小学校などの理科の実験で、鉄にエナメル線を巻きつけて電磁石を作った記憶が
あるのですが、未だにはっきりとわからない点があります。

(1)コイルを巻きつける際、2重にならないように巻く事。
(2)同じく巻きつけの際、偏りが出ない(コブを作らない)ように巻く事。

この2点を言われたのですが、どうしてなのか、それを怠るとどうなって
しまうのか、明確な理由をどなたか教えてください。
よろしくおねがいします。

A 回答 (6件)

何人かの方が回答されていますが、正確には(本当に厳密なことをいうとちょっと違うのですが)ターンとか巻き数は「単位長さあたりの巻き数」です。

つまり、発生できる磁場の強さは、流す電流と「単位長さあたりの巻き数」に比例します。いいかえると、

(a) なるべく密にエナメル線を巻いて
(b) なるべくたくさん電流を流す

と強い電磁石になります。したがって、ご質問の(1)はちょっと疑問です。何重にも重ねた方が強い電磁石になります。(2)はそうした方が密に巻けるからです。

ちなみに心棒が何であっても、電流さえバンバン流せばいくらでも強い電磁石が作れます。現在では定常的に40テスラ級(1テスラは10000ガウス。磁気でコリをほぐすという商品が1000ガウスくらい)の磁場を発生する電磁石が作られています。もっともこのような巨大電磁石になると、様々なノウハウがあって釘にエナメル線を巻くようなわけにはいきませんが。

日本はこのような巨大電磁石に関しては世界のトップクラスにあります。(電力事情の関係で世界記録はアメリカ)下記URLをご覧下さい。

http://akahoshi.nims.go.jp/jap/syokai.html
http://www.hflsm.imr.tohoku.ac.jp/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。
なるほど。。。重ねた方が強い電磁石になりますよね。
非常に参考になりました。

お礼日時:2002/01/17 09:10

ymmasayan さん:


>> 発生できる磁場の強さは、流す電流と「単位長さあたりの巻き数」に比例します。
> これは、無限長ソレノイドの話ではありませんか。

無限長ソレノイドの話だということはその通りです.
無限長ソレノイド(簡単のため空芯で真空中とします)の
内部の磁場の強さを H としますと,
(1)  H = nI
であることが知られています.n は「単位長さあたりの巻き数」,I は流す電流.
磁束密度 B で表すなら
(2)  B = μ0 nI
です,μ0 はいわゆる真空の透磁率(定数)です.
磁場を H で表すか B で表すかなどの問題があるので,
vortexcore さんは単に比例すると書かれたのでしょう.
いずれにしろ,ソレノイドの長さがかかるわけではありません.

有限長のソレノイド(十分密に巻いてある)の軸上の磁場は
(3)  H = (nI/2) (cosθ1 - cosθ2)
であることが知られています.

 A──────────B
  \        /
   \      /
    \    /
     \  /
______\/_________C
       P




 A'──────────B'

図はソレノイドの断面図.
AA' と BB' がソレノイドの端です.
(3)はP点での磁場.
∠APC = θ2,∠BPC = θ1 です.
無限長ソレノイドなら,θ1 = 0,θ2 = π ですから,
このときは(3)は(1)に帰着します.
    • good
    • 2
この回答へのお礼

長さがかかるわけではなく、透磁率が影響しているんですね。
ちょっと専門的になってきた内容ですが、非常に参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 09:31

> 発生できる磁場の強さは、流す電流と「単位長さあたりの巻き数」に比例します。



これは、無限長ソレノイドの話ではありませんか。比例しますと言うことは、有限長ソレノイドの場合、磁石の長さをかけないといけませんね。と言うことは、素人わかりするように、全体の巻き数×電流と同じことだと思うのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんだか話が難しくなってきましたね。
磁場の強さ=単位長あたりの巻き数×磁石の長さと
言うことですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/17 09:21

本当の理由は知りませんが、いくつか考えられます。


(1)電磁石の磁化の強さはコイルの巻き数×電流です。同じ長さのエナメル線を使ったとき、きちんと揃えて1重で巻くと巻き数が多くできる。逆に同じ巻き数なら抵抗を小さくでき、流す電流が増やせる。
(2)何層かに巻くときも層と層の間に絶縁紙をはさんだりすることもあり、揃えて巻かないと扱いにくい。
(3)団子などを作ると線と線がこすれあってエナメルの絶縁劣化(傷がつく)等も考えられる。
(4)ケースに入れたりするときも揃えて巻いておくほうがよい。

甲乙つけがたいが、(1)が答えのような気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
抵抗を抑えること、劣化を防止すること。
なるほど確かにそれが原因に思えます。

お礼日時:2002/01/17 09:08

直流で使う電磁石に限って話をしますが、電磁石の強さ(磁力)はA(アンペア)×T(ターン)に比例します。

これは同じまき数であればできるだけ多くの電流を流したほうが強い電磁石になると言うことを意味します。ターンについては巻き数その物ですから特にいうことはないのですが、Aのほう同じ太さの電線であればできるだけ短い電線であるほうが電気抵抗が小さいので強くなります。乱雑な巻き方では同じ回数を巻くのにより多くの電線を必要とするため電磁石の強さが弱くなってしまうのです。また途中にこぶ(部分的に逆巻きになる)があるとその部分では磁力が打ち消されてしまうことになり、やはり磁力が弱くなります。

上の条件を満たすにはできるだけ細い心棒に巻くほうがいいことになりますが、実際は心棒に伝えられる磁力は限界があり(材料によって異なります)、あまり細い心棒ではいくらたくさんのエナメル線を巻いてもある程度以上強い磁石にはなりません。これを磁気飽和と言い、水に塩を溶かしていくとある程度以上溶けないのといっしょで、心棒が飽和してしまうと心棒はそれ以上強い磁石にはなりません。このときコイルが発生した磁力は心棒からはみ出して回りに広がってしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり部分的に逆巻きになると磁力が干渉しあって打ち消される
のが原因のようですね。イメージが沸いてきました。

お礼日時:2002/01/17 09:03

見てくれが悪いくらいだと思いますが。


あと、同じ巻き数でもコンパクトにはならないですよね。適当に巻いてしまうと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
乱雑に巻くと物理的な原因以外に確かにそういうことになりますよね。

お礼日時:2002/01/17 09:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電磁石のコイルのエナメル線

小学校6年生の理科で、子供が電磁石を使った実験をしたようです。コイルを作るときにエナメル線の一方はエナメルを全部はがし、もう一方は上半分だけはがすのだそうです。これは、なぜですか?電流が逃げてしまうから?素人なので詳しくお願いします。

Aベストアンサー

クリップモーターの作り方はここにあります。簡単な構造で回るモーターです。
http://www.hyogo-c.ed.jp/~saiten/seito/toyoka03/motor0.htm
http://homepage3.nifty.com/s-danjo/electro/motor/motor.htm

しくみは簡単ですが、これがなぜ回るのかを説明するのは少しやっかいです。
このPDFファイルの一番最後に、説明と図が出ています。
http://www.rihep-htokai.jp/exm-tmp/osr2-2003S_pdf/yomo_phys2003S_ps.pdf

―○―
' N
'' S

(1)上の図で、NSは磁石、―○―はコイルです。左側の―はエナメルを下半分だけをはがし、右側の―は全部はがしてあるものとします。
(2)電流は、左から入り、○の中を時計回りに流れることにしましょう。

(3)磁石は、磁界(磁場ともいう)というものをまわりの空間に作ります。磁界というのは、「他の磁石や、鉄片や、電流が流れているものに力を及ぼすような空間の性質」だと思ってください。
(4)磁界の向きは、便宜上、N極から吹き出し、S極に吸い込まれる矢印で表わします。
(5)磁界の中に、電流が流れているものを置くと力を受けます。この力をローレンツ力といいます。ローレンツ力の向きはフレミングの左手の法則で表わされます。
http://www.jyose.pref.okayama.jp/nouki/ko521.htm
(6)磁界の方向が↑で、電流の向きは○の中を時計回りとします。○の上半分では、電流の向きは→ですから、フレミングの左手の法則により、手前向きの力を受けます。○の下半分では、電流の向きは←ですから、フレミングの左手の法則により、向こう向きの力を受けます。これで、コイルが(図の左側から見て時計回りに)回りはじめます。
(7)こうして半回転しました。ここで、もし、《エナメルを全部はがしてあったら》、電流が流れ続けます。このとき、○の中では(コイルがちょうど逆さになっているので)反時計回りに電流が流れます。反時計回りなので、受ける力は(6)と全部逆になります。こうなると、せっかく回り始めたのにブレーキがかかり、止まってしまいます。
(8)ところが、エナメルが半分残っているおかげで、(7)のときは電流が止まります。そのため、力が働かなくなり、コイルは慣性で回り続けます。
(9)そのまま回転していくと、また(6)に戻り、電流が流れ、力を受けます。
(10)このように、1回転ごとに(6)になります。(6)になるたびにコイルは回転を促され、回り続けます。

少し複雑ですが、立体的に考えてみてください。

上の説明は高校レベルですが、科学に興味のある小学生なら、かみ砕けば理解できそうに思います。

クリップモーターの作り方はここにあります。簡単な構造で回るモーターです。
http://www.hyogo-c.ed.jp/~saiten/seito/toyoka03/motor0.htm
http://homepage3.nifty.com/s-danjo/electro/motor/motor.htm

しくみは簡単ですが、これがなぜ回るのかを説明するのは少しやっかいです。
このPDFファイルの一番最後に、説明と図が出ています。
http://www.rihep-htokai.jp/exm-tmp/osr2-2003S_pdf/yomo_phys2003S_ps.pdf

―○―
' N
'' S

(1)上の図で、NSは磁石、―○―はコイルです。左側の―はエナメル...続きを読む

Q降伏点が明確でない場合の降伏点の求め方

降伏点が明確でない場合の降伏点の求め方

鉄筋の引張強度試験で降伏点が明確に出ない場合がありますよね。そこで0.2%オフセット耐力を求めようと思うのですが、エクセルでのやり方が分かりません。

やり方の分かる方すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

必ずしも最初の点をつかうことなく、得られた実験結果の中の最初の部分で、その中の直線関係の良い部分を使って一次の近似直線を引き、そこから0.2%差が出てくる点をExcelで求めたらどうでしょう。

まずグラフの見た目でこれならいいなというのを見て、その直線からだんだんかけ離れていくことを確認しましょう。

その直線をExcelの近似曲線でオプションで式を表示し、セルの表計算で0.2%点を求めれば、だいたい手計算で求めた点に近い点が出てくると思います。ここで違うと試験の拘束条件とか、試験片の作り方とか、1つ1つ確認されたらどうでしょう。

Q電磁石の制作で鉄心の外に紙を巻くのはなぜ、私は大人

表題のことですが、万が一にエナメル線の絶縁が剥がれていた場合の安全策か、コイルが鉄心から適度に離れている方が効率が良いのか、しかし、巻数を増やすためには、厚さが無視できるほど薄い紙の方が良いのか。絶縁の為でないなら適当な厚さは、そこらを宜しく、なお、私は高校物理2(正しくはローマ数字)を並みに理解している程度とお考えください。宜しくお願いします。また、鉄心の長さが直径の10倍以上と言うことを過去のこのサイトでまあそうかなと言う程度に理解しました。

Aベストアンサー

> 電磁石の制作で鉄心の外に紙を巻くのはなぜ
・エナメル線を鉄心にキュッと巻き付けると、偶にエナメルが剥がれてしまうことがあるからです。
エナメルが剥がれると、鉄心に電流が漏れてしまいますから、電磁石自体が電位を持ってします。
それでは色々と都合が悪い。
だから、不導体の紙を巻いています。
紙を使わない電磁石では、時間と共に硬化する樹脂が使われることもあります。

Q2種類の同じ重さのエナメル線を同じ鉄心に巻くと、どちらが強い電磁になりますか。

同じ重さで太いエナメル線と細いエナメル線があり、これをそれぞれ同じ鉄心に巻き、それぞれのエナメル線の安全電流まで、電流を流します。
直径が太い方はその分たくさん電流を流せますが、長さが短いので巻き数が少ないです。直径が細い方は流せる電流は少ないですが、その分巻き数が多いです。
どちらの電磁石が強くなるのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

・エナメルの総量が同じで、一方は太く短く、もう一方は細く長く、
・安全電流は、線の断面積に比例する
ということでよろしいでしょうか?

断面積 × 長さ = エナメルの総量(=一定)  ・・・(a)
安全電流 = 定数その1 × 断面積  ・・・(b)
巻き数 = 定数その2 × 長さ   ・・・(c)
安全電流 × 巻き数 × 定数その3 = 磁石の強さ ・・・(d)

(d)に(b)と(c)を代入
磁石の強さ = 安全電流 × 巻き数 × 定数その3
 = 定数その1 × 断面積 × 定数その2 × 長さ × 定数その3
 = 断面積 × 長さ × 定数その4

ここで、(a)より、
 = エナメルの総量 × 定数その4


つまり、安全電流が断面積に比例するという条件の下で解けば、
太く短く も 細く長く も、磁石の最大の強さは同じになります。

Q+20μCと-10μCの2つの点電荷が点Aと点Bに20m離れて置かれて

+20μCと-10μCの2つの点電荷が点Aと点Bに20m離れて置かれている。

この両電荷を結ぶ直線上のどこに零電位の点ができるか求めよ。
解:点Aと点Bの間で点Aから13.3m離れた点 点Bから点Aと反対方向に20m離れた点

さっぱり分からないので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

完全にそっちの人というわけではないので上手い言葉で説明できませんが

電荷があって電位が発生する、電荷がない所には電位が発生しない
つまり0Cの点が零電位となる

正電荷と負電荷が打ち消しあってる点ですね
それは次式で求められる
距離÷電荷の絶対値の和
r/(|Q1|+|Q2|)=Anser


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報