画家和田耕一さんの事を少しでもいいので、知っている人は教えてください!

A 回答 (1件)

答えではないですがHPで、Tシャツ売ってます。


http://www.tcc117.com/asiatown/kikanshi/hayashid …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あいさつが遅れすいません。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/06 05:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q画家、樋口一郎の功績を知ることの出来るサイトは?

画家、樋口一郎の功績を知りたいのですが、調べることが出来るサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

倉敷出身の画家の方ですよね。あまり詳細なことまでは出ていませんが、下記URLはご覧になりましたでしょうか?もし、チェック済みならごめんなさい。

参考URL:http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kcam/collection/artist_list/48.html#top

Qヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。

ヨーゼフ・グラッシという画家について知っている方おしえてください。
ある画家を調べていたら、ヨーゼフグラッシという画家を師事していた。と載っていたのですが、ヨーゼフグラッシについて調べても日本の文献にはほとんど載っていませんでした。どなたか、この画家について知っている方がいましたらおしえてください。おねがいします。なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。絵画に詳しい方ぜひ教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Elena_Pavlovna_of_Russia.jpg

とか

ルイーゼ・フォン・プロイセン
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Luise_Joseph_Grassi_1802_min.jpg

の方が有名な気がします。

この程度はご存知なのかも知れませんが、これ以上ご存知であれば、日本では「グラッシ博士」と呼べるのではないかとw

ヨーゼフ・グラッシ(1758~1838)
(ジュゼッペ・グラッシ、ヨーゼフ・マリア・グラッシ、とも)
オーストリアの画家。ウィーン生まれ。
ウィーン芸術アカデミー会員。
オーストリアの貴族階級の肖像画を多く描いている。

>なんでも「ユゼフ・アントニ・ポニャトフスキ公爵」の人物画を書いた事で有名だそうです。

これがその絵です。
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Prince_Joseph_Poniatowski_by_J%C3%B3zef_Grassi.PNG

どちらかと言えば、

エレナ・パヴロヴナ (ロシア大公妃)
http://commons.wik...続きを読む

Q病院で 飾られていました。この絵画の 題名と画家名を知りたいです。ご存知の方、宜しくお願いしま

病院で 飾られていました。

この絵画の 題名と画家名を知りたいです。
ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウラジーミル・クッシュ(Vladimir Kush) さんの
Red Wood Cuttingという作品です

http://item.rakuten.co.jp/art-hiroba/14186/

Q画家さんの版画についてアレコレ・・・

今日ある会社の絵画展示会に行ってまいりました。
販売も兼ねた展示会に足を運んだのは初めてでして、
今日たくさんのことを知りました。

スタッフさんの仰っていた事をこちらで改めて確認したい気持ちがありまして質問させていただきます。

(1) 販売されているのはもちろん版画であった訳ですが、
それは原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。

(2) 一般的にいかにして複製(版画)を作成しているのか。
調べたのですがイマイチ良く分かりません。

(3) 原画でないという事は、買われる方はサインとシリアルナンバーに価値を置いているのでしょうか。

こういった個人の価値観によって様々な解釈・判断ができてしまう「絵」の世界は自分がどこに重点を置くかによって1つの絵画に出せる金額もほんと変わってしまうので、みなさんのご意見もお聞きしたいと思います。
私は1枚の絵を高いお金出して買うより、その画家さんの画集を買う方のタイプです。
お金がないだけなんですけどね・・・。
だからそれなりのお金を出して版画を買う方の気持ちが知りたいと言いますか。
素人意見なんですが。

よろしくお願い致します。

今日ある会社の絵画展示会に行ってまいりました。
販売も兼ねた展示会に足を運んだのは初めてでして、
今日たくさんのことを知りました。

スタッフさんの仰っていた事をこちらで改めて確認したい気持ちがありまして質問させていただきます。

(1) 販売されているのはもちろん版画であった訳ですが、
それは原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。

(2) 一般的にいかにして複製(版画)を作成しているのか。
調べたのですがイマイチ良く分かりません。
...続きを読む

Aベストアンサー

自分は画家ですが、
<<原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。>>という発想をする事はまずないと思います。
原画が色褪せる事があっても、それはそれでいいです。その絵こそが「絵」ですから。
作品の魂は「その絵」にのみです。
ちなみに、版画とはシルクスクリーンであったり、石版画であったりが、絵画の複製としての版画には多く使われていますが、画集などの「印刷本」も当然版画の一種です。
ただ作家には当然「版画家」もいる訳で、版画を主として原画は「した図」としか見ないという場合もあります。
ただ今回の場合は前者の場合(絵(ペインテイング)を描く作家が石版やシルクスクリーンで複製のようなものを作る場合だと限って話しさせていただきますと、まず、ほとんどが、業者による依頼であったり、自らの金もうけであったりが目的だと思います。

多くは、シルクスクリーンという技法で版画を作りますが、業者が作家の所、あるいは、権利を持っている人との交渉に行き「シルクスクリーンという版画であなたの絵を印刷(版画)させてください、というような内容と金額交渉をし、原画、あるいは原画の写真等を業者の契約している版画(印刷)制作工房に持って行き版画(シルクスクリーン)にさせて、後日その
版画(印刷物)を作家が存命のひとであれば、その当人のところへ持って行き(あるいは来てもらい)
限定枚数を確認して限定版号とサインを入れてもらい
それを販売するわけですが。

それでも、安価だから買いたいと思う人が買う。
という「金」の問題ですね。
*ただしこの場合、かなり原画に厳密に制作している場合のものもあるんですよ、それは原画は買えないが
どうしても、そばに置いて勉強したいとか、
原画は買えないが、好きで好きで仕方ないひとの場合、「他者に値うちがあるかどうか」には関係なく、そばに置きたいと、、僕なんかはそう思って買ったりしますが、粗悪な商売人が安易に作ったものなどは、
作家にとっても胃が痛むものであります。
しかし背に腹はかえられない場合、あるいは、当人の死後、その後の複製などの権利を持っている者などの銭儲けで作られた場合など、さまざまな背景があります。
制作する側の作家が油絵、水彩、日本画等のペインテイングの場合はたいていが「この一枚!」に魂を込めてます。
買う方は、その絵、あるいは版画を「好き」かどうかです。
「値うちがあるかどうか」は投機の為の目的であり、
それについてはよく考え,,,,,,,
、、たくもありません。(^.^;)

*版画家の版画はあくまでも版画こそが作品ですし、上記の限りではありません。また上記以外の例外も、ある事はあると思います。

自分は画家ですが、
<<原画の発色などを落とさないために最近の画家さんは自ら望んで版画の作成を望んでいる。>>という発想をする事はまずないと思います。
原画が色褪せる事があっても、それはそれでいいです。その絵こそが「絵」ですから。
作品の魂は「その絵」にのみです。
ちなみに、版画とはシルクスクリーンであったり、石版画であったりが、絵画の複製としての版画には多く使われていますが、画集などの「印刷本」も当然版画の一種です。
ただ作家には当然「版画家」もいる訳で、版画を主として原画...続きを読む

Qエドゥアルド ナランホ という画家さんについて

『スペイン美術は,いま… マドリード・リアリズムの輝き』日本橋高島屋,他,1991
という展覧会で見たんですが、最終日だったので、カタログなかったんです。
プロフィールや作品の展示されている場所、関連書籍等の情報を
ご存知の方がいらっしゃったら教えていただけると嬉しいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく、スペイン語のスペルが「Eduardo Naranjo」だとあたりをつけて、検索した結果、作品が多数載っているサイトを2つみつけましたので、取り急ぎお知らせします。

http://www.sapiens.ya.com/artelibre1/NARANJO/naranjo.htm

http://pintorex.8m.com/expo.html

プロフィールが
http://pintorex.8m.com/naranjo.htmlにスペイン語で載っていますが、スペイン語は読めますか?
私もちょっとスペイン語をかじったことがあって、1944年スペインのバダホス県のモネステリオという町で生まれて、1957年にエドゥアルド・アコスタに師事し、1960年にハンガリーのに留学。というところまで理解できたのですが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報