ビデオテープにはどのように映像が記録さてているのでしょうか?またどのような仕組みで画面に映されているのでしょうか?わかりやすく教えてください。

A 回答 (4件)

TV画面は1秒間に60枚の静止画を順次表示しています.人間の目にはそれが連続した動画として見えます.ビデオではこのそれぞれの1画面を前述の説明の通りテープに対して斜めに記録しています.斜めに記録するために,テープに対して斜めに取りつけた回転ヘッドを使用します.


この方式はテープへの記録密度と,ヘッドとテープの接触速度(大きいほど多くの情報を記録できる)を確保するために採用されています.また,再生時の「一時停止」はテープを停止した状態で,ヘッドが同じ部分を繰り返しなぞっている状態になります.
ここまではどの方式のビデオでも同じですが,その斜めの1本(1画面分)に記録する方式は,ビデオ方式で異なります.アナログ式のビデオではビデオ信号をそのまま記録したり,FM変調という方式で信号を加工して記録しています.
DVでは画面をデジタル化してデジタル情報として記録しています.

先月出た学研の「まんがサイエンスVII」にその辺が図解入りで(まんがですから:-))わかりやすく出ています.
    • good
    • 0

既に回答が2件ありますので、シンプルに... 回転するヘッドとテープが接触する様子は、参考URLにある図のとおりです。



参考URL:http://www.nowdo.com/production/j_helical.htm
    • good
    • 0

テープに記録されている状態と、それを再生するときの状態は、sigatuさんの説明のとおりと思います。


ビデオの記録もオーディオカセットテープの音声の記録と同じに、電気信号でテープにコーティングされた磁性体を磁化することで記録します。
再生は、再生ヘッドで磁化の状態を読み出して電気信号に変えることも、また同じです。
ただ、周波数が録音の時の、何百倍も高いので、ヘッドを高速で回転させ、テープとヘッドとの相対速度を上げています。
オーディオカセットのヘッドは、見たことがあると思いますが、不燃物で捨てるビデオが有ったような機会には、カバーを外して、見てください。
言葉で説明するのは難しいですね。
    • good
    • 0

テープに対して、斜めに記録されています。


ドミノ倒しで倒れた状態を横から見た感じですね。
水平に移動するテープに対して、角度をつけた回転ヘッドが映像信号を斜めに記録していきます。

ビデオから画面に出す方法も、リアルタイムのオンエア映像も同じ方法(方式)で画面に表示されています。
画面の左上から始まって、水平に右まで、1ライン分下がって、また左から右へ・・という感じです。

こういう回答じゃないのかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報