細胞診の迅速診断に用いられる染色液は通常のものとどのように異なるのでしょうか。
また、普通検体は乾燥しないようにできるだけ短時間で固定するのがよいとのことですが、迅速診断のときは固定する前にきちんと乾燥させているようです(一度見ただけですが)。これで細胞は壊れたりしないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


わたしも病院実習で見学させていただきました。
たしか、すぐに組織を凍結させていませんでしたか?
(組織破壊を最小限にするために)
そして、クリオスタットで薄切。
スライドガラスに貼りつける。
固定
染色

乾燥はさせていないと思います。

細胞診では、原則的に湿固定であると思います。
乾燥固定は血液標本でもちいられると思うのですが・・
いかがでしょうか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
最近、覗いてなかったのでせっかくの回答よせていただいたのに、御礼が遅くなりました。

今回の質問は、細胞診についてであって組織診ではありません。
普通の細胞診ではferrさんのおっしゃるとおりだと思います。(乾燥すると細胞が壊れるということで)
でも迅速診の時は、固定する前にスライドグラスを乾燥させているのです。これは、方法そのものが誤りということでしょうか。

補足日時:2002/01/19 10:13
    • good
    • 0

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この中で#1で紹介した成書も参考にして下さい。

ご参考まで。

専門家の回答をまちましょう(^O^)!

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=156609
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 13:13

病理は実験で少し齧っただけなので、疑問点にストレートには答えられません。



空気乾燥を行うのは、生理食塩水で洗い流すときに一緒に細胞も落ちてしまわないためが第一義。また固定の際に急速な脱水で細胞が壊れないようにするのが第二の意義だと解釈しています。
放置し乾燥させすぎるともちろん細胞が壊れますので、乾燥時間については試行錯誤を繰り返して、実際にはラボごとにマイナーな時間感覚があるものと思います。ですから、言われている『きちんと…』がどれくらいかがわからないのですが、術中細胞診のような検査方法であればそれほど長い時間の乾燥は行っていない(結果が速く出なければいけないですからね)のでは?と思います。実際には術野内で塗沫し、検査室までの移動時間プラスαの乾燥、固定ではないかと経験上思います。

参考URL
○乾燥迅速パパニコロウ染色の手技 http://home.hiroshima-u.ac.jp/hiroct/ultrafast.h …
○術中腹腔細胞診の意義と問題点について
http://www.asahi-net.or.jp/~ME9K-OGW/kensashi/se …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 13:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乳がん検査  細胞診→針生検へ(長文です)

先日、市の検診で(マンモグラフィー)で「腫瘤あり・要精密検査」との診断を受けました。
その際同封されていた、精密検査を行っている病院の案内に従い、
すぐに予約の取れた産婦人科に行き、エコーとマンモと細胞診を行いました。
結果は異常なし。
ただその際、
1・新たにとったマンモの画像を見ながらの説明はなし
2・エコーを見ながらの細胞診で先生も首をかしげながら
「自分でしこりがわかる?」とおっしゃいながら「ここらへんかな?」といって
細胞診の針を刺したこと

などが不安で細胞診の結果もクラスの説明なく「また半年後に。
不安なら大きな病院へ」と帰されました。

しかしやはり不安になり、ネットで調べて
乳腺専門医のクリニックに行きました。(前述の病院でとったマンモの画像をお借りしました)

まずマンモの所見に異常は見られないとのことで触診、エコーにうつりました。
エコーではマンモに映らなかった5ミリほどのしこりが見つかりました。
(たぶん先の病院のエコーでもここを細胞診したのだろうと今回の先生もおっしゃいました)
先生はとても迷われた末にやはり細胞診をしてくださいました。
あまり心配なら・・というニュアンスだったかと思います。(セカンドオピニオンを求めて
出向いたことを話しましたので)

今日細胞診の結果を電話で伺ったところ、
細胞診をしてみたら良性とも悪性ともわけられない結果が出たので
針生検をしましょうと言われました。

長くなりましたが質問です。

今回診察していただいたのは乳腺外来クリニックの乳腺専門医の先生なのですが
細胞診のあと経過観察せずにすぐに針生検というのは
やはり非常に怪しいということなのでしょうか?
もちろん針生検を受ければはっきりするのはわかっていますが
細胞診がひどくつらかったのと集団検診から今日までの2ヶ月で
恥ずかしながら神経的にまいってしまって自分で判断できないありさまです。

まず先に精密検査をした前の病院の細胞診と同じ場所だと仮定して
今度はグレーということはあるのでしょうか?
また針生検のメリットデメリットを教えていただけるとありがたいです。
腫瘍は5ミリ程度のものです。

拙い文章で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

先日、市の検診で(マンモグラフィー)で「腫瘤あり・要精密検査」との診断を受けました。
その際同封されていた、精密検査を行っている病院の案内に従い、
すぐに予約の取れた産婦人科に行き、エコーとマンモと細胞診を行いました。
結果は異常なし。
ただその際、
1・新たにとったマンモの画像を見ながらの説明はなし
2・エコーを見ながらの細胞診で先生も首をかしげながら
「自分でしこりがわかる?」とおっしゃいながら「ここらへんかな?」といって
細胞診の針を刺したこと

などが不安で細胞診の結果もクラ...続きを読む

Aベストアンサー

現在治療中の24歳です。
私自身、不安と仕事の忙しさから検査引き延ばして、若さとがんの種類のせいで進行させて反省してるので^^; 回答させていただきます。
検査当時の医師との会話メモや、診療ガイドラインを参考にお話しますね。

乳がんの場合発見が早いほど治療費も少なくて済むし、治療自体も簡単で短期、手術不要の場合もあるし、しても傷跡少なく済む、と、いいことずくめなので経過観察するくらいなら針生検に進むのが通常です。がんでなくとも細胞診だけで済まないのもそれほど珍しくなく、ならなぜ最初から針生検しないかというと、
・デメリット1,麻酔が必要なくらいは痛い
・デメリット2,針が太いのでホクロサイズのシミができる場合もある(普通消える)
の為です。しかも
・メリット1,細胞診より精度が高い
・メリット2,種々の検査が可能で情報が多い
の為、手間がかかります。
なので、細胞診で済めば手軽でラッキーという事で、先にひとまず細胞診をします。
針生検まですれば、もうグレーということはないそうです。
針を刺しても悪化はしません。針の通り道に細胞が残る確率は0ではないそうですが、勝手に死滅する程度(本来の免疫力で消せる程度)なので問題はないそうです。

私の場合、細胞診から半年くらいは荒れまくりました。
毎日新婚の旦那に辛くあたり、昼は壁殴って穴開けたり、夜は泣き喚いて近所に迷惑掛けたり。
何してても突然泣ける日々で、旦那は若白髪が激増して不眠がちになりました(今は反省^^;)
少し持ち直してはまた沈没の繰り返しでしたが、半年間思う存分落ち込んだおかげで、ある日突然開き直りました。
思い返すと、ある意味では、はっきりガンだと分かるまでの方が辛かったかもしれません。
宙ぶらりんの状態で周りに気を使うより、全力で怒ったり泣いたりする方が、精神状態としては健全だった気がします。

確定診断までは、陰性陽性どちらの可能性もあります。
でも、乳がんの病院選びや治療方法選択には少なくとも数週間から数ヶ月の猶予があると言われています。自分なりに調べて医師に質問しても納得できないと感じた場合、セカンドピニオンを利用してください。せっかく検査しても結果に不信も持ってしまう病院だと無意味です。ただし5回6回の転院は不要だと思いますが…。

お辛いとは思いますが、納得のいく結果が出るまでは、どうか検査放棄しないでくださいね。

現在治療中の24歳です。
私自身、不安と仕事の忙しさから検査引き延ばして、若さとがんの種類のせいで進行させて反省してるので^^; 回答させていただきます。
検査当時の医師との会話メモや、診療ガイドラインを参考にお話しますね。

乳がんの場合発見が早いほど治療費も少なくて済むし、治療自体も簡単で短期、手術不要の場合もあるし、しても傷跡少なく済む、と、いいことずくめなので経過観察するくらいなら針生検に進むのが通常です。がんでなくとも細胞診だけで済まないのもそれほど珍しくなく、なら...続きを読む

Q乳がん検診での細胞診について

昨年から乳がん検診を受診し始めました。
昨年はしこりがあり、細胞診を行い良性と判断されました。
今年の検診では昨年と同じしこりがやはり気になると言われ、
また細胞診をしたのですが結果が判定不可能と言われMRIを受診
するように言われました。
その時きちんとお医者様に聞けばよかったのですが、気が動転して詳しく聞くことができませんでした。
良性でも悪性でもなく細胞診での判定不可能とはいったいどういうことなのかよく分からないので教えてください。
色々なサイトで調べてみるとMRIはがんの広がりを見るためによく使用されるという事なのでとても不安です。

Aベストアンサー

しこりに対する細胞診が正常であっても、経過観察で再検査していくのは普通にあることです。
判定不能になるのは、採取の仕方が不味かったのかも知れません。
何度も針を刺すわけにもいかないので、大きさや部位などを確認する意味でのMRIだと思いますよ。
しこりが良性でも経過を観察していくのは普通なことです。

しこりがある限り、ずっと医師は気にし続けます。
むしろ気にかけてもらえる方がありがたいですね。
気にしているから悪いモノではないかと思ってしまいがちですが、そういうわけではありません。

Q胸水細胞診の胸水採取料算定について

某病院の検査技師をしています。


胸水の細胞診を行なった場合の算定は、

 胸水・腹水採取 180点 + 細胞診 190点 = 370点

となるのでしょうか?

お恥ずかしい質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

できます。

処置を算定して細胞診を算定するとわかりにくいから、検査で(まとめて)算定してください、 その場合は処置を算定しないでください。 

ということじゃないかな。

レセ上は(その道を離れてかなりになるので良く覚えていないけど、)
60
*胸水採取                   180x1
細胞診(胸水)                190x1 

でも、まとめてでも良いのではないかな。    

Q迅速検査について

病院での検査について質問です。
病院では生化学部門や免疫血清部門等で日々多くの検査がされていますよね。しかし、外注としてセンターにお願いする検査もあります。
先日、検査についてはセンターに出そうとすれば何でも出すことが出来る、とお聞きしました。
しかし、迅速検査としてあえて病院で行う検査があります。
ここで質問です。
院内で迅速検査を行う意味は何なのでしょうか?
そりゃあ患者が苦しんでいるのでより早く結果を出す事は大切だと思います。
しかしその他に何か具体的な理由(自分の考えでも構いません)があるとするならば知りたいのです。

また、理由があるのならば特に院内で行うべき迅速検査の項目とは何がありますか?

まとまりのない文章ですみません。

長くなりましたがどうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お考えのように迅速な結果の判明により
診療全体の効率化が計られる可能性があり、
来院回数の減少など医療費の削減効果の可能性もあることから
外来迅速検体検査加算も設けられています

それ以前に
患者さんが待っている間に結果が出なければ処方の判断に使えず無意味のもの
:インフルエンザの迅速検査など

検査値が分(数10秒)単位で変動するため数時間後では役に立たないもの
:血液ガス検査など

検体の保存中に変化してしまうため、外部に搬送して行えば精度が保てないもの
:尿沈渣など



外部で検査する場合でも、採血したそのままでは値がかわってしまう項目は多く、院内で何らかの処理が必要のことが多いものです

参考URL:http://iryoujimu1.com/gairaijinnsokukenntaikennsakasann.html

Q乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。

乳がん検診でひっかかり(エコー)、細胞診までしました。
エコーに所見があり、細胞診をした人の中でどれくらいの人が悪性と判断されるのでしょうか?はやりここまで進んだ検査となると、大半の場合、悪性なのでしょうかね・・・。

Aベストアンサー

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か悪性か判断できない・4~5は
強く悪性が疑われる。

という診断になります。

なので、この細胞診で1~2であればほぼ良性と考えて
大丈夫なのだと思います。(先生もそういってましたし、
3の場合でも殆どが良性だとおっしゃってました。
私の場合は違いましたが。)

長くなってしまいましたが、結論としては細胞診では
まだ悪性かどうかは確定はできないと言う事です。

乳がんと間違われる良性の病気もありますので
もしかしたらそっちかもしれないですし。

参考URL:http://nyuganwosirou.net/migicategory/shoujou.html

あまり心配せずに、細胞診の結果が4~5だった時に
その先のことを考えられてはいかがでしょうか。

検診で引っかかった時点で不安な気持ちになりますよね。
私は、昨年乳がんになりました。

その時の検査の順序としては

問診→視触診→マンモグラフィー→エコー→細胞診

→MRI→マンモトーム生検(マンモトーム生検は確定診断
が出来る検査なので、ここで乳がんと診断されました。)

という流れでしたが、細胞診は良性か悪性化の区別がまったく
付いていない状態でも、マンモやエコーでちょっと変なところ
が見つかっただけでも行う検査だと思います。

また、細胞診の評価は1~5で評価され

1~2は良性・3は良性か...続きを読む

Qインフルエンザと診断され、診断書も書いてもらったのですが、病院から学校

インフルエンザと診断され、診断書も書いてもらったのですが、病院から学校に直接連絡がいくことはあるのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

個人情報保護法があるので、ご本人宛に連絡を入れることはあっても
第三者に情報を伝えることは有り得ません。

Q母(50再)が先日の健康診断で子宮細胞診Class3bと出て、本日はか

母(50再)が先日の健康診断で子宮細胞診Class3bと出て、本日はかかっている婦人科で再細胞診断の結果が出、Class4ということでした。組織診断の検査結果が 出るのが6月3日です。
そこで数点ご質問があります。

1 細胞診断Class3b・4で、組織診断の結果によっては病期のステージが末期…ということもあり得るのでしょうか…?
2 健康診断を受ける前から、股関節の痛み・しびれがある時があると言っていたのですが、これはリンパ節に転移しているときにでる症状と考えられますでしょうか。
3 今回受けた産婦人科と、国立の癌センターを検討しています。どちらにかかるのが良いと考えられますでしょうか。

お忙しい中とは存じますが、ご教授お願い致します。
(20代 女性)

Aベストアンサー

皆さんお答えしているように
1.細胞診の数値は癌の進行を表すステージとは違います。もし癌が見つかったとしても末期ということはないと思われます。
2.それくらいの年齢の方には良くあることかと思います。リンパに転移して痛むような状態まで癌が進行していたならば不正出血や月経異常、腰痛腹痛など女性器周辺の異常が明らかにあると思いますので、それがないようなら関係はないと考えてよろしいのではないでしょうか。
3.国立のガンセンターは手術待ちの方がたくさんいます。おそらく手術まで2.3ヶ月待ちなんてことになるかと思いますので、なるべく早く取ってしまいたいと思うならばご近所の産婦人科をご検討なされてはいかがでしょうか。

Q染色体 移植

染色体の移植はできますか?どのようにするのですか?できないとすればなぜですか?宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

染色体は移植するには小さすぎて技術がありません。

一方でベクターを使うには大きすぎます。
小さな遺伝子を組み込むことですら、成功例は世界で何例ですので
ベクターで染色体すべてを移植するのは無理でしょう。

もともとある染色体の処理も問題ですしね

Q子どもに細胞診

身近で、子どもで細胞診をされたことのあるかたいらっしゃいますか?

また、2歳で、全身麻酔をし細胞診をすることの、危険性など、おわかりのかたいらしたら、教えてください。

Aベストアンサー

胃カメラ嫌いのオジサンです。 大変 失礼なお返事かと思いますがお許し下さい。

 2才だと、成人と比べ確かに全痲のリスクは高いと思いますが、部位が?ですが反面 大人と違い動く危険も有ると思います。
細胞診の部位も不明です。
 恐らく小児外科か、大き目の病院だと思います。
何故2才で全身麻酔をしてまで医師が行うかは、ご両親にリスクも含めて詳しく説明されていると思います。

 さくらんぼさんが出来うる事はネットで調べる事ではなく、そのお子さんとご両親の不安なお気持を少しでも理解し
寄り添い、励まし 祈る ことだと個人的に思います。
 ご両親なら、少し違う 返事に成りますが。。。

以下、個人的な憶測の余談です~~~
 ① 国内で今後 十数年、甲状腺の異常な方が増加するかと憶測しています。
 ② 上記とは別の原因で 今後 各種の有害物質による疾病が増加する(水銀・ヒ素など色々と有ります)⇒ これは国内のみではなくアジア(特に多いかと)他、各国で増加すると思います。
 ③ 現在の環境の問題ですが・・・真実は報道・ネットもされません(自分自身で調べ勉強し更に調べて行かないと見えない⇒大切な真実は目に見えないのです)

胃カメラ嫌いのオジサンです。 大変 失礼なお返事かと思いますがお許し下さい。

 2才だと、成人と比べ確かに全痲のリスクは高いと思いますが、部位が?ですが反面 大人と違い動く危険も有ると思います。
細胞診の部位も不明です。
 恐らく小児外科か、大き目の病院だと思います。
何故2才で全身麻酔をしてまで医師が行うかは、ご両親にリスクも含めて詳しく説明されていると思います。

 さくらんぼさんが出来うる事はネットで調べる事ではなく、そのお子さんとご両親の不安なお気持を少しでも理解し
寄...続きを読む

Q染色体 髪の毛

今、染色体異常があるとします。半年~一年前は染色体が正常でした。正常のときの髪の毛が一本あります。ここから、なにかして染色体異常をなおす、もどすことはできませんか?
可能な方法をできれば、たくさん教えてください!
そのような前例があった場合も教えてください!

Aベストアンサー

もし可能であるとしたら、現在知られている唯一の方法はベクター(=ウイルス)を使う方法です。

ウイルスに感染すると、ウイルスは細胞のDNAの中にもぐりこみ、あたかもその細胞のもともとのDNAであるかのようにふるまいます。この方法を応用して、大腸菌の遺伝子にインスリンを作る遺伝子を組み込んだウイルスを感染させ、大腸菌にインスリンを作らせて製剤として使っています。

数年前、アメリカでこの方法を使った治療の実験が行われたかもしれません。「かもしれません」というのは「この実験を行うことが大学の倫理委員会で許可された」という記事が新聞に出ただけで、その後実際に行われたかどうかの記事が見当たらなかったからです。ですから、行われたかもしれませんし、許可は下りたけれども行われなかったのかもしれません。それについては私は知りません。

その記事によると、患者は女児で、遺伝子の異常により生存に必要なある酵素を体の中で作れず、注射で補ってきたのだけれども数年以内に死亡することが確実である状況でした。そこで、その酵素を作る遺伝子を組み込んだウイルスを作り、その女児に感染させることで、その女児の体内で酵素が作れるようにしよう、という実験が検討されました。

たとえば1番目の染色体の中にその酵素を作る遺伝子があったとして、ウイルスが2番目の染色体の中に入ったとしても、それによってその酵素が作られればその女児は生きられるようになるので、染色体の異常はそのままですが、その異常によって生じる致命的な状態は回避できるわけです。

ただし、問題点がいくつかあります。

1.ウイルスによって酵素を作る遺伝子が女児のDNAに組み込まれたとして、その組み込まれた遺伝子が人間の体内で本当に酵素を作ってくれるかどうかわからない。大腸菌や酵母菌などでは作ることがわかっていますがヒトは遺伝子が複雑なので、酵素を作れるようになるか確実ではありません。

2.そのウイルスが持っている他の遺伝子がその女児に別の病気を引き起こすかもしれないこと。もともとのウイルスとしては病気を起こさないようなものを使いますが、そこに酵素を作る遺伝子を組み込んだことによって病気を引き起こすようなウイルスに変化してしまうかもしれません。その病気はもしかすると風邪程度の軽いものかもしれませんし、あるいは致死的な病気かもしれません。全くわかりません。
治療のつもりでウイルスを女児に投与したら死んでしまうのかもしれないのです。
これは人体に使ってみなければわかりません。しかし、致死的な病気を引き起こすかもしれないので人体実験はできません。この女児が人体実験になります。

3.そのウイルスを女児に注射すると、ウイルスは細胞の中に入り込み、その細胞に自分と同じウイルスを作らせます。細胞によって作られたウイルスは細胞から出て血流にのって全身を巡り、全身の細胞の中に入り、そこでまた細胞にウイルスを作らせ、作られたウイルスが細胞の外へ出て血流にのって全身を巡りながら別の細胞に入り込み・・・、ということを繰り返すことによって全身の細胞に酵素を作る遺伝子を送り込むことになるのですが、そのウイルスが女児の体の外へ出たらどうなるでしょう?
このウイルスは「酵素を作るという病気を引き起こすウイルス」であるわけです。
他の人に感染して「酵素を作るという病気」を引き起こすかもしれません。この病気は、酵素を作れない人についてはとても都合の良い病気ですが、酵素を作れる人にとっては困った病気かもしれません。もしかすると、とても困った症状を引き起こす病気かもしれません。それどころか、そのウイルスが本来持っている他の遺伝子と一緒になると致命的な病気を引き起こすかもしれません。
もしそうなったら、この女児は一生涯隔離された病院内で生活しなければなりません。
これも人体実験を行うことができません。

このような危険性をはらんだ治療について、その安全性とリスク、女児がそのままでは確実に死んでしまう病気であることなどを考慮して検討した結果、大学の倫理委員会がこの実験を許可したのだそうです。
しかし、その後実際に行われたかどうかについての報道を目にしていないので、許可は下りたけれども行われなかったのかもしれません。あるいは行われた結果女児が死んでしまったので、大学当局に対しての報告はしたけれども一般には公表しなかったのかもしれません。

これに関してはわたしは上記以上の情報を持っていません。

もし可能であるとしたら、現在知られている唯一の方法はベクター(=ウイルス)を使う方法です。

ウイルスに感染すると、ウイルスは細胞のDNAの中にもぐりこみ、あたかもその細胞のもともとのDNAであるかのようにふるまいます。この方法を応用して、大腸菌の遺伝子にインスリンを作る遺伝子を組み込んだウイルスを感染させ、大腸菌にインスリンを作らせて製剤として使っています。

数年前、アメリカでこの方法を使った治療の実験が行われたかもしれません。「かもしれません」というのは「この実験を行う...続きを読む


おすすめ情報