夫の妻に対するドメスティックバイオレンスとは、一般的にどのような例があるのでしょうか?
例えば以下のような発言が繰り返される場合はそれに該当するのでしょうか?
1-生活費をなかなか出そうとしない夫に、催促すると『お前と子供にせびられる』と言う。
2-事あるごとに『養ってやっている』と言う
3-意見を主張するとなかなか生活費を出さない
4-電気代や電話代が前の月より100円多くなっただけで、その理由を執拗に糾す
5-『お前はいいよな。ただで生活できて』とよく言う
上記の例は言葉の暴力といえませんでしょうか?
そしてこれらは離婚の理由として、正当なものになりえるでしょうか?。またこれらを妻が主張する場合、何らかの証拠が必要になるのでしょうか?
以上よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ご質問の趣旨が少し曖昧なように思います。

DVの定義についてお知りになりたいのでしょうか。それとも、法定離婚原因に該当する事実についてお知りになりたいのでしょうか。

 ご質問を拝見させていただく限りでは、後者であるように感じました。離婚原因を模索されているのであれば、事実がDVに当たるか否かは関係ありません。DVを語る意義はないでしょう。

 仮に協議が整わず、調停も成立しなかった場合、離婚の最終判断は裁判によってなされます。そして、その際には、離婚を要求している側が、民法770条に定める離婚原因の事実を証明しなければなりません。ご質問に書いていらっしゃるような事実を積み重ねて、離婚原因たる事実を証明していくことになると思います。どのような証拠が事実の証明になるか、また、その事実が離婚原因として正当たりうるかは、ご質問を読ませていただくだけでは判断しかねます。なお、離婚問題が裁判にずれ込んだ場合、弁護士の協力が欠かせません。離婚原因たる事実や証拠に関するの問題は弁護士に相談された方がよろしいかと思います。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/tops/18rikongenin.htm
    • good
    • 0

1)DVとして成立しているか?


2)離婚理由になるか?
3)証拠が必要か?

1)言葉の暴力だと思います。
2)DVとしては成立しなくても、「夫婦間の協力義務違反」にひっかかる可能性があると思います。
「夫婦間の協力義務違反」があり「回復の見込みがないほど破綻」していれば、離婚できます。
3)調停にしても裁判にしても、証拠がある方が説明が楽でしょう。暴言をテープに録音したり、日記を書いておくのがいいと思います。
    • good
    • 0

DVを理由に離婚訴訟をおこそうとして見えるのでしょうか?



学問的なDV(ドメスティックバイオレンス)の定義では大なり小なりDVに含まれているように思いますが、コレが実生活、社会、裁判での判断ではどうなるかを保証したものではないと冷静に考えます。
家庭裁判所の調停員さんなど相談をされるべきと思いますよ。

過去の質問・回答でDVの定義について書かれています。
参考URLもまだ生きていますので参考になさってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QシステムイベントのMARKとは何でしょうか

ちょっと古いのですがTurboLinux4.2の「にわかシステム管理」をすることになりました。rootでログオンするとメールが沢山届いており、どうやら1時間ごとに下記のようなログが届けられるようになっています。ログオン時のパスワードエラーなどセキュリティ上気をつけておかないといけなさそうなアラートが記述されているのですが、その中でMARKというものが必ず20分おきに記述されています。これはどういう意味があるかどなたかご存知でしょうか?また特別問題が無ければログに記述されるのを止めたいのですが、発信元が不明のため止めかたもわかりません。



Unusual System Events
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
Feb 28 13:05:56 sis -- MARK --
Feb 28 13:25:56 sis -- MARK --

なお sis というのはマシンの名前です。

Aベストアンサー

TurboLinuxってRedHat系ですよね。そしたら多分、以下の
説明で通じると思うんですが…。

要は、/etc/rc.d/init.dの中に、syslogというファイルが
あると思いますので、その中でsyslogdを起動している行を
探し、以下のように書換えればMARK機能は止まります。

daemon syslogd ....(以下オプション)....

という行が、start()以下のブロックの中にありませんか?
syslogdの-mオプションがMARKの間隔を規定しているので、
その引数を0にすればOKです。ちなみにうちは(Kondara
Linux)、MARKは元々止まってて、

# we don't want the MARK ticks
daemon syslogd -m 0

となっています。

ただ、私はTurboは使ったことありませんが、私の周りの
マシンで最初からMARKがログに残る設定になってるマシンは
見たことありません。前任の管理者が何らかの理由でMARKを
残している可能性もありますね。

TurboLinuxってRedHat系ですよね。そしたら多分、以下の
説明で通じると思うんですが…。

要は、/etc/rc.d/init.dの中に、syslogというファイルが
あると思いますので、その中でsyslogdを起動している行を
探し、以下のように書換えればMARK機能は止まります。

daemon syslogd ....(以下オプション)....

という行が、start()以下のブロックの中にありませんか?
syslogdの-mオプションがMARKの間隔を規定しているので、
その引数を0にすればOKです。ちなみにうちは(Kondara
Linux)、MARKは元々...続きを読む

Qドメスティックバイオレンスが原因で離婚(長文)

〔家族構成〕
両親(大阪在住)・姉(既婚・大阪在住)・妹(既婚・大阪在住・実家近く)・私(未婚・男・関東で社会人)

〔家庭状況〕
父親は65歳で昔から酒癖も悪く、ギャンブル好きで45歳ぐらいから定職にもつかず無職の状態です。15年程前父親がサラ金から多額の借金をして、いわゆる取立て屋が家に押しかけあまりにも怖くて父親以外の4人で夜逃げしたこともあります。結局は破産宣告を受けて家に戻りました。その時離婚すればよかったのですが、子のことを思い母親は離婚しなかったそうです。
姉が嫁いだ後、私は関東で一人暮らし。実家には両親と妹だけです。父親の母親に対する精神的な暴力が始まりました。決して肉体的な暴力はふるいません。時にはナイフで刺されそうになったことはあります。ほんとに生き地獄だと母親は言っています。この時は必ずお酒を飲んでいます。昼間働かないので夜は寝ず、そのくせ昼間働いている母親を寝かせません。ほんとに自己中心的な性格で弱者に対しては抑え付けようとします。
先日、妹の結婚を機会に、当然のように母親は家を出ました。現在父親はあたりかまわず探しています。
今日も妹の家に押しかけて大声でわめきちらしたそうです。

〔質問〕
目標は離婚です。おそらく父親は応じないでしょう。
国の相談機関にも相談していますが、「ドメスティック・バイオレンス防止法」は肉体的暴力を受けてないと適応されないと聞きました。精神的暴力だけだと、この法律は適応されないのでしょうか?だとしたら、そういう人たちはどうやって救われるのでしょうか?
弁護士を立てることも考えていますが、金銭的な問題で悩んでいます。最後の手段として弁護士に頼もうとは考えています。

私は母親を助けたいです。今まで苦しんだ分新たな人生を謳歌してもらいたいです。
すみませんがアドバイスお願いできますでしょうか?

〔家族構成〕
両親(大阪在住)・姉(既婚・大阪在住)・妹(既婚・大阪在住・実家近く)・私(未婚・男・関東で社会人)

〔家庭状況〕
父親は65歳で昔から酒癖も悪く、ギャンブル好きで45歳ぐらいから定職にもつかず無職の状態です。15年程前父親がサラ金から多額の借金をして、いわゆる取立て屋が家に押しかけあまりにも怖くて父親以外の4人で夜逃げしたこともあります。結局は破産宣告を受けて家に戻りました。その時離婚すればよかったのですが、子のことを思い母親は離婚しなかったそうです。
姉が嫁い...続きを読む

Aベストアンサー

文面から判断すれば離婚につきましては、協議離婚は無理でも裁判離婚は認められるものと思います。

離婚の場合、いきなり裁判を提起することは出来ませんので、まず母上本人が調停を申し立てる必要があります。

調停手続きは基本的に個人で可能なシステムとなっておりますので、弁護士に依頼されなくても家裁窓口で簡単に手続き可能です。
しかし父上の動向をみると、とても調停に応じるとは思えず、呼び出し無視などで不成立となることと思います。その場合は裁判を提起することができます。

「ドメスティック・バイオレンス防止法」の適用は無理でも、法定離婚理由を規定した民法770条の「その他婚姻を継続しがたい重大な事情のあるとき」に該当するものと思われますので、ご質問文面にある行為が認定されれば、離婚は認められるでしょう。
よって順調に勝訴判決を得るためには、父上の問題行動を証明できる資料や証人を準備しておくことをお勧めします。
尚、裁判になった場合で、父上が裁判所からの何回もの呼び出しにも応じない場合は、最終的には欠席判決として、離婚が認められる判決が得られます。
調停不成立で裁判を起こす場合は、離婚後のつきまといなどのトラブルなどのことも考え、やはり弁護士に依頼されるのがベストと思います。

文面から判断すれば離婚につきましては、協議離婚は無理でも裁判離婚は認められるものと思います。

離婚の場合、いきなり裁判を提起することは出来ませんので、まず母上本人が調停を申し立てる必要があります。

調停手続きは基本的に個人で可能なシステムとなっておりますので、弁護士に依頼されなくても家裁窓口で簡単に手続き可能です。
しかし父上の動向をみると、とても調停に応じるとは思えず、呼び出し無視などで不成立となることと思います。その場合は裁判を提起することができます。

「ドメス...続きを読む

Q顎の骨吸収が見られる。とは、どういう状態ですか?

中学二年の男子を持つ母です。最近息子が歯医者へ行き歯のレントゲンを撮ったのですが、下顎の骨吸収像が見られるので口腔外科で診てもらってくださいと、紹介状を渡されました。左側の奥歯の奥に、本来なら白く骨が映っているべき場所に骨が映っていません。(右側には骨が映っています)
ネット等で調べても詳しいことがわかりません。
近々口腔外科へ行く予定ですが、行くまでにどんな病気が考えられるのか、知っておきたいです。
どなたか詳しくおわかりになる方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%96%E5%9A%A2%E8%83%9E%E6%80%A7%E6%AD%AF%E5%8E%9F%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
原因となる組織がエナメル上皮腫とは異なります。

・歯牙腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%89%99%E8%85%AB
実際には腫瘍ではありません。内容物に歯の出来そこないのような
組織が詰まっていることが多いようです。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)
http://www.ha-channel-88.com/sisyuubyou/sinnsyuuei-sisyuuenn.html
若年者に見られる急激に進行した歯槽膿漏。
難治性なので、もし該当するなら専門病院の受診を強く推奨します。
歯の動揺や歯肉出血などの自覚症状がなければ違います。



もし、エナメル上皮腫のような歯原性腫瘍なら、大きくなる前の
処置が望ましいので、担当医としっかり相談してください。

おだいじになさってください。

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%...続きを読む

Qドメスティックバイオレンスと夫婦喧嘩の違い

ドメスティックバイオレンスと夫婦喧嘩の違いはなんでしょう。
法律的な区別はありますか?

Aベストアンサー

DVというのはストカーの延長線上にくるものでもあるのですが、この手の問題は「被害者」が「被害を受けた」と主張しない限り、被害になりまません。
超極論言ってしまえば、あざだらけでやけどまで負っていても、ハードSM夫婦で両者がエクスタシーを感じているのなら、それは被害ではありません。
まぁー、ちょっとそれは極論過ぎるのですが、夫婦喧嘩かDVかって言うのは、あくまで被害者がどう判断するかであり、法的に何をしたらDVで、どこまでは夫婦喧嘩かという尺度はありません。
ただ、これが相手が被害を主張して、警察に行ったり、民事訴訟を起こすというのなら、ANo.2氏が示す法律で判断する事はできます。
ですが、逆にこの方に触れる行為であった夫婦に対して、警察が家庭に乗り込んで「はい、DVで逮捕します」とは言えません。

Q言語文化学とは・・・

何なんでしょう??

課題で論じなければならないのですが、考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。

文学の中に見られる当時の社会的背景や価値観について触れもいいのでしょうか?

ちょっとつまずいてしまって困っています。アドバイスしていただけないでしょうか?
参考文献なども挙げていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙に価値を置くか、(I love you と常にいうのか全くいわないのか、とか)
2.謝罪をするかしないか、謝るにしても理由をきちんと説明するのか、いいわけなどしないのか、
3.敬語を使うのかフランクに仲良くするのがいいのか、
4.ある言葉遣いが特定の地域・階層・年齢・性別に特有のものなのか、(隠語や忌み言葉を含む)


>参考文献なども

古典的なところではサピアやウォーフです。
『言語・思考・現実』 B. L. ウォーフ
(講談社学術文庫)

ジュリア・ペン『言語の相対性について』(大修館書店)
もいいかもしれません。

そのほか Amazon で、言葉と文化、言語と文化で検索してみることを勧めします。

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙...続きを読む

Q普通だという主張、普通でないという主張の立証責任は?

以前、対審において、ある事象が普通であると主張する者と、普通でないと主張する者がいた場合、原則として後者が立証責任を負うという書き込みを見ました。普通だという説明は困難なのに対して、普通でないという説明はそれよりも簡単だからという理由だそうです。

しかし、立証責任の規定は法令に状況ごとに規定してありますが、そういった話は聞いたことがありません。
それがわかる条項、又は判例等は何かあるのでしょうか?
というか、それ以前にこの話は本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

しつこいけど、本当のところは判らないが正解。だけど、
>>どっちが簡単とかそんな理由だけで
と書いたとおり、立証責任の分配が「だけで」決まらないのは確かだよ。だから、簡単だからというそれ だ け の理由で一体何の要件事実の主張なんだかも判らないような普通か普通でないという主張の立証責任が決まるなんてことは絶対にないと断言するね。

それと、
>立証責任が転換
証明責任の転換は立法政策の問題だから、個別の法律でそういう決め事をした場合だけだよ。例えば製造物責任法の欠陥要件は一種の証明責任の転換規定だ。だから「普通でないことを主張する方が簡単だから証明責任を負う」なんてことは立法政策としての証明責任の転換の基本哲学としてはともかく、具体的な証明責任の分配の問題とは別問題。

前に見た記憶があるのは、存在しないことを証明するのは悪魔の証明だから存在を主張する方が証明責任を負うという噴飯物の回答。それと同じ類だと思うよ。付け加えると、そもそも普通でないという説明が普通であるという説明よりも簡単であるということ自体が本当かどうか怪しいでしょ?どっちが簡単かは説明内容によって変わるかもしれないでしょ?

ってなわけで、少なくとも一般論としては大嘘だと断言するよ。そんな話は珍しくないじゃない、ここじゃ。

しつこいけど、本当のところは判らないが正解。だけど、
>>どっちが簡単とかそんな理由だけで
と書いたとおり、立証責任の分配が「だけで」決まらないのは確かだよ。だから、簡単だからというそれ だ け の理由で一体何の要件事実の主張なんだかも判らないような普通か普通でないという主張の立証責任が決まるなんてことは絶対にないと断言するね。

それと、
>立証責任が転換
証明責任の転換は立法政策の問題だから、個別の法律でそういう決め事をした場合だけだよ。例えば製造物責任法の欠陥要件は一種...続きを読む

Q天皇陛下とは?

小説 オーバーロードの
ギルド アインズ ウール ゴウンが日本。

ももんが が 天皇陛下。
階層守護者が 5摂家
しもべ が 一般国民。

と表現すれば 特亜の人に理解しやすいと思うのですが
どうでしょうか?

Aベストアンサー

これで、天皇が理解できると言うならそれで良いが。
この定義が普遍的であるとは思わない。

Q権利の主張変更。これは主張側の温情か?権利放棄か?

お世話になります。
概要
法律上や契約書上(もちろん正当に交わされた契約書)で認められている権利を、一旦譲歩した場合、もとの権利を主張することは認められないか?
何度催促しても相手がいう事を聞かない場合、主張する側が条件を譲歩したり、期限を延ばしたり、相手の状態をおもんばかった事は、裁判においては
「権利者側が温情を与えた」、と判断されるのか、
「権利者側が自ら権利を放棄した」と判断されるのか?

詳細
1)たとえば、金を貸した場合、たいてい契約書には以下のようなことが書いてありますね。
「一回でも滞納した場合は、債権者はすべての残債を全額回収できるものとする。債務者はそれに対して異議申し立てはできない。」
さて、借金の返済が滞った場合、債務者はこの条件を盾にして全額回収に掛かるわけですが、そこはやはり人間ですから、どうしても情が入る場合もあるでしょう。
債務者「来週までには必ず金策をするから待ってくれ」
債権者「まあ、わしも鬼やないから、一回ぐらいなら、あんさんを信じて待ちまひょか? 
 しかし、この次は無いで!!! 」

翌週、債務者は滞納分の支払いに応じました。
しかし、また次回の支払いが滞りましたので、債権者は全額回収に掛かりました。すると
債務者「アンタ、一回目の滞納の時に全額回収をしなかったではないか。という事は、
”一回でも滞納した場合は、残債を全額回収する”
という権利は永久に放棄したとみなしますわ。
 よって、今後は滞納したとしても全額回収することはできませんで」
債務者「な、なにを!! 契約書のどこに、”全額回収の権利放棄の条件がかいてあんねん!!!」
確かに、契約書には、こういった場合の全額回収権利放棄の条件、は書いてありませんでした。
こういった場合、どちらの主張が法的に正しいでしょうか?

2)家賃の催促など。
家賃を滞納した店子に対して大家が内容証明で催告書を出しました。
催告書「9月末日までに滞納した家賃を納めない場合は退去していただきます。」

しかし店子は出て行こうとしなかったので再度催告書を出しました。
催告書「先日送付した催告書は配達証明にて貴殿受け取りを確認しておりますので知らない、見ていないは法的に主張できません。
ここに改めて再度通告します。
10月末日までに滞納した家賃を納めない場合は退去していただきます。」

しかしやはり効果がありませんでした。
また催告書を出しました。
催告書「9月、10月に送付した催告書は配達証明にて貴殿受け取りを確認しておりますので知らない、見ていないは法的に主張できません。
ここに改めて再度通告します。
11月末日までに滞納した家賃を納めない場合は、こんどこそ本当に退去していただきます。」

----

こういった場合も、締切日を伸ばしながら何度も催告書を送ることは、
「以前出した催告書に記載した”退去していただきます”という文言に対して、大家側が鍵を変える、とかドアの前でずっと立っていて入室を許可しない、などの実力を行使しないので、
”大家は店子の家賃滞納と居座りを容認していることになる。
よって、今後は大家には催告の権利はない”」
という裁判所の判断になるのでしょうか?

それとも
「こんなにも大家が何度も譲歩しながら温情のあることろを見せているにも関わらず、店子は催告を無視し続けた。よって、店子側には一切の反論の権利はない。最後の催告書記載の刻限のの11月末日を持って退去していないなら直ちに以降行為となる」
という裁判所の判断となるのでしょうか?

詳しい方、お願いします。

お世話になります。
概要
法律上や契約書上(もちろん正当に交わされた契約書)で認められている権利を、一旦譲歩した場合、もとの権利を主張することは認められないか?
何度催促しても相手がいう事を聞かない場合、主張する側が条件を譲歩したり、期限を延ばしたり、相手の状態をおもんばかった事は、裁判においては
「権利者側が温情を与えた」、と判断されるのか、
「権利者側が自ら権利を放棄した」と判断されるのか?

詳細
1)たとえば、金を貸した場合、たいてい契約書には以下のようなことが書いてあり...続きを読む

Aベストアンサー

1.「1回でも延滞した場合は(中略)全額返済を求めることが出来るものとする」は、一括返済を求めることができるが、実際にそうするかどうかは債権者の自由、ということです。つまり、一括返済を求める権利を留保しつつ、その時その時の対応をしている訳です。

なので一括返済を求めなかったからといって、その権利を放棄したわけではなく、今後いつでも権利行使は可能です。


2.まず蛇足ながら、催告書の正当性を担保するのは、当初に交わした契約書の内容次第です。現状が退去請求に該当している状態なら、大家は退去を求めることが出来ますが、内容証明郵便かどうかは単なる伝達手段にすぎないので、それが決定的な要件ではありません。

という前提において、既に即時退去を請求できる状態になっているのなら、賃借人はそれに従わなければなりません。仮に退去請求日が9月から10月、11月に延期されたとしても、即時退去する義務は何も変わっていないということでしょうね。

こういう場合、大家側は後日裁判になることを想定して、何度も請求を行い退去日の延長に応じたし、精一杯の努力を重ねたということを証明するためソフトな対応を取っていると考えられます。

1.「1回でも延滞した場合は(中略)全額返済を求めることが出来るものとする」は、一括返済を求めることができるが、実際にそうするかどうかは債権者の自由、ということです。つまり、一括返済を求める権利を留保しつつ、その時その時の対応をしている訳です。

なので一括返済を求めなかったからといって、その権利を放棄したわけではなく、今後いつでも権利行使は可能です。


2.まず蛇足ながら、催告書の正当性を担保するのは、当初に交わした契約書の内容次第です。現状が退去請求に該当している状態なら、大...続きを読む

Qノートパソコンの 「ネックが弱い」 とは?

Yahoo!オークションでノートパソコンの購入を検討しています。
商品の説明の欄でネックが弱いと出ていたのですが
どういう意味でしょうか?
出品者様が本日は不在で回答ができないとのことで
とりあえずだいたいの意味をこちらで教えていただけたらと思って
質問させていただきました。
ちなみに見ている商品は東芝のノートパソコンです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヒンジを修正する技術、塗装を施す根気、その後のトラブルに対応する技術があればスペック的によいかもしれませんね。
ただ同じタイプのパソコンを何度かみさせてもらう機会がありましたが、熱暴走に気をつけなければいけなかったように思います。

Q民法-請求原因として主張立証しなければならないこと

民法についての質問です。
訴訟になった場合、原告が請求原因を主張立証しなければなりません。

この主張立証しなければならないものの判断の仕方を教えて頂きたいです。

例)
・売買契約に基づく代金請求訴訟では
原告は(1)売買契約が締結されていることを主張立証すれば足りる

・賃貸借契約に基づく目的物返還訴訟では
原告は(1)賃貸借契約の締結、(2)目的物の引渡し、(3)賃貸借契約の終了原因、を主張立証しなければならない

Aベストアンサー

>訴訟になった場合、原告が請求原因を主張立証しなければなりません。

 債務不存在確認訴訟において、被告が原告の請求の棄却を求める場合、被告は、債権の発生の原因事実を主張、証明しなければなりませんから(原告が債務不存在の事実を証明するのではありません。)、「原告」が主張、立証しなければならないという文章は、不正確な表現です。

>この主張立証しなければならないものの判断の仕方を教えて頂きたいです。

 要件事実の話だと思いますが、これを説明するときりが無いので、詳しくは、要件事実に関する書籍(「要件事実の考え方と実務」民事法研究会)を読んで下さい。また、民事訴訟法のテキストでも、主要事実、間接事実、補助事実、証明責任、主張責任、法律要件分類説は説明が載っていると思いますから、そこも読んで下さい。
 ここで言えることは、判断の仕方は、まずは、実体法の条文をよく読むことです。もちろん、それだけで全てが分かるとは言いませんが、条文をきちんと理解することが当然の前提です。
 売買契約に基づく代金請求訴訟で説明します。訴訟物は、売買契約に基づく代金請求権ですから、売買契約の成立要件は何なのか条文を確認します。
 民法555条によると「売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」となっています。これから導き出される要件事実は、
1.財産権移転の約束
2.代金支払の約束
ということになります。これを簡略表現したのが、「売買契約が締結されていること」です。ちなみに、売買の目的物の引渡は、売買契約に基づく代金請求権発生の要件事実ではないことに注意してください。なぜなら、引渡は売買契約成立の要件ではないからです。
 ですから、要件事実の勉強で、請求原因に「目的物の引渡」を記載すると、不正解になります。「目的物の引渡」は、相手方が同時履行の抗弁権を主張した場合に、主張、証明すべき事実だからです。
 ただし、実務で、訴状の請求原因に「目的物の引渡」を記載するのは構いませんし、むしろ、記載するのが自然です。同時履行の抗弁権は、当然に予想される相手方の反論ですから、あらかじめ反論を封じておくことは有用だからです。ですから、要件事実の勉強をするのであれば、混乱を避けるために、要件事実を頭にたたき込むまでは、実務は無視して下さい。

>私、個人的には、「原告が(1)だけ立証すれば、あとは正権限があることを被告が立証しろよ!」とも思うのですが、(1)(2)(3)すべてを立証しないと原告の請求は認められないようです。

 条文をよく読んで下さいといったものの、確かに(2)は条文からは、すぐに出てこない要件ですよね。(賃貸借契約は要物契約ではない。)ただ、賃貸借契約の特質をよく考えてみると、常識的な結論なのです。そもそも、賃貸借契約は、賃貸人が賃借人に有償で目的物の使用及び収益させる契約なのですから、目的物を引き渡しなければ、賃借人は目的物を使用収益しようがありません。目的物の引渡というのは、賃貸借契約の本質的な要素なのです。
 また、目的物返還訴訟という観点から言えば、そもそも相手方が契約に基づいて目的物を占有していなければ返還を求めるとができませんから、目的物の引渡も必要になります。
 (3)は、法律要件分類説からすれば、「権利阻止または消滅のそれぞれの法律効果が自己に有利に働く当事者が、その法律効果を基礎づける要件事実について証明責任を負う。」ので、原告が証明しなければなりません。

>訴訟になった場合、原告が請求原因を主張立証しなければなりません。

 債務不存在確認訴訟において、被告が原告の請求の棄却を求める場合、被告は、債権の発生の原因事実を主張、証明しなければなりませんから(原告が債務不存在の事実を証明するのではありません。)、「原告」が主張、立証しなければならないという文章は、不正確な表現です。

>この主張立証しなければならないものの判断の仕方を教えて頂きたいです。

 要件事実の話だと思いますが、これを説明するときりが無いので、詳しくは、要件事実...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報