最新閲覧日:

子供が九九を習い始めました。
夕食の時「九九は日本が始まりや」と私が言ったら嫁さんが
「ほんま?」と疑いの言葉を投げかけてきました。
私は昔、先生から聞いた記憶があるのですが、本当の「九九の起源」
を説明することが出来ません。どなたか教えていただきませんか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

ヨーロッパではじめて九九を使ったのはギリシャ人らしいです。


初めて作ったのはピタゴラスという伝説があり、ピタゴラスの表といっている所もあるそうです。
また、ヨーロッパでは1*1から始まりアインマール・アイン(1*1)というそうです。
東洋では、結構前からあり、日本では奈良時代からあったそうです。
だだし、その当時は半九九といわれるものです。
つまり、3*7=21はあるが、7*3=21はいらなかった、今の総九九よりも少なくてすんでいます。
日本で今の九九(総九九)を教えるようになったのは、大正15年です。中国で9*9から始まっていたので九九と呼ぶそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
皆さんのおかげで、九九については詳しくなりました。

お礼日時:2001/12/03 22:19

いわれている「九九」は、「にさんがろく」などと「語呂」で覚えていくものをさすのだと思います。

「三六」を「さぶろく」とか、「八八」を「はっぱ」などというのは日本だけじゃないでしょうか。

ちなみに、ヨーロッパの学校では、「九九」に相当するものは表にして教室に張ってあるそうです。だから「九九覚えのテスト」はない。

数学者・森毅さんは覚えずに「カンニングペーパー」を持っていたそうですから、九九を覚えなくても数学はできる、ということで、ヨーロッパ人はやらない。(英語でもドイツ語でも語呂が悪すぎる。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nozomi500さん ありがとうございました。
私が訊きたかったのは「ピンポーン」まさに
このことです。

お礼日時:2001/12/02 17:29

古代中国ということを聞いたことがあります。


九九、九八、九七、九六、九五、九四、九三、九ニ
八八、八七、八六、八五、八四、八三、八ニ
七七、七六、七五、七四、七三、七ニ
六六、六五、六四、六三、六ニ
五五、五四、五三、五ニ
四四、四三、四ニ
三三、三ニ
ニニ
というように九九から始まり、次の段は八八から、と、重複する組み合わせは排除したものが原形であると聞き及んでいます。ですから、九九の最後は本来はニニなんですネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
賢くなれました。嫁さんに言ってやります。
「私が悪ーございましたと・・・」

お礼日時:2001/12/02 17:20

pinhu さん、こんばんは~☆♪



下記の2つのURLは、如何でしょうか。

【九九の起源】
http://www.nhk.or.jp/denno/rekishi/d/007.html

『周髀算経』
紀元前200年頃の中国の「暦算書・天文書」だそうです。

【日 本 の 数 学】
http://www7.gateway.ne.jp/~kawase/keifu.html


ではでは☆~☆~☆        - by パピヨン -
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホームページ見ました。
大変勉強になりました。
全部覚えたらクイズ王になれたりして・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/02 17:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ