海洋汚染の影響により魚介類が様々な汚染物質を体内に蓄えていると想像されます。
こないだはPCBが鯨で発見されたとかテレビで放映されてましたがどうも体が大きい魚ほど汚染物質の蓄積度が高いようです。そこまでは分かりますが、汚染された魚介類が我々の食卓に上がることはあるのでしょうか?
そもそもどのような方法により魚介類の安全性チェックが行われているのかよく分かりません。
また、養殖物には抗生物質が使われているそうですが、それらもチェックなしで販売可能なのでしょうか?どのようなチェックや基準があるか教えてください。
詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

また、また、申し訳ありません。


NO.4で的確な回答をしなくて申し訳ありません。
気になりましたのが、「今日から魚を食べたくない」とおっしゃっていたものですから、調子に乗ってしまいましたが・・・。
要するに、程度問題だと思うんです。
醤油だって1リットルも一気飲みすれば致命的でしょうし。それを、危険物だ、毒物だ、とは言わないでしょう。(笑い)
タバコなんてもっと有害です。(副流煙で周囲の人にまでも)
米、野菜(農薬)、大豆(遺伝子組み換え、農薬)、小麦粉(農薬、カビ止め剤)、肉(抗生物質、BSEー狂牛病、ホルモン剤)、果物(農薬、ワックス、カビ止め剤)ワイン(亜硫酸塩)、ハム(発色剤、農薬)・・・・。
こうなってくると食べるものがなくなります。
私は職業柄、飲食店等の厨房への出入りも頻繁ですが、ほとんどの店でゴキブリ、ねずみの対策をやっています。と言うことは、確実に生息しています。中にはゴキブリが昼間でもゾロゾロしている店もありますが、お客さんのフロアーは上品にきれいにすてきな店になっています。
ケーキ屋さんの仕事場は、油脂の腐った臭いが充満していて、売場とは全く違っています。
要するに、バランス感覚、程度、限度の問題だと思います。
狂牛病にしてもマスコミがかなり騒ぎましたが、(それはそれで役割は演じたと思いますが・・行政対応が決定的にまずかった。まあ、結果的に検査体制が出来ました。)冷静さに欠ける部分が目立ちました。
週刊誌やその他のプレスに惑わされることなく、本質を知るための勉強が私たちには必要ではないでしょうか。
ちなみに母乳中のダイオキシン濃度は以前の1/3程度まで下がってきているようです。最も高い濃度の母乳を摂取していたのは、今、30歳ぐらいの人たちです。

そうか、勉強するために、今回の質問されていたんですよねえ。
あー、また勝手なことを書いてしまいました。ごめんなさい。ごめんなさい。
価値観を強要しているんではありませんので。・・・。食べるものがなくなる!と思ったものですから。人間の体は案外丈夫に出来ているようです。(笑い)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、なるほど。
たしかに気にしすぎると本気で何も食べられまくなりますね。
無農薬ものも虫がいるかもしれないとかおっかなびっくり食べていたら美味しくないし。
病気になった魚を食べるくらいならまだ抗生物質を投与されたものの方がましなのかも知れないし。
でも判断は難しいとは思います。
だれに聞いても確実な回答は得られない問題かも知れません。

お礼日時:2001/12/07 19:51

まず、地球にとって飛び抜けて最大のダメージを与えているのは、ウイルスでも重金属でもない、それは人間です。


重金属などは、そのもの自体が自然であり地球ですから。
ダイオキシン、PCB等の汚染が怖い、危ないの議論は聞き飽きるぐらいに出回っていますが、それは日本人が快適な生活を享受している裏側のツケの部分です。
不景気と言っても、こうして腹一杯、世界中の旨い者を食べて、暖房の中でパソコンを打っているわけですから。
こういった生活を続けながら、怖い怖いと言っても意味がありません。
原始に帰って山奥で自活すれば、化学物質などにさらされることは少なくはなりますが、医療がなかったら、平均寿命は35歳で止まってしまいます。
利便性を背伸びしながら追求して、その結果のツケを行政が悪い、お役所が何もしない、欧米に比べて何十年遅れている?????
何事も全て、いいことはありません。バランスの問題でしょう。
自分たちは勝手な生活をしておいて、悪いことは全て役所だ、行政だ、政治だ、と言っていては進歩がありません。
そういった場合は、地域の清掃をするとか、何か小さいことを積み重ねて、よくする努力をしないといけないと思います。
要するに、バランス、リスク評価が基本になると思います。レントゲン検診は放射線を浴びるわけで、体にとってはよくありませんが、そのかわり、結核の感染が発見できて、発病する前に治療が出来ますし、救急医療でもX線を浴びても骨折の状況がわかって、的確な治療が可能となって来るわけです。
この考え方を環境問題について展開されている方がいらっしゃいます。末尾のHPのトップページから入って見てください。「環境リスク論」です。日本可塑剤工業会での講演の内容も掲載されていますが、これが一番わかりやすいと思います。
また、このままの状態で表示されるページでは、食物連鎖と海水からのどちらからの汚染物質の蓄積が多いか、についての理論が展開されています。
ちょっと、的がはずれたかもしれませんね。ごめんなさい。
ようするに、怖い、悪い、日本は遅れている、の評論だけではどうにもなりません。
現在の状況をそれぞれの価値観から序列を付けて判断して、つまり目的は何であるのか、(この場合、病気もせずに150歳まで生きて旨いものを食べて、酒も飲んで・・・、などの非現実的な妄想はダメです。)それに向かった努力だろうと思います。これが大事だから、あれはまあ、あきらめるか、等の選択が必要です。それがリスク解析に基づいて行われるべきだと思います。

参考URL:http://env.kan.ynu.ac.jp/~nakanisi/zak151_155.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
リスク解析とかは難しくてよく分かりませんが、
何となくおっしゃることは理解できます。
海洋汚染とその靭帯への影響となるとやはり行政が本格的にしてもらわないと解決は難しいと思われます。
魚をみて汚染の程度を消費者自身が見きわめることは難しいですし、
汚染海域の調査はおそらく大学などが行うこともできると思われますが、規制を課すとなるとやはり行政の出番となります。
とはいえ、私たち自身できることはすべきなのかもしれません。
少し昔に比べていまでは普通の市民にも環境に配慮しようという意気込みを感じます。

お礼日時:2001/12/06 17:37

こんばんは。



私は詳しい者ではないのですが、汚染された魚介類が食卓に上ることはあるで
しょう。養殖物のチェックはそれを行う機関等はなく、漁民や漁協、企業の自
主性に任されているようですし、天然物は誰もチェックすることはないはずです。

もうほとんどニュースで取り上げられることがなくなりましたが、深刻なダイ
オキシンの問題がありました。日本は公害先進国なので公害への取り組みは
ある程度しっかりしたものがあるだろうと考えていましたが、ダイオキシン
汚染への対策は欧米諸国より数十年も遅れている事がわかり驚かされたのでは
なかったでしょうか。

そして日本人がどんなものから最も多くダイオキシンを体に取り入れているの
か。それは魚であり、近海物のダイオキシン汚染は特にひどいとされていまし
たしある学者の人はではどうすればいいのですかと質問され、魚をおそるおそ
る食べるのですよ。と答えていたのが印象的というか怖いものがありました。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/tommy215/japanfish.htm

さらに鯨やイルカなどの汚染は何年も前から指摘されているのに何の対策も
なされないのは何故なのか。もうその肉の汚染はほとんど毒物といってもいい
くらいのものらしいのですよ。(参考URLで確認されてください)
http://www.econavi.org/weblogue/webtra/kurita/32 …

こちらとても参考になるのですが何故かつながりにくいです。
http://members.aol.com/sfjapan777/index.html

養殖物も近海物、遠洋で取れたものもすべてきちんと安全性チェックすること
はできないでしょうし、仮にそれをしたとしたら食に適さないものがたくさん
出てきてしまうのではないでしょうか。たぶん。

そうなったら魚を獲る人販売する人たちは仕事がなくなるかもしれませんし
水産業も大きな位置をしめる日本経済がさらに深刻な打撃を受けてしまうので
政府も例え魚介類の汚染が深刻なものとなっているとしてもぎりぎりのところ
までいってからやっと重い腰を上げるという、過去の汚染問題等と同じことの
繰り返しになるのではないかと思います。

以上私の感想推測などまじえて述べさせていただきましたので
そのようなものとして読まれてください(^○^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん紹介していただきありがとうございます。
もう今日から魚はあまり食べたくないです。
かなり不安が増しました。
元々行政は何も責任なんかとってくれないのは目に見えてますし。
ちなみに農水省にメールを出し質問したところ無視です。
やっぱりあそこはだめです。信用できません。

お礼日時:2001/12/05 16:47

築地のような大規模な魚市場ではどのようになっているかはわかりませんが、地方の漁港に併設されている魚市場では、全くチェックはありません。


環境省などの調査で『汚染』が判明した海域は漁獲行為そのものが制限されるでしょうが、汚染予備軍の海域で生育した魚介類はフリーパスだと思います。
少なくとも私の知っている魚市場では全くチェックしません。
そのまま食卓に上がります。
牛肉は現在『狂牛病』が大騒ぎになり、厳重なチェック体制がとられていますが、特別安全とは考えられない魚介類には何のチェックがないのも不思議に思います。
恐らくチェックが大変だからやらないという、これまでのお役所の『常識』から来ていると思います。
もし仮に、魚介類の全品検査をしたら大変なことになると思います。
汚染物質を大量に蓄積したものがあちこちから検出され、日本中がパニックに陥ってしまうのではないでしょうか。
それほど海は汚染されています。
その汚染の度合いは日一日と増すばかりです。
環境調査としての魚介類のチェックはされているでしょうが、魚介類全般の安全確保に関してはチェック体制はないか、あってもごく一部ではないでしょうか。
地元の魚市場ではやっていないことは確かですから・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前テレビでシュミレーションしていましたが、
中国辺りででた汚染物質は非常に広範囲に広がるようです。あれを見せられてからはちょっと不安が募ってます。
何か病気になっても行政はひたすら責任回避でしょうから。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/05 16:36

http://www.eic.or.jp/eig/93_0007.htm
こういうところで随時モニタリングしているようです。

その結果を元にして、薬事・食品衛生審議会の答申に従って、アレは食べて良い、コレは食べてはいけない。とお布令を出しているようです。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/yakuji.html

ちなみにPCBは体が大きいほど蓄積しやすいのではなく、生物の脂肪細胞に蓄積します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/05 16:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁波やPCB汚染について(古い変電所の近く)

こんばんは。
古い変電所から100mほどのところに引っ越そうかどうか迷っています。
唯一のマイナスポイントは変電所の近くという点です。
電磁波が漏れていないか、古い機器の保存所になっていて、PCBで汚染されていないか不安です。
一応、その変電所の設立時期を電力会社に確認したところ、1930年くらいでした。古いのは確かです。
ただ、田舎なので、それ以上しつこく根掘り葉掘り聞けません。
PCB汚染や、電磁波はどうやったら調べられますか?
そういう信頼できる調査機関などはないのでしょうか?
電磁は測定器もピンからキリまであって、安いものは胡散臭そうな気がします。
今回は電磁波は問題ない、、、という回答以外でお願いしたいです。
どうぞお知恵を拝借させてくださいませ<(__)>

Aベストアンサー

変電所にはいろいろな種類があります。架空送電線が接続されているだけのように見えても地中ケーブルがあるかもしれません。地中ケーブルは幹線道路の歩道に沿って埋設されることが多く、接近していること、大電流であることから電磁界は架空線より多くなります。たいてい電力会社のマークのあるマンホールがあるのでわかります。

主要な機器でPCBや有害物質を使っているものは変圧器です。PCB入り変圧器は使用、移動が禁止されていますから、使われない状態でおいてある可能性はあります。ただし、漏洩などが厳重に管理されているはずなので(油漏れを拭いたウエスですら廃棄できない)心配は要りません。

100mの地点で気にかかることは変圧器や遮断器の騒音です。
変圧器の騒音は深夜寝静まったころにブーンという低い音、耳に聞こえないが障子を揺らすような音が地鳴りというかうなりのように聞こえます。また遮断器が動作するときはハンマーでたたくような音がします。昼間だけでなく、夜間にも現地で確かめてみてください。

またテレビやラジオ、携帯電話などは送電線で減衰してしまいます。電波障害対策は既存の人が対象ですので自腹でケーブルテレビ等を入れる必要があるかもしれません。(近所の屋根を見ればわかります)

ADSLなどは大丈夫でしょう。

雨天や湿度の高い日には送電線の碍子の絶縁が下がり、ジージー音がします。これは空気がイオン化するものです。(イオン化した空気は生体に影響がありますが、拡散するのでたぶん無害でしょう)

基本的に火災発生のリスクは低く(電力会社の火災の例は数年に1回のボヤ程度)ですが、火災になればケーブルがこげて有害ガスが出ます。

送電線の下は「線下」といって、物件の価値が下がります。送電線建設時には保障の対象になります。近年では多くの人が環境に敏感になっているので、もし購入を考えているのであれば「将来の売却時の価値」も含めて検討されることをおススメします。


日本の送電線は、「送電線の下に立った人間に電圧が誘導してショックを感じないこと」を基準に設計されています。身長1.5mで1500ボルト程度の電圧がかかっています。
また送電線に落雷があると、並行している電話線に数百ボルトの高い電圧が誘導します。電話機はこれを防止するために家の入り口に保安器をつけていますが、送電線が集中している変電所に近いほど被害をうける可能性が高いと考えていいでしょう。

落雷した際には、雷の電流は必ずしも鉄塔を伝って地面に流れるとは限りません。一番たれ下がった場所で放電することもあります。日本ではこれで死んだ人は無いと思いますのでリスクは限りなく低いです。(送電線の無い場所より危険かというとそうでもありません。送電線が避雷針の役目を果たすことが多いためです)

変電所にはいろいろな種類があります。架空送電線が接続されているだけのように見えても地中ケーブルがあるかもしれません。地中ケーブルは幹線道路の歩道に沿って埋設されることが多く、接近していること、大電流であることから電磁界は架空線より多くなります。たいてい電力会社のマークのあるマンホールがあるのでわかります。

主要な機器でPCBや有害物質を使っているものは変圧器です。PCB入り変圧器は使用、移動が禁止されていますから、使われない状態でおいてある可能性はあります。ただし、漏洩...続きを読む

Q海はどのあたりの魚介類が危険なんでしょうか?

テレビでやっていましたが、国民に公表する前に汚染水を海に垂れ流しにしていたそうです。
福島原発から茨城のほうへ流れて、コウナゴが2000ベクレルもの高い値をだしたと聞きました。
スーパーなどに行ってみると、青森県産陸奥沖や北海道産は目にしますが、茨城産などは目にしません。
これは青森県産陸奥沖や北海道産は安全、ということなのか、青森県産陸奥沖や北海道産まではまだ調査していません、ということなのか、どちらなんでしょうか?
太平洋側の海は全て危険なんでしょうか?
貝類やカニは海底にいるために危険だと聞きました。本当でしょうか?
今、流通しているものは安全なんでしょうか?
日本産の海産物や野菜から、続々と高濃度の放射能が検地され、輸入停止にしている外国があると聞きました。
日本の青森以北と東京以南が今のところ安全なんでしょうか?
おねがいします。

Aベストアンサー

極論すれば、事故以後で安全な食物はない。と思っていいかも。
これは魚介類だけに限りません。

ただ、輸入品が安全とも思えないし、すぐに影響はない。と思えば気にもなりませんが。
ずっと汚染されてるわけでもないですし。

Q環境汚染物質と環境ホルモンの違い

こんばんは。
タイトルの通りなのですが、
「環境汚染物質」と「環境ホルモン」とはどう違うのでしょうか?

回答お待ちしています。

Aベストアンサー

汚染物質は、重金属や毒物も含めた、
文字通り環境を汚染している物質の総称です。
そのうち、生物の伝達物質などと構造が似ており、
生物の成長などに影響を及ぼすものを
『環境ホルモン』と呼んでいます。

『環境ホルモン』とは、正式には『内分泌攪乱物質』と呼ばれ、
前述の通り、生物の体内に取り込まれ場合
(特に発生に)影響を与えます。

例えば性の分化の引き金となるホルモン
(人間なら、アンドロゲンとかエストロゲン)に似ている物質に、
発生段階(まだ、性別が決まっていない頃)でさらされると、
オスやメスとして正しく成長できないことがあります。

貝などの例が有名ですが、遺伝上の性別と生殖器が食い違っていたり、
どちらにもなれなかったりという例があります。

Q放射性物質は自然排出される汚染

詳しい方、放射性物質の被害について質問です。
専門家でない方でも、根拠をつけていただけると助かります^^

1、体内に入った放射性物質は自然排出されることはありますか?
2、福島周辺で土壌・水の放射能汚染は、この先何年続くと思われますか?


同じ放射線でも、広島・長崎の爆発後に環境に放出された放射性物質の総量は、
チェルノブイリ事故でそれの400分の1と他の質問で拝見しましたが、
ならば福島原発はどのくらいの放射性物質の量が漏れ出たのでしょうか。

Aベストアンサー

>1、体内に入った放射性物質は自然排出されることはありますか?
yes/noで答えるなら、yes。排出されます。
これは、放射性物質に限らず、人体を構成する物質が
死ぬまでに何度も何度も入れ替わること(代謝)と同じです。
 
注意しなければならないことは、
取り込んでから排出されるまでに時間がかかる物質による内部被曝です。
これに関しては、甲状腺ガンなどのリスクについて報道されている通りです。
 
>2、福島周辺で土壌・水の放射能汚染は、この先何年続くと思われますか?
すみません。現状リリースされている情報や私の知識では
何年続くかという判断は下せません。
 
確実に言えることは、放射性物質の種類と量を綿密に調査し、
今後どのような影響があるかを冷静かつ定量的に検討しなければならないということです。
 
また、適切に対処しさえすれば、
放射性物質による一般市民の健康におけるリスクは
タバコや生活習慣病と同程度かそれ以下まで
コントロールできるということです。 
 
 
>> 放射線物質4種類のうち、2種類は排出されるものもあるそうです、
>>あとの2種類はとどまり原爆病になるわけです。
>とのことですが、放射性物質には4種類のみしか種類がないのですか?
>その4種類の物質名を教えていただけますでしょうか。
 
上記のやりとりが既になされていましたが、
私のわかる限りで補足させていただきます。
 
おそらく、「放射線物質が4種類ある」というのは間違いです。
「放射線には4種類ある」ということをおっしゃっていると思います。
その4種類とは、α線・β線・γ線・中性子線です。
解説記事→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A
 
放射性物質・放射性同位体は、
天然・人工あわせて数十種類以上(あるいは100以上?)あります。
 
プルトニウム239(半減期24,000年)が話題に上がっていますが、
これが炉外で検出されたという報道はまだありません。
今後この物質が漏出してしまわないか非常に気になりますが、
現在のリスク評価においては重要度が低いです。
 
ヨウ素131(半減期8.1日)やセシウム137(半減期30.1年)は
周囲への健康被害や原子炉の状態を検討する際に注視すべき物質です。
これらがどの程度の量放出されているかは被害の大きさや継続期間を
計る尺度になると思います。
 
以上、拙い回答ですが、現状分析の一助になれば幸いです。
被災された方や原発で作業された方が、
これ以上の危険に晒されないことを願うばかりです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E5%88%86%E8%A3%82%E5%8F%8D%E5%BF%9C

>1、体内に入った放射性物質は自然排出されることはありますか?
yes/noで答えるなら、yes。排出されます。
これは、放射性物質に限らず、人体を構成する物質が
死ぬまでに何度も何度も入れ替わること(代謝)と同じです。
 
注意しなければならないことは、
取り込んでから排出されるまでに時間がかかる物質による内部被曝です。
これに関しては、甲状腺ガンなどのリスクについて報道されている通りです。
 
>2、福島周辺で土壌・水の放射能汚染は、この先何年続くと思われますか?
すみません。現状リリースさ...続きを読む

Q放射性物質に汚染されたガレキが各所で燃やされる?

色々な自治体がガレキ受け入れしているそうですが
その情報はどこで調べたらいいのでしょうか?
もう燃やされたのか、興味があります。
この方法は世界からどう見られているのでしょうか?
ガレキによる汚染などは心配したほうがいいのでしょうか?
騒いでる人々もいれば、興味もない人もいます。
海洋汚染を気にしていない人もいますが、今年のカニは北海道産やロシア産で安全なんでしょうか?
話が逸れましたが、そちらの疑問もお願いします。

Aベストアンサー

震災ガレキ受入れ実績を調べる方法。

表としてまとめられたもの、Web上で楽々調査出来る方法はないでしょう。
やるなら、各自治体(都道府県)の廃棄物指導箇所に情報公開条例に基づく「福島県等からのガレキ類受入れ事前協議関係資料の公開」を求めていくこととなります。
あとは新聞資料や、場合によっては都道府県HPで公開されている場合もありますから、個別に拾いに行けばある程度は解るかと思います。

来年度でよければ、環境白書に関連項目として集計値が載るかもしれません。



もう燃やされたか?

多分燃やされているでしょう。
例えば東京都の溶融炉。(ガレキを高温で焼却して溶かし、減量させる炉)


汚染は心配した方が良いか?

復興に関係&環境関係(放射線関係含む)で飯を食っている立場としては、特に心配しないで良かろうか?と思います。
データや文献から見たら、「現在レベルの放射能であれば、土を喰ったり、敢えて汚染の惨い物を選択して毎日食べ続けない限り、放射線が原因と明らかに解る障害は出ないだろう。」と考えるので。

ただ、興味を失わずに注視していくことは有意義かと思います。



カニ(海産物)は大丈夫か?

国内産であれば、現在の監視体制は通常行われるものとは次元が違う厳しさなので、まず心配いらないでしょう。

多くの方は興味が無いようですが。
日本海(ウラジオストック沖)には、過去からロシア極東艦隊関係の船舶(艦船)用原子炉が海洋投棄されていますし、これらの影響に関してはロシアはチェックしていないので、ロシア産の一部海産物は心配に値すると思っています。

震災ガレキ受入れ実績を調べる方法。

表としてまとめられたもの、Web上で楽々調査出来る方法はないでしょう。
やるなら、各自治体(都道府県)の廃棄物指導箇所に情報公開条例に基づく「福島県等からのガレキ類受入れ事前協議関係資料の公開」を求めていくこととなります。
あとは新聞資料や、場合によっては都道府県HPで公開されている場合もありますから、個別に拾いに行けばある程度は解るかと思います。

来年度でよければ、環境白書に関連項目として集計値が載るかもしれません。



もう燃やされたか?

多...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報