ニュースを見ていたら弾劾裁判が行われたと言っていましたが、弾劾裁判ってなんだろう?と気になってしまいました。ご存知の方教えてください。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

弾劾裁判とは重大な非違のある裁判官を罷免するために行われる特別な裁判です(憲法64条を参照)


 
 弾劾による罷免の理由としては以下の二つがあります。
(1)職務上の義務に著しく違反しまたは職務を甚だしく怠っ た時。
(2)その他職務の内外を問わず、裁判官としての威信を著し く失うべき非行があった時。
        *裁判官弾劾法20条

 弾劾裁判所は各議員においてその議員の中から選挙された各7人の裁判員で組織されます(国会法125条、裁判官弾劾法16条)。

 要するに悪いことをした裁判官を裁判するのが弾劾裁判ですね。通常、裁判官というものは手厚くその身分が保証されているものです。そうでないと司法権の独立が保てません。この弾劾裁判は憲法(64条)が認めた例外なのです。

 今回の弾劾裁判によって村木判事は罷免されることになりました。携帯電話の伝言サービスなどで知り合った当時14―16歳の少女3人に現金を渡してわいせつ行為をし、裁判官としての威信を著しく損ねた、というのが理由です。止む無しという気がしますね。

 因みに弾劾裁判で裁判官が罷免されるのは20年ぶり、1947年の制度発足以来、5人目だそうです。

*憲法64条
「(1)国会は、罷免の訴追を受けた裁判官をするため、両議  院の議員で組織された弾劾裁判所を設ける。
 (2)弾劾に関する事項は、法律でこれを定める。」
    • good
    • 23
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。裁判官への裁判にこんな方法があるなんて今まで知りませんでした。

お礼日時:2001/11/29 01:08

簡単に言うと裁判官を裁く裁判です。



参考URL:http://www.sangiin.go.jp/japanese/guide/aramasi/ …
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/29 01:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弾劾裁判所

とある問題集の解説に、「弾劾裁判所は特別裁判所である」という記述がありました。

ですが、憲法76条第2項には「特別裁判所は、これを設置することができない」と記載されています。

この解説に書かれている内容は間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

裁判官弾劾裁判所とは?
http://www.dangai.go.jp/

Q共有名義の土地の裁判について(ご存知の方、お願いします)

以前に私が体験した裁判のことで、未だに疑問に思うことがあるので、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

20年ほど前に母の死亡により土地を相続しました。3人兄弟の共有
名義での相続でした。持分は3分の1ずつです。

数年前に父よりその土地を父の名義にして欲しいとの依頼があり、私
たちは快諾しました。しかし父は兄弟のうちの1人に嫌がらせをした
くて仕方ない状況だった為、土地の返還請求の裁判を起こしました。
(勿論、裁判になるような状況ではありませんので、父方の弁護士と
お会いし、名義変更をして訴えを取り下げて頂きました。弁護士は聞
いている話と違うと言って困惑なさってましたが・・・)

問題の土地は相続で頂いたもの、自分で稼いだものではありませんので、
特に不満はありません。でも標的にしたい1人だけを訴えるという方法
は、共有名義の土地だと出来ないのでしょうか?名義人全員を訴えるし
か方法がなかったのでしょうか?

親が子供を訴える?!と驚かれると思いますが、かなり問題のある家庭
の為、お恥ずかしい限りです。どうかおわかりになる方、よろしくお願
いします。

以前に私が体験した裁判のことで、未だに疑問に思うことがあるので、
ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

20年ほど前に母の死亡により土地を相続しました。3人兄弟の共有
名義での相続でした。持分は3分の1ずつです。

数年前に父よりその土地を父の名義にして欲しいとの依頼があり、私
たちは快諾しました。しかし父は兄弟のうちの1人に嫌がらせをした
くて仕方ない状況だった為、土地の返還請求の裁判を起こしました。
(勿論、裁判になるような状況ではありませんので...続きを読む

Aベストアンサー

>「共有者3名の内2名は同意している。残り1名の被告××××、移転登記手続をせよ」という形での裁判は出来ないのでしょうか?

 第三者が共有者に対して訴える場合、それは固有必要的共同訴訟(共有者全員を被告としないと訴えが却下される)なのか、それとも、通常共同訴訟(共有者の一人だけ訴えても、訴えは適法であり、共同訴訟にするかどうかは原告の自由)なのか学説上争いがあります。
 判例は、基本的には通常共同訴訟の立場を取っているようです。ただし、所有権移転仮登記の仮登記権利者が、仮登記の後になされた所有権移転登記の共有者に対する抹消の訴えを必要的共同訴訟としています。(もっとも、被告である共有者の一人の控訴は適法になされたが、他の被告は控訴期間経過による控訴却下がされていたため、矛盾を回避するため必要的共同訴訟「類似必要的共同訴訟のような扱い」とするふしがあると思います。)
 通常共同訴訟という立場を取れば、御相談者がおっしゃる訴えは可能です。私見も可能とする立場です。共有者の一人に対する訴えが認容され、その判決が確定しても、他の共有者に対する債務名義がない限り、原告は所有権移転登記の単独申請は不可能されますから、他の共有者の手続保障を害することにはらなないからです。
 仮に固有必要的共同訴訟という立場を取っても、所有権移転登記(共有者全員持分全部移転登記)ではなく、X(争っていない共有者以外の共有者)持分全部移転登記を求める訴えならば、そもそも共同訴訟にはなりません。
 このように私見は可能とする立場ですが、その弁護士が共有者全員を相手に訴えをしてもおかしくはないと思います。
 そもそも、通常共同訴訟なのか固有必要的共同訴訟なのか疑義があるのですから、共有者全員を被告とすればこのような争いを回避することができます。そもそも、御相談者達が名義変更に同意しているという事実を知らなかったのですから、全員を被告とするのが普通です。

>「共有者3名の内2名は同意している。残り1名の被告××××、移転登記手続をせよ」という形での裁判は出来ないのでしょうか?

 第三者が共有者に対して訴える場合、それは固有必要的共同訴訟(共有者全員を被告としないと訴えが却下される)なのか、それとも、通常共同訴訟(共有者の一人だけ訴えても、訴えは適法であり、共同訴訟にするかどうかは原告の自由)なのか学説上争いがあります。
 判例は、基本的には通常共同訴訟の立場を取っているようです。ただし、所有権移転仮登記の仮登記権利者が、仮登記の...続きを読む

Q民事調停の裁判官の弾劾方法

民事調停を行いました。
裁判官が加害者を擁護したため、不調となりました。
裁判官はこちらが非公開申請した証拠(第三者の証言)について、第三者の名前を勝手に代理人の前で言ったりなどの不当な言動がありました。また過去の判例と和解の額としては比較しても著しく低い認定額しか言ってきませんでした。しかも、当初判例の1/3程度の額しか言ってこず、あまりに安すぎると言うとすぐにコロコロ変えて少し増額してくるなどの態度が見られました。また裁判官は事件をもみ消すように故意に誘導する行為がいくつも見られました。
この裁判官を弾劾したいのですが、方法をお願いいたします。

Aベストアンサー

国民は弾劾裁判所に直接訴追することは出来ないようです。

請求は裁判官訴追委員会にしてください。訴追委員会で議決されれば弾劾裁判所に訴追されます。

ちなみに平成に入ってから訴追された(そして罷免された)のは一人だけで、それも児童買春によってだそうです。

参考URL:http://www.sotsui.go.jp/

Q本日、東京地裁で行われる裁判

「本日、東京地裁で行われる裁判」
というのを、事前にリストアップしているwebページ、または事前に知る事って不可能でしょうか?
やはり現地まで行かないとわかりませんか?

Aベストアンサー

傍聴券交付情報
http://www.courts.go.jp/search/jbsp0010?crtName=15
東京地方裁判所/東京家庭裁判所/東京簡裁以外の都内簡易裁判所の傍聴券交付情報
http://www.courts.go.jp/kengaku/tokyo.html

Q裁判が行われる場所は?

詐欺事件で今日被害届を出しました。関東のほうで数年前に別の方も同じ人物からの被害により、被害届が出されていると言う事でした。
私は九州に住んでおり、被害届も九州で出しました。このような場合、犯人が捕まって裁判となった場合は最初に被害届が出された関東での裁判となるのでしょうか?その場合九州にいる私は関東まで行かなければいけないのでしょうか?それとも全く別々の事件としてそれぞれ別々の裁判になるのでしょうか?
事件は2件とも、同じ詐欺罪です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判所の管轄は基本的に、被告が住んでいる場所の裁判所になります。
刑事訴訟の場合、犯罪が行われた場所になることもあるようです。
別々の裁判になるかどうかは、私は分からないので、ほかの方の回答を参考にしてください。
裁判の場所については、本に書いてあったので間違いは無いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報