だふ屋の行為って違法なんですよね。

自分で買って行けなくなったコンサートのチケットを、人に売ってはいけないという法的根拠は何ですか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 ダフ屋行為は各都道府県の条例によって禁止されています。

処罰の根拠は、ダフ屋行為が経済秩序を乱すことです。人の足元を見て暴利を貪る行為は違法とせざるを得ないでしょう。

 ただ、この犯罪の成立要件は、「転売目的」で、「公共の場所(駅、公園、道路、空港など)」において、「不特定の者に」対して売ろうとすることです。たとえば、不要になったチケットをともだちに売っても、「不特定の者に」という要件を満たしませんので、罰せられません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「転売目的」「公共の場所」「不特定の者に」
納得しました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 15:21

いけなくなった分のコンサートチケットを売るのにはそんなに問題はないと思います。

宝○歌劇とかは、『サバキ』という通称がありますね。(笑)

すくなくとも、オークションでは地方の迷惑条例にもひっかからないでしょうし、違法にならないでしょう。いけなくなったと気がついたら早めに出品すれば無駄にはならないと思いますよ。

通常の定義のダフ屋は組織的・悪質です。
定価が定められているチケットを不必要に買い占めて、欲しがる気持ちを利用して高額で売る。
買占めた分だけの数の人が定価で楽しめる権利を害されたわけです。

しかも、使用する目的では決してない。明らかな迷惑行為ですよね?
つまり、部外者が、がんばっているコンサート主催者よりも甘い蜜を吸うわけです。不当に儲けたりするわけです。
それが原因でコンサートをしたくない、と主張した某歌手もいらっしゃいます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

もっともです。

みなさん、どうもありとうございました。

お礼日時:2001/12/15 15:27

購入した価格で人に譲るのであれば問題はありません。

いわゆるダフ屋は通常の販売価格の何倍もの価格で人に売りつけるから違法になるのです。ダフ屋の行為は物価統制令違反(不当高価契約の禁止、暴利の禁止)になるのです。物価統制令はそのような不当な価格で暴利を得ようとする者から消費者を保護するための法律です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「物価統制令」ですか。
わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 15:22

ダフ屋の行為については参考URLをご覧下さい。


貴方のご質問のように友達に法外でない値段で売るのは別に違法ではないでしょう。
ダフ屋は普通その会場の周りをうろついていますよね。そこでの行為がまずいようです。迷惑防止条例でとか。金銭のトラブルとかで警察沙汰になるとか。

参考URL:http://www.mediawars.ne.jp/~ghost/fo03-09.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考サイト見ました。よくわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 15:18

ダフ屋行為自体を取り締まる法律というのはないのですが都道府県条例により公共の場所における物品の売買及び転売の禁止という条例がどこの県でもあるみたいでいわゆる条例違反になるみたいですよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

「公共の場所で」ですね。その通りだと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 15:16

高額でチケットなどを売買すること自体は違法ではありません。



もし違法なら「金券ショップ」等でコンサートチケットにプレミアがついて、定価以上の価格
が表示してあるのもダメな事になります。

ココで、金券ショップとダフ屋の違いは「営業許可の有無」ですね。
リサイクルショップも金券ショップも同じく、客から物品を買い取り、それを他の客に販売するには
「古物商許可証」が必要です。これを持たずに売買をした場合はダフ屋じゃ無くても罰せられます。

ですので、「許可を受けずに、公共の場等で買い取り・販売を行っている」から違法なのではないでしょうか。

参考URL:http://www.crossweb.co.jp/kobutsusyo-main.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
「営業許可」ということですか。わかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/15 15:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q違法駐車1万円いただきますの法的根拠

こんにちは。
疑問があるのでご存知の方お願いします。
レストランや月極め駐車場などでよく見かけるんですが、利用者以外の人が駐車した場合、1万円いただきます。なんて警告が貼ってありますが、あれはどのような法的根拠に則っているのでしょうか?
あるいは法的な根拠などないのでしょうか?
もし、そのような違反行為をした場合は支払う義務があるんでしょうか?
また、された側はそのような罰金?を徴収できるんでしょうか?

Aベストアンサー

法的に損害賠償請求というのは民法709条をご覧になって下さい。
駐車場という他人の権利を侵害したものに対して損害賠償を請求する権利が発生するということです。

刑事的な罰に問えることではありません。

参考URL:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/minpo-709.html

Qソフトウェア譲渡や貸与の禁止や違法駐車の罰金20万円の法的根拠

一部の音楽ソフトの使用承諾条件書には中古での販売や購入は正規ユーザーと認めない。譲渡・貸与も禁止。とかかれていますがこれって法律的にはどうなんですか?もちろん未開封品の場合の話です。
違法駐車も罰金20万円の立て看板があったら法的に払う義務があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>一部の音楽ソフトの使用承諾条件書には中古での販売や購入は正規ユーザーと認めない。譲渡・貸与も禁止。とかかれていますがこれって法律的にはどうなんですか?もちろん未開封品の場合の話です。
中古ゲームソフト問題の時に気になってJASRACにメールで「音楽の中古は問題ないのでしょうか?」と問い合わせたことがあったのですがJASRACからの回答によると「音楽には頒布権がありませんから音楽ソフトの購入後の譲渡は自由です」とのことでした。ですから開封済みであっても譲渡は合法だそうです。貸与については中古問題で問い合わせたので聞いていませんでした。当然、複製については著作権がありますから自由ではありません。
また、使用承諾条件書は購入者に一方的に見せるだけのものですから購入者がこれに同意しなければ契約としては成り立ちません。

>違法駐車も罰金20万円の立て看板があったら法的に払う義務があるのでしょうか?
まず大前提として所有者が「罰金」を徴収することはできません「罰金」を徴収できるのは国だけです。裁判を通じて「損害賠償金」を請求することはできますがこの場合はそれだけの「損害」を受けたことを証明しなくてはなりません。そのような場合も通常は一般的な駐車料金程度しか請求できないそうです。


ですが、その場所を占有していたため業務に支障が生じてそれによって損害が発生した場合などは20万円どころではない金額を請求される可能性もありますが。

>一部の音楽ソフトの使用承諾条件書には中古での販売や購入は正規ユーザーと認めない。譲渡・貸与も禁止。とかかれていますがこれって法律的にはどうなんですか?もちろん未開封品の場合の話です。
中古ゲームソフト問題の時に気になってJASRACにメールで「音楽の中古は問題ないのでしょうか?」と問い合わせたことがあったのですがJASRACからの回答によると「音楽には頒布権がありませんから音楽ソフトの購入後の譲渡は自由です」とのことでした。ですから開封済みであっても譲渡は合法だそうです。貸与について...続きを読む

Q「チケット転売禁止」の法的根拠

当方、某アーティストのライブに良席で参加したいのですが、それには、DVDを買って先行抽選予約のシリアルナンバーをゲットして応募する必要があります。複数公演あり、全公演を良席で見たいので、DVDを複数枚買って応募するつもりです。抽選で当選した中から一番いい席を自分用にとっておいて、あまったチケットはオークションやチケット転売サイトで売ろうかと思ってます。

そこで質問です。最近のチケットには「転売禁止」とか「転売チケット無効」とか書いてありますが、所有権が私(買い手)に移ったチケットを私がどう処分しようと(ダフ行為は除く)勝手だと思うのですが、法律的に「転売禁止」の根拠となる法律・憲法は何なんでしょうか?この点、解説をよろしくお願いします。

「転売禁止」文言は明らかに公序良俗の概念に反しているように思うのですが・・・

チケットを売ること自体が公序良俗に反しているのであれば、一元的独占的に売っているチケットぴあやeplusやローソンチケットは違法なことをやっていると解釈できないのでしょうか?

当方、法律の知識かでないため、やさしい言葉でお願いします。

当方、某アーティストのライブに良席で参加したいのですが、それには、DVDを買って先行抽選予約のシリアルナンバーをゲットして応募する必要があります。複数公演あり、全公演を良席で見たいので、DVDを複数枚買って応募するつもりです。抽選で当選した中から一番いい席を自分用にとっておいて、あまったチケットはオークションやチケット転売サイトで売ろうかと思ってます。

そこで質問です。最近のチケットには「転売禁止」とか「転売チケット無効」とか書いてありますが、所有権が私(買い手)に移っ...続きを読む

Aベストアンサー

真正に所有権を得ている場合、その所有にかかる物の処分については、所有者に広範な自由を認めています。従って、第三者に迷惑のかからない処分法であれば、自由に処分できます。
ここで、“第三者への迷惑”の例としては、自分の家(当然所有権を持つ)がいらないから、火をつけて燃やしてしまう、といった事です。
よって、“他人に売る”ことは適切な処分行為の一つとなります。

しかし、その物の処分に関して他者が制限する方法に、“契約”によるものがあります。
民法において、公序良俗や社会通念に反しない限り、“契約の自由”の原則により、当事者は契約内容を自由に決定することができます。そして、その内容に、“転売禁止”が謳われている場合、当然に当事者はその契約に拘束されます。
その結果、転売ができなくなります。

所有権があるので転売しても、懲役5年等の判決を受ける心配はありませんが、その契約に“転売した場合、チケットを無効にし、代金の10倍の違約金を請求する”などの規定があった場合、相手方はそれを実行する権利を持ちます。

よって、“法律的に「転売禁止」の根拠となる法律”は、民法です。

そして、“一元的独占的に売っているチケットぴあ”については、同様の理屈により、販売元と小売に関して、そのような“契約”を結んでいるだけです。

また、個人と業者で締結されている契約が違うことが、“平等ではない”と考えるのは、その不平等が法令に反している場合(例:旅館業法5条)や公序良俗に反する場合を除いて、契約当事者の“自由”です。

真正に所有権を得ている場合、その所有にかかる物の処分については、所有者に広範な自由を認めています。従って、第三者に迷惑のかからない処分法であれば、自由に処分できます。
ここで、“第三者への迷惑”の例としては、自分の家(当然所有権を持つ)がいらないから、火をつけて燃やしてしまう、といった事です。
よって、“他人に売る”ことは適切な処分行為の一つとなります。

しかし、その物の処分に関して他者が制限する方法に、“契約”によるものがあります。
民法において、公序良俗や社会通念に反しな...続きを読む

Q違法な行為に、違法な行為。

河川敷ゴルファーと、当たり屋。
河川敷でゴルフをやっている人がいますが、ボールが飛んできたことによって、「おいおい、にーちゃん、こりゃは骨折やな、治療代払えや。」って、当たり屋さんがいた場合どっちが悪いのでしょうか?
もしくは、国土省のもんやけど、所場代払えや。とか。

泣き寝入る人もいると思いますよ。

河川敷で野菜を作っている人もいますが、実が付いた時に、食べちゃえばいいんですよ。

どっちが、どうなりますか?

Aベストアンサー

「どっちが悪いか」というのが「どっちが法令違反か」という質問ならば、以下の通りです。

その河川敷がゴルフの練習を禁止しているなら、「どっちも法令違反」です。
その河川敷を占有して園芸をやる権限がないのなら「どっちも法令違反」です。

「どっちが悪質か」という意味なら、それは法律論ではありません。#3の回答の通りケースバイケースといわざるを得ないです。

なお、余談ですが「正当防衛」(刑法36条)と「緊急避難」(刑法37条)は別ものです。したがって「緊急避難として正当防衛が認められる」などということは法律的には「絶対に」ありません(なお、民法上も両概念が存在するがこれも別もの)。……いつぞや同じことを書いた気がします。

Q貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 

貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 
タイトルの通りですが、無職の方や前科のある方が賃借りを求めてきた場合に、それを「法的」な根拠でことわることはできるでしょうか?もしあるとしたらどのような法でしょうか?お詳しい方教えてください。
もちろんどんな立場の方であれ、断る権利はあるかと思いますが・・・

Aベストアンサー

>近年「消費者」の方が強く権利を主張する傾向を感じる世の中ですよね。良いのか悪いのか・・・

それは契約してしまった後のことですね。消費者の不利になる契約は無効とする消費者契約法の事を言われてるのでしょう?。

契約する前の段階においては貸主、売主にもできる事はたくさんあります。

不動産の賃貸であれば、家賃保証会社との契約を条件にするとか、家賃はクレジットカードからの引き落としを条件にするなどの工夫をすれば、かなりリスクを回避できると思います。

無職や前科のある人は契約行為はできません。などと法律で定めることは無理です。

なので契約条件のハードルを上げるしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報