以前
『インクジェット用の年賀ハガキはプリントする時
「ハガキ」か「光沢ハガキ」のどちらに設定すればいいですか?
使ってるプリンタは「canon BJF300」です。』
と、言う質問をして回答をいただいて締め切ったのですが、
その回答を試したところ、失敗しまして。。。(^^;
もう一度教えて下さい。
種類は裏面(宛名ではない方)だけでいいです。
パソコンはMacです。

以前の回答では、
1.ドライバーをインストールしてバージョンアップする
 明記されていたバージョンはウィンドウズの物でMacではできませんでした。Mac用の物をDLをしてみたのですが、前と変わらず「インクジェット用官製葉書」と、いう項目は増えませんでした。

2.用紙設定を「コート紙」にする
 用紙設定の中に「コート紙」が含まれていませんでした。

3.用紙設定を「光沢紙」にする
 インクジェット用の年賀ハガキはつるつるしていないのですが、これでいいのでしょうか?

4.用紙設定を「ハイグレード紙」にする
 用紙設定の中に「ハイグレード紙」が含まれていませんでした。

度々すいません。回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

CANON の HP で確認したところ、Macintosh 環境の BJ F300 、


インクジェット用官製はがき(インクジェット紙)の印刷設定は、

表面(宛名面):
 オートパレット:文書、 用紙:はがき、

裏面(文面):
 オートパレット:写真、 用紙:光沢はがき、

という設定を推奨していました。
他にも「関連情報」を参照と言う事なのですが、それは?でした。

下記の方法で確認して下さい。

CANONのHP トップページ上の「サービス&サポート」をクリック。
  ↓
 http://www.canon-sales.co.jp/bj/index-j.html

「皆さんのお問い合わせから解決」→[ BJ プリンタ ] →をクリック。

次のページの Q&A 検索で、[ カテゴリ:BJ プリンタ ]
[ 機種名:BJ F300、OS:MacOS/漢字Talk、分類:設置・設定・操作 ]
キーワード「印刷設定」で [ 検索 ] をクリック。

「インクジェット用官製はがき(インクジェット紙)の印刷設定」参照.

参考URL:http://www.canon-sales.co.jp/bj/index-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただいてありがとうございます。
サイトに行ってみたんですが、何か文字化けしていて見れなかったので、
sekiya-hさんが見て下さったとおり光沢ハガキで印刷してみようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 21:24

まあ、macならドライバーも勝手が違うようですね。


それで、用紙設定には、他に何が出てきますか?
リストを挙げてくだされば、どれがインクジェット用紙に当たるか、分かると思います。
これといったのが、なければ、光沢紙でもいいですから、試しに一枚印刷して様子をみましょう。どれにしようが、自分が見て、きれいだったらいいんですから…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目の回答ホントにありがとうございます(^^;
他のを見てみたのですが、これといったのがよくわからないので
一度光沢ハガキで印刷してみようと思います。
自分で良いと思えればそれでいいですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年賀状の書き損じは?

郵便局で
書き損じや使い残した年賀状は、郵便局で5円の手数料で官製はがきと交換してくれるそうですが、
切手への交換はダメ?
また、一昨年の年賀状の書き損じや
未使用はどのように
取り扱ってくれるのでしょうか?

Aベストアンサー

切手にも交換できますよ。
一昨年の年賀はがきも、切手や通常のはがきに交換できます。
くわしくは下記ページの「くじ引き番号付郵便はがき」の項をどうぞ。

http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/hagaki/kaki_sonji/index.html

Qプリンタ用紙で光沢紙を探しているのですが、カラーの光沢紙ってあるのでし

プリンタ用紙で光沢紙を探しているのですが、カラーの光沢紙ってあるのでしょうか?
出来れば真っ黒な光沢紙が良いのですが。

ちなみに名刺作成用などの切れ目など入っていない物をさがしています。

Aベストアンサー

新聞折込チラシでカラー光沢紙は見たことはありますが
プリンター用紙では存在しないのではないですか?

オレンジ色の普通紙に青色でプリントを試みたことがありますが青なのか黒なのか分からない結果となりました。
仮に黒の光沢紙があったとしても何をプリントしてあるのか分からなくなります。

一般的に濃い色の用紙の場合、黒色でしか表現できないと思います。今回は用紙が黒ですからたぶん適切ではありません。
(以上、インクジェットプリンターを前提としています、レーザーも同じでしょうが詳細は分かりません)

Q年賀はがきの書き損じ

1.年賀はがきの書き損じでも、手数料5円を払えば交換してもらえますか?表も裏も書いてしまいましたが…。
2.2年前の年賀はがきでも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

元・郵便局員です。

1.可能です。郵便葉書に限らず、郵便切手や郵便書簡などへの交換も可能です。

2.何年前のものでも構いません。額面が50円のものに限らず、かつての41円、40円、30円などのものでもOKです。

3.今年の年賀はがき、年賀郵便切手のお年玉抽選会は
1月18日9:30~12:30、大阪市のメルパルク大阪にて、阪神タイガース矢野輝弘選手、沖原佳典選手をゲストに迎えて開催されます。
早いところで当日の昼頃のニュース、遅くとも夕方のニュース、翌日付朝刊各紙で発表されるほか、日本郵政公社ホームページでの発表も行います。

Qインクジェットプリンターで光沢紙に印刷するしくみ

しくみについて知りたいのですが、どうしてインクジェットプリンターで光沢紙に印刷できるんでしょう。インクジェットはインクを吹き付けて印刷していくものなのに、表面がツルツルの光沢紙でどうしてキレイにできるのかなーと思いまして。今度光沢紙を買って印刷しようと思うのですが、ふと不思議に思いました。知ってる方、しくみを教えてくれませんか?

Aベストアンサー

Q/しくみを教えてくれませんか?

A/まず、確実にするためにインクの違いから説明しておきます。

インクジェットのインクは写真印刷用の一般機では現在ほとんどが染料系のインクを用いています。染料は、浸透率が高く、専用紙でしみこみ易い鮮やかな発色をするインクのことです。欠点としては、外的刺激に弱く、光、熱、空気、水に弱い傾向があります。その変わり光や熱などもよく通してくれる。

相対するものには顔料系のインクがあり、浸透率は弱いが、用紙の違いは関係なく純色が綺麗に出るため、キャノンのBJ-Sシリーズ、HP製プリンタ、PIXUS-850i以下のプリンタでは普通紙印刷で用紙の種類に頼らず印刷することが多い黒インクのみ顔料系になっている物もある。このタイプはカラー印刷の場合で専用紙印刷を用いる場合は、残りのカラーインクだけで黒は再現する機構の物が多い。
(エプソンでは、全色顔料系のPM-4000PXという機種がある。これは、一般の染料系用光沢紙が光沢紙としては使えません)


まず、これがインクの違いです。光沢紙はこの染料系インクの強みを生かした物です。


一般の光沢用紙は、染料系インクに最適化されています。用紙の表面に粒子素材を用いており、インクを吸収する部分と、光を反射する反射層と2層以上の層で構成されています。一番外側にインクを吸収する微細凹凸(吸収面積を広げるためなどに凹凸がある)がある粒子素材を用い、その下に、反射素材(ここが光沢を出す部分)を入れます。
染料系ではこういう構造で、インクを外側で吸収し染料系のインク自体が浸透性が高く光を透過しやすい構造を利用して、内側で写真のように光を反射させます。これが光沢紙印刷です。表面がつるつるですよね。これはインク吸収層の下の反射層がつるつるであること、インク吸収層がミクロ単位であることによります。ちなみに、ミクロ単位であるため、光沢面には触れないようにしましょう。手の油などを吸収する事もありますし、こすると質が低下します。

元々、用紙の表面ではなく内側が光沢で外側にはミクロン単位のインクを吸収する部分がある。これが、仕組みですね。だから、光沢があってもインクを弾かない。

ちなみに、上の用紙を顔料系に用いると、インクの浸透が少なく、光の透過率が少ないため、印刷後の光沢感があまり出ません。また、インクは吸収層に浸透するというよりは外側の凹凸に定着し、インク同士が強く結びつくように定着します。場合によっては光沢専用用紙は顔料系インクの定着には不向きで発色が悪くなることもあります。
顔料系ではこの光沢紙は100%の威力を発揮しない場合がありますが、普通紙でも同じようなニュアンスで印刷できるのが強みです。
(顔料系でこういう用紙を使う場合は、インクの浸透より定着率を高める工夫が必要)

光沢紙に印刷できるのは、インクによる物もあるということですね。

Q/しくみを教えてくれませんか?

A/まず、確実にするためにインクの違いから説明しておきます。

インクジェットのインクは写真印刷用の一般機では現在ほとんどが染料系のインクを用いています。染料は、浸透率が高く、専用紙でしみこみ易い鮮やかな発色をするインクのことです。欠点としては、外的刺激に弱く、光、熱、空気、水に弱い傾向があります。その変わり光や熱などもよく通してくれる。

相対するものには顔料系のインクがあり、浸透率は弱いが、用紙の違いは関係なく純色が綺麗に出るため、...続きを読む

Q書き損じた年賀状の交換

書き損じた年賀状の交換ができるのは郵便局のみでしょうか?
会社から出す年賀状なので急ぎで、今から交換しようと思うのですが、土曜日あいている郵便局がかなり遠いので郵便局以外でしているとこはないかご存知の方いましたら教えてください

Aベストアンサー

郵便局か24時間年中無休で開いている「ゆうゆう窓口」で交換可能です。

HPでお調べを。

また郵便はがき1枚交換するのに5円の手数料がかかります。手数料の支払いには現金か切手でのみ可能です。郵便はがき充当による交換は不可ですが、「可能」と思っている社員もいます。

また金券ショップで過年度の年賀ハガキや書き損じはがきを1枚35円程度で買取しているところもあります。買取していなければ、一旦、換金率の良い、通常はがき、50円か80円切手に換えてから持ち込む方法があります。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

Qインクジェット写真用 設定 の用紙設定について

キャノンプリンター年賀状の インクジェット写真用 の用紙設定は皆様はどのような用紙設定にされていますか。インクジェトはがきの設定で良いのでしょうか。

Aベストアンサー

CANONの「インクジェット用年賀葉書」対応状況によると、

「インクジェット紙」、「インクジェット写真用紙」の通信面(裏面)は、通常の郵便はがきとは異なり、用紙に加工が施されています。
通信面(裏面)の印刷を行う場合は、プリンタドライバの「用紙の種類」で[インクジェットはがき(通信面)]もしくは[インクジェットはがき]もしくは[インクジェット官製葉書]を選択してください。

なお、「インクジェット紙」、「インクジェット写真用紙」の宛名面(表面)については、加工されていないため、通常の郵便はがきと同じ[すべてのはがき(あて名面)]もしくは[はがき]を選択してください。

はがきを印刷する際には、<通信面→宛名面>の順で印刷を行ってください。
http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=055111

Q書き損じ年賀状→新品年賀状に交換不可と言われました

去年の12月中旬頃ですが、書き損じた年賀はがきを郵便局に持って行って
新品の年賀状に交換をお願いしたのですが、
通常はがきには交換できるが、年賀はがきには交換できない、と言われました。
(切手面の汚損等、持参したはがきに問題があるというのではなく、
年賀はがき→年賀はがきの交換自体ができないという事でした)

年賀状自体は普通に販売していましたし、
郵便局のサイトを見ても、販売期間中ならば交換できるとあるので
できないと言われた理由がわかりません。
結局交換ではなく新規に年賀状を購入したのですが、書き損じたはがきは残ったまま…
日頃はがきや切手を使うことがないので、ここで年賀はがきに交換して使用できなかったことで
非常に損をした気分です。

本来はできるはずの年賀はがき→年賀はがきの交換が、
この時できないと言われた理由として何が考えられますでしょうか?
ちなみに当該郵便局は地域を管轄している大きめの郵便局です。

Aベストアンサー

販売期間終了後に年賀はがき→年賀はがきの交換ができないのはわかりますが、販売期間中だったのに交換してもらえなかったのは謎ですね。

1、対応した郵便局員は年賀はがきを年賀はがきに交換はできない。って部分だけ覚えていて販売期間内なら交換できることを知らなかった。

2、あなたの持参した書き損じ年賀はがきが今年用(23年用)ではなかった。
過去の年賀はがきを今年の年賀はがきには交換できません。

まぁ、2はないと思いますが念のため…

Q両面無地で片面光沢紙+片面マットorスーパーファインのハガキ用紙ありますか?

ハガキ用紙で、0.28mmくらいのしっかりした厚さで片面光沢、片面マットかスーパーファインの両面無地の用紙が欲しいです。
市販品では裏面に郵便番号の枠が入ったもの、もしくは裏面が印刷できないものしかしっかりした用紙がありません。
自分のプリンターで裏表ともオリジナルのポストカードを作りたいので、両面無地しっかりした用紙が欲しいのですが、そういった用紙が発売されていません。かなり探して0.23mmの厚さのものは3つほど販売されていたのですが、ペラペラしていて安っぽい印象になってしまいます。
また、このような店も見つけたのですが、
http://www.moriichi-net.co.jp/index.php

条件を満たす用紙はありませんでした。
どなたか、条件にあった用紙をご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

ご希望の商品は私の知る限りではありません。
と、申しますのも理由がありまして、現在市販されているプリンタの基本設計が官製はがき+α程度までの用紙を想定して作っているはずです。
コシの強い厚紙は給紙トラブルを起こし、印刷できない可能性が高いはずです。


さて、そうは言うものの、100%満足は出来ませんがいくつか提案を。
キヤノンのスーパーフォト両面A4〔SP-101DA410〕。
同じシリーズのA3片面だと0.27mmありますので、厚さの問題はクリアできる可能性は高いのでは?
ハガキサイズはA6サイズに近いので、カットしてそれで編集する方法です。

また、特殊用紙を色々と用意している以下のメーカーで相談してみてはいかがでしょう。
http://www.too.com/ijm/series/tokusyulabel.html
ただ、以前に和紙とキャンパスペーパーを購入して(たまたま店頭にあったので面白半分で)使ってみましたが、紙の送りは悪いし、ヘッドが擦れ気味になり汚れるはで、結局お蔵入り。同時に買ったシルバーラベルは非常に面白い効果が出て良かったのですけどね。

これが一番確率が高いように思えますが、以下の会社です。
http://www.print-better.ne.jp/story_memo_view.asp?StoryID=8690
やや薄く、サイズがA5までしかありませんが、カットしてハガキサイズに仕上げてくれるかも知れません。これは交渉になるでしょう。

ただ、コシの強さ(厚さとは直接は関係ないはず)は現物を触らなければ分かりません。
割り切りですけど、普通のフォトハガキに片面を印刷し、Tooのホワイトラベルに片面を印刷、その後に貼り付けると言う手もありますね。
数枚ならこれで充分ですが数十枚以上ではツライ作業です。
先ほどのカットは普通に依頼すると1000枚単位になるはずですが、印刷屋さんの知り合いでもいれば、片手間にやってもらえるとは思います。

トータルの数は必要はファクターです。

プリンタの修理屋です。

ご希望の商品は私の知る限りではありません。
と、申しますのも理由がありまして、現在市販されているプリンタの基本設計が官製はがき+α程度までの用紙を想定して作っているはずです。
コシの強い厚紙は給紙トラブルを起こし、印刷できない可能性が高いはずです。


さて、そうは言うものの、100%満足は出来ませんがいくつか提案を。
キヤノンのスーパーフォト両面A4〔SP-101DA410〕。
同じシリーズのA3片面だと0.27mmありますので、厚さの問題はクリアできる可...続きを読む

Q書き損じ年賀状の交換について

 書き損じた年賀状は 来年新しい年賀状と交換できますか?

Aベストアンサー

来年と言っても、来年の今ごろに、再来年用の年賀はがきとは交換できません。
通常はがきやその他のものになら、そのころでも交換できます。

来年の初め、今の年賀はがきが売っているうちなら、今の年賀はがきと交換してくれます。

参考URL:http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/hagaki/kaki_sonji/index.html

Qレーザープリンタ用光沢ラベルとインクジェット用光沢ラベルの違い

こんにちは。質問があります。
現在顔料インクタイプのプリンタを使用中ですが、
レーザープリンタ用光沢ラベルに綺麗に印刷することは可能でしょうか?
当方商品販売のための光沢ラベルを自分で制作しているのですが今度入った新しい商品にちょうど良い大きさの
ラベルが見つかりません。(30社ほどラベルを販
売している会社の商品は全て見ました)
それで唯一見つけたのがレーザー用光沢ラベルだった
のですが、もしかして印刷できるのでは?と思い
ここに質問してみました。

すみませんが印刷に詳しい方いましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

顔料インクとレーザープリンタ用の光沢紙を商品ラベルとして使用しています。

顔料インクタイプのプリンターは、アルプス電気のMD-5500です。
レーザー用光沢紙は、コクヨのLBP-Gシリーズです。

3年ほど使用しておりますが、綺麗に印刷されます。
3年前の製品でも、暗部においておいた物は、特に印字の劣化等はありません。
光に当たっている部分では、用紙が薄い茶色に変色してきます。
このためかと思いますが、使用上の注意に、「直射日光や強い光や熱で、用紙や印刷が変色することがある」と書かれています。

また、このラベルを長期間貼っておきますと、はじめきちんと貼ってあっても、シワが出てきます。
水分などを吸収して、紙が伸びるような感じがします。

粘着力がかなり強く、一度張ると通常ではまず取れません。(ムリに取ると紙が破れます)
しかし、時間の経過(水分の吸収か?)により、シワになった部分は、簡単にはがれるようになります。

他のプリンター、用紙の場合は、分かりません。

この手の質問の場合、プリンター名や用紙名を出さないと、まともな回答が得られないと思います。

顔料インクとレーザープリンタ用の光沢紙を商品ラベルとして使用しています。

顔料インクタイプのプリンターは、アルプス電気のMD-5500です。
レーザー用光沢紙は、コクヨのLBP-Gシリーズです。

3年ほど使用しておりますが、綺麗に印刷されます。
3年前の製品でも、暗部においておいた物は、特に印字の劣化等はありません。
光に当たっている部分では、用紙が薄い茶色に変色してきます。
このためかと思いますが、使用上の注意に、「直射日光や強い光や熱で、用紙や印刷が変色することがある」と書かれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報