日本であまりなじみのない闘牛ですが、なにやら闘牛サミットなるものがあるというのを聞きました。
闘牛とはいったい何なのか。むかしむかしからあるものなのか、もともとどこで行われたものなのかなど教えてください。また、面白い闘牛イベントなどありましたら
国内がい問わず教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本で闘牛と言えば、鹿児島県奄美大島群の徳之島が有名です。

今でもこの島では闘牛は立派な娯楽であり、伝統行事です。私の祖母と叔父が徳之島在住で、牛を飼っています。今年のお正月に叔父が育てていた牛が初場所で勝ちました。今年は縁起のいい年だ、と親戚縁者大喜びでした。実際、私の姉の結婚が急に決まり、本当に縁起の良い年でした。

参考URL:http://www.bont.x0.com/Bullfight/F_Togyu.html
    • good
    • 0

闘牛には二種類あります。

牛同士を戦わせるものと、スペインでおなじみの人対牛というものです。
どちらも最近NHKで放映されましたが見ました?
ちなみに日本の闘牛にはちゃんと相撲と同じ階級があります。闘犬と同じですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q闘牛と闘牛士を題材(?)にした行進曲

ダンスの大会のTVを観たときに耳にした曲が欲しくなりこの度
質問をさせていただく事になりました。
パソトブレという種類のダンス競技の際に流れていた曲なのですが
これまでも一度は耳にした事はあったものの曲名はわからなかったのです。
曲のイメージとしましては「闘牛と闘牛士との闘い」なのですが。。。
うーん、正直説明するのに難しいです。これだけでご回答していただけるのか
心配でありますが、もしも”この曲じゃない?”というのがありましたら
是非是非アドバイスの程宜しくお願いします!!曲名を知りたいです。

Aベストアンサー

う~ん。。。パッと思いつくのは、
ビゼー作曲の「カルメン組曲」かなオペラの第4幕に使われる
闘牛場の行進曲かな?と思いますが。。。

Q金の鯱(しゃちほこ)でもともと何ですか?

金のしゃちほというものがあります。
あれの正体は何でしょうか?
なぜ金なのでしょうか?
まぜお城の屋根に飾られるのでしょうか?
魚にしてはへんな格好をしていますね。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

しゃちほこのモデルはインド神話に登場するmakaraという巨大魚です。仏教を通じて支那では「磨羯(まかつ)」と音写されます。
 体は魚でカモシカの頭と前足を持つとされますが、造形は一定していません。磨羯は大量の水を吹き出すというところから、防火の意味があります。またこの磨羯の頭の中には「cinta<長音>mani(チンターマニ)」という宝珠があるとされます。この宝珠は意のままに願いが叶う力があるとされ、摩尼宝珠・如意宝珠とも呼ばれます。そのため吉祥の意味も含まれます。
 なお、インド天文学における黄道十二宮で、「磨羯宮」は山羊座に相当します。星占いなどの山羊座が、半身が魚で描かれるのも、磨羯の造形がギリシャ神話にも影響されているものと考えられます。

Qスペイン闘牛

7月8日・9日に仕事でスペインに滞在します。場所はアリカンテです。2日間で、闘牛・フラメンコを是非鑑賞したいのですが、どなたかアリカンテ・バレンシア辺りで鑑賞出来るところをご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

バレンシアには行きたかったのですが、
機会がなくとうとう行けずに現在に至っています。

マドリやバルセロナなど観光客が多い地域なら回答も付くかも知れませんが、
バレンシア・アリカンテではやはり現地スペインに住んでいる人が多く見る所が良いと思います。

スペイン探偵局
http://www.arrobaspain.com/cgibin/wwwlng/wwwlng.cgi
質問内容によっては回答も少ないかも知れませんが、
バレンシア近辺なら教えてもらえるかも知れません。

素敵なスペイン滞在を。

Q鳥居はいったい何の鳥の止まり木なのでしょうか?

神社の鳥居は特定の鳥の止まり木を表しているときいたことがあります。
いったい何の鳥なのでしょうか?

Aベストアンサー

元々は,天照大神が天の岩戸に隠れたときに,長尾鶏(非常に尾が長いニワトリの一種で特別天然記念物)をとまらせた止まり木だったと聞き及んでいます。
それが鳥居,つまり,鳥が居るところということになったわけです。
長尾鶏(チョウビケイ,ナガオドリ)の尾は10mにも達するものがありますので,鳥居の高さは妥当なものなのかもしれませんネ。
以上kawakawaでした

Qスペイン バルセロナのモヌメンタル闘牛場についての質問です。

スペイン バルセロナのモヌメンタル闘牛場についての質問です。
来年1月19日(水)にバルセロナへ行く予定です。
闘牛はシーズン外ですが、闘牛場へ入場観光ができればと思っております。
モヌメンタル闘牛場が入場サービスをやっているかどうか、
ご存知でしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ん~、どうでしょうね。。。
モヌメンタルのサイトを覗いてもよく分かりませんでした。先の日程を見つけられなかった。
東京のスペイン政府観光局に聞いてみますか?
メール問い合わせできますよ。右上に問い合わせメニューがあります。
http://vm.spain.info/jp/TourSpain

またはバルセロナの日本語案内予約センターに聞いてみるとか。
http://hw001.gate01.com/costasol/barcelona.html

自分で政府観光局にメールしたことはあるんですが、日本語案内予約センターは利用経験ありません。

ちなみに今年7月にカタルーニャ州は闘牛禁止を決めました。2012年に廃止する予定らしいです。
闘牛は元々はカタルーニャの文化ではないし、今回の決定には何か政治的なアピールもあるのではないかとも言われているようです。
他の地方でも闘牛禁止には同意しないが、好きではないとか関心が薄い人が増えているという話が出ていますが、カタルーニャ地方は特に独自路線でしょう。文化や歴史がちょっと違うので。

Q日本は戦前、戦中、戦後を比較するとカメレオンの如くその姿を変えました。いったいどれが本当の日本なのか

日本は戦前、戦中、戦後を比較するとカメレオンの如くその姿を変えました。いったいどれが本当の日本なのか?これどう思いますか?

Aベストアンサー

江戸時代から明治も大きく姿を変えました。環境が変われば進化する能力を持っているのが、日本の姿でしょう。
文盲率が低いので、新聞等を読めば国民全体にすぐに情報が行き渡るのも、その能力の源泉だと思います。

Q11月に闘牛が見られるスペインの闘牛場を探しています。

11月に闘牛が見られるスペインの闘牛場を探しています。

11月12日~11月14日までスペインに滞在するのですが、せっかくなので闘牛を見てみたいと考えています。

しかし、シーズンは10月まで、とのこと。


そこで教えて頂きたいのですが、11月には全く闘牛は行われていないのでしょうか?

(都市はバルセロナ・マドリッド・グラナダ・セビーリャの中ならば、どこでもかまいません。)

スペイン語は全く分からないので、闘牛場のホームページを見ても理解できませんでした。


どなたかお詳しい方、ご教授いただければ有りがたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

スペインには行ったことがあるのですが、闘牛を見たことがありません。単に興味があまりなかっただけですが(一度ぐらい見てみてもいいのかもな)

ちょっと探してみたら、マラガのトレモリーノス闘牛場で11月7日(日)17時~、見習い闘牛士の槍方無し試合?(NOVILLADA SIN PICAR)があるようです。
http://www.ticktackticket.com/entradas/goto_list.do?evento=Plaza+de+Toros+de+Torremolinos&poblacion=TRR&origin=TORO
Search results
Only one event was found
と1件しか出ていませんでした。
まあこういうオンライン販売はオンライン販売しているものしか出てないかもしれませんので、絶対これしかないのかはわかりません。

でもシーズンはやはり10月で終わりですから、探すのは難しいんじゃないかと思います。

バルセロナ、セビージャ、グラナダの闘牛場のHPを見てみたけどあまりカレンダーを細かく書いていないとか情報が古いとかで、わかりませんでした。自分のスペイン語力のせいもありますが(少ししか読めないので)。

マドリードのラス・ベンタスは分かりやすく書いてありました。
La temporada 2010 ha finalizado.
La temporada 2011 comenzara en el mes de marzo.
2010年のシーズンは終了しました。2011年は3月に始まります。

今年のカレンダーだと10月12日が最終だったみたいです。


見習い云々の種類はこちらを参照しました(スペインなんでも情報リアルタイムおよびアロバスペイン)。
http://www.spainnews.com/toro/kogyo.html
http://www.arrobaspain.com/toro/intro/intro4.shtml

スペインなんでも~の「闘牛豆知識」によると、「サラゴサ(Zaragoza)のEl Pilar(10月12日)闘牛祭が終るとJaen(ハエン)のフェリアを残して、スペインの闘牛シーズンは終りを迎えます。」とのこと。
http://www.spainnews.com/toro/

こちらも分かりやすい。
http://barcelona.sakura.tv/entry23.html

ハエンのフェリア(祭り)というのも例年10月中に行われるようです。

セビージャの闘牛博物館は通年オープンしているようです(これは日本語記事)。
http://www.ab-road.net/europe/spain/sevilla/guide/02143.html
http://4travel.jp/overseas/area/europe/spain/sevilla/qa/16105/

スペインには行ったことがあるのですが、闘牛を見たことがありません。単に興味があまりなかっただけですが(一度ぐらい見てみてもいいのかもな)

ちょっと探してみたら、マラガのトレモリーノス闘牛場で11月7日(日)17時~、見習い闘牛士の槍方無し試合?(NOVILLADA SIN PICAR)があるようです。
http://www.ticktackticket.com/entradas/goto_list.do?evento=Plaza+de+Toros+de+Torremolinos&poblacion=TRR&origin=TORO
Search results
Only one event was found
と1件しか出ていませんでした。
まあこういう...続きを読む

Q世論調査は本当に行われているのか

今まで一度たりとも受けた事は無いし、周囲に受けた事がある人も居ません。

世論調査は本当に行われているのでしょうか。

それを確かめる術はないのでしょうか。

Aベストアンサー

さすがに「確かめる術」は無いでしょう。基本的には、匿名の回答が原則ですから。私の家は昨年RDDに一度当たりましたよ。娘が回答をしたようです。今年の衆議院選挙に向けた政党(候補者)支持の調査でした。

統計学的には、全有権者の動向を5%の誤差で調査するためには有効回答数が400も有れば十分ですし、これを仮に1%水準の誤差で調査する場合でも、10000人の回答があれば可能です。つまり、10000人から回答を得れば、支持率の誤差はプラスマイナス1%程度で明らかになるということです。日本の全世帯数はおよそ5000万ですから、電話による世論調査に当たる確率など、1/5000です。裁判員に当たるよりも確率は低い。

RDDという手法の問題点を抜きにすれば、ちゃんと行われているとは思います。

Q闘牛について

日本であまりなじみのない闘牛ですが、なにやら闘牛サミットなるものがあるというのを聞きました。
闘牛とはいったい何なのか。むかしむかしからあるものなのか、もともとどこで行われたものなのかなど教えてください。また、面白い闘牛イベントなどありましたら
国内がい問わず教えてください。

Aベストアンサー

日本で闘牛と言えば、鹿児島県奄美大島群の徳之島が有名です。今でもこの島では闘牛は立派な娯楽であり、伝統行事です。私の祖母と叔父が徳之島在住で、牛を飼っています。今年のお正月に叔父が育てていた牛が初場所で勝ちました。今年は縁起のいい年だ、と親戚縁者大喜びでした。実際、私の姉の結婚が急に決まり、本当に縁起の良い年でした。

参考URL:http://www.bont.x0.com/Bullfight/F_Togyu.html

Qスポーツにおいて必勝祈願が行われるのはなぜでしょう

スポーツにおいて必勝祈願が行われるのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

>スポーツにおいて必勝祈願が行われるのはなぜでしょうか?

      ↓
スポーツに限らないでしょうが、人は努力し精神を鍛え上げ、心技体を向上させた上で、さらなる神の加護を求め願うのではないでしょうか・・・「必勝祈願・初詣・合格祈願や学業成就等の願掛け」


◇苦しい時の神頼み

◇人事を尽くして天命を待つ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報