研究で、レーザーを用いて溶質をイオン化させ、その上下に電極を配することで電極間に流れる電流値を測定しています。このレーザーがくせものでして、レーザーのスイッチをオンにして、発振させるとすごいノイズが生じるんです。

測定電流のレベルはpAレベルで、例えばレーザーoff時には 1.00±0.05pAで、レーザーonにすると 1.00±3.00pAになってしまうんです。
(↑電極間に照射せずに、レーザーのスイッチを入れた状態の例です)

ちなみにレーザーはN2(窒素)パルスレーザーです。
このノイズをやっつける方法ってあるんでしょうか?・・誰か助けてー・・

A 回答 (2件)

 とりあえず,レーザー制御装置と測定装置との距離を物理的に遠ざけてみては如何でしょうか。

あとは,電極←→測定装置間のケーブルを短くするとか,二重シールドのケーブルを利用するとか,ちゃんと接地をとるとか…。

 この内容の質問でしたら,もしかしたら物理学の方で質問された方が良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。レーザーと測定装置の距離を離すことは考えているんですが、そのスペースが全くないために現時点では断念せざるをえません(スペースを空けるように頼んではいるんですけど・・・)。あとアースもとっております。
38endohさんがおっしゃるように、物理学の方がいいかもしれませんね。分析化学というなかでレーザーを使った実験を行っていますので、迷わず化学に投稿してしまいました。物理学におじゃましてきます。

お礼日時:2002/01/18 09:39

 38endoh さんの回答を拝見してフト思ったんですが,レーザー照射装置と測定装置の電源は同じ所(同じコンセント)でしょうか?



 もしそうでしたら,別々の電源から取るようにしてみればどうでしょうか?

 やはり 38endoh さんがお書きの様に「物理」辺りで質問される方が良いかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなマニアックな質問に回答して頂きましてありがとうございます。rei00さんのお考えになられたように、2年ぐらい前から電源は全ての機器において、別々にとっているんですよ。
ちょっと、物理の方にいってお知恵を拝借してきますね。
(もっともっとマニアックな答えが返ってきそうで少し恐いですけど・・・理解できるのかなぁ・・・)

お礼日時:2002/01/18 09:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銅電極と亜鉛電極の標準電極電位

ダニエル電池の実験を行ったときのレポートで、「銅電極と亜鉛電極の標準電極電位を調べよ」とあるのですが、自分では解りません。
どなたかご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

貴方は、化学系の学生ですか。物理化学(量子化学、統計力学、熱力学)は、化学の基礎です。化学系の学生であれば、参考URLを示しますが、図書館などで調べてください。

参考URL:http://m-hagura.parfe.jp/sub2_2.htm

Q酸化還元電位測定用白金電極の検定方法について

酸化還元電位のテスト溶液としてキンヒドロン溶液とZoBell溶液がよいと勉強しました。
どちらの溶液を使うべきか決めかねているのですが、これら二つの溶液の利点や欠点等を簡潔に教えてください。
また、参考文献等ありましたら是非教えてください。

探していますが見つからないのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

白金電極の検定ですか?
どっちでやってもさほど意味があるとは思えません.これらの溶液に対して良好な応答を示すからといって,肝心の測定対象の溶液でちゃんとした電位応答を示すかどうかは全く別の問題になるからです.

QAu,Cu電極での限界電流法

電気化学については素人ですが、いろいろなご縁がありまして次亜塩素酸ナトリウムの希釈液の有効塩素濃度(50~300[mg/L])を測定したく、素人ながらに何とかいろいろやってみましたが行き詰まりました。現行の方法がまったく意味の無いことなのか、反応式などから是非教えていただきたくよろしくお願いいたします。

陰極にAu、陽極にCuを用い0[V]からリニアに電圧を1.2[V]まで印加していくとピーク電流がでてくると思うのですが、実際どのような反応が起こっているのか酸化還元電位、ファクターと共にお教え願います。

私の推論ですが、
Au(陰極)側 ; 標準酸化還元電位[V]
ClO- + H2O + 2e → Cl- + 2OH- ; 0.89
2ClO- + 2H2O + 2e → Cl2 + 4OH- ; 0.421
Cu(陽極)側
Cu → Cu2+ + 2e ; ???
4OH- → O2 + 2H2O + 4e ; ???
の反応が起きていて、現在はピーク電流の値と温度により濃度換算出来ないか検討しておりました。温度は導電率(溶液抵抗)の変化によりピークに影響があるのではないかと考えています。
結果としてはClO-(0.89)分しか測定できておらず、ClO-(0.421)分、HClO分の測定ができていないので有効塩素としては測定できていないのかと考えています。

電極の面積ですが、Au(陰極):Cu(陽極) = 1 : 2.9 で行っておりますが、Cu電極は小さいのでしょうか?また、電極距離は関係ありますか?

よろしくお願いいたします。

電気化学については素人ですが、いろいろなご縁がありまして次亜塩素酸ナトリウムの希釈液の有効塩素濃度(50~300[mg/L])を測定したく、素人ながらに何とかいろいろやってみましたが行き詰まりました。現行の方法がまったく意味の無いことなのか、反応式などから是非教えていただきたくよろしくお願いいたします。

陰極にAu、陽極にCuを用い0[V]からリニアに電圧を1.2[V]まで印加していくとピーク電流がでてくると思うのですが、実際どのような反応が起こっているのか酸化還元電位、ファクターと共にお教え願い...続きを読む

Aベストアンサー

> 溶液の導電率が電流を支配するような系とは、ピークが出るような系を指すのでしょうか?

違います.電流-電位曲線が,全体として右上がりの直線のような形になる場合です.
実際にはこの直線にピークが重畳されたような形とかになるかもしれませんが,ピークの有無自体は溶液抵抗の問題とは別です.

> 一定電流になるほうが理想だとは思いますが、ピークが出るような系ではどのように危険なのでしょうか?

ピークが出ること自体は問題ではありません.溶液抵抗で制限される電流になっているのが問題なのです.この場合は実効電位が著しく制限されてしまい (iR降下分下がってしまう),比較的再現性の得やすい拡散限界条件になっているのかどうかも危うくなるからです.
また,ピークが出ることについては最初に書いたように,ピークの大きさが電位走引速度に依存するという問題もあります.しかし,これは再現的な電位掃引ができるなら,別に問題にはなりません.

Q半導体を作用電極として使った場合、三電極系にする必要がないのはなぜですか?

以前、半導体を作用電極として使った場合、三電極系にする必要がないという話を聞きました。
理由としては半導体表面には電気二重層が形成されない、ということでした。

しかしながら、三電極系にするメリットは参照電極の濃度分極を防ぐことにあるはずなのにこの理由はおかしくないでしょうか?
作用電極の電気二重層の有無は関係ないように思うのですが・・・
また半導体電極には空間電荷層というものが形成されるはずですが、これは電気二重層のように分極が
電圧により変化したりすることはないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

話を聞き違えてるか,元の話が間違ってるかのどちらかでしょう.
半導体電極はむかしさんざんやりましたが,当然,基本は三電極ですよ.

空間電荷層は,電気二重層より電位依存が大きいですよ.半導体のドープレベルによりますが,第0近似としては,電位変化は基本的に空間電荷層で消費される (溶液に接するところのレベルは固定) とみなしていいくらいです.空間電荷層容量と電気二重層容量の大きさを比べて,半導体バルクと溶液バルクでどのような電位配分になるかを見積もってみるといいでしょう.

Q電位差測定(pH電極)について

電位差測定について疑問があります.

代表的なものとして,pH電極がありますが,
このpH電極を,ガラス電極(内部電極は白金)と基準電極の電位差を測ることでpHを測定している事は理解しました.
ガラス電極で生じる内部液と,サンプル液の膜電位でネルンストの式から,
水素イオン濃度を検出しているという事ですよね.

ここで疑問なのですが,
ガラス電極と基準電極の間に,電流はどのように生じるのでしょうか?
電極間の電位差を計測しているという事は,電流が流れていないと,電気回路として一周しません.
また,基準電極は銀塩化銀電極等の不分極電極ですが,不分極という事は,電流は流れないのでは・・・・

詳しい方,電極,測定溶液の電子移動に関して分かりやすく解説頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

ダニエル電池ではZn極でZnがイオン化し、電子が生じる

事で陰極となります。極の周囲に生じたプラスイオンを中和

する為に塩橋からCl^-が供給されます。Cu極では導線から

電子が来て極の周囲のCu^+を還元します。すると+イオン

が足らなくなるから塩橋からK^+が来て補給されます。

つまり電極間の導線中の導通は電子が、液中での導通は

イオンがその役目を担います。

pH測定系も同様でしょう。

ガラス電極が陰極の時は銀がイオン化し、周囲からマイナスイオン

が供給される。その時基準電極側では水銀イオンが還元される。

するとプラスイオンが不足しますから、飽和KCl液から相当分の

Cl^-がスリーブから外(検液)に出ていきます。従って液中では

基準電極からガラス電極へマイナスイオンが動きます。と言う事は

ガラス電極から基準電極へはプラスイオンが向かうとも言えます。

つまりガラス電極のガラス薄膜内側はpH7の液ですが、そこの

水素イオン濃度は外側の検液より高いということでしょう。

ガラス薄膜表面ではSiO4H⇄SiO4^-+H^+の平衡があり、検液

のpH如何によって平衡が動きます。ガラス薄膜内部は水素イオン

が伝播しますから導通していることになります。

上記とは反対に検液の方が水素イオン濃度が高ければ、ガラス電極が

陽極、基準電極が陰極になります。検液のpHが7なら電流は起こらず

イオンも動かずだと思います。

ダニエル電池ではZn極でZnがイオン化し、電子が生じる

事で陰極となります。極の周囲に生じたプラスイオンを中和

する為に塩橋からCl^-が供給されます。Cu極では導線から

電子が来て極の周囲のCu^+を還元します。すると+イオン

が足らなくなるから塩橋からK^+が来て補給されます。

つまり電極間の導線中の導通は電子が、液中での導通は

イオンがその役目を担います。

pH測定系も同様でしょう。

ガラス電極が陰極の時は銀がイオン化し、周囲からマイナスイオン

が供給される。その時...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報