「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

現在新築を検討しているものです。業者と間取りの相談をしているのですが、土地が狭いためにどうしても隣人(私にとって南)側との境界から50cm~60cmのところに建てたいと思っています。

市役所に確認したところ50cmの間隔でOKの土地とのことでした。

また同じ町内会の人がその小路に全員が面しているんですが、ほとんど全部の建物が隣人からの境界からそれぞれ50cm程度(つまりほとんど隣人宅の隙間が1m)のところに建てられています。ちなみに隣人の建物も境界線から50cmくらいです。

過去ログを見ると、隣人の了解があれば50cmに建てられるそうですが、隣人がNGを出した場合でも、近所の慣習が50cmで建てられている場合、隣人がNGでも建てられるようなことが書かれていました。

http://oshiete.homes.co.jp/kotaeru.php3?q=1857746

の#3など。

これは民法で明記されているんでしょうか?
できれば、下記内容は民法の何条に明記されているか教えてもらえないでしょうか?

・境界から50cm以上空ける必要がある
・近所の慣習上でほとんど50cmで建てられている場合、これを優先する(・・・という内容?)

また、1m未満で建てた場合に隣人が窓に目隠しを要求できるのは、具体的にはどういった内容なのでしょうか?

隣人の窓と真正面の窓だけでしょうか?
隣人の窓と半分くらい以上重なる窓だけでしょうか?
隣人の窓と完全にずれるように互い違いに窓を付ければOKでしょうか?
基礎を隣人より50cmくらい高くしてもダメでしょうか?(多少目線が合わないので・・・ムリですよね)
目隠しは、2重カーテンの設置のみだとNGでしょうか?(但し掃除の時だけカーテンを空けたい)
目隠しはスリガラス?

この辺の目隠しの規定がもしあれば詳しく教えてもらえないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

隣人」に関するQ&A: 隣人の迷惑行為について

A 回答 (3件)

隣家の建築については、隣地より50cm以上離して建築していれば、隣家の了承は必要としません。



50cm未満でも合法的に認可されるのはお住まいの地域が防火地域又は準防火地域内であることか、慣習上、50cm未満で家が建設できる場合に限ります。

前者であればであれば境界ギリギリまで壁を作ることが可能です。
後者は例えば建築協定等がある場合を指します。
他の家が壁-壁間が1m未満でも家が建っているからうちもそうしよう、といった建て方は後々トラブルの原因にもなりますので控えたほうがよろしいかと思います。
隣地から50cm未満ですと、屋根の形状にもよりますが、軒を作れなくなる場合もありますので慎重な検討が必要です。

また、目隠しについては、『境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を観望すべき窓又は椽側を設ける者は,目隠を附することを要する』とあります。

ですので、隣家と接する面において、隣家を見ることができるような窓や縁側などがあれば目隠しをつける必要があります。

>隣人の窓と真正面の窓だけでしょうか?
隣人の窓と半分くらい以上重なる窓だけでしょうか?
隣人の窓と完全にずれるように互い違いに窓を付ければOKでしょうか?

235条には『他人の宅地を観望』とありますが、これをそのままに捉えてしまうと、隣地と接する面には一切、窓や縁側を一切付けられなくなります。
が、実際はそのようなことはありません。
実際、住宅を建築する際は直接的に隣家の様子が窺い知れるような窓の設置はしないようにします。

ですので、隣地との設置面にはFIXのすりガラスを嵌めたり、隣宅が見えないよう、完全に相手の壁面に面した箇所に窓を付けるといった格好で対処します。
半分くらい窓が重なると、これは相手側が見えてしまいますから、NGでしょうね。

カーテンについても、そもそも開閉できたり、窓が開いてしまえば、相手を見ることができますので、余りよろしくありません。

兎も角、目隠し自体の詳細な規定などありません。
この問題は、あくまで隣家との紛争が発生した場合、効力を有するものですので、お隣さんがそのようなことを一切気にしなければ問題にもならないことなのです。
隣地に既に住宅があり、注文住宅を建築する場合は、少なくともこのプライバシーの問題を考慮して窓の位置を設計するべきです。
隣が見えるということは、あなたの家も見られることになります。


隣家との関係でうたわれている代表的な法令を以下に挙げますので参考にしてください。


★民法234条1項(境界線近傍の建築)
建物を築造するには,境界線から50センチメートル以上の距離を存するこ
とを要する。
2.前項の規定に違反して建築をしようとする者に対しては,隣地の所有者は,その建築の廃止又は変更をさせることができる。ただし,建築着手の時から1年を経過し,または,その建築の竣成した後は,損害賠償の請求しかできない。

★建築基準法65条(隣地境界線に接する外壁)
防火地域又は準防火地域内にある建築物で,外壁が耐火構造のものについては,その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。

★民法235条1項(境界線近傍の建築)
境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を観望すべき窓又は椽側を設ける者は,目隠を附することを要する。
2.前項の距離は,窓又椽側の最も隣地に近い点から直角線により境界線に至るまでを測算する。

★民法236条(同上)
前2条の規定と異なる慣習があるときは,その慣習に従う。

★民法225条1項(囲障設置権)
2棟の建物がその所有者を異にして,かつ,その間に空地があるときは,各所有者は,他の所有者と共同の費用をもって,その境界に囲障を設けることができる。
2.当事者の協議が整わないときは,前項の囲障は,板塀又は竹垣にして高さ2メートルであることを要する。

★民法226条(囲障設置権)
囲障の設置及び保存の費用は,相隣者が平分して負担する。

★民法227条(囲障設置権)
相隣者の1人は,225条2項に定めた材料より良好な物を用い,又は高さを増して囲障を設けることができる。ただし,これによって生じる費用の増額を負担することを要する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
詳しい情報ありがとうございました。

特に目隠しの情報がありがたかったです。

お礼日時:2006/01/01 10:49

>


るそうですが、隣人がNGを出した場合でも、近所の慣習が50cmで建てられている場合、隣人がNGでも建てられるようなことが書かれていました。
>
まあ、そうなんですけどちょっとニュアンスが違うような感じがします。
「特に地域の慣習も無く、みんな50cm空けて建っているなら50cm空けなさい。」ということで、「50cm空ければ隣人がイヤと言っても”建てられる”」というより「建てるなら50cm空けろ」ということです。しかし、そこで50cm空けているあなたに隣人が文句をつけるというのはちょっと困った状況(というか隣人)だと思うのですけど。。。そうなんですか?

>
また、1m未満で建てた場合に隣人が窓に目隠しを要求できるのは、具体的にはどういった内容なのでしょうか?
>
あなたと隣人の間の合意で結果が決まることであって、決まったものは無いようです。合意といってもわざわざ隣人と打ち合わせなんてしないでしょうけど。
法のことは知らないんですけど、目隠しはお互いのために妥協して付けるもので、一軒一軒異なることですから仕様を規定することなんてできないんじゃないでしょうか。
ちなみに、見られることだけではなく、見えてしまうことを気にする人も多いようですから、相手からあなたのほうを隠すことも考慮したほうが良いでしょう。

規定は無いといっても、カーテンはあなたのためのものですし、簡単に開けることができる構造のものですから、一般的にはここでいう目隠しには相当しないとみなされるでしょう。スリガラスもそうです。しかし、スリガラスなどは「年に数回開けるかどうかの窓だから、なんとかこれでご勘弁を」という感じで目隠しの代用とみなされている例も多いのではないかと思います。ともあれ、少なくとも、お隣が建て替わるときに同じ方法を採られてもあなたが納得するものであることが必要ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

建て替えを検討中で、隣人に50cmあけて建てたいといったらクレームがきました。
とりあえず、間取り見直しか、窓をずらすように考え中です。

お礼日時:2006/01/01 10:47
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2006/01/01 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣地境界線から50cm空けるのはどこからでしょうか?

都内に家を建てる事を計画中なのですが、当家の外壁から境界線
まで30cmしか空けられません。(というか現在そのような計画中です)
民法では、50cm以上空けなければならないという事ですので
隣地の方に30cmで良いかご挨拶に伺ったところ、50cm以上は空けて
欲しいと言われてしまいました。

そこで本題ですが、隣地から50cm以上はなさなければならないところは
どこからになるでしょうか?
私がお願いしている設計士さんは、屋根の出っ張りなども入ると言って
ますが、本当でしょうか?
※Webなどで調べると外壁からとなってる意見が多いようです

ちなみに隣地の方は、外壁は50cm以上離れてますが、出窓や屋根は
50cm離れてません。(特に屋根は敷地境界線上ぐらにあります。)
それなので、設計士さんは、今回のケースはお互い様なので
50cm空けなくても、許可していただけると思いますと言っています。
どうなんでしょうか??

Aベストアンサー

この前の方でしたか、せっかく譲歩したのに残念ですねえ。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/3876685C9710210949256A8500311EE0.pdf
今は判例も読めるんだなあとびっくりしました。
これによると用途地域にもよるようですね。
大阪ではありますが、防火地域が住居系地域に規定された時に接境建築を慣習もないのに認めることは不当ということのように読めます。
この場合は棄却されてますね。工事中の3階建ての50センチ以内の部分を取り除けと言っています。(そこだけって無理だろう・・とは思いますが)

ポイントはやはり用途地域と慣習があるかどうかのようです。
地域の様子を調査して結果を出しておくことが良いようですね。
用途地域がわかりませんが、健闘をお祈りします。

Q隣地境界50cm以上離してとは、どの部分?

 隣人が家を新築して、当方側の土地(まだ家を建てていない)に寄せて建築されています。隣地50cmから明らかに家が入りこんでいるように見えて、圧迫感を感じております。
 業者さんは、「80cm空けてるからと大丈夫です」とおしゃっていましたが、肉眼でも明らかに、屋根・出窓・水道などの外に出ている配管周りが、隣地から50cm以内に入りこんでいることがわかるくらいです。
 その狭い範囲でさらにコンクリートフェンスをつくろうとしています。
 また、家を建築するときは、土地内の端の方(四隅)に寄せて建築するものとおっしゃっています。


そこでご質問なのですが、
(1)隣地境界線50cmから離して建築するというのは、どの部分を離すことなのでしょうか?家の土台(コンクリート)でしょうか?屋根・出窓・配管などは入っていいのでしょうか?

(2)家というのは、土地の四隅に寄せてつくるものなのでしょうか?

(3)業者さんが、無断でこちら側の土地にはいって作業をしており、材料片・ゴミなどがこちら側に入ってきたり、しています。入るときは一言言っていただければいいのですが、気づいたように後の作業から「入るときはいいますから~」とか言いつつ結局言いません。こういったことはどうなのでしょうか?

(4)おそらく隣人(地主)さんは業者にまかせっきりだと思われますので、業者に言いたいことを言ったら、隣人との仲にさしつかえあるでしょうか?
 

 隣人とは今後仲良くつきあっていかなければいけないので、ほぼ黙認しております。どういったことでも結構ですので、アドバイスをいただければと思っております。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

 隣人が家を新築して、当方側の土地(まだ家を建てていない)に寄せて建築されています。隣地50cmから明らかに家が入りこんでいるように見えて、圧迫感を感じております。
 業者さんは、「80cm空けてるからと大丈夫です」とおしゃっていましたが、肉眼でも明らかに、屋根・出窓・水道などの外に出ている配管周りが、隣地から50cm以内に入りこんでいることがわかるくらいです。
 その狭い範囲でさらにコンクリートフェンスをつくろうとしています。
 また、家を建築するときは、土地内の端の方...続きを読む

Aベストアンサー

>目隠しをするということは義務になるんですよね。
民法の規定というのはこの窓の目隠しの話にしても境界線から50cmの話にしても、強制ではなく、あくまで要求できる権利があるだけですから、その権利を行使しないのはいっこうにかまわないのです。
つまり仲良くやっている隣人であればそもそもこういう話は出てきません。

あともう一つこれらの規定は「地域の習慣があるときにはそれを優先」としていますので、たとえば東京の都心部などの密集地では、敷地に近接またはぎりぎりにたてるのは普通なので、これらの規定は無効となります。

Q後から南側に建った家の窓が、ほぼ我が家の窓の目の前

どうかお知恵を拝借させてください。

南側に家が建ちました。
住宅密集地で庭もなく隣と隣の家が近い閑静な住宅街です。

お隣も例外なく境界線から数十センチまでせめて家を建てられました。
ところが、ほとんどのこちらの窓と向こうの窓が対面した形になってしまい
視線と音が気になります。

リビングの掃き出し窓にいたっては目の前に隣のお勝手口と窓を作られてしましました。
窓は隣にとって北側なのに大き目な窓で、隣の土地のほうが高いのもあり
3~4メートルの塀を立てない限り窓からの視線を遮れません

2階のベランダも目の前に窓!!!
(ベランダの距離ぶん隣と離れているわけではありません。説明しずらいですが
ベランダの淵の部分がほかの部屋の窓の位置にあたります)


こちらへの配慮はいっさいなく、隣は北側の窓という窓を
すべて開け放されています。

そして向こうはラバー窓なので、こちらからは見えないけど、
こちらが窓をあけたら丸見えです。

向こうのお勝手口(引き戸なので数十センチでも開閉可能)の外には外置きの
ゴミ箱まで設置されてしまったのでパタンパタンとゴミを出されるたびに
こちらのレースのカーテンがめくれてないか丸見えになってないか
心が休まりません。
敷地内に何をどこに置こうが勝手、こちらにとやかく言う権利はないと
分かってます。
でも私なら隣がそれだけ近くて隣の家の掃き出し窓の真ん中
目の前にゴミ箱なんて置けません。
せめてものこちらへの配慮かゴミ箱のすぐとなりにビーズタイプの虫除け
(おそらく室内用で無意味、ゴキ○リらしき虫が近くを歩いていたのを
見たときは鳥肌でした)が置かれてますが、
虫が湧いてこちらが不快だろうと分かって、なおそこにそれだけの処置で
置く無神経さにイライラします。


こちらも南側にほとんどスペースがないので、隣の奥さんの話し声や
子供を叱る声(うるさいー!!と何を言っているのかももちろんわかります)
さらにはくしゃみの音、子供が走る音(とにかく全部屋のラバー窓があいてるので
あそこらへんの部屋からあっちへ走っていったなぁ、とまでわかります。
はじめは我が家の2階から子供の足音がする?!と勘違いしたほどです)
すべてがまるで同じ建物にいるかのように筒抜けです。

上記の理由から最近ではシャッターも開けられないほど
ノイローゼになってきました。

ママ友を呼んだらしい日は子供が複数になるので幼稚園でもはじめた!?
というくらいうるさいです。
走り回る音、奇声、泣き叫ぶ音、ママ友同士の会話(私も
会話に入れるくらい内容つつぬけ。)。。。etc
最近は赤い車が停まってると、あぁ来たな今日は煩くなる日だなと分かり
自分の家なのに静かな場所を求めて外出するようにしました。

シャッターを開けていたころ視線を感じる!?と思ったらとなりの子供が
向こうの数十センチの敷地内からじーとこちらのリビングを見てました
(当時はまだ無頓着だったのでレースのカーテンが少しめくれてて目がばち!っと合い
あわてて逃げて行きました)

子供は大好きですが、目の前の狭い道路で遊ばせていたり(ひき殺してしまったら
自分のことは棚にあげて責めまくるのでしょうね)、とにかく隣の子供だけは
可愛いと思えず、泣き声も本当なら可愛いと思える子供特有の声も
不快でたまらないです。

今回ご相談したいのは隣からの視線です。
(音問題は、将来こちらに子供が生まれたら夜泣きしてもとやかく言わせない
つもりで耐えてます。もちろん泣いたり近所迷惑になるような状況のときは
私は窓を閉めますが!!隣は30分泣いててもすべての全部屋の窓オープン!!)

別の質問サイトで質問したら
建築法としては問題ない、
隣にも風水や窓にの都合がある、どこに何を作ろうが勝手
との回答が来ましたが、本当に泣き寝入りしかないのでしょうか。。。

極端な話、私が隣の家の南側の土地を買い取って
窓という窓すべて対面して数十センチ先に作っても
隣は文句言えないということですか??
(そんなことはしないけど、現状がそうです)

今もとなりの奥さんがゴミを捨てに来ました!!!
本当に本当にストレスです。敷地内ならどこに何を置こうが勝手、
それはわかります。
でも皆さんならわざわざ隣の吐き出し窓の目の前、ど真ん中に
ゴミを置きますか?ちょっと勝手口からずれてもせめて窓のど真ん中は
ずらしませんか??
子供が騒いでたり数人集まったら、すべての窓オープン!!なんてせず必要最低限
残して閉めませんか!?

どうかお知恵を拝借させてください。

南側に家が建ちました。
住宅密集地で庭もなく隣と隣の家が近い閑静な住宅街です。

お隣も例外なく境界線から数十センチまでせめて家を建てられました。
ところが、ほとんどのこちらの窓と向こうの窓が対面した形になってしまい
視線と音が気になります。

リビングの掃き出し窓にいたっては目の前に隣のお勝手口と窓を作られてしましました。
窓は隣にとって北側なのに大き目な窓で、隣の土地のほうが高いのもあり
3~4メートルの塀を立てない限り窓からの視...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
内容を拝見しました。
大変生活がしにくい状況ですね。
近隣トラブルでご相談をお受けする項目 騒音・臭気・視線・駐車・子供の遊びなどは上位に上げられる項目です。
お互いに生活することですからご相談者様のように近隣と住み易い環境を作りをすることが本来大切なことです。
しかし、現在ではそのような思いやりの希薄さが見えてきます。思いやりのなさを感じる時代と思えてしまいます。
私も不動産業を営んでおり、以前は住宅販売も手がけておりますので本来構造上問題がなければ窓の位置や出入り口などにお隣の建物を調査して配置を変えていくことに配慮しておりましたが最近ではそのような建物が少ないように感じます。

私もご相談者様のお気持ちは大変わかりますが、今までのご相談された方々の意見と同じです。
視線を感じること不快感があれば、ご相談者様が目隠しフェンス設置などで対処するしかないと思います。
臭気・騒音でも測定して受忍限度を超えるほどであればお願いと言う形でお伝えするがあります。お調べしてみてはいかがでしょうか。

Q自分の家の南側に隣の家が隣接している方に質問です。

更地を購入し現在間取り作成中ですが、
私の家の南側には2~3mの距離で二階建ての家が建ちます。

プランとしてはダイニングとリビングが横並びで南に面する形で、
ダイニングの南側に大きな窓を設ける代わりに、
仕切りのない隣のリビングの南側の窓は縦に長い採光用を両サイドに配置し
その間に壁掛けテレビを置こうと考えています。

私としては一階南側に窓を付けても家が隣接しているのでそこまで明るくならないだろうから問題ないと思うのですが、
それだとリビングはダイニングと比べ暗くなる気がすると旦那に反対されました。

なので立地条件が同じような方がいらっしゃれば、
一階南部分の明るさや採光用窓で不具合があるかないかを教えて頂きたいです。
あと逆光でテレビが見え辛いんじゃないかとも言われました。
テレビが見辛くなる程明るくなるなんて考えもつきません。

無知で恥ずかしいですが色んなご意見を頂ければ有り難いですm(__)m

Aベストアンサー

うちも2~3m離れて南側に2階建てのお宅があります。

我が家のリビングの南に大きな窓(掃き出し窓と言いますが)がありますが
本当に明るいんだろうかと建てている間はずっと心配でした。
緯度から日光の入り方をシミュレーションしたりもしました。
建った結果、真冬は直射日光は入りにくいですが、
間接光はよく入り、朝でもリビングは思ったより結構明るいです。
ちなみに、南と西に掃き出し窓があります。

間接光は大気で乱反射された光ですので、どの向きの窓にも入りますが、
(仮に北側の窓であっても)、窓の面積が大きければ大きいほど当然ながら
明るくなります。

ソファーが廊下のドアを向いていたとしても、別にどうってこと
なんじゃないでしょうかね。。。
それより、南を壁にすした方が、暗くて余計後悔されませんかね。。
光が欲しいって。。。
最近の液晶テレビは明るいとはいえ、南側におくと、
そばの細長い窓はカーテンをしないとまぶしくて落ち着いて
見られないじゃないかという気がします。
すると余計、昼間は暗くなります。。。部屋全体が。。北が壁なので。

私なら100%、南に大きなまどをつけます。

追加質問があれば要求してください。

うちも2~3m離れて南側に2階建てのお宅があります。

我が家のリビングの南に大きな窓(掃き出し窓と言いますが)がありますが
本当に明るいんだろうかと建てている間はずっと心配でした。
緯度から日光の入り方をシミュレーションしたりもしました。
建った結果、真冬は直射日光は入りにくいですが、
間接光はよく入り、朝でもリビングは思ったより結構明るいです。
ちなみに、南と西に掃き出し窓があります。

間接光は大気で乱反射された光ですので、どの向きの窓にも入りますが、
(仮に北側の...続きを読む

Q民法235条 窓の目隠しについて

近隣から2階の窓に目隠しを要求されました。民法235条の敷地境界より1m以内に窓がある場合、目隠しを要求できるとあるのは承知しています。目隠しの方法に規制はあるのでしょうか?窓ガラス用フィルム(すりガラス風)貼付けで検討しています。また、新築し住み始めてから5年経ちます。今頃言って来るなんて遅い気もしますが、経過年数によっては申し出を断ることが可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

判例では、障子式の開閉窓の場合、
曇りガラスやカーテンでは不可、ということになっています。
ハメ殺し窓、ルーバーなどによって目隠しをすることが必要と思います。

http://www.kindaika.jp/q_and_a/buy/detail/47.shtml
http://www.ads-network.co.jp/tokusyuu/t-16/t16-235.htm
http://www.ii-ie.com/pastlog/lng0511/05100087.htm

築何年か経過したら、「時効」のような考え方ができるかどうかはわかりませんが、
不法行為に基づく損害賠償請求と考えると、3年が消滅時効となります。
こちらは専門の方に確認した方が、確実かと思います。

ただ、双方の立場で受け止め方はだいぶ違う問題なので、
5年間何も言ってこなかったのは、それだけ我慢していたともいえますから、
今さら何を、という感じで対応されてしまうと、
今後のご近所関係で、禍根が残ってしまうと思いますのでご注意ください。

Q当方のミスで民法234条を犯してしまいました。お隣が許してくれません。

当方のミスで民法234条を犯してしまいました。お隣が許してくれません。
敷地境界から50cmを超えて当方の外部階段と玄関ポーチの壁を設けてしまいました。床面積に入らなかったので設計士も見落としてしまった完全にこちらのミスです。お隣の指摘でそのことに気づき、平謝り状態です。同条の2項によれば、既に完成しているので、法的には損害賠償ができるだけの筈ですが、お隣は取り壊しを要求しています。当方としてはお詫びの印としての金銭的な解決方法しか考えられません。
このような場合、私はどのような姿勢で臨めば宜しいのでしょうか。また裁判所などに調停をお願いする、などの具体的な解決方法をご存じの方、是非お教えください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1 民法第234条第2項ただし書の規定により、工事が始まって1年が経過した場合や、建物が完成した後では、工事を中止させたり計画を変更させることはできず、敷地境界から50cmより狭い間隔で建物を建てたことにより生じた損害賠償の請求のみできるとされています。

2 民法234条第1項の適用が問題となる紛争では、当該民法の規定と異なる慣習があるかどうかが争点となる場合が多く見られます。民法236条では、50cm以上離して建てないことが一般的な場合はその習慣に従い50cmの規定は適用しないとしています。
 また、建築基準法第65条(隣地境界線に接する外壁)では、
「防火地域又は準防火地域内にある建築物で、~その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。」
とされており、この規定を民法236条の異なる習慣を定めた規定として捉え、防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては民法の50cmの規定は適用しないのが通常です。
 なお、裁判例に現れた事例では、法違反を指摘する隣地所有者の方も民法234条第1項の規定を順守していない場合には計画変更等を請求できないとしたものがあります。
 しかし、建物の間隔が原因で新たに何らかの問題や損害が発生した場合は現実に可能な範囲で、お隣さん同士、円満に問題を解決出来るように互いに譲り合える妥協点を探し、よく話し合うことが大切です。
3 民法の規定ですから、建築士ではなく弁護士に相談される方がいいと思います。

1 民法第234条第2項ただし書の規定により、工事が始まって1年が経過した場合や、建物が完成した後では、工事を中止させたり計画を変更させることはできず、敷地境界から50cmより狭い間隔で建物を建てたことにより生じた損害賠償の請求のみできるとされています。

2 民法234条第1項の適用が問題となる紛争では、当該民法の規定と異なる慣習があるかどうかが争点となる場合が多く見られます。民法236条では、50cm以上離して建てないことが一般的な場合はその習慣に従い50cmの規定は適用しないとしています。
...続きを読む

Q塀は隣の許可がないと境界から50センチ下げて建てなければならないのでしょうか

裏の方との目隠しの為に自分の敷地内に板塀を作成しておりました。
もろちろん建てる前に裏の方には了解を得ていたつもりだったのですが、建てている最中にいろいろと文句を言われ工事を中断して早2ヶ月が経ちました。
何度も話し合いはしていますが話がつかずほとほと困っております。助けてください。
作成するする板塀は隣との境界線より15cm内側で、高さは2m以下、裏の方の風通しも配慮したものなのですが、境界線より50cm以内の構造物は隣の許可がないと建てられないとつっぱねられています。
裏の方は風通しが気になるのと、業者が建てるような一般的な板塀なのですが、木の塀事態が気に入らないみたいです。
境界線より50cm下げるのは家や倉庫など屋根のある建物じゃないかと思っていましたが、塀も含まれるのですか?
話し合いの度にこの事を言われ困っています。
市の弁護士や建築指導課にも相談に行きましたがなんの問題もないと言われました。
それでもまだ許しをもらえません。
民法も調べましたが私にははっきりわかりませんでした。
話がつかないので後々問題にならないように法に触れないものを建てようと思っております。
もちろん、もう円満は無理だけどなんとか了承してもらえるよう辛抱強くお願いしているのですが・・・。
かなりこじれています、どうぞよろしくお願いします。

裏の方との目隠しの為に自分の敷地内に板塀を作成しておりました。
もろちろん建てる前に裏の方には了解を得ていたつもりだったのですが、建てている最中にいろいろと文句を言われ工事を中断して早2ヶ月が経ちました。
何度も話し合いはしていますが話がつかずほとほと困っております。助けてください。
作成するする板塀は隣との境界線より15cm内側で、高さは2m以下、裏の方の風通しも配慮したものなのですが、境界線より50cm以内の構造物は隣の許可がないと建てられないとつっぱねられています。
...続きを読む

Aベストアンサー

(1)第234条 建物ヲ築造スルニハ疆界線ヨリ50センチメートル以上ノ距離ヲ存スルコトヲ要ス2 前項ノ規定ニ違ヒテ建築ヲ為サントスル者アルトキハ隣地ノ所有者ハ其建築ヲ廃止シ又ハ之ヲ変更セシムルコトヲ得 但建築著手ノ時ヨリ1年ヲ経過シ又ハ其建築ノ竣成シタル後ハ損害賠償ノ請求ノミヲ為スコトヲ得

(2)建物の定義は、不動産登記法準則136条1項で、「屋根及び周壁またはこれに類するものを有し,土地に定着した建造物であって,その目的とする用途に供しうる状態にあるもの」

以上から、塀は対象外で、隣地境界から50cm離さなくてよいわけです。更には、15cm離す必要もありません。隣地を借りなくても工事が出来るのであれば、境界線に接して立てても問題ありません。

まず、この条文を印刷して、先方に渡されたらどうでしょう。
ただし、参考URLの様に、色々な観点から難癖をつけられることもあるでしょう。

穏便な解決は無理なようですので、工事を進められたらどうですか。相手が実力行使で妨害する場合を考え、相手を特定せずに、工事の妨害については刑事・民事で訴える旨、張り紙をされたらよいでしょう。
念のため、妨害行為を受けそうな夜などの時間帯に、ビデオ撮影をすることも必要でしょう。
あなたが法的に正しいのですから、あまり遠慮するのはつけいらせるだけですよ。

尚、結構多いトラブルなので、ネットで検索されれば、色々な対処事例がありますよ。

参考URL:http://www.h4.dion.ne.jp/~unozawa/sub63.html

(1)第234条 建物ヲ築造スルニハ疆界線ヨリ50センチメートル以上ノ距離ヲ存スルコトヲ要ス2 前項ノ規定ニ違ヒテ建築ヲ為サントスル者アルトキハ隣地ノ所有者ハ其建築ヲ廃止シ又ハ之ヲ変更セシムルコトヲ得 但建築著手ノ時ヨリ1年ヲ経過シ又ハ其建築ノ竣成シタル後ハ損害賠償ノ請求ノミヲ為スコトヲ得

(2)建物の定義は、不動産登記法準則136条1項で、「屋根及び周壁またはこれに類するものを有し,土地に定着した建造物であって,その目的とする用途に供しうる状態にあるもの」

以上から、塀は対象外...続きを読む

Q至急!隣家に境界線を越境していると言われました。

隣家が家が古くなり建て直しをするということで、うちの家に誓約書のようなものを持ってこられたのですが、『今現在うちの家が越境して家を建てているので、次回建て直しをする時は境界線内に引っ込めるように』との内容がありました。
お互い古い家で境界線の細かい取り決めは今まで無かったようなのですが、隣家の言い分としては、家と家の間に塀のようなものがあり、そこの真ん中が境界線で、そこより超えてうちの家が建っているのでこの機会に、ということのようです。特に何か資料に基づいて、ということではないようです。
狭い敷地で、うちの家の二階部分が隣家とくっついており、その部分を言われてます。今のところうちはすぐに建て替えの予定はないのですが、もし塀の真ん中までとなると、10cm程の引っ込める必要があります。
後々問題になりそうですし、私は学生で、対応できるのが母だけで、詳しくないので、困っています。ちなみに母も越境しているなんて初耳の話とのことです。

そこで皆さんにお聞きしたいのが、
⚫家と家の間に塀?のようなものがある場合、その真ん中が境界線と考えるのが普通なのでしょうか?
⚫こちらは家が建っている端までを境界線、としたいのですが、説得する方法はありますか?(何か有効な資料など)
⚫調べていると、間口が2m以上か未満かで土地の価値?がかなり変わるというようなことがあったのですが、具体的にどのように変わるのでしょうか?

父も他界しており、頼れるものがいなくて、困っています。
お隣なのでなるべく穏便には済ませたいのですが、、

お詳しい方、ご回答お願い致します。

隣家が家が古くなり建て直しをするということで、うちの家に誓約書のようなものを持ってこられたのですが、『今現在うちの家が越境して家を建てているので、次回建て直しをする時は境界線内に引っ込めるように』との内容がありました。
お互い古い家で境界線の細かい取り決めは今まで無かったようなのですが、隣家の言い分としては、家と家の間に塀のようなものがあり、そこの真ん中が境界線で、そこより超えてうちの家が建っているのでこの機会に、ということのようです。特に何か資料に基づいて、ということでは...続きを読む

Aベストアンサー

No.7です。
丁寧なお礼と補足をありがとうね。

民法の時効取得を主張しないことをお勧めするのは、現状で境界が確定していない以上、質問者さんが主張できる部分がわからないこと。
塀の中央が境界で、あなたは中央との認識で取得すればいいじゃん?と言われたらどーする?
時効取得って、実際に取得できるまでの流れは大変だよ。
主張したらすぐに土地が取れるわけじゃない。
民法の話を持ち出せば、先方は弁護士を呼んで来かねないしね。
素人の質問者さんが民法の専門家の弁護士相手に勝てるわけないでしょ?

幅2mのくだりのリンク先だけど、4m道路の終端に2敷地が接しているケースでのトラブルです。
たぶん質問者さんには関係無さそう。

公図だけど、普通の市街地なら日本中の土地の状態を示した地図。
でも、これは土地の位置関係をおおまかに示したものに過ぎない。
600/1の図面と実際の現地の測量とは5m10mずれていたって不思議じゃない。
地籍測量図とは、たとえば質問者さんの土地の地番が、○○市○○町○丁目○-○番地ということで、その土地の形状を測量した図面のこと。
作図後には、法務局に登記し記録に残します。
実際は土地の所有者(たとえば質問者さんの祖母など)が測量事務所に依頼して隣接同意を得たうえで作成するので、費用がかかります。
なもんで、まだまだ作図されていない土地が多いのが現状。
お隣と見解の相違があるようなので、過去に測量・境界の同意が行われたとは考えづらい。

お礼からでは、厚さが20センチのコンクリートブロックが塀に使われるなんて考えられない。
お礼の内容から、駐車場を囲う工作物の一種だと思うけど。
これなら自己敷地内と考えるのが自然。
お隣に主張の根拠が無いのなら、話だけ聞いて首を横に振ればいい。

>よくわかりませんが、誰も分からないのであれば主張したもの得のようなものなのでしょうか?

あり得る話です。
もっと言えば、弱い者に対して頭ごなしに強く言って(恐喝にならない程度で)言うことを聞かせれば勝ちです。
質問者さんはお母さんと2人ですよね。
相手がやくざまがいの人間を10人ほど連れてきて、大きな声を張り上げて「言うこと聞け」と言われたらビビるでしょ(笑)
質問者さんが自分の土地ではないことを知りながら、あわよくば搾取したい、という不埒なお考えであれば助言いたしませんが(大笑)、わからないものはわからないでいいんです。
自分を不利になるほうへ不本意な同意をする必要は無いからね。

お礼で、
>横幅も高さも20cm程のブロックのようなものでした。(ブロックは隣家の壁にくっついています)
>もし境界線として建てたならば、高さがあり薄いものにしそうですが、疑問に思いました。
>普通に考えると、家がぴったりとくっついているのであれば、 その境目が境界線なのでは?と思うのですが、違うのでしょうか?

イメージが湧かないんですが、ブロックがお隣の壁に付いているんですね?
てことは、離れ距離はゼロ?
建物にはたいてい屋根の軒の出があるので、壁の表面を境界としたら、ゼロどころかお隣こそが越境していませんか?
もしかしたら、それを隠すために必要な分だけ自分の敷地だと主張し始めたんでは???

>確かに、それが良い気がしますが、どのように保留に持っていけばいいのか・・。 母と相談してみます。

保留、つまり不同意はそれほど考えなくてもいいよ。
わからない、知らない、判断できない、でいいんです。
そもそもお隣だって根拠があって主張しているんじゃなさそうだしね。
たとえには悪いけど、尖閣だってゴタゴタしている。
質問者さんのケースだって、今は先送りして次世代、つまり質問者さんの子供や孫の世代に先送りしてもいいんだよ。
実際、そういうケースがとても多い。
それらを見ると、「千年たったって絶対に解決しないだろうな」って事例だってあるしね。
10センチに鷹揚な人もいれば、1ミリだって譲らない人間だっている。

仮に不同意でも、質問者さんには現時点での不利益は無いでしょ?
現状のままで建て替えすればいいじゃん。
確認申請では、土地のトラブルは関与しないんで建築主が申請したとおりで大丈夫。

で、お隣へのお返事だけど…
「申し訳ありませんが、事情を知っているはずの祖母は他界しております。
祖母からは、生前にブロックの外側が境界だよ、と言われたことを記憶しておりますが、あいにく地籍測量図など確定図面が無いためにここで立証することができません。
そちら様にも確たる根拠が無い状況で、ブロックの中心が境界との御意見には同意しかねます。
当方は、ブロックの外側が境界だと今まで信じてきました。
今後、あらたな資料などが発見されたあかつきには、その時点でまたご相談をしたいと思います。」
てな感じでどう?
ポイント。
・自分には越境しているとの認識は無い。
・あなたには私が越境していると主張する根拠が無い。
・自分は妥協する気は無い。
・そもそも境界線の位置に問題があること自体が受け入れられない(尖閣のパターンだ)。
・(今はお互いに結論を出すのを避け、将来に持ち越そう。)(←最後の最後での妥協のパターン)
などなど、適宣に。。。

>「測量」をしてもらうと、第3者目線で「ここ!」と決めてもらえるものなのでしょうか?
>それとも正解はなくお互いの主張を基に、プロが立ち合って杭を打ってくれるようなものだと思ったら良いですか?

測量事務所の担当は、境界の位置に関与しません。
誘導もしません。
なもんで、第3者目線で勝手に決めることはあり得ません。
それが通るなら、事前に測量者のフトコロに金一封をネジ込んだほうが勝つでしょ?
あくまでもお互いが納得した位置で確定させます。
なので、意見が食い違えば立ち会いは成立しません(不調です)。
実際、不調の現場も多いよ。
数センチの数字で家が建つか建たないか、であれば大変な問題だけど、そうでなければ境界未確定のままでいるしかない。

で、私が提案した弁護士の無料法律相談。
土地の境界のトラブルって、案外多いよ。
で、もうこれはケース・バイ・ケースで弁護士に相談するのが一番。
相談したからってすぐに解決はしないだろうけど、いろいろなアドバイスがもらえるよ。
ただし、無料でのボランティアの弁護士さんって、とてもヤル気が無いけれどね(爆)。

回答者の皆さん、誰も致命的な誤答はありません。
多方面からそれぞれの意見を述べられています。
すべて汲み取って、質問者さんの中で整理したあと、お母さんと相談してみてください。

私なら、相手に主張の根拠が無いようなので、ここはハッキリと簡潔に
「越境はしていません。ブロックの中心ではなくそちら側が境界です。」
と言っちゃうけどネ。

長くてゴメンね。

No.7です。
丁寧なお礼と補足をありがとうね。

民法の時効取得を主張しないことをお勧めするのは、現状で境界が確定していない以上、質問者さんが主張できる部分がわからないこと。
塀の中央が境界で、あなたは中央との認識で取得すればいいじゃん?と言われたらどーする?
時効取得って、実際に取得できるまでの流れは大変だよ。
主張したらすぐに土地が取れるわけじゃない。
民法の話を持ち出せば、先方は弁護士を呼んで来かねないしね。
素人の質問者さんが民法の専門家の弁護士相手に勝てるわけないでしょ?...続きを読む

Q民法50cmの異なる習慣はどうやって調べるの?

建売参入業者です。

土地の購入において教えてください。

民法の第236条に

「前二条の規定と異なる慣習がある時は、その慣習に従う。」

とあります。

要するに民法では、第234条で境界から50cm離せという規定とともに
慣習があるときはその慣習に従えと言うことですが、
この異なる習慣はどうやって調べるのでしょうか?
民民の話しなので役所で調べることじゃないと思いますし。

事業主が建売用地を購入するに当たりこの規定の確認はすごく重要だと思いますが
隣地に確認しても規定を知らない方なら「じゃ、50cm離してよ」って言われて終わりかと思います。
現実的に普通の人がこの規定を知っていることは非常に少ないと思いますので
都会で境界いっぱいまで建ててるのは単に知らぬ者同士でトラブルが発生していないだけ
と言うのがほとんどだと思いますが、都会の狭小地住宅街を見るとどこも目いっぱいで建替えています。
建ててしまってから訴えられるとどうにもなりません。
建売にしろ建築条件付にしろ皆さんそのへんを確認してから土地を仕入れているのでしょうか?

Aベストアンサー

原則は50cm離します。そこから先はグレーゾーンです。計画がある程度すすみ、隣地とも協議できるようになっていかないと決定することは出来ません。

要するに土地の契約の時点で確定することは、よっぽどのことが無い限りありません。
また業者が境界一杯まで建てれますなんて言ってはいけません。
いくらあがこうがどうしようが、土地契約の時点で決めれません。無理です。
また業者がそこまで断定する必要はありません。
原則、離してください。民法で決められています。と説明すればそれでいい。

近所がみな接して建てられていても、業者の説明は接して建てれない場合もあると施主に説明しておく必要がある。

50cmくらい離さないと工事できないし、庇等で越境の恐れもある。
普通の土地では否が応でも50cmくらい離す事になる。

>3ヶ月以内に請負契約をしますが計画の段階で50cm離す必要があるかどうかで
>契約にたどり着けるかどうかが大きく変わりますよね?

変わらない。
建物計画したこと無いの?

>そのため業者としては50cmを確認したいところですが用地購入前の
>所有権もまだない時にお隣と念書を交わすのもおかしな話かなとも思うのです。

業者はあやうきに近寄らずで良い。
仮に口頭で隣地からOKもらって、施主に説明して契約したとする。
いざとなって、隣地がやっぱりダメといったら、業者側が訴えられるよ?責任どうやってとるの?

質問さんの言うように、あらかじめ決めれたらいいかもしれないけど、そこは業者としては踏み込んではいけないグレーゾーン。もっと計画が進まなければ確定は無理。

原則は50cm離します。そこから先はグレーゾーンです。計画がある程度すすみ、隣地とも協議できるようになっていかないと決定することは出来ません。

要するに土地の契約の時点で確定することは、よっぽどのことが無い限りありません。
また業者が境界一杯まで建てれますなんて言ってはいけません。
いくらあがこうがどうしようが、土地契約の時点で決めれません。無理です。
また業者がそこまで断定する必要はありません。
原則、離してください。民法で決められています。と説明すればそれでいい。

近所がみ...続きを読む

Q隣地との境界の塀はどのくらいの高さまで作ることができますか?

土地を購入し住宅を建築中です。隣の人が日当たりや窓や換気扇の位置などをうるさく文句を言ってきて閉口しています。こうした文句が昂じてとなりの人の視線が気になり、いつ文句を言われるかもしれないと思い、境界のところ(もちろんこちらの敷地内)に塀を作りたいと思います。

今も塀は建っているのですが、背が低くて女性の肩ぐらいしかありません。というのも、隣の土地の方が30cm程度低くなっているからです。
ここで、むやみに高い塀を作ると「日照権を侵害される」と文句を言ってくるのは目に見えてますし、かといって、このままだと、逆にとなりの人の視線が気になって仕方がありません。

最後は話し合いだとは思いますが、アドバイスをいただければと思います。

Aベストアンサー

ご質問を拝見しながら、我が事の様に考え込んでいます。物理的な条件は非常に似通っています。当方の場合は、塀と言っても腰高のフェンス。そして、有難いことに、隣は今のところはうるさくありません。と、言うことで、質問者の立場にあるなら、先ずは、(既に回答されているような)正確な情報を隣家に提供し、境界付近の塀についての、共通の認識をもつことに努めたいと思います。

その上で、次のように申し出をします。勿論、見積書等を添付します。

1 出来れば費用を折半して境界線上に、新たな塀を設置したいこと。
2 それは、両家のプライバシーを保護するに足る高さにしたいこと。
3 材質と意匠は、別添図面通り予定しているが、希望があれば聞きたいこと。
4 工事の都合もあり、出来れば1ヶ月以内に回答が欲しいこと等

その回答次第では、自らの敷地内で、かつ自らの負担で、任意の材・意匠・高さの塀を作るとする姿勢を、言外に伝える訳です。勿論、それを明言してもよいのですが、それは相手の出方次第。なるべく穏便に事を運ぶと言うのが肝要です。逆に、何センチか低くする見込みで予定しておくと、隣家の顔も立つというものです。また、当方からの申し出でもありますから、費用の負担割合を増やしても構わない。フーム、回答しながら、何だか自分でも攻め方が見えてきましたね(^^)。

ご質問を拝見しながら、我が事の様に考え込んでいます。物理的な条件は非常に似通っています。当方の場合は、塀と言っても腰高のフェンス。そして、有難いことに、隣は今のところはうるさくありません。と、言うことで、質問者の立場にあるなら、先ずは、(既に回答されているような)正確な情報を隣家に提供し、境界付近の塀についての、共通の認識をもつことに努めたいと思います。

その上で、次のように申し出をします。勿論、見積書等を添付します。

1 出来れば費用を折半して境界線上に、新たな塀を...続きを読む


人気Q&Aランキング