イケメンダンスボーカルグループのオススメ13選

語末の長音記号「ー」を省略する言い方はいつ頃から登場したのでしょうか?(サーバ、データ、センサ、センタなど)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

この問題については以前に本格的に調べてみたことがあります。



誰か偉い先生が言っていたとか書いていたということではないのですが、明治初期の日本ではドイツ語が幅を利かせていたようで、ドイツ語ではたとえば「クロマトグラフィー」のように語尾を延ばして発音しますが、英語では「クロマトグラフィ」という感じになります。明治初期にドイツから日本に入ってきた学問は医学や化学などで、これらの学問分野の用語は現在でも語尾に長音記号を付けるのが普通です。

一方電気・電子分野は戦後になって大きく発展し、主に英語を通じて日本に伝えられたもので、英語の発音ではたとえばCOMPUTERは「コンピュータ」となり、「コンピューター」と語尾を延ばすことはありません。「センサー」も実際には「センサ」という感じの発音になります。「エレベータ」や「エスカレータ」などもそうですが、日本ではドイツ語の影響で語尾を延ばす習慣が長く続いたため、一般には「コンピューター」、「センサー」、「エレベーター」、「エスカレーター」のように書いたり喋ったりしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
ドイツ語では音を伸ばし、英語では伸ばさないとのことですが、やっぱり英語でも長音記号をつけたほうが実際の発音に近いのではないかと思います。

お礼日時:2006/03/30 11:17

例えば、computerは「コンピューター」が正しい書き方だそうですが、マニュアルなどでは「コンピュータ」と書くそうです。

字数の節約でしょう。でもいつ頃かはわかりません。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
他分野で長音記号を省略して字数を節約するなんて聞いたことありません。なんで電気工学の人だけが長音記号を省略なんてするんでしょうか?

お礼日時:2006/03/30 11:25

計算機分野では、少なくとも1960年代には長音符号を付けない表記が定着していました。

「コンピュータ」「アセンブラ」「コンパイラ」等々。(「コンピュータ」は「計算機」のほうが一般的)

もともと電気・電子・通信分野では古く(戦前)から長音符号を付けない表記が一般的だったので、その流れを汲んでいるのでしょう。

「データ」を「データー」と書くのは誤用ですが、「ダータ」という発音もあります(イギリス英語?)。テクニカルライティング分野の大御所といわれる某教授は「ダータ」派でした。

ちなみに、
JIS Z 8301 『規格票の様式及び作成方法』の「付属書G 文章の書き方,用字,用語,記述符号及び数字」では、以下のように規定されています(抜粋)。

--------------
G6.2 外来語の表記
  外来語の表記は,主として“外来語の表記(平成3.6.28 内閣告示第二号)”による。
 片仮名書きの外来語を用語にすることは極力避けなければならないが,やむを得ず
 採用する外来語の表記についての詳細は,次による。

c) 長音符号は,通常,次によって用いる。
  なお,英語の語末の -er,-or,-ar などは,ア列の長音とし,長音符号を用いてあらわすものに当たるとみなす。

 1) 専門分野の用語の表記による。
    注記 学術用語においては,原語(特に英語)のつづりの終わりの
       -er,-or,-ar などを仮名書きにする場合に,長音符号を付けるか,
       付けないか,について厳格に一定することは困難であると認め,
       各用語の表記を,それぞれの専門分野の標準とするが,長音符号は
       用いても略しても誤りでないことにしている。

 2) 規格の用語及び学術用語にない用語の語尾に付ける長音符号は,表G3による。

 3) 次に示すような慣用を尊重するほうがよい場合には,その慣用による。
 3.1) 長音符号の代わりに,母音字を添えて書く。
      例23  ミイラ(mummy)
 3.2) “エー”,“オー”と書かずに“エイ”,“オウ”と書く。
      例24  レインコート(raincoat) ボウル効率(bowl effeciency)

 表G.3―外来語の表記に語尾の長音を省く場合の原則

  a) その言葉が3音以上の場合には,語尾に長音符号を付けない。
      例  エレベータ(elevator)
  b) その言葉が2音以下の場合には,語尾に長音符号を付ける。
      例  カー(car),カバー(cover)
  c) 複合の語は,それぞれの成分語について,上記 a)又は b)を適用する。
      例  モータカー(mortor car)
  d) 上記 a)~c)による場合で,長音符号を書き表す音(例1),
   はねる音(例2),及びつまる音(例3)は,それぞれ1音と認め,
   よう(拗)音(例4)は1音と認めない。
      例1  テーパ(taper)    例2  ダンパ(damper)
      例3  ニッパ(nipper)   例4  シャワー(shower)
--------------
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
電電・通信分野の長音記号の省略はどうして発生したんでしょうか?

お礼日時:2006/03/30 11:24

 英語の -er, ir, or, ar, ur, ear など「母音+r」のスペルで日本語にすると「アー」となる発音は厳密には3種類あります。

car, star, park など,bird, work, turn など,computer, center, proper などの3つです。
 発音記号で書けば[α:r][∂:r][∂r]となります。最初の2つはアクセントがあり,最後のはアクセントがなく,[:]もありません。このように,アクセントがなくなると,弱くなると同時に,音が短くなるのです。
 ひとつには,このようなアクセントのない「アー」の「ー」をつけない,ということを意識しているのだと思います。server「サーバ」で考えると,最初の er はアクセントがあり,「アー」とのび,後の方はアクセントがなく「ア」と短くなっているのです。これは英語の発音を正確に反映したものです。
 data「データ」は r の音がないので,「データー」自体が誤っていたのです。
 もうひとつに,新聞や雑誌などのメディアで,少しでも活字を少なくして経費を節減しようという意図の表れだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
アクセントのないアーとのことですが、実際に技術者の人は「サーバ」とか言ってるのを聴くと、やっぱ「サーバー」のが英語のserverに近いような気がするんですが。

あと活字の節約とのことですが、webが浸透した今、あまり字数制限を気にすることもないと思います。普通に長音記号をつけようという機運はないんでしょうか。

お礼日時:2006/03/30 11:22

新聞と現代日本語/金武伸弥著.ー東京:文藝春秋社,平成16年.ー(文春文庫;366)では、


「第七章」外来語の表記 6「コンピューター」か「コンピュータ」か P215でこう述べています。

国語審議会が1991年に発表した「外来語の表記」によれば、英語の語尾の-er, -or, -ar, -yなどは「オブザーバー、ドクター、レギュラー、アカデミー」のように長音で示すのが、原則です。「コンピューター、センサー」も同様で、明治以来の外来語の伝統的な書き方です。辞書、新聞、教科書などはこれに従っています。ところが、『学術用語集』の「電気工学編」(91年)などで使われる外来語の表記について、原則として最後の「ー」を取り、「コンピューター、センサ、モニタ」とすることを決めたため、電気製品の説明書なども長音が無くなったのです。(中略)同じ『学術用語集』でも「物理編」(90年)は、「コンピューター」と新聞と同じ表記ですが、電気技術関係の業界が「電気工学編」の用語で統一され、マニュアルなど世間の目に触れる印刷物が多いので長音がない表記が一般化されてきました。

と、いうように記述されています。
著者の金武伸弥さんは、讀賣新聞を定年退社され、現在、日本新聞協会用語専門委員です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
なんで電気工学だけ長音記号を省略するようになったんでしょうかね?

お礼日時:2006/03/30 11:19

長音を省略かどうかではなく、外来語をどのように表記するかの問題ですね。

dataはデータであり、データーの省略ではありません。sensorは一般的にはセンサーと表記してsensaでないことを表しますが、いずれにしても日本語の発音表記になるので業界用語として
センサと書いても間違いとはいえません。外来語の意識が薄れたとき、日本語として表記されるのでセンターをセンタと書く業界も現れてくるのでしょう。

外来語の大先輩であるポルトガル語ではカタカナ表記を飛び越えて漢字表記になっている単語もあります。
襦袢、煙草、金平糖などがそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
長音の省略に興味があります

お礼日時:2006/03/30 11:15

いつからというのは分かりませんが。


「データ」を「データー」と書くのは誤用と思います。数十年前に怖い大先生が『世の中には「データーレコーダー」というものがあるそうだが』と皮肉を言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
データーは誤用ぽいですね

お礼日時:2006/03/30 11:14

今でも一般には省略しないほうが


標準だと思います。

 長音記号の省略というのは、
業界によっては昔から標準の
ところがあるんです。

 例えば電気通信情報学会などでは
長音記号をつけるほうが間違った
記載とされ、正式な文書では
訂正を指示されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
工学系の技術者は長音記号を省略する傾向があると感じてました

お礼日時:2006/03/30 11:13

省略する根拠はJIS Z 8301だと思いますが、20年以上まえから見かけますね。



参考URL:http://www.ne.jp/asahi/tech/com/01Tech/01-08.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
JIS規格が一応の根拠なんですね

お礼日時:2006/03/30 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外来語系工学(科学)用語のカタカナ表記について

「コンピューター」と長音記号(ー)を用いるのでなく
「コンピュータ」と伸ばさず記すのが正しいというよう
なことを聞きました。
 このようなカタカナ表記法について教えて下さい。
 いま提出するものがあって判断に困っています。 

Aベストアンサー

質問の趣旨がいまひとつはっきりつかめないのですが,「正しい」「正しくない」(例えば言語学的に)ということはないと思います。
あくまでも,それぞれの分野・業界ごとに,「こういう書き方が正式である」と定められているに過ぎないということでしょう。

例えば公文書の場合,「外来語の書き方」(平成3年内閣告示第2号)では次のようになっています。
III 撥音,促音,長音その他に関するもの
3 長音は,原則として長音符号「ー」を用いて書く。
〔例〕エネルギー オーバーコート グループ (中略)
注3 英語の語末の-er, -or, -arなどに当たるものは,原則としてア列の長音とし長音符号「ー」を用いて書き表す。ただし,慣用に応じて「ー」を省くことができる。
〔例〕エレベーター ギター コンピューター マフラー
   エレベータ コンピュータ スリッパ

工学系の用語が多く出てくるJIS(日本工業規格)では,次のようになっています。(JIS Z 8301:1996)
解説付表3 原語(英語)の語尾の長音符号を省く場合の原則
a) その言葉(引用者注:「ー」を省いた部分)が3音以上の場合には,語尾に長音符号を付けない。 例:エレベータ(elevator)
b) その言葉が2音以下の場合には,語尾に長音符号を付ける。 例 カー(car),カバー(cover)
c) 複合語は,それぞれの成分語について,上記a)またはb)を適用する。 例 モータカー(motor car)
d) 上記a)~c)による場合で,1)長音符号で書き表す音,2)はねる音,及び3)つまる音は,それぞれ1音と認め,4)よう(拗)音は1音と認めない。
 例 1)テーパ(taper) 2)ダンパ(damper) 3)ニッパ(nipper) 4)シャワー(shower)
(引用者注 d)は,音の数は言語学でいうところのモーラ(拍)で数えるということです。
 例に即していうと,テーパは「て」「え」「ぱ」で3音,ダンパ・ニッパも同様なので「ー」は省く。シャワーは「しゃ」「わ」の2音なので「ー」を残す。)

そして,JISにはさらに「参考」として,次のように書かれています。
(1) 日本工業規格においては,英語のつづりの終わりの-er, -or, -arなどを仮名書きにする場合に,長音符号“ー”を付けるか,付けないか,どちらかに決めたいということで以前から審議してきたが,問題が多く統一は困難なので,それが属する専門分野の学術用語の表記に従っているのが現状である。
(2) 学術用語においては,原語(特に英語)のつづりの終わりの-er, -or, -arなどを仮名書きする場合に,長音符号“ー”を付けるか,付けないか,について厳格に一定にすることは困難であると認め,各用語集の表記を,それぞれの専門分野の標準とするが,長音符号“ー”は用いても略しても誤りでないことにしている。

なお,学術用語に関しては,さらに各分野ごとの学術用語集というのが文部省編で発行されていて,例えば教科書などの表記はそれに従っています。
実際には,学問分野ごとに,長年の習慣がいろいろと蓄積されているので,なかなか統一し難いものがあるようです。
(長音ではありませんが,情報通信工学では,単位時間あたり通信回線を流れる情報量をトラヒック(traffic)といいます。私などこの表記を見るたびに,なぜか酔っぱらっている虎が思い浮かんでしまうのですが,情報工学系の人に言ったら「トラヒックはトラヒックだよ。トラフィックと書くとものすごい違和感がある。交通渋滞の話ならトラフィックでいいけど」と言われてしまいました。)

まあ,“工学系においては語尾の長音符号を略したがる傾向が強い”ということは言えるでしょう。
甚だしくは,ブザ(buzzer)と書かれていることさえあります。(JISに従えば,2音なので「ブザー」となるはず。)

余談ですが,野球用語にこのルールを導入してみたらどうなるでしょうか。
「ピッチャ,バッタに向かって,3球め,投げました! 大きい,大きい! センタを抜けた! 打ったランナは1塁を蹴って2塁へ! センタなかなか追いつかない! ランナは3塁へ向かう! ようやくボールが返ってきた! タイムリーなスリーベースヒット!」

質問の趣旨がいまひとつはっきりつかめないのですが,「正しい」「正しくない」(例えば言語学的に)ということはないと思います。
あくまでも,それぞれの分野・業界ごとに,「こういう書き方が正式である」と定められているに過ぎないということでしょう。

例えば公文書の場合,「外来語の書き方」(平成3年内閣告示第2号)では次のようになっています。
III 撥音,促音,長音その他に関するもの
3 長音は,原則として長音符号「ー」を用いて書く。
〔例〕エネルギー オーバーコート グループ (中略...続きを読む

Q”サーバ”と”サーバー”はどっちが正しい?

社内で発行文書を作成する事になったのですが”サーバ”と”サーバー”はどっちの表記が正しいのかという事で頓挫してしまいました。
もし、ご存知でしたらお教えください。

法的な根拠等御座いましたら教えていただければ有難いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法的な縛りはございません。
なので、結論だけ申しますとどちらでもよいということになります。

関連するものといたしまして、何人かの方が挙げていらっしゃいますが、JIS Z8301:1996になろうかと思います。

ただ、私自身で取り寄せて確認していないのですが、 Z8301:1996であった図表3は、2000年3月20日の改正でひっそりとなくなっているそうなので、Z8301は現在では根拠とはなりえなくなってしまったかとおもいます。

また、日本語全般についていえば、内閣告示第二号(平成三年六月二十八日)において、長音符号について定められています。


私が把握している範囲ですと、外国語を日本語にする際において、かつてはerで終わるものは「ー」をつけないなどがあったようですが、特に決まりといったものでもなかったがために申請書などの書式では混在があるとややこしい(いろいろとめんどくさい)ので、JISで定められました。

しかし、時代の流れによりいろいろと変化するもので。
文部省主導だったかな?後々に日本語について定められたものでは先ほどの内閣告示のようになっていますので、JIS側がそちらにあわせた、となっていた気がします。

日本語としての基準・規格を定めるのは文部省(常用漢字なんかそうですね)、工業用語などを定めるのはJIS(元々通産省主導だったっけかなぁ)と定める大元が異なると。

日本語としては別に決まってなくても困らないですが、工業用語など統一することで利便性を出すものにおいては決まっていないとややこしいので、今回の件に関してはそれまでの日本語の慣例に従いJISが先行して決めていたということになるわけです。

JIS Z8301は規格票の様式について定めたもので、一般人には関係のないものですが、書籍などで規格票の様式に合わせていたり、著者や社内の詳しい人が規格票を書く人だったりしたことで、それらが次第に広まっていったということになるかとおもいます。
しかし、それらにやっぱり関係ない人からすればサーバーなどのように伸ばすほうが実際の発音に近く感じますのでコンピュータが普及するに従い混在していった模様です。


長くなりましたが、法的な根拠としてはJIS Z8301に従う文書であっても現在は削除されているらしいので、決まりはなく、むしろ法的にはどちらでもよいと言っているので強制するほうが問題になるのかもしれませんね(笑

最低でも同一文書内では統一すべきでしょうし、可能であれば社内で統一したほうがすっきりするものとおもわれますので、社内で十分に検討されてはいかがでしょうか。


なお、JIS Z8301:1996が本当になくなっているのかは、私も聞いただけで実際に確かめておりませんので(現在は私としては必要ないので金払ってまで見る気になれなくて)、ご自身で確かめられることをお勧めいたします

法的な縛りはございません。
なので、結論だけ申しますとどちらでもよいということになります。

関連するものといたしまして、何人かの方が挙げていらっしゃいますが、JIS Z8301:1996になろうかと思います。

ただ、私自身で取り寄せて確認していないのですが、 Z8301:1996であった図表3は、2000年3月20日の改正でひっそりとなくなっているそうなので、Z8301は現在では根拠とはなりえなくなってしまったかとおもいます。

また、日本語全般についていえば、内閣告示第二号(平成三年六月二十八日)におい...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q句読点の「。」をつけるかつかないか。

会社で、従業員向けに、箇条書きに近い感じでこれこれこうしてくださいと文章を書いてボードに張り出すとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?
箇条書きに近い感じでも、文章の末尾は、「~になった」「~だ」「~にしてほしい」など「。」が必要そうな語尾になります。
ブログを書くときに、箇条書きに近い感じで短くて読みやすい文章を書くとき、文章の末尾に「。」をつけるのかつけないのか?「~である」などこちらも「。」が必要そうな語尾になります。
この2点について回答ください。
会社の方が一番悩んでいます。

Aベストアンサー

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう

という具合に、一つの文章で一つの箇条書きが成立する場合は、なくてもおかしくないと思います。

先の回答にもありますが、句読点の打ち方にはルールがあるようなないような、曖昧なところがあります。
個人的な趣味で決めてしまっても、絶対的な間違いだと言うことはできません。

私自身の趣味としては、上記のように、一文ならなくてもOK(入れてもOK)、複数の文なら入れる方が統一性があるように思える……ですが、これとて「正解」ではありません。

いろんな方の意見を聞いて、ご自身の感覚にしっくりするものを探してください。
でも、いろんな意見を聞くと、却って混乱するだけかもしれませんね(^_^;)。

一つだけ注意するとしたら、末尾に句点を打つか打たないか、同一文書中ではどちらかに統一すること。
これだけ気をつけておけば、どちらでも大丈夫だと思います。

箇条書きでも、複数の文が連なったものには付けるべきでは?

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう。打つのは制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態になってからにしましょう。

という具合に。一つの文章が終わって句点を打っているのに、二つ目の文章の終わりが箇条書きの終わりだから……といって句点を打たないのはバランスとしておかしいと思います。

これが、

1.出勤してきたら、必ずタイムカードを打ちましょう
2.タイムカードを打つのは、制服を着用し、すぐに仕事に取りかかれる状態...続きを読む

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

Qエクセルでの指定文字 カウントについて

エクセルで並んだデータでの指定した名前だけの個数をカウントするにはどうすればいいのでしょうか?

山田 高橋 佐藤
高橋 梅田 赤田
 西 山田 梅田
佐藤 山田 梅田

名前が並んだデータで「高橋」という名前が何個あるのかをカウントしたいのですがどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 データは入力されているセルの範囲を「A1:C4」とすれば、

=COUNTIF(A1:C4,"高橋")

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報