人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

鉄道、あるいは駅について詳しい方
教えてください。
駅のホームとホームを、ホームと改札のある部分とを地下からではなく、上部でつなぐ
渡り廊下みたいなものがある駅ってありますよね。
あの渡り廊下部分に正式な名称はあるのでしょうか・・・?
ご存知の方、教えてください。
よろしくおねがいします。

A 回答 (3件)

跨線橋(こせんきょう)



【例】
http://www.city.handa.aichi.jp/kankoukyoukai/mir …

...で、いんだけど、跨線橋」と言う言葉自体には「跨=またぐ」の意味しかないので
駅のホームとホームだけに限らず「線路」を越える橋なら全てそうです。
(橋の名前に「跨線橋」と付く物も多数在りますし、無いものも多数)
(鉄道が廃線になっても名称が残っていたり…)

人(歩道橋)でも、車(自動車)でも、その他何の橋でもそう呼ぶので
「駅限定の…」って言う名称ではないと言う事だけ

日常会話では殆ど使いませんが「渡線橋(とせんきょう)」とか
ホームがたくさん有る駅では「連絡橋」の方が適当ですしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございました。
当方急ぎの書き物で
駅の光景を書く部分がありまして
慌てて質問させていただきました。

参考になりました。
ありがとうございます。
無事解決しました・・・。

お礼日時:2006/02/13 13:31

1さんの言うとおり「こせんきょう」です。

渡線橋とも言われるみたいですが、プラレールやガシャポンでは「こせんきょう」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったんですか・・・。
では同じ名称なんですね。
(1さん、すみません。)
ありがとうございます。
こせんきょう、とせんきょう
どちらでもOKなんですね。

お礼日時:2006/02/13 13:23

跨線橋?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお答えありがとうございます。
跨線橋で検索してみたところ
http://nekosuki.org/landscape/complete/99034a28. …
のようなものらしく
ホームや改札には連結してない模様・・・。
どうやら線路の両脇の道と道などをつなぐもののようでした。
しかしこの言葉も初めて知った言葉で
大変勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/02/13 13:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング