露天商について知りたいのですが
屋台を露天商と呼ぶのだと理解しています。
そこで海外にある雑誌、スナック菓子などちょっとしたものを
日本で言うキヨスクのような感じでトラック販売(もちろん少しきれい
なトラックでやりたいと思います)
したいと考えています。よく場所の権利などで問題が出るように聞きますが
昔、私の住んでいた住宅街には近所の畑のおばさんが野菜を積んで
売りに来ていました。これも露天商になるのでしょうか?
訪問販売になるのでしょうか?またこういった感じの
露天商はビジネス的に今後どうなるのでしょうか?

どなたかご存知の方アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

panpukinさんの考えておられる商売はいわゆる屋台とは少し違うようですね。

屋台は祭日などに露天商を募集したり管理する当局(役場、お寺、組合など)の許可を得て場所を確保してお店を出す(その形態が屋台)商売だと思います。この場合は場所の管理や場所代の徴収に誰かが介入(或いは援助)するでしょう。いわゆるテキ屋の親分の現代版です。

一方トラック販売は町内をまわり、駐車可能な所に車を止めて販売をする訪問販売形式の屋台ですね。これも一定の場所を常時占拠する方式なら場所の権利の問題が発生するでしょう。時間を決めてあちこちを訪問して販売なら場所の問題は起こらず、居住者に対し迷惑行為にならないような配慮だけでよいかと思います。

訪問販売の将来性は決して明るいとは思えません(商品供給ルートの多元化、個人輸入の普及、インターネット販売、場所確保の困難性、迷惑条例など取り締まり強化など)が、アイデアとタイミング次第では未だ将来性があると思います。特に海外物を対面販売をするトラック販売は少ないようですね。顧客のニーズは多様化していますので、それにタイミングよくどう答えられるかが一つの鍵になるでしょう。ニーズがあっても個人的に入手が難しく、価格の高くない主婦、家族向けのアイテムなら需要が見込めそうですよ。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1898/yatai …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q道路占用許可のある露天商が私の店の前を隠してしまって商売になりません。

道路占用許可のある露天商が私の店の前を隠してしまって商売になりません。道路占用許可した行政に許可取り消し、出店場所の変更などを申し入れるつもりですが、私の店の営業権は守られるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

露天商だと、占用許可ではなくて使用許可だと思いますので、それを前提にします。
行政は、いったん行った処分は簡単に覆しません。行政が簡単に処分を変えると、国民のほうが迷惑を被るからです。そこで、その効力を争うための手続きが定められています。
具体的には、処分がなされたことを知った日から60日以内に公安委員会に審査請求を申し立てて、棄却された場合は処分取消を求める行政訴訟を提起します。
しかし、露天では使用期間も短いと思いますから、争っている間に露店が閉じてしまえば、争う意味がなくなり、請求は棄却されます。また、処分の名宛人以外の第三者が、自身の営業権を根拠にして争うことができるのか、という難しい問題もあります。争う場合は、行政事件に強い専門家の力を借りなければどうしようもありません。
露店が相当長期にわたる場合であればともかく、費用や手間を考えると、あまり現実的とはいえません。
現実的な解決策としては、露天業者と交渉して自主的に立ち退いてもらうか、営業に支障が出た分の補償を請求するかになると思います。

Q市販ソフト等を販売する販売代理店になる方法

お世話になります。
この度、ある会社の市販製品ソフト(例えば業務用ソフト)をユーザー企業に販売する販売代理店になりたいと考えています。

(1)一般的に、量販店のような販売権を持ちたい場合はそのメーカーと契約する必要があるのでしょうか?

(2)また、市販ソフトウェアの場合、流通経路はどのようになるのでしょうか?
メーカー→卸→販売代理店→ユーザー という形でしょうか。

(3)この形にした場合、もちろん販売量による仕入価格の値下げはあるのでしょうが、価格COMなどで販売している値段より安く仕入れられるのでしょうか。一般的なユーザー価格のそれぞれの流通経路の配分が知りたいです。メーカー2:卸1:代理店7 程度でしょうか?

(4)販売代理店契約をした場合、販売数如何に関わらず定期的に上納しなければいけない費用はあるのでしょうか?これがなければとりあえず代理店になっておけば得のような気がしますが。。まあ実績がなければなれないのでしょうが。

質問が多くて大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)一般的に、量販店のような販売権を持ちたい場合
>はそのメーカーと契約する必要があるのでしょうか?

回答1で出ていますが仕入れ元の卸との基本販売契約
があれば、メーカーとの契約は必要ありません。

特定業種向けの特殊パッケージソフト(単価が100万単
位などの本数が出ないソフト)などは販売元との取引が
可能なものはあります。この場合は販売元との基本取
引契約により仕切り率が別に取り決められます。
ただしこのような特殊なソフトは単に売るだけの小売
店のようなところとは契約してくれません。販売促進
のためのデモ、ある程度の業種知識などが当然求めら
れます。当然リテール向けのパッケージソフトよりは
格段に粗利率は良いです。

>(2)また、市販ソフトウェアの場合、流通経路はどの
>ようになるのでしょうか?
>メーカー→卸→販売代理店→ユーザー という形で
>しょうか。
一般的な商材と同じでそのような流れが一般的です。
上記のように特殊製品で例外はありますが...

>(3)この形にした場合、もちろん販売量による仕入価
>格の値下げはあるのでしょうが、価格COMなどで販売
>している値段より安く仕入れられるのでしょうか。
>一般的なユーザー価格のそれぞれの流通経路の配分が
>知りたいです。メーカー2:卸1:代理店7 程度で>しょうか?
販売量が増えれば当然仕切り率は下がりますが、小規
模店舗で販売できるような量ではまず通常仕切り率で
す。価格COMなどの現金問屋の販売価格より仕入れ価格
のほうが高いと思います。

一般的に定価が設定されている商品の場合、販売店の
仕切り率は60%程度です。オープンプライス商品の場合
は大手量販店の価格の20%引き程度です。

ユーザー価格の配分としては メーカー、卸 :80
小売 :20程度です。もちろんジャンルによって異
なりますが、20%程度粗利があればよいほうです。
ジャンルによっては40%近い粗利があるジャンルもあり
ますが、当然本数が出るようなものではないのでそれ
だけでは商売が成り立ちません。

>(4)販売代理店契約をした場合、販売数如何に関わら
>ず定期的に上納しなければいけない費用はあるのでし
>ょうか?これがなければとりあえず代理店になってお
>けば得のような気がしますが。。まあ実績がなければ
>なれないのでしょうが。
卸との基本取引契約なら、定期的にかかる費用はあり
ません。かかるのは保証金と契約書の印紙代くらいかな。
ちなみに卸との契約もしておけば便利ですが、当然売
掛が発生するため、信用がなければ出来ません。保証
金があれば保証金を与信限度枠としてOKというところ
もありますが....

ちなみにもうこの業界は殆ど参入余地はないですよ。
大手以外は撤退する方が多い現状ですので...

>(1)一般的に、量販店のような販売権を持ちたい場合
>はそのメーカーと契約する必要があるのでしょうか?

回答1で出ていますが仕入れ元の卸との基本販売契約
があれば、メーカーとの契約は必要ありません。

特定業種向けの特殊パッケージソフト(単価が100万単
位などの本数が出ないソフト)などは販売元との取引が
可能なものはあります。この場合は販売元との基本取
引契約により仕切り率が別に取り決められます。
ただしこのような特殊なソフトは単に売るだけの小売
店のようなところとは契約して...続きを読む

Q露店商に必要な許可について

お世話になります。

表題通り露店商に必要な許可を教えていただきたいです。
 縁日の出店とかではなく、漬物の販売を行いたいと思っております。

Aベストアンサー

たしか.露天商の新規免許取得は停止されているはず。
免許証の相続が必要です。

Q輸入販売と自己研究開発販売はどちらが利益が多いですか?

現在、ある病気予防の健康食品の販売業を考えている者です。
その場合、
(1)自分でその病気の予防食品を研究開発し、製造を工場に発注して、それを販売する
(2)海外で既に開発され完成している商品を輸入し、値段を上乗せして販売する
(1)と(2)では、どちらが利益が多く出ると思いますか?アドバイスを頂きたいです。

Aベストアンサー

当然ですが、それは開発費がどのくらいかかるかによりますよ。ただし、製造も外注なら、輸入販売の方が安くあがるように思いますし、1種類作ればそれでずっとやっていけるほどの健康食品は世の中にほとんどありません。
ですからよほど継続的に新商品を研究開発できる自信があるのなら別ですが、そうでない場合は仕入れて売った方がいいと思います。
ただし薬事法という高い壁がありますから、作れば売れる、良いものなら売れる、と思ったら大間違いというのが健康食品の世界だという事をお忘れなく。知識や経験がないと絶対に成功しません。

Qユダヤ人露天商

以前、日本で見かける外国人露天商の多くはユダヤ人だと聞きました。実際、喋ったことのある露天商もユダヤ人だと言っていました。彼らが露天商をするのは、何か巡礼と関係することと露天商の二者択一の中で選んだ結果だと聞いたことがあるのですが、本当のところはどうなのでしょうか?
実際にユダヤ人が多いのでしょうか?
多いのならば、それはなぜでしょうか?
以上2つの質問に答えていただけたらと思います。
また、参考になる文献や、サイト等ありましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく露天商はイスラエル人が多いと思うのですが(ユダヤ人というより)彼らは男女問わず徴兵制20歳前後にあり、(その後も予備兵役といって男性は55歳まで、女性は25歳まで毎年1回訓練にでかけるそうです)その徴兵にとられる前後に世界中をまわる習慣があるそうです。露天商のマニュアルもイスラエルでは結構出版されていて、日本に限らず、世界中それで資金を補充しながらまわるそうです。

Qやきとりやの屋台開業について

屋台で焼き鳥屋を開業するのに公的な免許(調理師等)は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

焼鳥店を開業する場合、「食品衛生法」により保健所の許可が必要ですが、調理師の資格は必要ありません。

詳細は、管轄の保健所にお聞きになってください。

Q暴力団の壊滅作戦で、露天商の締め出しをする?

閲覧いただきありがとうございます。

私が暮らす街では、年によって若干の変更があるものの9月末ごろか10月初めごろに、神社で祭りが開かれます。
神輿が神社周辺の市道を周遊する形をとるため、交通規制も行われます。
そして、多くの露店が神社や神社周辺の道路沿いに出店をしてきました。

まだ、噂の段階なのですが、周辺道路での露店の出店を禁じる旨を警察署長が示しているそうです。(市道の使用許可を下ろさない。)

理由は、「出来るだけ来訪者が安全に歩けるスペースを確保するため」とのことらしいです。

しかし、地元の住民は、皆、本当の理由は「テキ屋の締め出しだ」と考えています。

やっと本題ですが、警察による
「暴対法に基づく暴力団の壊滅作戦には、露天商の締め出しも含まれているのでしょうか?」

昔は、暴力団とテキ屋(露天商)が、ずぶずぶに癒着していましたが、今でもそれは変わらないのでしょうか?

正直な所、世の中の全員が全員、警察官になれるくらいの教育を受けさせてもらえる家庭で育っているわけではありません。露天商の方への失礼な発言かもしれませんが、やむを得ない事情を抱えて、流れ着いた職業が、たまたま、テキ屋と呼ばれる職業だったという方もいると思います。

テキ屋(露天商)の排除って、暴力団の壊滅のための必須事項なのでしょうか?
(排除の論理って、ケースバイケースですが、どうにも好きになれません。)

それとも、
警察署長が実績作りのために、取り組みやすい所から、手を付けているだけなのでしょうか?

私が上記に書いたこと以外の何かがあるのでしょうか?


祭の賑わいの一部には、露店が並ぶ風景も含まれると思います。(噂の段階ですが、)出店規制に、私は反対です。


皆様のご意見をお聞かせください。よろしくお願いします。

閲覧いただきありがとうございます。

私が暮らす街では、年によって若干の変更があるものの9月末ごろか10月初めごろに、神社で祭りが開かれます。
神輿が神社周辺の市道を周遊する形をとるため、交通規制も行われます。
そして、多くの露店が神社や神社周辺の道路沿いに出店をしてきました。

まだ、噂の段階なのですが、周辺道路での露店の出店を禁じる旨を警察署長が示しているそうです。(市道の使用許可を下ろさない。)

理由は、「出来るだけ来訪者が安全に歩けるスペースを確保するため」とのことらしい...続きを読む

Aベストアンサー

転居等によって数か所のお祭りからテキ屋が締め出されるのを見てきましたが、いわゆるテキ屋を締め出したお祭りは、廃れるようです。
その分、商店街などがお店を出したりしますが、はっきり言って露天については素人ですからね。やっぱり本職にはかなわないようです。
寂しいものだと思う訳です。


> 「暴対法に基づく暴力団の壊滅作戦には、露天商の締め出しも含まれているのでしょうか?」

ケースバイケースとしか言いようがありませんね。
警察署長辺りの方針ということもあり得ますし、実際に混在時の人の往来の危険性ということもあり得ます。数年前の花火大会での一件から、警察署長が安全側に考えているという可能性もあります。

Qやきとり屋台開店で注意すること

備長炭を使った
炭火やきとり屋台を開店しようと思います。
食品衛生管理者の講習会は未だ受けていません。

仮に取得したとしても、保健所から営業許可は出るのでしょうか?

やきとりの仕入れ先の情報から
警察が来た時の対応
やくざやチンピラに絡まれた時の対応

などなんでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

道路交通法に違反してまで店を出すことは許されません

権利者と話し合いが済んだ上で 空いている土地においての営業にしましょう


屋台で営業許可が出るのはまず無いでしょう

というのは 加工済み食品の提供 つまり物販スタイルならいいのですが

水が使えないような場所においては衛生的な環境とはいい難いでしょう

屋台は多くあるぞ! というでしょうけれど それらはいわゆる違法営業か

なんらかの逃げ道でとりあえず営業できているグレーゾーンだと思ってください

それらがきちんと解決しないで営業し そこそこの生活が成り立った時にいきなり

強制執行にて屋台移動 なんてことになってしまう可能性があります

大阪のたこ焼き屋みたいに・・・。

Q露天商

露天商について知りたいのですが
屋台を露天商と呼ぶのだと理解しています。
そこで海外にある雑誌、スナック菓子などちょっとしたものを
日本で言うキヨスクのような感じでトラック販売(もちろん少しきれい
なトラックでやりたいと思います)
したいと考えています。よく場所の権利などで問題が出るように聞きますが
昔、私の住んでいた住宅街には近所の畑のおばさんが野菜を積んで
売りに来ていました。これも露天商になるのでしょうか?
訪問販売になるのでしょうか?またこういった感じの
露天商はビジネス的に今後どうなるのでしょうか?

どなたかご存知の方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

panpukinさんの考えておられる商売はいわゆる屋台とは少し違うようですね。屋台は祭日などに露天商を募集したり管理する当局(役場、お寺、組合など)の許可を得て場所を確保してお店を出す(その形態が屋台)商売だと思います。この場合は場所の管理や場所代の徴収に誰かが介入(或いは援助)するでしょう。いわゆるテキ屋の親分の現代版です。

一方トラック販売は町内をまわり、駐車可能な所に車を止めて販売をする訪問販売形式の屋台ですね。これも一定の場所を常時占拠する方式なら場所の権利の問題が発生するでしょう。時間を決めてあちこちを訪問して販売なら場所の問題は起こらず、居住者に対し迷惑行為にならないような配慮だけでよいかと思います。

訪問販売の将来性は決して明るいとは思えません(商品供給ルートの多元化、個人輸入の普及、インターネット販売、場所確保の困難性、迷惑条例など取り締まり強化など)が、アイデアとタイミング次第では未だ将来性があると思います。特に海外物を対面販売をするトラック販売は少ないようですね。顧客のニーズは多様化していますので、それにタイミングよくどう答えられるかが一つの鍵になるでしょう。ニーズがあっても個人的に入手が難しく、価格の高くない主婦、家族向けのアイテムなら需要が見込めそうですよ。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1898/yatai01.htm

panpukinさんの考えておられる商売はいわゆる屋台とは少し違うようですね。屋台は祭日などに露天商を募集したり管理する当局(役場、お寺、組合など)の許可を得て場所を確保してお店を出す(その形態が屋台)商売だと思います。この場合は場所の管理や場所代の徴収に誰かが介入(或いは援助)するでしょう。いわゆるテキ屋の親分の現代版です。

一方トラック販売は町内をまわり、駐車可能な所に車を止めて販売をする訪問販売形式の屋台ですね。これも一定の場所を常時占拠する方式なら場所の権利の問題が発生...続きを読む

Q屋台をはじめたいのですが。。。

 自分は、今無職で、訓練学校に通ってるのですが、今年こそは、夏まつりなどで見かける屋台をやって、お金を稼ぎたいと考えてます。もちろん、簡単じゃないと思います。屋台で仕事をしようとは考えてはなくて、大きな祭りに2日間だけ出展したいと考えてます。当面の生活費を稼げればいいと考えてますので、まず、屋台をするための手順や手続きの仕方をわかる方いれば、ぜひ、わたくしに伝授してください。ただ、わたくしは失業中なので、あまり大きなことはできないのですが。沖縄に住んでいるので、屋台の鉄板やテントなどを借りるところを知ってる方がいれば教えてもらえたら助かります。(業界の情報や暗黙の了解などあれば。。)

Aベストアンサー

#2の方が挙げておられる「地周り」は的屋(てきや)とも呼ばれます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AD%E5%B1%8B

また、地元の商店街なども出店を出したりしますね。
一応プロの集まりですのでその中で素人でやるのは中々難しいですよ。
ただし、最近では市民祭りなどで市民が参加することを推奨しているようです。
一度、祭りの実行委員会に問い合わせてみては如何ですか?
「まつり 出店」で検索すると色々出てきますよ。

過去に何らかの出店や模擬店の経験がありますか?
学園祭の模擬店とか・・・。
テントの立て方や道具の使い方などの経験も必要かと思います。
販売や接客業の経験があると役立つと思います。
まあ、場所にもよりますが、場合によっては道具のレンタル料や仕入れの代金も回収できずに赤字となる可能性も考慮に入れてください。
例えば雨が降って客の入りが悪いとか・・・
経験もツテも無い状態でしかも短期を前提に始めようとするなら利益はあきらめましょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AD%E5%B1%8B

#2の方が挙げておられる「地周り」は的屋(てきや)とも呼ばれます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AD%E5%B1%8B

また、地元の商店街なども出店を出したりしますね。
一応プロの集まりですのでその中で素人でやるのは中々難しいですよ。
ただし、最近では市民祭りなどで市民が参加することを推奨しているようです。
一度、祭りの実行委員会に問い合わせてみては如何ですか?
「まつり 出店」で検索すると色々出てきますよ。

過去に何らかの出店や模擬店の経験がありますか?
学園祭の...続きを読む


人気Q&Aランキング