交通事故で亡くなった人がいる場合、亡くなった人にも過失があれば罪にならないのですか?
保険で処理される問題なのですか?
すみませんの一言もなく、電話で「保険会社の方に任せてますから。」で葬式にも参加しないものなのですか??
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 業務上過失致死傷罪は、当然ですが行為者無過失であれば成立しません。

被害者の過失の有無・程度は、罪の成否には直接関りません。あくまで行為者の過失が判断されますから、被害者に過失があっても、行為者に過失があれば成立しますし、被害者に過失がなくても、行為者に過失がなければ犯罪は成立しません。

 ただ、行為者に過失がある場合でも、被害者の過失との相関関係によっては、行為者の違法性が低く評価されますから、刑事上の罪は軽微で終わる場合もままあります。

 後半の方のご質問は、具体的な事例が記されておりませんでしたので何とも言えません。交通事故によって相手を死亡させた者が、保険会社に民事賠償の解決を一任し、自らは何もしないというケースでしょうか。交通事故を起こしてしまった場合、まして相手を死に至らしめた場合、多少なりとも行為者に過失があるのであれば、葬式には参加すべきですし、遺族にお詫びの言葉を入れるのが筋でしょう。また、賠償についても、保険会社に一任せずに自ら積極的に働きかけるべきです。

 もし被害者の遺族が相手の示談交渉に応じなければ、調停・訴訟へとずれ込むことになりますから、民事に関しては話がこじれることになります。これは、加害者にとっては大きな不利益になる可能性があります。すなわち、刑事上の罪が重く認められてしまう可能性があります。加害者の刑事責任は、事故後の誠意ある対応によっても大きく変わってきますから、反省の色が窺えないということになると、刑罰が重くなる場合がままあります。そのため、通常は、加害者は被害者に対して誠心誠意尽くすものです。

 加害者の態度に誠意が感じられない場合、示談交渉を拒否するのもひとつの手です。相手はこの上なく不利な状況へと追い込まれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

相手の加害者の人を被害者の家族は見たことがないそうです。全て保険会社の人に任せてるため。最近はこういう人多いらしいですが。そんな事ではいくら心の広い人でも「許せない」ってなりそうです。警察にも被害者の家族が死亡したことを伝えたら「え。そうなんですか??」という反応だったみたいです。酷い話です。示談拒否。それくらいしてもいいですよね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 00:17

 亡くなった方に過失があったとしても、相手が亡くなった事実は事実ですので、過失致死罪あるいは業務中であれば業務上過失致死罪が適用されます。

亡くなった方の過失が大きければ、裁判で罪が軽くなるなどの判断材料にはなりますが、無罪にはならないでしょう。

 通常は、亡くなった方が一方的に過失があったとしても、相手は葬儀には参加するのが常識かと思いますし、遺族の方にも当然、直接謝罪するのも常識かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。葬儀に参加はしますよね。
亡くなったのが平日だったらしく、その加害者の
人は葬儀に来ず会社に普通に出勤してたそうなんです。そんなんでいいのか??って凄く疑問に思った
もので、質問させていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/16 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重過失傷害罪と業務上過失傷害罪、どちらが重い罪?

重過失傷害罪と業務上過失傷害罪とでは、どちらが刑法上の罪は重いのでしょう?

Aベストアンサー

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高い
はずなので、同一の注意義務に違反しても逸脱の程度が大きいからであって、その
意味では「重過失の一類型」だという考え方が一般的で、過重についての法的根拠
としては「特別に高度な注意義務が課されているとする説」、「法律的意味の考慮
が不足しているとする説」 、「被害法益が重大とする説」、「認識の範囲が広く
また認識が確実とする説」等々の学説があります。

また「重過失」とは、「通常の過失に対して、行為者の注意義務に違反した程度が
著しい場合、換言すれば、些細な注意を払うことを怠った場合」をさすようです。

従って通常人が予想するとおり、罪の軽重としては、「過失」「業務上過失」そして
「重過失」の順に重くなるのが理論上は正しいでしょう。

osapi124でした。

刑法第209条以降に定めのある「過失傷害の罪」については、「業務上過失致死
傷罪(211条前段)」、「過失傷害罪(209条)」、「過失致死罪(210条)」、
「重過失致死傷罪(211条後段)」があります。

「業務上」の“業務”とは、「人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う
事務(行為)」で、自動車の運転等がこれにあたり、初めて運転した場合でも、
継続を予定した形態でされた場合には、「業務」にあたります。

「業務上過失」が「通常の過失」より加重されるのは、業務者は注意能力が高...続きを読む

Q過失傷害罪・重過失傷害罪の時効は?

今、「過失傷害罪・重過失傷害罪」の刑法上での時効について調べているのですが、六法全書には載っていませんでした。


どなたかご存知でしたら教えてください!


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公訴時効ではなくて、刑法上の事項ですね?
刑法209条、211条第1項、32条を参照ください。

公訴時効なら、上記に加えて刑事訴訟法250条を参照ください。

Q殺人罪ではなく過失致傷罪(時効)

仮定の話です。14年間逃げていたXさんが逮捕され、殺人罪で起訴されました。裁判で殺人ではなく自殺幇助だったと認められました。その場合は時効が成立しているので無罪となるのでしょうか?

Aベストアンサー

殺人罪(199条)で起訴されれば、あくまでも、殺人罪に該当する事実があるのかどうかについて審理されます。

裁判所が、自殺幇助にしか過ぎないと認定すれば、殺人罪の事実がないので、犯罪事実なしとして無罪です。仮に、自殺幇助が時効になっていなかったとしても、訴因が最後まで殺人罪のままであれば、無罪です。

検察が途中で訴因を変更し、適用罰条も202条に変更すれば、それ以後は、自殺幇助について審理することになり、自殺幇助が時効になっていなければ、202条で有罪となります。ただ、本件は、時効が成立しているので、変更した時点で公訴棄却となって、裁判は終了します。

Q重過失失火罪と失火罪の境界

重過失失火罪と失火罪の境界はどこなのでしょうか?

Aベストアンサー

一般に重過失とは注意義務違反の著しい過失、言い換えれば「ほんのちょっとの注意で予見でした、あるいは防げた過失」を指します。

たとえば灯油を運んでいるときにくわえタバコをしていたためにタバコの火が落ちて失火した、なんてのは、ほんのちょっとの注意を怠ったとして重過失となるでしょう。

Q危険運転致死傷罪と過失致死罪、一事不再理の関係

亀岡死傷の交通事故でも問題になっている
重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
どちらで起訴するかについてです。

この時の課題ですが、危険運転致死傷罪で起訴しても
この罪が適用されない場合、再び業務上過失致死罪で
起訴できないという事です。
ここで疑問に持ったのが、2つなのです。

1.本当に業務上過失致死罪に問えないのでしょうか?
 一事不再理が適用されると聞いたのですが、本当ですか

2.殺人罪の場合どうなんでしょうか
 ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
 殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
 無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
 刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?

 それならば、まずは危険運転致死傷罪で起訴して、
 そこから最高20年から禁固XX年を科す事が
 できないのでしょうか。
 
 それとも危険運転致死傷罪と業務上過失致死罪の関係は
 泥棒した人を窃盗罪でなく殺人罪で起訴するくらい
 大きな隔たりがあるのでしょうか

Aベストアンサー

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害致死罪
(3)Aに「殺してほしい」と頼まれた甲がAを撃った→嘱託殺人罪
(4)甲が銃の手入れをしていたら暴発してAに当たった→過失致死罪
というように1個の自然現象について4種の評価が成り立ち得るわけです。
この時もし「それぞれ罪名から違うから一事不再理は及ばない」ということになれば、Aは最大4回も裁判を受ける羽目になります。
そんな馬鹿な話ありますか!?
(1)~(4)は罪名(=訴因)こそ違えど背景にある事実は同一なのですから、一事不再理が及ぶと解すべきなのです。
これと同じことが危険運転致死傷罪と自動車運転過失致死罪についても言えます。

もうひとつ大事なルール。
検察が起訴した訴因より重い判決を下すことはできません。
たとえば検察は(2)傷害致死罪で起訴したのに、裁判所が甲の殺意を認定して(1)殺人罪とすることはできません。
逆に軽く認定することはできます。
裁判の途中で検察が「やっぱ(1)殺人罪やめて(2)傷害致死に変更します。」と言うこともあります。(訴因変更)
じゃあ検察はとりあえず一番重い訴因で起訴しとけばいいんじゃないの?って話になりますが、さすがにそれは検察が馬鹿と思われるのでやりません。
自分たちが立証できそうだなと考える範囲で訴因を決定します。

分かりやすく書いたら長くなってしまいました。
理解の助けになれば幸いです。

(おまけ1)
>重大事故時での、危険運転致死傷罪、業務上過失致死罪
自動車事故は「業務上過失致死罪」ではなく「自動車運転過失致死罪」に変わりました。

(おまけ2)
>ひとを殺して殺人罪で起訴されても、
>殺意がなく、業務上過失致死罪レベルの場合、
>無罪ではなく、殺人罪での幅を持たせた
>刑罰(死刑~禁固XX年)から刑罰をあたえますよね?
殺意がなかった場合は業務上過失致死罪に罪名を変更した上、業務上過失致死罪の刑罰の範囲内で処断します。
殺人罪のまま刑罰を軽くするわけじゃないですよ。

刑事訴訟法の教科書に必ず出てくるテーマですね。
No.1の方もサラっと書いておられます「訴因」がキーワードです。

分かりやすく殺人罪を例に挙げますと、「甲がAを銃で撃って死亡させた」という事実があるとします。
これは自然科学的な事実であり誰の目にも変わることはありません。
しかし犯罪というのはそこに主観―すなわち甲の意思・Aの意思.―その他を重ね合わせて評価したものです。
(1)甲が殺意をもってAを撃った→殺人罪
(2)甲はAにケガを負わせる意思で足を撃ったところ、当たり所が悪くAは死亡した→傷害...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報