自分の勤務している会社の工場で、機械を納品しているメーカーが自社製品以外にも工場にある他社の機械の写真を撮影していたので問題になっています。
工場での許可は取っていたようですが、会社の役員の許可は取っていなかったそうです。さらにそこで撮影した写真を許可なくその会社の社内報に掲載する動きがあるそうです。
1)写真撮影に関しては問題ないのでしょうか?
2)社内報への掲載は止められるのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

社内報編集の立場からですが....



 他社の社内で写真撮影する場合は、使用目的(社内報掲載)を明らかにして相手の総務部門などへ申し込み、許可をもらうのがスジですし、撮影時も立ち会ってもらって問題のない部分を撮らせてもらうなどトラブルを避ける手順が必要です。場合によっては企業秘密や相手会社の顧客の秘密(機密保持契約が結ばれている可能性もあり)も写ってしまうからです。
 「ちょっと撮っていいですか」などと現場の作業者同士で、内部の作業手順書作成にでも使う様子で撮ったものを配布物に使用するのはマナー違反です。また例え正式な撮影許可をもらって撮った写真でも相手会社から「あの写真は使わないでくれ」と依頼があれば使用しないのもマナー。

 「工場での撮影許可」がどんな目的で申請され誰が許可をしたのか不明です。場合によっては、相手から見れば「正式に許可をもらったのに今さらダメと言われても」という感情的なもつれになってしまう可能性もあります。どのように撮影が申請され、どのようにだれが許可したのか、という自社内の経緯を調べてから、自社と相手会社の責任者同士(部長クラスとか)で写真使用可否について話し合ってもらえば、電話一本で解決するのではないですか。
 相手会社にしても写真一枚で取引停止や訴訟沙汰にするメリットはありませんし社内報の発行目的にも反するでしょう。
    • good
    • 0

>1)写真撮影に関しては問題ないのでしょうか?


御質問者の工場で撮影を承諾したようですから問題ないでしょう。
撮影した写真そのものの著作権は撮影者にあります。

撮影されたくないものがあれば事前にきちんとすべきですね。これは御質問者の会社の管理体制の不備です。

>2)社内報への掲載は止められるのでしょうか?
強制的にということですと困難ですね。お願いしてみるしかないですね。

とりあえず弁護士に相談してみたら.....
    • good
    • 0

撮影自体は工場での許可を取っていれば問題ないでしょうが、社内報に掲載するということを言って許可を得ていなければ社内報への掲載は不可でしょうし、もし了解していてもあとで取り消すことは可能でしょう。


ただし、一度了解したものならすでに社内報が印刷されているのにダメだというとその損害補填という問題も出てくるかもわかりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q施設無断で写真撮影

企業の社屋や施設を、部外者が公道から無断で写真撮影することは、何も問題ないのでしょうか?

実例として。。。
勤務先の社屋を部外者が、無断で写真撮影をする、雰囲気からして記念撮影や好意的な感じではない、撮影意図は不明、注意をしても「公道から撮っている、何が悪いんだ、シンデレラ城を撮ったて怒られないだろ。。」と言い返される。

本当に問題じゃないのでしょうか?⇒なぜ?

Aベストアンサー

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基本法には定義として、
「知的財産」とは、発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(以下省略) とされています。

その中で意匠については意匠権があり、この意匠権では建物は除外されています。

たまに、建物の肖像権というい方をする人がいますが、肖像権は人格権に由来する権利なので、人間(自然人)以外の肖像権は存在しません。

著作権の例外規定は、公衆の目に触れさせること(常態で公衆の目に触れるものを)によって得られる利益を特定の人が独占してはならないという公益を阻害しないためのもののようです。

ただし、建物に看板やすぐに建物名や社名が分かるようなシンボルマークなどが写っていて、その映像(胴が静止画含む)を公表することで写った看板やマークなどの所有者の事業に害を及ぼすような場合はこの限りではないです。
ただ、これは著作権等とは違います。
意図的に看板などを写し、映像のタイトルを不特定多数が不快に感じるようなものにしたり、
意図的ではなくとも、その映像を公開することで、何かしらの損害が出る場合には、
不法行為にあたります。

写真を取るのは問題ないのですが、使用目的によっては写真を撮らないでほしいとはいえると思います。

基本的に問題はないです。

建物デザインには著作権・知的財産権(意匠権)の範疇になりますが。
著作権には著作物を複製する権利が含まれています。
そして、著作物を撮影することも複製にあたると解されております。
なので、建物を撮影することも著作権侵害に該当すると思いますが、
著作権法は、建物(建築物)については建築(実際に同じデザインの建物を建てること)により複製した場合に著作権侵害になるとされています。
ですので、著作権法上は、建物を撮影しても侵害したことになりません。

知的財産基...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報