ニンジンの培養をしているのですが、何度やってもカルスを形成してくれません。
それどころかカビも生えず、何ヶ月も変化がありません。
何が原因なんでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

カビも生えないのはよくわからないです。



昔、自分がやったときはもう少し培養する
ニンジンを大きく切った覚えがあります。
殺菌面もかなり大きく落としました。

あんまり役に立たなくてすいません。

培地のpHは大丈夫?(最終時)
アルミでなくて綿栓の方が良いとも聞いたことあります。
エアー不足とか?考えにくいけど。
場所は形成層使ってますよね?

ちなみに自分は少しカルスになって後は見事にかびました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただき有難うございます。
教えて頂いたことを参考にしてさっそく実験してみます。
どうも有難うございました。

お礼日時:2002/01/21 17:46

わたしは昔部活で少しだけ組織培養やった程度の者です。


ので、自信は無しです。
ニンジンは最初のカルスは作れたのですがその後はだめでした。

培地のふたはアルミで大丈夫だと思います。
わたしの所では、1000mlにしてからph調整してました。
部活レベルだったので培地を一晩滅菌灯の元におけませんでしたが、数多い失敗の中に成功しているのもありました。。
材料ものせるだけじゃなくてちょっと埋めていたかもしれません。
あと、培養後は明るくて温かい所(バイオトロン)においていたかもしれません。

思い出話程度でお役に立てなくてごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂きありがとうございます。
参考にさせていただきます!!
とても助かります、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 17:52

もう少し条件を書いて頂かないとどうしようもないのですが。



せめて使用部位、殺菌(滅菌)方法、
培地、温度等(要するに参考文献)ある程度は書いて頂かないと。

この回答への補足

お返事を頂きどうも有難うございます。
私の行った手順は以下のようになっています。

1)器具を水洗いし、乾熱滅菌する

2)2.4-D(100mg)を0.1molの水酸化カリウム水溶液(200mL)に溶かし、蒸留水を加えて1000mLの植物ホルモン溶液を作る。その後植物ホルモン溶液を冷蔵庫で保存する。

3)粉末のMS培地(4.6g)としょ糖(30g)を蒸留水(800mL)に少しずつ入れて溶かし、植物ホルモン溶液(10mL)を加え、pHが5.8になるように水酸化カリウム水溶液を少量入れる。その後1000mLになるように蒸留水を加える。

4)3)を湯銭にかけ、粉末寒天(8g)を入れて溶かす。完全に溶けたらロートで試験管に分注する。
  
5)試験管にアルミ箔でふたをし、輪ゴムでとめ、圧力鍋で(駒が回り出してか ら)15分ほど滅菌する。終わったら取り出して寒天を固める。

6)70%アルコールで無菌箱内と器具(寒天培地を含む)を消毒し、キッチンペーパーで軽くぬぐってから無菌箱の中へ入れ、紫外線のスイッチを入れて一晩おく。

7)キッチンハイター(5mL)を蒸留水(500mL)に入れ、5cm幅に切ったニンジン(真ん中の部分。スーパーで前日に購入)を15分つけて消毒する。そのあと、無菌水で1分間、3回洗う。

8)ニンジンを無菌水にいれたままアルミ箔でふたをし、70%アルコールで消毒してから無菌箱に入れる。

9)無菌水内のニンジンをピンセットで取り出し、コルクボーラーで中心を打ち抜く。消毒液につけた面を切り落として1mm~2mm幅にメスでスライスする。

10)スライスしたニンジンをピンセットで培地面に置き、滅菌済みのアルミ箔でふたをして輪ゴムでとめる。

11)培養箱(といっても、昔は孵卵器として使われていたようなもの)に入れ、27℃で培養する。

こんなかんじです。
自分では気付かずに、おかしな事をやっているのかも…(T-T)
どうぞ教えてください、よろしくお願いします!

補足日時:2002/01/19 20:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニンジンのカルス培養について

こんにちは。
今度学校でニンジンのカルス培養について調べた結果を発表する機会があるのですが、いくつか質問をさせていただきます。

・カルス培養の実験の面白さを簡潔に分かりやすくするにはどういう説明の仕方が良いか
・なぜニンジンの組織培養をする時にカルスになるのか(MS培地が関係しているのかそれ以外の理由なのか)
・iPS細胞やES細胞などとどう関連付けて考えればよいか

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生物学を学ぶ大学3回のものです。

高校でしょうか?一般教養レベルって感じで答えます^^

1番:
塾で中学生とかに話なら
「例えば、先生の髪の毛、とるやろ~?こいつをハァッ!てすると先生がもう一人できるわけや~。植物すげぇやろ?」
っていいますw
専門知識とか勉強教えるときにたとえ話は大切ですよ~。

2番、3番:
植物は全能性を持っているからです。”MS培地”が直接の理由ではありません。
動物なんかは全能性持ってないので無理です。ES細胞は実は胎盤が作れないので全能性は持っていません(分化多能性を持っています。)
全能性ってのは・・・・詳しくは教科書見て!(アフリカツメガエルの実験を!)まぁ、一言だけ説明するなら、どんな細胞も必ず全部の遺伝子のセット、つまりゲノムをもってるんですけど、動物は細胞によって封印している遺伝子が多いんです。なんで、封印が解けない限りそれを培養しても個体はできません。植物は封印されてないのでカルスができます。ES細胞なんかは例外的に封印がほぼとかれている状態です。けど、胎盤を作る遺伝子は封印されたままなので、分化してなることができる器官が多いという意味で「分化多能性」があるといいます。ちなみに、ES細胞の正式名称は胚性幹細胞です。iPS細胞は・・・知りません^^;
あと、カルスから完全なニンジンにするには植物ホルモンを適量な濃度、培地に加える必要があります。オーキシンやサイトカイニンの濃度で根ができるか、葉ができるか、芽ができるかとか決まります。まぁ、この部分では培地(というか植物ホルモン)が重要って事ですね。ただ、植物ホルモンが植物の器官に化けるわけじゃなくて、あくまでも遺伝子をONにするに過ぎないのでやっぱり、封印された遺伝子を持たない全能性ありってのが味噌になります。

生物学を学ぶ大学3回のものです。

高校でしょうか?一般教養レベルって感じで答えます^^

1番:
塾で中学生とかに話なら
「例えば、先生の髪の毛、とるやろ~?こいつをハァッ!てすると先生がもう一人できるわけや~。植物すげぇやろ?」
っていいますw
専門知識とか勉強教えるときにたとえ話は大切ですよ~。

2番、3番:
植物は全能性を持っているからです。”MS培地”が直接の理由ではありません。
動物なんかは全能性持ってないので無理です。ES細胞は実は胎盤が作れないので全能性は持ってい...続きを読む

Q植物の組織培養に用いる植物ホルモンについて

植物の葉、根からカルスを形成する時のホルモンについてですが、オーキシンやサイトカイニンにもいくつか種類があり、どれを組み合わせればよいかわかりません。2,4-DとNAAの働きの違い、BAとカイネチンの働きの違いを教えてください。

Aベストアンサー

 ホルモンに関してですが、昔私がやっていたときはNAAでカルス誘導および発根誘導、2,4-Dでカルス継代をしていました。BAとカイネチンの使い分けは口伝によるでした(イネです)。おそらくどの組み合わせでも適当な濃度加えれば脱分化はします。
 脱分化はあまり細かいことを気にせずにやることです。条件をふるために、10も20も条件検討するのは賢明とはいえません。5段階くらい…何なら3でも、条件をふって無理なら素材をかえる方が賢明です(ただし脱分化させて培養細胞ラインを作るという目的でなければ)。
 脱分化は細分化と違って非常に起こりやすいイベントなので、文献二つほど読んで適当にやっても上手く行きます。再分化は試行錯誤と忍耐が必要です。私はギシギシという変な植物の脱分化もやりましたが適当にやって上手く行きました。

Qニンジンのカルス形成

ニンジンの形成層上が紫色になったのち、緑色のカルスが形成されました。この紫色は何で、緑色は何ですか?

Aベストアンサー

ニンジンだから紫はアントシアニン。イモもアントシアニンを産生して紫になりますよ。緑はクロロフィル。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報