社会学的にものを見たり考えたりするとは具体的にはどういうことなんですか?
普通のものの考え方とはどこが違うのですか?
社会学的なものの考え方について教えてください。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

社会学的にものを見るとは、


(1)あらゆるものの中に「社会性」を見いだすということである。
(2)では、社会性の「社会」とは何か、というと、「個人と個人、集団と個人、個人と集団との関係」ということであると一応定義しよう。
(3)「社会性」とは(2)の「関係性」と言い換えることができる。
(4)蛇足的に付け加えれば、人間が関係するもの、あらゆるものの中に社会性を見いだすことができる。これを社会学的にものを見るということである。

例えば、夫婦喧嘩を例にしてみよう。

(1)夫婦は「夫」という役割、「妻」という社会的役割をになっている。
(2)具体的に原因が夫の「浮気」であるとするならば、「浮気」が社会的になぜいけないのか、「浮気」が社会的にどいういう意味を持つのか、ということを、まず考えることが必要である。すると、妻は「浮気」が「社会的に許されていない」「一夫一婦制」という社会的規範に従い、そのような社会的価値観を有しているということが分かる。このように社会学的に物事を見ると、「浮気は許せない」という個人的「感情」の前に、つまり「妻」個人を見るのではなく、「妻」という社会的規範(価値観)を身につけた「妻」の社会的役割をも見るということになる。これが社会学的にものをみるというときの一例である。

つまり、社会学的ものの見方とは、個人的に見えることをも「社会的な流れの中」から見るというものの切り口のことを言う。おわかりいただけたでしょうか?

ちなみに、質問者の方は社会学を学ぶ学生さんでしょうか?それとも、良く言われるような、「○○○の社会学」などという時に「社会学」ってなんだろう?と思われたのでしょうか?教えて下さると私も勉強になります。よろしく。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!!
例までつけて詳しく説明していただけたので深く理解する事ができました。
本当に助かりました。

私は都内の某女子大学で社会学を専攻している者です。
一年間社会学を学んできましたが、先生がおしゃる社会学的なものの見方
というのがいまいちわからないので、こちらのほうに質問させていただい
たという感じです。

お礼日時:2002/01/21 00:55

「社会学」っていうのは


社会生活・社会組織・社会問題などを扱う学問のことなので、
「社会学的考え方」っていうのは、
何か問題があったときに、
個人的問題として考えるのではなく、社会問題として考える
ということです。

具体的にって言われると、そうですねぇ…。
たとえば、夫婦喧嘩。
普通の考え方だと、「どっちが悪い」とか考えますが、
社会学的考え方だと、
「夫婦とは何か」「結婚生活とは」というところから考えていくんです。
「社会生活」の中での一つの出来事として捉えるんです。

分かってもらえますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
つまり、物事を大きな視点で見るという事なのですね。

お礼日時:2002/01/18 18:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間社会学は社会学に含まれる??

児童指導員の任用資格の要件に下記の一文があるのですが、

>大学の学部で、心理学、教育学または社会学を修めて卒業した者

人間社会学の学士を取得した場合、「人間社会学」は上記の「社会学」には含まれるのでしょうか??

Aベストアンサー

人間社会学は
今を見極め、積極的に社会に貢献できる人材の育成で、社会福祉などの分野が含まれます。従って当然社会学の範疇です。社会福祉士や社会の教員免許が単位選択によって取得できる(はず)
しかしながら、100%社会学部の範疇かというと、学んだ内容によって異なる可能性もあります。
卒業された大学に紹介された方が確実かも知れません。

Q息子が都内国立大学文系の学生です。 社会学に興味があり大学院進学を考えているようですが、社会学系学問

息子が都内国立大学文系の学生です。
社会学に興味があり大学院進学を考えているようですが、社会学系学問の大学院進学は、いろいろと不利ですか?
本人は研究職を考えているようですが、需要あるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1&2です。

>民間企業からは採用されなくなりますか?
>なんとか研究所やなんとか総合研究所も敷居が高くなりますか?

民間の研究所(研究職)ということですか?
社会学と言っても分野が広いので一概には言えませんが、都内の国立大の文系で、旧帝大かそれに準ずるレベルの大学なら、修士修了での民間研究所への就職もありますよ。
文系の一般就職ならば学部卒でないと不利ですが、民間でも研究所ならば、修士まではそんなに不利にならないでしょう。求人によっては修士号が有利なこともあるかもしれません。
博士課程まで行くと、大学教員などの研究者の道を選んだことになるでしょうね。

就職実績については、所属ゼミ(研究室)の卒業生(院生)の進路を調べればよいのです。
漠然としたイメージでざっくり「社会学」と言われても、分野が広すぎます。大学や研究室によって、就職先の得意不得意はありますから。
親御さんが「漠然としたイメージ」や「ネットの匿名Q&Aで得た情報」で判断することではなく、お子さんが自分の指導教員や所属研究室を選ぶときに、調べて考えるべきことです。

なお、旧帝大かそれに準ずるレベルの国立大学であれば、文系は大学院進学=博士課程を出て研究職を目指す学生を前提にした指導をするでしょう。
最初から博士課程進学を考えずに就職を考えている場合は、修士に進学する段階で指導教員に進路希望を伝えておいたほうが良いかと思います。博士進学前提の学生とそれ以外とでは、就活のサポートも、修論に求めるレベルや研究最優先の度合いも違ってきますから。

No.1&2です。

>民間企業からは採用されなくなりますか?
>なんとか研究所やなんとか総合研究所も敷居が高くなりますか?

民間の研究所(研究職)ということですか?
社会学と言っても分野が広いので一概には言えませんが、都内の国立大の文系で、旧帝大かそれに準ずるレベルの大学なら、修士修了での民間研究所への就職もありますよ。
文系の一般就職ならば学部卒でないと不利ですが、民間でも研究所ならば、修士まではそんなに不利にならないでしょう。求人によっては修士号が有利なこともあるかもしれませ...続きを読む

Q経済学部と社会学部について。

受験する学部についてなんですが、
関西学院大学の社会学部と経済学部を考えています。

2月5日は両学部の受験があるんですが、
社会学部か経済学部のどっちを受験するか迷っています。

社会学部も経済学部も興味がそれぞれあります。
社会学部はグローバル領域、メディア領域などに興味があります。
経済学部は国際経済や金融に興味があります。

そして点数配分で数学の配点が高い社会学部にしようかと
思っていたのですが、
学校の先生とかが社会学部は経済学部に比べ就職が良くない。
とか言われます。

どっち学部でも、ちゃんと勉強するつもりなのですが、
それでも社会学部は止めといた方が良いと言われます。

グーグルとかで社会学部について調べたのですが、
就職が良いも悪いも経済学部との相互についても書いてなかって、
就職は今は全体的によくないし個人次第だと思うのですが、
社会学部ってどうなのでしょうか?

社会学部、経済学部に在学している方や卒業生の方、詳しい方なら、
どちらの学部がオススメかも教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

第三者からみると、先生の指摘通り
経済学部を受験すべきですね

いわゆる「つぶしがきく」なんて言い方をしますが
就職の時に有利なのは(文系の場合)

法学部>経済学部>経営・商・情報関連学部>文学部

というような順位付けが大体どこの大学にもなんとなくあります
これは個人のがんばりではどうしようもできない

社会学部は、文学部のちょっと上、ぐらいの認識ではないでしょうか。

>社会学部はグローバル領域、メディア領域などに興味があります。
関西学院のサイトみましたけど、ちょっと違うんじゃない?
社会学科と社会福祉学科だし、ゼミや専門科目みても
たぶん違うような気がするな。
オープンキャンパスとか行った上で判断してます?
HPから見るに、経済学部の方があってると思います

Q社会学的考え方

 社会学的考え方ってどんな考え方をいうのですか??

Aベストアンサー

社会学的にものを見るとは、
(1)あらゆるものの中に「社会性」を見いだすということである。
(2)では、社会性の「社会」とは何か、というと、「個人と個人、集団と個人、集団と集団との関係」ということであると一応定義しよう。
(3)「社会性」とは(2)の「関係性」と言い換えることができる。
(4)蛇足的に付け加えれば、人間が関係するもの、あらゆるものの中に社会性を見いだすことができる。これを社会学的にものを見るということである。

例えば、夫婦喧嘩を例にしてみよう。あくまでも一つの社会学的な考え方の一例ですが。

(1)夫婦は「夫」という役割、「妻」という社会的役割をになっている。
(2)具体的に原因が夫の「浮気」であるとするならば、「浮気」が社会的になぜいけないのか、「浮気」が社会的にどいういう意味を持つのか、ということを、まず考えることが必要である。すると、妻は「浮気」が「社会的に許されていない」「一夫一婦制」という社会的規範に従い、そのような社会的価値観を有しているということが分かる。このように社会学的に物事を見ると、「浮気は許せない」という個人的「感情」の前に、つまり「妻」個人を見るのではなく、「妻」という社会的規範(価値観)を身につけた「妻」の社会的役割をも見るということになる。これが社会学的にものをみるというときの一例である。

つまり、社会学的ものの見方とは、個人的に見えることをも「社会的な流れの中(文脈)」から見るというものの切り口のことを言う。おわかりいただけたでしょうか?

ちなみに、質問者の方は社会学を学ぶ学生さんでしょうか?それとも、良く言われるような、「○○○の社会学」などという時に「社会学」ってなんだろう?と思われたのでしょうか?教えて下さると私も勉強になります。よろしく。

社会学的にものを見るとは、
(1)あらゆるものの中に「社会性」を見いだすということである。
(2)では、社会性の「社会」とは何か、というと、「個人と個人、集団と個人、集団と集団との関係」ということであると一応定義しよう。
(3)「社会性」とは(2)の「関係性」と言い換えることができる。
(4)蛇足的に付け加えれば、人間が関係するもの、あらゆるものの中に社会性を見いだすことができる。これを社会学的にものを見るということである。

例えば、夫婦喧嘩を例にしてみよう。あくまでも一つの社会...続きを読む

Q社会学の研究が進んでいる国

 どこで、質問していいか分からなくてここだったら社会問題や社会学に関心のある方がこたえてくださるかと思い質問させて頂きました。

 社会問題や異文化に興味があり、社会学を学んでみたいと思っています。
 
 自分なりに本を読んだりしていますが、社会学が進んでいる国やそういう権威の方がいらっしゃる大学(院)が分かりません。社会学も広いと思いますが、私が興味のあるのは、(社会的背景から生じる)人と人の考え方の違いとか、その社会的背景についての研究(政治・社会問題・宗教・文化的要素も含めて)です。

 国内で学んで将来は海外から日本の問題について外からの目で研究してみたいというのもありますが、海外で社会学の研究が進んでいる国と言ったらどこでしょうか?また、ヨーロッパの社会学についても興味がありますがヨーロッパの社会学ってどうなのでしょうか?

 

Aベストアンサー

質問の内容ですと範囲が広過ぎるため、浅く広くから関心のあるところを掘り下げていくことになると思いますし、同様の理由で何を持って権威があるとするか、進んでいると判断するか難しいことではないかと思います。
大学選びのために権威づけするにも、社会学の中でもイスラム圏とか、マルクス主義について…など特定分野の論文に引用される数が多いとか、何らかの判断材料が存在している必要があると思います。

論文排出量、情報産出量はアメリカ、フランス、イギリスがトップですので社会学にもあてはまると思われます。しかし都市論でも研究対象が東京であるのとシカゴではまた内容が変わってきますので、やはり何をもって進んでいるか…とするのはまた別問題で、文化論などになるとその国独自の気質のようなものを感じさせる場合もありますが、俯瞰するように社会学を社会学するといった視点が必要になってくると思います。

Q社会学と社会情報学

私は今高3なんですが大学では社会学系の学部に進もうと思っています。
そして調べてみて社会学部の他に社会情報学部というものがあるということがわかったのですが、この2つは具体的にどう違うんですか?
一応自分でも調べてみたのですがよくわからなかったので、教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

社会学というのは,学問の領域として確立しています。社会の様々な現象について,事実を把握したり,その原因についてミクロ・マクロの視点から分析・考察をする学問です。ですから,「社会学者」という学者は普通にいますし,研究としての蓄積も厚い学問です。

それに対して,社会情報学という学問は,現実には「ありません」。ありません,というのは変な言い方ですが,こちらは独立した学問の領域としては未確立なのです。高校生に対して説明しにくいのですが,学際的な分野で,様々な分野の研究者が集まって「何でもあり」の状態で研究している,発展途上の分野です。
従って,フィールドも環境・教育・医療・地域経済・メディアなどほぼ「何でもあり」の状態ですし,アプローチの手法も様々です。教員も理系・文系のあらゆる分野領域から集まっています。

ですから「社会情報学」の学者という人はいません。たいてい,自分の専門領域があり,たまたま所属している学部が「社会情報学部」だということです。入学対象も理系・文系何でもありで,どちらかというと学問研究というよりも高度な一般教養を身に付ける,という雰囲気の学部になります。

これは最近の大学の学部の傾向で,同じような学部としては「こども学部」なんてものありますよね。こちらもおなじ事で,「こども学」という独立した学問があるわけではないのは,すぐに分かるでしょう?

社会学というのは,学問の領域として確立しています。社会の様々な現象について,事実を把握したり,その原因についてミクロ・マクロの視点から分析・考察をする学問です。ですから,「社会学者」という学者は普通にいますし,研究としての蓄積も厚い学問です。

それに対して,社会情報学という学問は,現実には「ありません」。ありません,というのは変な言い方ですが,こちらは独立した学問の領域としては未確立なのです。高校生に対して説明しにくいのですが,学際的な分野で,様々な分野の研究者が集まっ...続きを読む

Q社会学が学びたいけど・・・

今まで社会学部を目指してやってきたんですが
色々調べてみると同志社、立命などの社会学部はあんまりよくない
とかよく聞きます。
実際社会学に力を入れている大学はどこなんでしょうか?国私問いません。
また法学にも興味があるので、法学部で社会学が学べたり、
社会学で法学が学べたりする大学はありませんか?

Aベストアンサー

一橋、早稲田、法政などは、わりと評判が良いですね。

注意したほうが良いのが、上智など、キリスト教系の大学です。私の知人で、上智の学部から一橋の大学院に進学した際、指導教官(もちろんキリスト教徒)から、「一橋なんて、左翼の学校に行きやがって」となじられた人がいます。

法学部で社会学を学んだり、社会学部で法学部を学んだりするのは、指導教官が寛容な人であれば、どの大学でも可能です。ただ、あまりにも課程と学びたいことが離れている場合は、第2ゼミに参加するしかなくなり、勉強量が増えます。

Q神戸学院大学現代社会学部現代社会学科

神戸学院大学現代社会学部が2014年4月に新設され今年、そこの現代社会学科を受験しようと考えています。 そこで、新設された学部の2年目は入りやすい(倍率、偏差値共に下がる)と他サイトの質問を拝見していて回答にそう書いてあったのですがそれは本当なのでしょうか?本当ならば理由が知りたいです。
加えて、今年(2015)の神戸学院大学現代社会学部現代社会学科の倍率と偏差値も教えて頂けると嬉しいです。なければ去年のでお願いします。算出方法はどの模試でも結構です。

Aベストアンサー

元塾講師です。

 一般論として、2年目の新設学部が入りやすい理由を書きます。
 まず、その「入りやすい」は1年目との比較であり、簡単に入れるわけではないということです。倍率が100倍から90倍になったとすると10倍も減少していますが、実際は90人に一人しか合格しません。上の例は極端ですが、こういうことです。特に1年目は、受験生にとってものすごい期待が膨らむようで受験生が殺到します。特に「今ある大学・学部にピンとこない」ような人がいっぱい来るわけです。
 

 では翌年以降に高倍率が下がる理由はというと、その超高倍率から敬遠した人、内部事情を知ってガッカリした人が出てくるからです。
 初年度は前年度の倍率が分かりません。そのため「一応出してみる」という本来ワンランク下の人たちが「もしかしたら受かるかも」という淡い期待を込めて出しますが、2年目はその難易度にびっくりして尻尾を巻いて逃げるようになりますし、学力があっても倍率が高くてはちょっとしたミスで不合格になるので、その新設大学よりワンランク高い大学を志望している受験生も(滑り止めにはならないので)受験を控えます。
 
 また、近年(ちょっと前まで)の新設学部は基本、メインキャンパスかそこより田舎に作られていました。立地は入学前はもちろん受験前にも分かっていることですが、そのマイナス要因に目をつむるのですが、いざ入学してみて数カ月もたつと(当初の熱気は冷めて)、「なんでこんなところを選んだんだろう」と後悔し始めます。近年ではこうした事情はネット(SNS)にすぐ出てきますし、それを受験しようとする人にも伝わり、「思ったよりいいところではない」となり、以前より志望者が減少していきます。
 また、数年もたつと最初の入学者が就職活動に入りますが、その時も、超大企業は新設学部を好まない傾向があり同じ大学の学生より苦戦する場合があります。企業としては変な人間を入れる失敗を非常に恐れ、その学部の卒業生がどのような人材かわかる卒業後5年後位から評価が定着していきます(つまり設立から9年後程度後)。そうなるとその間は「就職しにくい学部」という当初にはないイメージがついてしまうこともあります。現に慶應のSFCは、設立当初は東大を凌ぐ人気(?)でしたが、就職に関してはそこまでではなく超大企業へのうけはそこまでではありません(といっても人気大学学部ですし、ベンチャーからはものすごい人気のようです)。

 ちなみに、入試偏差値は「やったあとにしか分からない」ものであり、事前算出は不可能です。予備校が出しているものは「昨年度(+それ以前)の統計から来年度の予想」であり、やってみないと分かりませんし、新設学部は昨年度以前のデータがないですから正しいものは出せません。ただ、新設学部の多くは「その大学の他の学部の偏差値付近」であり、その学部がある他の大学ではどうなっているかなどを使って予想します。2年目は昨年度の数字を基にどれだけ下がるか(上がるか)を予想して算出します。大手予備校であれば模試の志望者増減などから推定します。

 ただ、偏差値が50程度の大学・学部であることから、偏差値・難易度などを考えるのは有意義ではありません。その時間があるなら参考書で勉強した方がはるかに合格に近付きます。基礎的な単語帳を完璧にすれば英単語は完璧ですし、他の参考書も「基礎・入門」がついたもので十二分です。今からでも十分間に合うので勉強してください。
頑張ってください。
ご参考までに

元塾講師です。

 一般論として、2年目の新設学部が入りやすい理由を書きます。
 まず、その「入りやすい」は1年目との比較であり、簡単に入れるわけではないということです。倍率が100倍から90倍になったとすると10倍も減少していますが、実際は90人に一人しか合格しません。上の例は極端ですが、こういうことです。特に1年目は、受験生にとってものすごい期待が膨らむようで受験生が殺到します。特に「今ある大学・学部にピンとこない」ような人がいっぱい来るわけです。
 

 では翌年以降に高倍率が下がる...続きを読む

Q社会学は法学・経済学より馬鹿にされるのか

私は社会学という学問の魅力を感じている者ですが、ある掲示板で
「社会学は馬鹿が専攻する学問」
「社会学部に行こうとするやつの頭のほどが分からない」
「社会学なんて何の役にも立たない」
と書いてありました。私はこういう発言そのものが低俗で、学術性がないなぁと苦笑いしながら読んでいたのですが、法学とかと比べると、同じ社会科学でも、「社会学」って地位が低いとか、くだらない学問とかっていうふうに映りますか?

Aベストアンサー

私見ですが失礼いたします。
私は、社会学は大いに有用な学問であると考えます。

社会学が日本でマイナーな学問であることは、事実で、馬鹿にする方々がいるのも事実だと思います。
大学の社会学部であっても、カリキュラムの実態は「社会学」を学ぶというより「社会科学」を学ぶといった方がいいでしょう。
日本で社会学軽視がある理由と考えられるのは、二点あると思います。

一つは、そもそも日本に「社会」という概念がなかったこと、実体としても欧米のような、革命による「近代社会」が形成されなかったということです。社会学は、革命後の混乱から生まれた経緯がありますから、そういった意味で、「社会」学は、日本ではいまいちピンとこないものなのかもしれません。

もう一つは、社会学自体が明確な対象をを持たないことで、社会学に触れたことのない人が実態を掴みにくいことがあるのではないでしょうか。
実態がつかめない=よくわからない=意味がない・役に立たない、といった考えが生まれるのかもしれません。
たとえば、一般に政治学は政治、経済学は経済と、その学問の実際の内容とはかけ離れてるとしても、「なんとなく」イメージすることができますよね?社会学の対象は「社会」であるということもできますが、社会は、政治、経済、文化、スポーツ、音楽、芸術、サブカル…と、多彩な対象を抱え込んでしまいます。
社会学は、そういった「対象の学」ではなく「方法の学」といえるのではないでしょうか。
つまり、社会学的な物事の見方(概念)を駆使して、社会現象を分析する学問ということです。「社会学的な」概念は何かというのは、社会学者の間でも、かなり揺れるものだと思いますし、正直言語化できません(苦笑)
この点は社会学が若い学問であり、その方法論を成熟させていないということがいえるのかもしれません。

社会学は「自明性」を疑い、見えない問題や隠蔽されている問題を、明らかにするのに大変よく機能すると思います。一部から見れば、それは「当たり前」のことを、難しくこねくり回しているだけに見えるかもしれませんが、その「当たり前」を疑うという視点は学問全体を通して大事なことだと思います。
社会学は確かに、多くの誤解や誤用されることも多いと思いますが、必要な学問ですし、魅力的な学問だと思います。

私見ですが失礼いたします。
私は、社会学は大いに有用な学問であると考えます。

社会学が日本でマイナーな学問であることは、事実で、馬鹿にする方々がいるのも事実だと思います。
大学の社会学部であっても、カリキュラムの実態は「社会学」を学ぶというより「社会科学」を学ぶといった方がいいでしょう。
日本で社会学軽視がある理由と考えられるのは、二点あると思います。

一つは、そもそも日本に「社会」という概念がなかったこと、実体としても欧米のような、革命による「近代社会」が形成されな...続きを読む

Q社会学、社会科学とは何でしょうか?教えてください!

よろしくお願いします。
私は自分自身社会学部を出ているのですが、
人に
”社会学って何?”
といわれると詰まります。

私は経済学や社会政策を勉強してきましたが、
社会学とは何か?といわれると説明できません。

経済学で習った、社会をある一定の要素にわけ、
モデルを構築し、説明すること、
などと説明しますが、これは経済学の考え方ですよね?

社会学(sociology)、社会科学(social science)というと、広いですがどのように理解すればいいのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

社会学は、ミクロ・マクロに限らず、本人が気になったことを、あくまで主観で理論構築し、
そこら中のデータを持ち寄って、自分の主観が正しいと証明する学問です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報