25年前に電話級資格を得、50MhzのSSBで交信を楽しんでいましたが
以来、無線から離れています。

各周波数や電波形式毎の現状(賑わいとか・・)はどうなっていますでしょうか?

A 回答 (2件)

 UHFやVHFは確かに楽しんでいる方は減りましたね。

携帯電話の影響も多少はあるかと思います。でも、私のようにロケのいい場所で開局していると、他の人への影響が少なくなって、ちょうどいいかなと思います。

 Eスポや異常伝搬が発生したときも、ロングラグチューしている人に気兼ねなくとれますし。私としては数年前にVK(オーストラリア)からの異常伝搬によって2mメイン付近で2,3分でしたが59オーバーでとれた興奮がさめやらずに、また機会がないかねらっているんですが。

 430のリピーターもめっきり静かです。広域の下の方が昔はうるさいくらいでしたが、今はあまり広域ですら使っている人は少なくなったという印象です。

 6mはFMではたまに聞こえることもあります。SSBは好きな人が、やっているという感じですね。10mは設備がないのでわかりません。

 HFは相変わらずのようです。私は15mあたりが好きで春先から夏にかけてワッチしてますが、相変わらずです。中国の局のけたたましいCQが聞こえてきたりするので、あまり減っているとは感じません。もちろん空電状況が大きな影響を与えていますが。7MHzは込んでるし、一面では恐いですのであまり行くことはありませんが、帯域幅が狭いのでたぶんあまり状況は変わっていないでしょう。各バンドのCWもみなさん盛んに楽しまれているようです。私も一応資格はあるんですが、モールスは忘れてしまいました。

 1.2Gはビームを絞ってQRP(小電力)でやっている人が多いという噂ですが、そのせいかここもひと頃より静かです。

 全体としてアマチュア無線はマニアの手に戻りつつあると感じます。一方ではメーカーや販売店は慢性的な売り上げ不振に悩んでいるのかもしれませんね。私の場合は夏の終わりには台風を警戒して、一応八木アンテナは降ろして、今はUVのシングルGP一本ですが、春先からのシーズンに備えて、周辺設備の自作とメンテに時間を当てることが多いです。
    • good
    • 0

 下記がJARLのURLですが、アマチュアに許可されている周波数と電波形式が載っています。



 25年前ですと、マニアの人が主流で、2mなどで「電話ごっこ」が流行しだした頃でしょうか。現在も基本的にはそのパターンですが、マニアの人が少なくなってきましたね。

参考URL:http://www.jarl.or.jp/Japanese/6_Hajimeyo/shikak …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマチュア局無線設備の各周波数帯ごとの指定周波数

下記資料1の中で
 3 無線設備等
  二 電気的特性
   5 空中線電力
の項目に、
     イ アマチュア局にあっては、無線設備を各周波数帯ごとの指定周波数に設定し、
       測定する。
と記載あります。

その中の各周波数帯は下記資料2に記載ある通りだと理解できますが、
”指定周波数”が判りません。
資料1に記載ある”各周波数帯ごとの指定周波数”とはどの資料を見ればよいのでしょうか?

お教え下さい。

資料1:登録検査等事業者等規則第二十条及び別表第七号第三の三(2)の規定に基づく
     登録検査等事業者等が行う点検の実施方法等及び無線設備の総合試験の具体的な
     確認の方法(平成23年6月29日総務省告示第279号)
     http://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a71ab21221.html

資料2:無線局運用規則第二百五十八条の二の規定に基づくアマチュア業務に使用する
     電波の型式及び周波数の使用区別(平成21年3月25日総務省告示第179号)
     http://www.tele.soumu.go.jp/horei/reiki_honbun/a72ab05321.html

下記資料1の中で
 3 無線設備等
  二 電気的特性
   5 空中線電力
の項目に、
     イ アマチュア局にあっては、無線設備を各周波数帯ごとの指定周波数に設定し、
       測定する。
と記載あります。

その中の各周波数帯は下記資料2に記載ある通りだと理解できますが、
”指定周波数”が判りません。
資料1に記載ある”各周波数帯ごとの指定周波数”とはどの資料を見ればよいのでしょうか?

お教え下さい。

資料1:登録検査等事業者等規則第二十条及び別表第七号第三の三(2...続きを読む

Aベストアンサー

平成二十一年三月十七日
総務省告示第百二十六号
http://www2.arib.or.jp/johomem/pdf/2009/2009_0126.pdf

Q【アマチュア無線】10MHzで「BPM」と称して発射されているのは標準電波ですか?

今は短波のJJY,WWVが無くなったのは知っています。所が10MHzを聞いていますと標準電波らしきものがあり、時々CWで「BPM」と称しています。これは何処かの国の標準電波なのでしょうか?。

Aベストアンサー

 え~と、中国のものらしいですね。  10-10

参考URL:http://homepage3.nifty.com/Ogino/bcl/bpm.htm

Q12.8MHzのクロックを10MHzにしたい

74シリーズなどを使って12.8MHzのクロックの出力を10MHzにしたいのですが、何か良案ないでしょうか?

Aベストアンサー

どう考えても、12.8・・という、端数なので、単純にはいきませんね。

一つ目の案は・・12.8MHzを25逓倍して320MHzにしたうえで、32分周するというのが、理論的には考えられますが・・アナログ高周波回路の経験値が、かなり必要と思います。

二つ目の案・・デューティー比はめちゃめちゃになってしまいますが、12.8MHzを25/32分周すると10MHzになりますので、シフトレジスタを使ってみたりしても一興、かもしれませんね。。

Q特小の周波数を含む4級トランシーバー

4級のアマチュア無線を取りたいと思っている初心者にも満たない者です。
とりあえず、トランシーバーとはどんな物かと思い、特小のトランシーバーの購入を検討して色々と調べていたのですが、特小と4級免許用ではその使用できる周波数は別と理解しました。
がネットオークションで4級免許用の5Wのトランシーバーなのですが、特小の周波数も使用できるという物が出品されていたのですが、これは4級の免許をとってから国内で使用しても良い物なのでしょうか?製品の形は国内品と似ていますが物自体は輸入品(逆輸入?)のようです。

Aベストアンサー

#2さんの補足ですが。

アマチュア無線では、使用できる無線機が決まっています。

・技術適合基準に合格した無線機
・技術適合基準に適合である認められた無線機(JARL登録機種・自作)

で問題になるって海外の無線機は、この二つに適応していないので日本国内で使うことが出来ません。

もし仮に使えるとしては無線局免許状には「無線局の目的」=アマチュア業務用「通信の相手方」=アマチュア局と定められていますので無線局の免許が必要ない特小と話せたとしても目的外通信=違法通信になります。

アマチュア無線をよく勘違いされている人がいますけど、アマチュア無線用の周波数以外では不法局となります、アマチュア無線の免許証の有無関係ありません。(むろん上級の資格を持っていても同じですけど)

現在の法律の下ではアマチュア無線機と特小を合わせた無線機には免許をおろすのは無理でしょう、自分でブロックダイヤグラムを書けるのと無線機の特性を計る測定器を持っているならば自作で通す手もありますけど、素人には無理でしょう。

それから海外向けの無線機は壊れたとしてもメーカー修理が出来ない無線機もあります、この辺を考えたら技術適合基準を取ってる無線機の方が長く使えることでしょう。

頑張って4アマ目指して下さい。

#2さんの補足ですが。

アマチュア無線では、使用できる無線機が決まっています。

・技術適合基準に合格した無線機
・技術適合基準に適合である認められた無線機(JARL登録機種・自作)

で問題になるって海外の無線機は、この二つに適応していないので日本国内で使うことが出来ません。

もし仮に使えるとしては無線局免許状には「無線局の目的」=アマチュア業務用「通信の相手方」=アマチュア局と定められていますので無線局の免許が必要ない特小と話せたとしても目的外通信=違法通信になります...続きを読む

Qアマチュア無線で520MHzから700MHzが聞けないんだけどどうして?

最近、アマチュア無線の免許を取って、やっと開局しました。でも、買った無線機(FT-60)は520MHzから700MHzまでが聞けません。壊れてるんですか?

変な感じです。教えてください!

Aベストアンサー

UHFの520~770MHzってUHF-TVですよ。
アマチュア無線はNFMなのでWFMのテレビ音声はそのままでは受信できません。
広帯域受信機はWFMを受信するために別回路をもっています。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報