最近離婚したため無職で一人暮しなのですが、好きなきものの仕事をしたいと思っています。
着付け教室に通って1年になります。このまま続けるにも現在の私には学費がかさんで困っています。
講師1級の免許は着付けを仕事としてやっていくためには必須なのでしょうか?
一度、よく美容院などとタイアップしている着付け師の方々は自分では着られないけれど、人に着せる着つけだけを習ってきている、といのを聞いたことがあります。人に着せるのを専門とした教室があるのでしょうか?もしあるのなら現在の教室に通いつづけるよりも(もう自分では着れますので)同じ出費が必要ならそちらのコースに通った方が得策なのでは?と思うのですが…
また、着付けで食べていくことができるのでしょうか?

A 回答 (1件)

着付け自体には詳しくないので、専門的な話にはお答えできないのですが。



美容院などと契約して、着付けで食べていく・・・というのは、よほど着付けが多い美容院とかでない限りきついと思います。私も美容院での勤務経験がありましたが、着付けなんて月に1,2件あるかどうかでした。もちろん成人式の時と、結婚式シーズンは少し増えましたが・・・。
あとは「何件の美容室と契約しているか」になるでしょうね。しかしこれは1回契約してしまってる人がいると、なかなか他の人にまで回ってこないし、回るとしてもその方のお弟子さん・・のような方なので、個人でというと厳しい場合もあるかもしれませんね。

美容院以外で、となると後は個人的にやるしかないですので、人脈の多さが物を言うと思います。(時と場合に寄っては営業も必要になるかも)

せっかく着付けを習われてるのでしたら、それを生かして和装関係のお店や結婚式場、貸衣装屋などに就職してしまうのはいかがでしょうか。個人でやるよりかはその方が安定した収入にはつながると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスどうもありがとうございます。
そうですね、いきなり個人でするよりも一度どこかに所属してそこで自分の経験を積んだほうがいいかもしれませんね。
そのほうが自信も出てくるだろうし…
教室の方は続けるかどうかもう少し考えてみます。

お礼日時:2002/01/12 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冊子「源泉徴収のあらまし」表紙イラストについて

国税庁発行の「源泉徴収のあらまし」という小冊子があります。
源泉徴収事務を行う人は必携で、わたしも
平成16~18年版を持っています。
この冊子の表紙なのですが、内容とはまったく関係なく
非常にのどかで平和なイラストなのです。
H18年版は「家族で電車でおでかけ・駅弁を食べている」
H17年版は「ベビーカーの赤ちゃんをおじいさんとおばあさんが
微笑みながらみている」 という内容です。

ここから質問です。
他の年度のイラストもみてみたいのですが、
どこかで公開されていないでしょうか?
国税庁のHPには過去のものも掲載されていますが、
内容のみで、表紙は見られません。
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

そうですね。あまり気には留めていなかったのですが、ほのぼのとするえがいつも印象的ですね。答えになっていませんが私も感じたもので投稿しました。失礼

Q女の子の方が将来の仕事について現実的で割り切っているところありますか?まぁ何に対しても男性よりも女性

女の子の方が将来の仕事について現実的で割り切っているところありますか?まぁ何に対しても男性よりも女性の方が現実的で割り切っているところあるのかなぁと思って。

人それぞれだと思うし、なんとなくです。

Aベストアンサー

いえ事実 女の方が現実的らしいです
男の方がロマンティスト 定説ですね

Q源泉徴収について

今度、外部の方に要約筆記をお願いします。
「源泉徴収のあらまし」には翻訳は源泉徴収するけれども、
通訳は該当しないということで書いてあります。
以前、手話通訳はココの通訳の部分になるので該当しないと
聞いたことがあったので、
要約筆記も意味的に通訳に変わりないので
該当しないということでいいと思うのですが…
源泉徴収しないでいいものでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

おそらく、税務署に尋ねれば、
要約筆記は原稿料に該当すると答えるはずです。

たとえば、座談会の謝礼は、口述筆記による原稿料だというくらいですから。

「要約筆記も意味的に通訳に変わりないので」とのことですが、
話の要約を文字にせずテープに吹き込んでもらうわけではないですよね?

源泉徴収しても、分離課税ではなく確定申告で調整できることを説明し、要約筆記をしてもらう方に諒解したもらうよりないでしょう。

なお、通訳の謝礼は報酬料金の源泉徴収は不要だが、給与の源泉徴収が必要だというのが、最近の税務署のトレンドです。

(参考URLに、所得税法204条第1号関係の通達をリンクしました。)

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syotok/36/02.htm

Q自己都合と会社都合 どちらが得策か

今年の3月一杯で現在の職場を双方合意で退職する
ことになりました。
経営者はわりと理解のあるほうで、今後の
ために、自己都合と会社都合、どちらにするか
と言われています。
経営者がいうには、会社都合なら失業手当が早く
貰えるが、転職するなら履歴書に「解雇された旨」明記
しなくてはいけない。転職候補先にも当社に問い合わせがくる
かもしれない。自己都合なら、支給開始日は遅くなるが
履歴書は汚れない、というような話しをいただきました。

ちなみに、この会社には3年半、その前の職場は半年の雇用保険
にそれぞれ入っていました。さらにその前の職場は9年半勤務して
いたのですが、カラダを壊し、休職に入りその時は傷病手当金を
受給しながら退職を致しました。
以上のような観点から、どちらが得策か、お教え頂ければ幸いです。
また、給付金額なども異なってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

・規模縮小に伴う会社都合の退職
・人員削減に伴う会社都合の退職

このような理由を離職票に記入してもらってはいかがでしょうか。
会社都合の方が自己都合に比べ遥かに条件が有利なので、何としても
会社都合を勝ち取ることがお得です。

Q源泉徴収票と支払調書の違いについて

どなたかご教授ください。

当方、急遽給与関係を担当することになり、初めての年末調整及び源泉徴収票等の発行業務に直面いたしました。

そこで、年末年始にバタバタする前に・・・と、過去の書類を参考に準備を始めていたのですが、そこで一つわからないことがあり、是非教えをいただければと思った次第です。

年末調整に関しては特に疑問点はなかったのですが、当社にいる評議員等の費用弁償(旅費)について、これは、給与所得の源泉徴収票を発行し、本人および市町村の税関係の部署、税務署に通知するべきなのか、支払調書を発行し、前述の3か所に通知するべきなのか、分かりません。

私が混乱してしまった理由として
(1)昨年の書類を見ると、20年分は評議員等の費用弁償は支払調書を作成して、本人および市町村、税務署に通知をしている。
(2)それなのに、控除された所得税は総所得の10%ではなく、給与所得の源泉徴収票税の日額表乙の数字である。

この2点があります。
21年も費用弁償規定は変わっておりませんので、20年と同じ額を支払い、同じ額を控除しております。

そもそも、支払ったお金が給与性のものであるのか、報酬であるのか、といったことは、”源泉徴収のあらまし”の報酬の欄にのっているようなお金でなければ、法人が給与性のものであるとみなせば、給与所得の源泉徴収票税額表を使い、給与所得の源泉徴収票を発行するのでしょうか?


素人感覚で、現在まで、源泉徴収票は自分が勤めている会社からもらうもので、支払調書は、単発で何かを行ったときにもらえるお金があれば、それが記載されたもの(語弊があると思います)であると漠然と思ってきましたが、今まで詳しく考えたこともなかったので、色々考えてみると訳が分からなくなり、どなたか詳しい方にご教授いただければと思った次第です。

給与所得の源泉徴収票と支払調書の違いは何でしょうか?
評議員等の費用弁償は、給与所得でしょうか、報酬でしょうか。
それとも、法人が決めてもいいものなんでしょうか。(ちなみに、費用弁償の金額は、決して高額なものではありません。)

よろしくお願いいたします。

どなたかご教授ください。

当方、急遽給与関係を担当することになり、初めての年末調整及び源泉徴収票等の発行業務に直面いたしました。

そこで、年末年始にバタバタする前に・・・と、過去の書類を参考に準備を始めていたのですが、そこで一つわからないことがあり、是非教えをいただければと思った次第です。

年末調整に関しては特に疑問点はなかったのですが、当社にいる評議員等の費用弁償(旅費)について、これは、給与所得の源泉徴収票を発行し、本人および市町村の税関係の部署、税務署に通知す...続きを読む

Aベストアンサー

>そもそも、支払ったお金が給与性のものであるのか、報酬であるのか、といったことは、”源泉徴収のあらまし”の報酬の欄にのっているようなお金でなければ、法人が給与性のものであるとみなせば、給与所得の源泉徴収票税額表を使い、給与所得の源泉徴収票を発行するのでしょうか?

基本的に正しいお考えです。

そもそも給与は、対価の支払者と受取者との間に雇用契約が存在する場合です。それに対して報酬は、対価の支払者と受取者との間に委任契約(または準委任契約)または請負契約が存在する場合です。

>給与所得の源泉徴収票と支払調書の違いは何でしょうか?

給与所得の源泉徴収票は、所得税法で、給与の支払者が作成して、原本を税務署へ提出し(特定の条件を満たすものは提出不要)、副本を給与の受取者に交付しなければならないと規定されています。

報酬の支払調書は、所得税法で、報酬の支払者が作成して、原本を税務署へ提出しなければならないと規定されています。ただし所得税法に規定されていない報酬については、支払調書の作成は不要です。(支払調書を報酬の受取者に交付せよという規定はありません)

>評議員等の費用弁償は、給与所得でしょうか、報酬でしょうか。それとも、法人が決めてもいいものなんでしょうか。(ちなみに、費用弁償の金額は、決して高額なものではありません。)

評議員への支払が給与か報酬かは、雇用契約か、それとも委任契約または請負契約かによって自動的に決まります。

>法人が決めてもいいものなんでしょうか。

法人が、給与か報酬かを任意に決めることはできません。しかし、法人と評議員の間で事前に、雇用契約にするか、それとも委任契約または請負契約にするかを決めることはできます。

>(1)昨年の書類を見ると、20年分は評議員等の費用弁償は支払調書を作成して、本人および市町村、税務署に通知をしている。
(2)それなのに、控除された所得税は総所得の10%ではなく、給与所得の源泉徴収票税の日額表乙の数字である。

過去の担当者が事務を間違ったのです。それとも費用弁償規定が間違っているのかも。


最後に、御社の過去の評議員へに支払についてですが、かりに、支払が給与でなく報酬だったとしても、源泉徴収を要する報酬なのかどうか点検する必要があります。

報酬の源泉徴収が必要か不要かは、国税庁の一覧表で確認して下さい。↓

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm

源泉徴収が不要な報酬なら、支払調書の作成も不要ですよ。

>そもそも、支払ったお金が給与性のものであるのか、報酬であるのか、といったことは、”源泉徴収のあらまし”の報酬の欄にのっているようなお金でなければ、法人が給与性のものであるとみなせば、給与所得の源泉徴収票税額表を使い、給与所得の源泉徴収票を発行するのでしょうか?

基本的に正しいお考えです。

そもそも給与は、対価の支払者と受取者との間に雇用契約が存在する場合です。それに対して報酬は、対価の支払者と受取者との間に委任契約(または準委任契約)または請負契約が存在する場合です。
...続きを読む

Q大原に通う人、通っていた人 どんな仕事をめざしていますか? どんな仕事についていますか? おしえ

大原に通う人、通っていた人

どんな仕事をめざしていますか?
どんな仕事についていますか?

おしえてください

Aベストアンサー

会計士や簿記などの資格をとることをめざし
就職につなげます。
かなり早い授業ペースですが、皆やり遂げて
テストも好成績。
事務の正社員の仕事に就きました。

Q源泉徴収票

教えて下さい。
去年一年間日払いバイトしていました。
日給6750円、そこから源泉徴収710円引かれた6040円を貰っていました。

源泉徴収票を出してもらったのですが…

支払い金額931500
給与所得控除後の金額281500
所得控除の額の合計額380000
源泉徴収税額1840

上記の記載がされています。

年末調整されていません。

単純に支払い金額、源泉徴収税額のみ記載された源泉徴収票が出て、それを自分で確定申告して引かれた分を取り戻すのだと思っていたのですが…

この源泉徴収票は正しいのでしょうか?

年間10万近く源泉徴収されているので、この源泉徴収票で取り戻せるのか不安です。

見方等も良くわからないので質問させて頂きました。

Aベストアンサー

>年末調整されていません…

いやいや、

>給与所得控除後の金額281500…
>所得控除の額の合計額380000…

この 2つの欄に数字が入っているということは、年末調整済みなのです。

>日給6750円、そこから源泉徴収710円引かれた6040円…
>支払い金額931500…

931,500 ÷ 6,750 = 138日
が働いた日数ですね。

>そこから源泉徴収710円…

710 × 138 = 97,980円
の所得税を前払いさせられていたのでしょう。
それが、

>源泉徴収税額1840…

97,980 - 1,840 = 96,140円
が 12月最後の給与に上乗せされているはずです。
あるいは、 1月の給与でも良いことになっていますので 1月かもしれません。

しかし、1,840円はおかしいです。
間違っています。

所得税の計算方法は、

{ [給与所得控除後の金額] - [所得控除の額の合計額] } × [税率] = [所得税 (および復興特別税) ]

なので、

{ [281.500] - [380,000] } × [5.105%] = 0 円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
でないとおかしいです。

>年間10万近く源泉徴収されているので…

1月の給与明細が出るまで待って、それでも返ってこなかったら、1年間の給与明細全部とその源泉徴収票を持って税務署へ行ってきてください。

1月中に 10万近くが返ってきたら、源泉徴収票だけ持って税務署へ行けば、1,840円が返ってきます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>年末調整されていません…

いやいや、

>給与所得控除後の金額281500…
>所得控除の額の合計額380000…

この 2つの欄に数字が入っているということは、年末調整済みなのです。

>日給6750円、そこから源泉徴収710円引かれた6040円…
>支払い金額931500…

931,500 ÷ 6,750 = 138日
が働いた日数ですね。

>そこから源泉徴収710円…

710 × 138 = 97,980円
の所得税を前払いさせられていたのでしょう。
それが、

>源泉徴収税額1840…

97,980 - 1,840 = 96,140円
が 12月最後の給与に上乗せされているはずです...続きを読む

Q人があまり好きではないのですが、人よりも別のことと接する時間が長い仕事って何がありますか?

人があまり好きではないのですが、人よりも別のことと接する時間が長い仕事って何がありますか?

Aベストアンサー

どんな仕事も基本的に人とのコミュニケーションは必要ですが、強いて言うなら「言われたことを言われたままやる」だけの仕事が、最もコミュニケーション力を必要とされません。工場の機械の様な単調作業はそれに当たるでしょうが、こういう仕事は大抵アルバイトで、長くするような仕事ではないかもしれません。

デザインやクラフトやアートのようなクリエイティブな仕事の多くは「人よりも別のことと接する時間が長い」はずですが、人とのコミュニケーション力は不要どころか非常に必要とされます。ビジネスに繋げるにはその辺の会社員以上に自分を「アピール」しなくてはならないですし、クライアントから依頼を受ける以上やりとりをたくさんしなくてはなりませんし相互の信頼を築く必要があります。そもそも「人の為」に物作りしなくてはならないのに「人があまり好きでない」なんて言ってられません。
依頼が無くても「作品」を生み出しているだけでなんとか仕事に繋がるようなクリエイターはほんの一部のずば抜けた作家性と世間的需要がある人だけで、大抵のクライアントは気難しい人や話もまともに出来ないような人とは一緒に仕事をしたがりません。一見コミュニケーションなんて不要そうな漫画家や作家も、編集との綿密な打ち合わせをしているはずです。時として激しいぶつかり合いもあるようですよ。

動物だろう農家だろうと研究者だろうと、「人にお金を出して貰う為」にそれをやっている限り、多くのコミュニケーションが不可欠です。甘く考えない方がいいですね。

どんな仕事も基本的に人とのコミュニケーションは必要ですが、強いて言うなら「言われたことを言われたままやる」だけの仕事が、最もコミュニケーション力を必要とされません。工場の機械の様な単調作業はそれに当たるでしょうが、こういう仕事は大抵アルバイトで、長くするような仕事ではないかもしれません。

デザインやクラフトやアートのようなクリエイティブな仕事の多くは「人よりも別のことと接する時間が長い」はずですが、人とのコミュニケーション力は不要どころか非常に必要とされます。ビジネスに繋...続きを読む

Q退職後 源泉徴収票の見方について

6月末で退職し、源泉徴収票が送付されてきました。
源泉徴収税額について教えてください。

源泉徴収票の源泉徴収税額というのは、1月から6月までに給与から引かれた所得税と同額なのでしょうか?

Aベストアンサー

「源泉徴収票の源泉徴収税額というのは、1月から6月までに給与から引かれた所得税と同額なのでしょうか?」
そのとおりです。
手元にある明細に書かれてる所得税の合計と合います。
合わないといけません。合っていないということはないです。

退職した場合には「給与にかかる源泉徴収票」と「退職所得にかかる源泉徴収票」の二つに分かれます。
ご質問は前者ですね。

Q契約社員の方が正社員よりも、採用率は高いですか?それとも、経験がなければ厳しいですか?未経験の人はま

契約社員の方が正社員よりも、採用率は高いですか?それとも、経験がなければ厳しいですか?未経験の人はまず何から初めて経験を付ければいいのですか?

Aベストアンサー

会社にとってみれば、正社員よりも派遣やパートのほうが使いやすいと思いますよ。

回答No.2にもあるように、正社員を雇うと簡単にはクビにできません。景気が悪くなって人余りの状態になったり、会社の経営が怪しくなったりしても人員(正社員)整理(つまり解雇)は難しいので、会社は仕事がもっとも少ない状態で正社員の数がちょうどよい具合にするわけです。足りなくなると残業させたり、派遣やパートを使います。

また長い労使交渉の歴史の中で正社員はたくさんの既得権を持っています。社会保障はもちろん、たくさんの有給休暇、慶弔休暇・育児休暇・生理休暇…などから始まって福利厚生、住宅手当・育児手当などの各種手当、永年勤続表彰....会社によって違いますが、ものすごくあります。
そのため、正社員を一人雇うとその人の給料の2倍もお金がかかると言われているんです。派遣やパートには、そんなものがありませんから、会社は重宝するわけです。

よほど特別な事情がない限り、専門性や経験がない人をわざわざ正社員に迎えたりはしないでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報