ELIE WIESEL著の「NIGHT」の日本語訳の書いてあるHPがしりたいのですが、どなたか詳しい方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Hikki関連でしょうか・・・?



>日本語訳の書いてあるHP
HP上で翻訳文を公開していると言う意味でしょうか・・・?
著作権絡みで難しいと思いますが・・・?

原文であれば、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0553272 …
(Night)

====================================
夜 / エリ・ヴィーゼル著 ; 村上光彦訳. -- みすず書房, 1967
夜 / エリ・ヴィーゼル[著] ; 村上光彦訳 ; 新装. -- みすず書房, 1995
====================================

ご参考まで。

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく買って読んでみたいと思います。お返事送れてすみませんでした。

お礼日時:2001/12/24 09:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「1Q84」(村上春樹著)の物語の構成が、「千の輝く太陽」(カーレド・ホッセイニ著)に似ていますね。

先日、「千の輝く太陽」を読んだばかりですが、この構成が「1Q84」と全く同じなのにびっくりしました。「千の輝く太陽」は、アフガニスタンの激動の歴史に翻弄されながら力強く生き抜く2人の女性(マリアムとライラ)の姿を描いたもので、二人を交互にして物語が展開していきます。「1Q84」も、二人の男女(青豆と天吾)を交互にして展開しています。だから、どうということはありませんが、気付かれた方はおりますか?

Aベストアンサー

1Q84しか読んでいませんが、
交互に別々の人の視点から語られる本は他にもあると思います。

それ以上に何か似ている点があるのでしたら、村上春樹お得意のパクリ、もとい、下敷きというか本歌取りというか、読者を惹き付けるテクニックでしょう。
(こうやって発見を話題にしてもらえるように)

Q日本語訳されたイギリスの現代小説。

日本語訳されているイギリスの小説を探しています。
・ジャンルはミステリー(推理もの)か恋愛もの
・設定がここ10年くらいのもの
この条件でおすすめの小説があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。
すみませんアトウッドはカナダでした(汗

最近の英文学でしたらイアン・マキューアン「贖罪」「アムステルダム」が良かったですね、ちょっと暗いので好みが分かれるところですが。

Q『ハリー・ポッターと混血の王子(仮題)』の日本語訳書はいつ頃?

ハリー・ポッターシリーズの第六弾、
『ハリー・ポッターと混血の王子(仮題)』の日本語訳書は、
大体いつ頃の発売になるのでしょうか
(原書の方は、今年の夏に発売されるようです)。

ご存知の方がおられましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今までの訳のペースから考えると来年の秋頃でしょうね。
作者が本を書くより訳の方が時間が掛かるなんて本当に訳者の能力を疑ってしまいます。
戸田奈津子さんなら2ヶ月あれば出版できるだろうに・・・と思います。

Qとてもわかりにくい質問かと思いますが、回答よろしくお願いします。

とてもわかりにくい質問かと思いますが、回答よろしくお願いします。

実はどうしても思い出せないことがあるんです。

推理小説の内容のことなんですが…。

内容は『娘が何かで失禁したまま死んでいて?あまりにも可哀想だから復讐した』みたいなものだったと思うのですが…。

なにしろあまり思い出せないので上の内容が全然違うってこともあると思います。

一度に何冊も推理小説を読んでいたので誰が作者かも曖昧ですが、その時期に読んでいたのは東野圭吾、湊かなえ、横山秀夫です。

これらの情報でわかる方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違っていたら申し訳ないのですが、横山秀夫さんの「顔 FACE」だと思います。
短編連作ですが、なかのひとつに

銀行の窓口の女性が銀行強盗に銃で脅されて(実は防犯訓練)失禁したことを恥じて・・・

というエピソードがあったと思います。

Q『星の王子さま』の日本語訳

かつては『星の王子さま』の日本語訳は、岩波書店の内藤濯訳しか販売されてゐませんでしたが、2005年に翻訳出版が自由になり、今では大量の翻訳が出回つてゐます。

内藤濯訳以外に、1冊か2冊、買つておくつもりなのですが、オススメはどれですか。

Aベストアンサー

こんばんは。

これはすぐに回答がつき始めるかと思っていたのですが、まだついていないようなので、私が感じたことを書きます。
河野万里子訳(新潮文庫)と管啓次郎訳(角川文庫)を比較しましたが、河野訳が良いです。訳語がこなれていて、文章のリズムがよく、整っているため、すらすらと読めて頭にはいりやすく、あっという間に読んでしまいます。管訳の方は、「ちび王子」というのが少し気になって、子供の読者を意識しているのかと思ったのですが、それにしては少し硬い訳語もあるように感じました。
新訳の比較は、ネット上にもたくさん情報があります。何か所か訳文を比較しているサイトや、この作品を訳すときに必ず問題となるか所について論じているサイトもあります。倉橋由美子の訳があるというので、ちょっと気になったのですが、この人は、この作品は完全に大人向けのものという前提があったようです。また、問題となるか所の一つ、apprivoiserとcréer des liensの訳もちょっと問題ではないかと思いました。apprivoiserは、内藤訳では「飼い慣らす」となっていて、新訳の多くもそれを踏襲しているらしいのですが、賛否両論があります。フランス語の原文と、ドイツ語訳、英語訳を見てみましたが、河野訳の「なつく」でよいと私は思いました。管訳もそうなっています。池澤夏樹訳を推す声も多いようですが、人称代名詞を「彼」と訳してあるのが気になります。子供でも読めるよう、日本語として自然な文ということでいえば、「王子さま」と毎回言い直した方がよいのではないかというのが、個人的な意見ですが、その点を除くと、ネット上で比較されている部分を読む限り、割とよさそうです。池澤訳では、apprivoiserは「飼い慣らす」となっていて、批判もあるようですが、なぜそうしたかについて訳者自身が説明していました。
すでにかなりの訳が出ているようなので、全部はチェックできず、私自身が持っている二つの新訳と、英、独、仏版、およびネット上の情報からの推測になりますが、とりあえず、新潮文庫の河野万里子訳をお勧めしておきます。

参考URL
http://matome.naver.jp/odai/2138819298012195001

http://homepage2.nifty.com/dokodemoroudokukan/ouji.htm

http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20060601/petit

http://www.lepetitprince.net/sub_shoshineuv/apprivoiser.html

http://langue-fr.c.u-tokyo.ac.jp/07taidan/entretien.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

plapotaさんお勧めの「ジャマイカの烈風」を入手し、読んでいます。中古品しか出ていなかったのですが、ほぼ新品がきました。描写力、比喩の発想が秀でています。

外国語カテは、また安心していかれなくなりました。一見何もしていないようですが、よく見ると、細かいことをやっているようで。

御参考になれば幸いです。

こんばんは。

これはすぐに回答がつき始めるかと思っていたのですが、まだついていないようなので、私が感じたことを書きます。
河野万里子訳(新潮文庫)と管啓次郎訳(角川文庫)を比較しましたが、河野訳が良いです。訳語がこなれていて、文章のリズムがよく、整っているため、すらすらと読めて頭にはいりやすく、あっという間に読んでしまいます。管訳の方は、「ちび王子」というのが少し気になって、子供の読者を意識しているのかと思ったのですが、それにしては少し硬い訳語もあるように感じました。
新訳...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報