AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

管打式の火縄銃って普通の火縄銃とどうちがうのですか?

A 回答 (3件)

通常、火縄銃は、火皿に乗せた少量の火薬に火縄を接触させて燃焼させ、銃身内の火薬を爆発させて弾を発射する方法です。



管打式(パーカッション式)というのは、火皿の代わりに金属製のキャツプ(雷管)に火薬を入れた物をセットしハンマーで叩く事で着火し、銃身内の火薬を爆発させて発射する方式の銃です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど、それでは火縄銃でないと言うことですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/10 23:16

 管打式、つまりパーカッション式の銃の仕組みは#1様がご説明になっていますので省略しますが、このタイプの銃そのものは、ごく少数ながら、たまに国内の資料館などで見られます。



 ただ、この雷管式の銃は天候にあまり左右されないといった長所がある代わりに、まだまだ日本国内の工業力では雷管の製造と供給に問題があり、ことに戦場での充分な補給ということを考えた時、当時の日本ではやはり無難な火縄式に一長有りと考えたのではないかと思います。
 また、この方式はかなり後世のもので、その前にフリントロック式がありますが、なぜかこのタイプもあまり普及していません。

 火縄の火を雨から守るために小さなミニチュアサイズの番傘を銃に取り付けるなどといったところがいかにも日本的ですが、ことに今日のイベントとともなるとやはり火縄銃のクラシックさと、火蓋を切る・・・・と言った言葉にいいものかありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

管打式は普及してないのですね、どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/03/10 23:19

管打式は管打式、火縄銃は火縄銃です。


管打式の火縄銃などと云うものは有りません。
火縄銃を改造した管打式は有ります、その事をおっしゃっているのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/10 23:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q火縄銃の巻き張り

火縄銃で半巻き張りとか真鍮巻き張りとか説明する言葉がついてるのですか銃身のことを言ってるのですか?銃身を巻いて作ってるってことですか?

Aベストアンサー

銃身は、まず鉄の棒に、真っ赤に焼いて薄く延ばした板状の鉄を、海苔巻のように巻き付けて、パイプを作ります。繋ぎ目もハンマーで叩いてくっ付けてしまいます。これに帯状の物をぐるぐる巻きつければ更に強いパイプとなり、これが巻張で、これに帯状のものを鉄をもう1回反対方向から巻けば二重巻張となります。mersessさんの仰る通り、銃身は巻いて作っています。

因みに、銃身の製作は鍛冶屋、カラクの製作は細工師、銃床の製作は指物師が担当しています。

Q火縄銃の銃身口径

お祭りや時代劇で使われる火縄銃の銃身の口径は何ミリが多いのですか?時代劇のはあまり大きくないようですが。また口径小さいと銃が軽いから長くしてたのですか?

Aベストアンサー

こんばんは 又お会いしましたね^^。
火縄銃は玉の重さで分類すると、「○匁筒」と呼ばれます。例えば一匁筒ならば口径8.7ミリで玉径8.5ミリ、ニ匁筒ならば口径11.0ミリで玉径10.7ミリ・・・です。
現存する火縄銃で一番多いのが細筒と呼ばれる二匁~三匁ですから口径で11.0ミリから12.5ミリ弱、玉径で10.7ミリ~12.3ミリ弱のものです。
時代劇の合戦シーンで足軽が使用している物は、上記のものが多いでしょうね。因みに銃身長で言えば1m強、全長では1.3m今日でしょうか。
ただ時代祭りの場合には、火縄銃の見栄えも関係してくるので、もう少し太目の事も有りますが・・・。
因みに実戦での限界は十匁(口径18.7ミリ)とされており、弾体エネルギーから見れば、人間を倒すには二~三匁筒で十分、馬とか熊でも七~八匁筒で間に合うそうです。
「時代劇のはあまり大きくない」との事ですが、それは持ち運びに便利な「馬上筒」のことですか? 馬上筒は小口径で全長50センチ前後です。逆に長い物は「狭間筒」と呼ばれ城壁からの遠距離射撃用で全長で150センチ程のものです。
>口径小さいと銃が軽いから長くしてたのですか?
そんな事は無いですね。長さは、玉の命中率に関係しています。
しかし長い鉄砲を作って射程距離を伸ばしても、滑腔銃では命中率に問題があったでしょうね。実際には銃身が長いからといって命中率が高くなるという物ではないんです。

こんばんは 又お会いしましたね^^。
火縄銃は玉の重さで分類すると、「○匁筒」と呼ばれます。例えば一匁筒ならば口径8.7ミリで玉径8.5ミリ、ニ匁筒ならば口径11.0ミリで玉径10.7ミリ・・・です。
現存する火縄銃で一番多いのが細筒と呼ばれる二匁~三匁ですから口径で11.0ミリから12.5ミリ弱、玉径で10.7ミリ~12.3ミリ弱のものです。
時代劇の合戦シーンで足軽が使用している物は、上記のものが多いでしょうね。因みに銃身長で言えば1m強、全長では1.3m今日でしょうか。
ただ...続きを読む


人気Q&Aランキング