由で自殺した人が多い。
または、精神的におかしくなってしまった人が多い。
と説明されていたのを覚えています。

つまり、その天才画家の影響で悲劇の最期を遂げた女性が多いという話だったのですが
その画家が誰だったのか思い出せません。

興味があるので調べてみたいのですが
何かお心当たりの在る方、情報をお願い致します。

Aベストアンサー

ピカソです。
NHKで放送された "BSスペシャル「天才画家の肖像・ピカソ・女たちが語る素顔」"じゃないですか?(私は9/6NHK総合で見ました)

Q画家さんの版画についてアレコレ・・・

今日ある会社の絵画展示会に行ってまいりました。
販売も兼ねた展示会に足を運んだのは初めてでして、
今日たくさんのことを知りました。

スタッフさんの仰っていた事をこちらで改めて確認したい気持ちがありまして質問させていただきます。

(1) 販売されているのはもちろん版画であった訳ですが、
それは原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。

(2) 一般的にいかにして複製(版画)を作成しているのか。
調べたのですがイマイチ良く分かりません。

(3) 原画でないという事は、買われる方はサインとシリアルナンバーに価値を置いているのでしょうか。

こういった個人の価値観によって様々な解釈・判断ができてしまう「絵」の世界は自分がどこに重点を置くかによって1つの絵画に出せる金額もほんと変わってしまうので、みなさんのご意見もお聞きしたいと思います。
私は1枚の絵を高いお金出して買うより、その画家さんの画集を買う方のタイプです。
お金がないだけなんですけどね・・・。
だからそれなりのお金を出して版画を買う方の気持ちが知りたいと言いますか。
素人意見なんですが。

よろしくお願い致します。

今日ある会社の絵画展示会に行ってまいりました。
販売も兼ねた展示会に足を運んだのは初めてでして、
今日たくさんのことを知りました。

スタッフさんの仰っていた事をこちらで改めて確認したい気持ちがありまして質問させていただきます。

(1) 販売されているのはもちろん版画であった訳ですが、
それは原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。

(2) 一般的にいかにして複製(版画)を作成しているのか。
調べたのですがイマイチ良く分かりません。
...続きを読む

Aベストアンサー

自分は画家ですが、
<<原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。>>という発想をする事はまずないと思います。
原画が色褪せる事があっても、それはそれでいいです。その絵こそが「絵」ですから。
作品の魂は「その絵」にのみです。
ちなみに、版画とはシルクスクリーンであったり、石版画であったりが、絵画の複製としての版画には多く使われていますが、画集などの「印刷本」も当然版画の一種です。
ただ作家には当然「版画家」もいる訳で、版画を主として原画は「した図」としか見ないという場合もあります。
ただ今回の場合は前者の場合(絵(ペインテイング)を描く作家が石版やシルクスクリーンで複製のようなものを作る場合だと限って話しさせていただきますと、まず、ほとんどが、業者による依頼であったり、自らの金もうけであったりが目的だと思います。

多くは、シルクスクリーンという技法で版画を作りますが、業者が作家の所、あるいは、権利を持っている人との交渉に行き「シルクスクリーンという版画であなたの絵を印刷(版画)させてください、というような内容と金額交渉をし、原画、あるいは原画の写真等を業者の契約している版画(印刷)制作工房に持って行き版画(シルクスクリーン)にさせて、後日その
版画(印刷物)を作家が存命のひとであれば、その当人のところへ持って行き(あるいは来てもらい)
限定枚数を確認して限定版号とサインを入れてもらい
それを販売するわけですが。

それでも、安価だから買いたいと思う人が買う。
という「金」の問題ですね。
*ただしこの場合、かなり原画に厳密に制作している場合のものもあるんですよ、それは原画は買えないが
どうしても、そばに置いて勉強したいとか、
原画は買えないが、好きで好きで仕方ないひとの場合、「他者に値うちがあるかどうか」には関係なく、そばに置きたいと、、僕なんかはそう思って買ったりしますが、粗悪な商売人が安易に作ったものなどは、
作家にとっても胃が痛むものであります。
しかし背に腹はかえられない場合、あるいは、当人の死後、その後の複製などの権利を持っている者などの銭儲けで作られた場合など、さまざまな背景があります。
制作する側の作家が油絵、水彩、日本画等のペインテイングの場合はたいていが「この一枚!」に魂を込めてます。
買う方は、その絵、あるいは版画を「好き」かどうかです。
「値うちがあるかどうか」は投機の為の目的であり、
それについてはよく考え,,,,,,,
、、たくもありません。(^.^;)

*版画家の版画はあくまでも版画こそが作品ですし、上記の限りではありません。また上記以外の例外も、ある事はあると思います。

自分は画家ですが、
<<原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。>>という発想をする事はまずないと思います。
原画が色褪せる事があっても、それはそれでいいです。その絵こそが「絵」ですから。
作品の魂は「その絵」にのみです。
ちなみに、版画とはシルクスクリーンであったり、石版画であったりが、絵画の複製としての版画には多く使われていますが、画集などの「印刷本」も当然版画の一種です。
ただ作家には当然「版画家」もいる訳で、版画を主として原画...続きを読む


人気Q&Aランキング