日本市場で何かと荒稼ぎしていると言う、噂の外資系ヘッジファンドですが、実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?
また、破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?

それから、ヘッジファンドは、空売りで売り浴びせたり、投機的な事も平気でやるのに、投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?


No.2の方と同様の意見ですが、投資家が要求しているのは、株や債券の動向に関わらず、15%とかいったかなりの高利回りを概ね安定的に出す事、だと思います。 (といっても、運用手法からして、半年ぐらい▲20%ぐらいの実績になったら、ファンドマネージャー失格だ、ってな事はないと思いますけどね…。)

>破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?
No.1の方が言っているのは、「Long Term Capital Management」ですね。オプションのプライシング理論で有名なノーベル賞受賞経済学者や、元ソロモンの伝説的トレーダーが作ったファンドで、大手銀行も相当そのファンドに貸付けていたので、話題になりました。
これは特別有名になったやつの話で、静かに消え去って行くファンドは他にも無数にあるはずです。「現存するヘッジ・ファンドの利回り実績の平均から、ヘッジファンドそのものの利回りの平均を推測する事はできない」というのは、よく知られた話です。運用に失敗したファンドは、もう消えてしまったからです。(今残っているファンドが、「相対的に上手かったのか」「これから生き残る確率が高いのか」、というのも、実はまた別の問題。)

>ヘッジファンドは、空売りで売り浴びせたり、投機的な事も平気でやるのに、投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?

ヘッジファンドは、上昇からも下落からも儲けようとしているのに、投資信託はいつも上昇に期待しているだけなのは何故か、という疑問だと思いますが、それは「約束事」が違うからだと思います。
一般的な投資信託の場合、そのファンドが「どうなれば儲かるか(例えば、株が上がれば)」は比較的わかりやすく、だからこそ、株が上がると思った人はその投資信託を買うし、既存の保有者は株が下がりそうだと思ったら売るわけです。
ヘッジファンドのような運用をした場合は、儲かるかどうかはファンドマネージャーの予測が当たるかどうかにかかっています。
つまり、投資信託は、一般論としては、買う側が株式投信なら株式の、債券投信なら債券の、リスクを取りたい、と考えている事を前提に運用している、という事になります。ヘッジは、程度問題ではありますが、かりにフルヘッジなんかされると、株が上がると思って新たに保有者になった人は、全くその目的が達成できなくなります。(日経平均連動のベア型投信は、株が下がる方にかけていますが、常にそうなっているので、「伝統的な投資方法」ではありませんが、それはそれでOKという事です。)小口資金を集めるには、投資信託のように、基本的なリスク(=リターンの源)が何処にあるのかを、はっきりさせておいた方が簡単です。
ですから、逆に言えば、ヘッジファンドは、元来は小口で幅広くお金を集めるような商品ではありません。今では、そういうファンドもたくさんありますが、ソロス等の有名どころでは、普通の個人はおよびじゃありません。

尚、ヘッジファンドの利回りが高いのは、レバレッジが効いている為です。現物株式風に言えば、信用取引きで、手金の何倍もの売りも買いもやる、って事です。(No.2の方は、オフショア・ファンドの一般論とちょっと混同しているような気が…。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 16:23

>日本市場で何かと荒稼ぎしていると言う、噂の外資系ヘッジファンドですが、実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?



ヘッジファンドの利回りを見て単純に運用がうまいとい思うのはナンセンスです。彼らはオプションや先物などのデリバティブを駆使して、通常の投資家であれば100億円の投資は100億円の株式の効果に過ぎないところを、100億円の投資で300億円あるいはそれ以上の価格の振れの効果を与えるような運用を行っています。彼れのファンドマネージャーの運用がうまいかどうかの判断は利回りを当該期間の収益の標準偏差で割り算出し、市場のベンチマーク(株価指数を使用する事が多い)と比較してこの数値が高ければうまい低ければ下手ということになります。
このようにリスクを増加させることをレバレッジと言いますが、レバレッジを大きくしたもので利回りだけを見れば40%以上のものもありました。


>破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?
破綻した会社ということであれば、前述の方の例の通りです。
これ以外にも、利回りが良いということでお金を集めておいて、その後利回りがマイナスになりファンドから資金を引き上げられるということは日常茶飯事です。
人間は自分が損しているとどこかで儲かっている人間がいると考え価値ですが、市場全体が下落している時に儲かっている人は少なく、かつ時価総額の低下を全員で享受しているわけですから 参加者全員のベースではマイナスなのです。外資系ファンドが日本を食い物に儲け続けられるならば、同じ手法を取り続けているでしょうが、そうでないところを見ると極限られた所のレアケースを見るべきだと考えます。

>投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?
『ヘッジ=儲かる』とお考えならば間違いです。株式に投資して完全にヘッジ(完全なヘッジは無理なのですが)を行った場合の投資収益率は短期金利と同じになります。従って、完全なヘッジを前提とするとMMFなどと変らない利回りしか享受できず、ビジネスとしては成り立たないのです。このため、このような商品は設計しないでしょう。
また、株価の下落方向の売買手法に関してはSECなどが眼を光らせていますし、金融庁あるいは法制上から様々な規制があります。(仮に、下落すると判っていたとしても、ベア型ファンドでない限り売り超にはできないなど)
むしろ、日本国内のヘッジファンドの規制がこのように甘いのかと言う事の方が気になります。米国政治家につながっている有力ファンドもあり、日本政府としては規制をかけ難いということであれば、現在の市場は同ファンドの草刈り場となっていると言えるでしょう。

御参考にしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 16:24

>それから、ヘッジファンドは、空売りで売り浴びせたり、投機的な事も平気でやるのに、投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?



まず「ヘッジ」という言葉についてですが、これは買い
ポジションと空売りポジションを同時に持ってリスクを
小さくするような手法を意味しています。上がると思った
ときに買い、下がると思ったときに空売りするのはヘッジ
ではなく、両方向への投機とでもいうべきものです。

この意味で、「ヘッジファンド」はヘッジをしている
ファンドのことではありません。語源は確かにヘッジの本来の
意味から来ているのですが、現在では空売り、デリバティプ、
レバレッジなどの手法を自由に使っている私的なファンドの
ことを「ヘッジファンド」と呼んでいるのです。ヘッジを
常時おこなうヘッジファンドもあるようですけどね。

質問の意味は投資信託(ミューチュアルファンド)がなぜ
マーケットが下がっていくときに空売りをしないのか、と
いうことですよね。

ミューチュアルファンドは「伝統的な投資方法」を実践
するために存在しているからだと思います。「伝統的な
投資方法」とは株や債権を長期に渡って保有すると必ず
利益を生み出してくれる、という思想に基づくものです。
これは人間が豊かな生活を目指して努力する存在である
ことを考えると、おおよそ妥当な思想であると思われます。
実際、歴史を振り返ると株を超長期(10年では不足)
に保有すると必ず値上がりしていると言えるでしょう。
マーケットの目先の値動きを予測するは誰にとっても
大変難しいので、この難しさを避けて上記の思想に頼ろう
とするのがミューチュアルファンドが採用する手法なの
です。

法律的にもミューチュアルファンドはこの投資方法を
はずすことが出来ないように厳しい規制が設けられて
いるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 16:22

 あまりにもピンからキリまでありすぎてどのくらいと言われても、-100%~+200%くらいとでも申しましょうか・・・


 まあ平均すれば、景気プラス5~10%といったところではないかと思います。 米国の景気華やかなりし頃は+15~40%くらいが主流だったでしょうか。 今は多くのHFがマイナスに落ち込んでいますが。

 ヘッジファンドは別に魔法の小槌ではなく、基本的には「規模の有利性」と「節税」の2つの利益を、インフレに上乗せした形で収益にします。 特に節税は大きく、タックスヘイブンにペーパーカンパニーを置き運用することで、年数%の租税負担を免れるのが普通です。 またそうすることで法の支配を免れ、預金保険その他の引当を省略して収益とすることも多いようです。 要するに潰れたらそれまで!担当者が持ち逃げしてもそれまで!です。

 そういうわけなので、米国の景気が陰って以来、潰れたHFももちろんあります。

 次に後半の質問ですが、意味がわかりません。 投資信託はヘッジしない-とはどう言う意味でしょうか? HFが投信を売り買いしないという意味でしょうか?

 もしそうだとすると、それはたぶん誤解です。 HFは儲かるなら投信だろうが神様だろうが何でも売買しますよ。(目論見にある趣旨で縛ってある場合はもちろん別ですが) HFが投信を買わないのならそれは「その投信が儲からないから」です。

 投信なんてものは必ず運用者に手数料を取られます。 HFからみればその金は全くの無駄です。 自分でやればよいのですから。 よって原理的にHFが投信を買うのはオカシなことだといえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/21 16:20

>破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?


TVでも特集番組で取り上げられましたが、アメリカのヘッジファンド(名前は忘れましたが)の破綻は有名です。
ノーベル経済学賞を受賞した経済学者を集めて、最近の金融工学の最先端の手法を持ってしても、上手くいかなかったようです!

そう言えば、「ジョージ・ソロス」氏の動向は最近はどうなのでしょうかね・・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。ヘッジファンドでも破綻したところあるんですね。

お礼日時:2001/12/16 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘッジファンド、外人さん達の決算時期は?

最近、決算・利益確定売りと言われていますが、
ヘッジファンド決算時期は、何月と何月でしょうか?

去年の10月21~23日頃、上げが終わり下げが始まりました。
バーチャルでもうけまくっていた私は、押し目だろうと考え
そのままホールド、結果は、散々でした。
これはすごく勉強になりました。
このころも、確か外人の決算利益確定売りと言われていました。

1年間の内、ヘッジファンド、外人、等の決算とは何月と何月
なのでしょうか?

また、決算のどのくらい前から利益確定を狙った(売り)(買い?)が始まるのでしょうか?

Aベストアンサー

ヘッジファンドの決算は11月末と12月末に集中しています。半期決算は、それぞれ、5月末、6月末ということになります。この時期には、ヘッジファンド顧客の解約が膨らみ、これに対応すべくヘッジファンドのポジション手仕舞いが起こりやすくなります。
昨年は、5月、6月に、銀行、不動産、建設株で大規模なショート買戻しがありましたが、今年は逆になっています。

『決算のどのくらい前から利益確定を狙った売り/買いが始まるのでしょうか?』
これはなんとも言えませんが、通常は5月又は11月始めからということになります。今春に関しては、3月頃から顧客からヘッジファンドのマネージャーに解約の意向が伝えられましたので、4月半ばからヘッジファンドの売りは出ていました。

Q為替ヘッジありのファンドについて

海外債権ファンドでの投資を考えているのですが、金融機関で勧められたファンドは全て「為替ヘッジなし」のファンドです。できれば「為替ヘッジあり」のファンドでの運用もしたいと思っているのですが、どのようなものがあるのでしょうか?唯一「グローバル・ボンド・ポート」の資料だけはもらいました。他にも何かありますか?もしかしたら馬鹿な質問なのかもしれませんが、初心者なのでお許し下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たくさんありますよ。

ピムコのハイインカムファンドとか。
パターンとして多いのは海外ハイイールド債に投資してる外国投信で毎月分配型とかだとヘッジありとなしを選べたりしますね。(AコースとBコースとかです)

あとは債券型じゃないですけど上場不動産投信へ投資する投信とか株式型はヘッジあり多いんですよね。

理由は簡単で為替ヘッジってすごくコストがかかるんです。さらに海外の投資信託は購入手数料に加えて「信託報酬」ってのがまず絶対あって年間1~3%とられます。そうやってるうちに当然利回りが悪くなるわけですね・・・。
信託報酬は投信会社の収入源なので確保したい、かといって利回りが小さければそもそも売れない・・・しかたないから為替ヘッジとっちゃえ。ってのが結構大きい理由です。
株式型はそもそも投信の運用設計が違いますから為替ヘッジコストくらいどうでもいいのですね。そもそも為替がどうでもいいくらい株が動きますからw

Qヘッジファンドについて

日本市場で何かと荒稼ぎしていると言う、噂の外資系ヘッジファンドですが、実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?
また、破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?

それから、ヘッジファンドは、空売りで売り浴びせたり、投機的な事も平気でやるのに、投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?

Aベストアンサー

>実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?
No.2の方と同様の意見ですが、投資家が要求しているのは、株や債券の動向に関わらず、15%とかいったかなりの高利回りを概ね安定的に出す事、だと思います。 (といっても、運用手法からして、半年ぐらい▲20%ぐらいの実績になったら、ファンドマネージャー失格だ、ってな事はないと思いますけどね…。)

>破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?
No.1の方が言っているのは、「Long Term Capital Management」ですね。オプションのプライシング理論で有名なノーベル賞受賞経済学者や、元ソロモンの伝説的トレーダーが作ったファンドで、大手銀行も相当そのファンドに貸付けていたので、話題になりました。
これは特別有名になったやつの話で、静かに消え去って行くファンドは他にも無数にあるはずです。「現存するヘッジ・ファンドの利回り実績の平均から、ヘッジファンドそのものの利回りの平均を推測する事はできない」というのは、よく知られた話です。運用に失敗したファンドは、もう消えてしまったからです。(今残っているファンドが、「相対的に上手かったのか」「これから生き残る確率が高いのか」、というのも、実はまた別の問題。)

>ヘッジファンドは、空売りで売り浴びせたり、投機的な事も平気でやるのに、投資信託はヘッジしないのは何故なのでしょう?

ヘッジファンドは、上昇からも下落からも儲けようとしているのに、投資信託はいつも上昇に期待しているだけなのは何故か、という疑問だと思いますが、それは「約束事」が違うからだと思います。
一般的な投資信託の場合、そのファンドが「どうなれば儲かるか(例えば、株が上がれば)」は比較的わかりやすく、だからこそ、株が上がると思った人はその投資信託を買うし、既存の保有者は株が下がりそうだと思ったら売るわけです。
ヘッジファンドのような運用をした場合は、儲かるかどうかはファンドマネージャーの予測が当たるかどうかにかかっています。
つまり、投資信託は、一般論としては、買う側が株式投信なら株式の、債券投信なら債券の、リスクを取りたい、と考えている事を前提に運用している、という事になります。ヘッジは、程度問題ではありますが、かりにフルヘッジなんかされると、株が上がると思って新たに保有者になった人は、全くその目的が達成できなくなります。(日経平均連動のベア型投信は、株が下がる方にかけていますが、常にそうなっているので、「伝統的な投資方法」ではありませんが、それはそれでOKという事です。)小口資金を集めるには、投資信託のように、基本的なリスク(=リターンの源)が何処にあるのかを、はっきりさせておいた方が簡単です。
ですから、逆に言えば、ヘッジファンドは、元来は小口で幅広くお金を集めるような商品ではありません。今では、そういうファンドもたくさんありますが、ソロス等の有名どころでは、普通の個人はおよびじゃありません。

尚、ヘッジファンドの利回りが高いのは、レバレッジが効いている為です。現物株式風に言えば、信用取引きで、手金の何倍もの売りも買いもやる、って事です。(No.2の方は、オフショア・ファンドの一般論とちょっと混同しているような気が…。)

>実際の話しどのくらいの利回りなんでしょうか?
No.2の方と同様の意見ですが、投資家が要求しているのは、株や債券の動向に関わらず、15%とかいったかなりの高利回りを概ね安定的に出す事、だと思います。 (といっても、運用手法からして、半年ぐらい▲20%ぐらいの実績になったら、ファンドマネージャー失格だ、ってな事はないと思いますけどね…。)

>破綻したヘッジファンドなんかもあるのでしょうか?
No.1の方が言っているのは、「Long Term Capital Management」ですね。オプションのプライシング理...続きを読む

Qヘッジファンドとは何ですか

ヘッジファンドについてですが、不景気でも強い、また、リターンが高い等聞いたことがあります。

それは何故でしょうか?どのような仕組みになっているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.1です。
アメリカで規制している空売りは株式市場で、株の裏付けなしに空売りすることです。全面禁止もしました。
値上りしているのに空売り規制をかけても効果はあまりありません。むしろ、先物なら証拠金率を上げるほうが効果があると思います。
ともかく、彼らは、シロウトが簡単に理解できるような手法は使いません。

Qヘッジファンドの意味について教えて下さい。

ヘッジファンドの正確な意味を教えて下さい。不特定多数から投資家を募集するのが通常の投資信託商品等であるのに対し、限られた人間から膨大な資金を集め運用するのがヘッジファンドであると某URLに記載されていました。そうすると村上ファンドなどはヘッジファンドということになるのでしょうか?不特定多数の一般からは資金を募っていないようですし、募集金額は相当な額だと聞きました。ご回答の程よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

●「ヘッジファンド」については、こちらをご参考に。

http://www.nomura.co.jp/terms/japan/he/h_fund.html

Q海外のヘッジファンドに投資したい

海外のヘッジファンドに投資したいのですが、入門的な知識はどこで得られますか?

Aベストアンサー

以下のサイトも初心者向けで参考になりますよ。
「みんなの海外投資」http://www.minkaigai.com/archives/3694
意外と簡単に国内からも投資できることがわかります。

参考URL:http://www.minkaigai.com/

Qヘッジファンドについての書籍

ヘッジファンドについてのレポートを書こうと考えています。ヘッジファンドの概要が知りたいのですが、おすすめの本はありませんか?図書館で検索したのですが手ごろなものがなかったもので…。理論的なものよりもできるだけやさしいことばで書かれているものがよいです。

Aベストアンサー

以下の中にはありますでしょうか・・・??
=========================================
ヘッジファンドのすべて/ジョセフ・G.ニコラ…[他]/東洋経済新報社/2000.6 
ヘッジファンドの素顔/IMF[他]/シグマベイスキャピタ…/1999.2 
ヘッジファンドの神話と真実/今井澂/ダイヤモンド社/1999.8 
ヘッジファンドの興亡/宮島秀直/東洋経済新報社/1999.7 
ヘッジファンドの虚実/足立真一/日本経済新聞社/1999.5 
小説ヘッジファンド/幸田真音/講談社/1999.3 
ヘッジファンドの世界/J.レダーマン,R.…[他]/東洋経済新報社/1999.1 
ヘッジファンド/浜田和幸/文藝春秋/1999.1 
===========================================

ご参考まで。

Qヘッジなしのファンドについてお聞きします

単純な質問なのですが、ヘッジなしのファンドは、円相場が変わるとその分毎日の基準価額に反映されるのでしょうか?
円高になると毎日の基準価額が下がり、円安になると毎日の基準価額が下がる方向に反映されるという解釈でいいと思うのですが・・
ご教授をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

為替ヘッジをしないファンドは、基本的には、円高時には基準価格は円ベースで下がり、円安時には基準価格は円ベースでは上がります。勿論、現地通貨ベースでの価格変動の上下が、為替の動きを相殺するぐらい動けば別の話ですけど。また、円安・円高といっても、通常は対ドルで言われる事が多いですが、欧州株や欧州債券に投資するファンドであれば、対ユーロ・対ポンドなど、欧州通貨に対する円のレートの影響を受けます。
それから、ヘッジありのファンドでも、特に債券に投資するファンドの場合、為替をフルヘッジする事は稀なので、ヘッジありのファンドでも為替の影響は受けるのが普通です。

Qヘッジファンドの売り

ヘッジファンドの売りタイミングについての質問です。
ここ数ヶ月の下落をみると、01銘柄を初めとした大型株の下落率が日経平均を上回っています。ヘッジファンドの換金売りと言われています。

解約申し込みがあった場合ヘッジファンドは解約分だけ換金売りをするのでしょうか?
それとも更なる下落を見越して解約申し込み以上を売ってしまうのでしょうか?
もし前者とすれば45日ルールを過ぎた後は売りが止まると思うのですが?

もちろん景気動向、上昇、下降、BOXのトレンドによって一概にどちらとも言えないことは十分分かっていますが、あくまで、現在のような下落相場での一般的な傾向としてどうかという質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1203005553/
----------------------------------------------------------------
上記のサイクルと、今月(10月)については、ヘッジファンドの決算は11月が多く、この決算での45日前が10月15日頃で今下げてる換金売りの原因も少しはありそうに思います。

10月半ばまで換金売りが続くかもしれません。

専門家や業界人じゃなく個人トレーダーですのでこの程度の知識です。
私も関心のある話題でしたので参考程度に投稿しました。

Qヘッジファンド

昨年は、日本の国債以外ほとんどの資産が値上がりするよい年でしたが、今後の下落場面も考えると、買いだけでなく、売りからも利益をもたらす、ヘッジファンドに魅力を感じています。
100万円以下で買える投信の内で、マネックス証券が販売しているアジア・ファンド・オブ・ファンズ連動型投信(愛称アジアフォーカス)と、野村證券が販売しているGSグローバル・マーケット・ストラテジーが、良さそうに思えます。

アジアフォーカスは、アジアを投資対象とする、いろいろな戦略をとるヘッジファンドを組み合わせたもので、リスクを、インデックスファンドの半分に設計し、年10%ほどのリターンを目指しているそうです。

GSの方は、主に先進国を投資対象にして、グローバルマクロ戦略をとっています。シグマが10.72、シャープレシオが1.80ですので、リスクも低く、リスク以上のリターンを出しているように思います。

日本の国債以外の投資比率は、日本株と外国債券と外国株が5対4対1くらいです。外国株部分は、先進国の株は、日本株と連動するのでほんの少しだけで、これらと相関性の低い新興国の株がメインです。

株部分の投資は、投信とETFのみで、個別株に投資したことはありません。検討中の投信は、どちらも、株やその他の投資をしてきた人を対象に販売しているようですが、買うときと売るときの見定めが難しいものなのでしょうか?リスクが、高いものなのでしょうか?
何か注意する点は、ありますか?

昨年は、日本の国債以外ほとんどの資産が値上がりするよい年でしたが、今後の下落場面も考えると、買いだけでなく、売りからも利益をもたらす、ヘッジファンドに魅力を感じています。
100万円以下で買える投信の内で、マネックス証券が販売しているアジア・ファンド・オブ・ファンズ連動型投信(愛称アジアフォーカス)と、野村證券が販売しているGSグローバル・マーケット・ストラテジーが、良さそうに思えます。

アジアフォーカスは、アジアを投資対象とする、いろいろな戦略をとるヘッジファンドを組み合わ...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。私は、REIT自体が素晴らしい金融商品であるとは思っていません。おっしゃられているようなリスクとくに金利上昇下の状況では、REITでキャピタルゲインをねらえるわけではないと考えています。

tuiteruさんの質問のご趣旨が、株式投資へのリスク軽減におありになるかなと、勝手に推測した次第です。

ポートフォリオ構成の一般論としては、資産クラスとして株式と債券が大きな柱となると思います。最近の傾向として、REIT・不動産や商品、ヘッジファンドへ資産の一部を振り分ける手法が一般的です。これは、リターンを追求する目的ではなく、株式中心のポートフォリオで発生するリスクを軽減するのが主な意図です。REITや商品の価格が下落しても、株式のリターンがそれを上回れば良いという考え方です。

つまりREITや商品への投資が威力を発揮するのは、株式が下落局面でも、これと無相関に安定的なリターンを得られるからだと思います。いわば株式投資でリスクを取る保険です。株式とREITの両方が下落する可能性ももちろんありますが、株式のみを持ちつづけるよりもリスク面でマシかと思います。この目的での投資比率は、数パーセントでも劇的な効果があるようです。

REITの良いマーケットタイミングは判りません。ただ、REIT悲観論が流れ、一時のブームが収まっている今は直観的には”買い”かなと思っています。少なくとも、いま一つの資産クラスである商品投資よりは良いかと思います。原油や金に今手を出すのは、高いビルの屋上からジャンプするのと同じで相当勇気が要りますね。プーチンは原油価格を維持するためには、スカッドミサイルを中東諸国に飛ばさせるのも平気だろうという方もおられますが、、、。

ヘッジファンドに関しては、マーケットのボラティリティが存在する限りにおいて存在意義はあると思っています。しかし、現在のところ、まとまった資産がない個人には有効な投資機会がなく、投信会社の手数料収入の餌食にしかならないと考えています。

#1です。私は、REIT自体が素晴らしい金融商品であるとは思っていません。おっしゃられているようなリスクとくに金利上昇下の状況では、REITでキャピタルゲインをねらえるわけではないと考えています。

tuiteruさんの質問のご趣旨が、株式投資へのリスク軽減におありになるかなと、勝手に推測した次第です。

ポートフォリオ構成の一般論としては、資産クラスとして株式と債券が大きな柱となると思います。最近の傾向として、REIT・不動産や商品、ヘッジファンドへ資産の一部を振り分ける手法が一般的です。こ...続きを読む


人気Q&Aランキング