長い文章になりますが申し訳ありません。
私は4才になる息子の通う保育園で保護者会の会長をしています。
この保育園は、3年ほど前に前園長の定年に伴い、もともと主任だった人が園長に昇格しました。この園長になってから、といかく「保護者の存在を無視されてるようだ」(いろいろな問題に対する対応の遅さ等)「指導力に欠ける」etc・・と、大変保護者に評判がよくありません。(しかし大半の保護者は自分の子供を預けている手前、率直に意見が言えない状態です。)
例えば、今回私の息子の担任が産休に入って担任が替わったのですが、保護者に何の報告もありませんでした。新任の先生からの挨拶もありませんでした。
その件について、私が「なぜそんな大切な事を報告してもらえないのか。どのような指導をしているのか。」と質問した所、「そんな事を今まで報告した事は無い」「じゃあ、保護者だって何もかも家庭での様子を園に報告してるんですか」などと、とても教育者とは思えないような答えが返ってきました。
保護者会の役員さんは皆立腹しており、なんとかこの園長を辞めさせる訳にはいかないか、と考えています。数日後の役員会議の時に、あの園長との会話を録音して、もう一度こんな発言があったらそのテープを役所に提出しようか、という意見まであるのです。
私はそこまでやるんだったら、必ず退職まで追い込まないと、もめた挙句に園に残られては、自分の子供を通わせられなくなるのでは・・とも思って悩んでいます。
この程度の事で園長を辞めさせることは可能でしょうか?
法律に詳しい方や、このようなトラブルの経験者の方のお返事があったら嬉しいです。よろしくおねがいします。

教育のカテゴリで質問させて頂いたところ、法律の方がよいのでは、というアドバイスを頂き、カテゴリを変えての再度の質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心中お察しいたします。


そんな園長であれば保護者の皆さんは怒って当然ですね。

私も子供を通わせている保育園の一部の先生の態度(自分の機嫌の善し悪しで
子供を無視する等、、、)に疑問を待ち、主任先生と園長先生に直訴しました。
たいていの保護者の方々は「子供を人質に取られているから」と言いたいことも
がまんされるかもしれませんが、先生との相性等個人的な、感情的なこと以外
の「保育のプロフェッショナル」としての資質は、問うたほうが良いと思います。
noritinnさんの所の園長のせりふはとても「プロ」の発言とは思えませんね。

でも、いきなり「やめさせてやる!!」と感情的になる前に、保護者会の言い分と園側の言い分を
と話し合う機会はあったのでしょうか?
園長を辞めさせるのが目的ではなく、安心して子供を預けられるようにするのが目的のはず。
しかるべき所に訴える(ちょっと大袈裟)にしても、事前に「私達保護者は
これこれこういう手段で交渉し改善要求したものの、改善されない」という
実績をつくっておいたほうが良いですよ。
その際、現状の問題点、交渉年月日、場所、出席者、発言内容等の「客観的」な議事録も
きちんととるべきです。
そのような会合を何回かもつうちにお互いに歩み寄れればめでたし、めでたし、
それでもだめなら、出るところに出ればいかがでしょう?

子供の事になると、つい感情的に走りがちなのはどこのお母さんでもありがち
ですが、大人達がいがみ合っている間の一番の被害者は子供達です。
敏感な彼らはきっと不安になると思いますよ。

ちなみに私のケースでは上に立つ先生方が良かったので、問題の先生には
適宜指導していただき、今ではとても改善されています。
noritinnさんも会長さんのお仕事大変でしょうが
がんばってください。

この回答への補足

アドバイスを元にいろいろ考えたり、他の役員さんとも話したところ、「どうやったら辞めさせられるか」ではなくて、「改善策の具体的な方法の提示」で会議を進めて行きたいと考えれるようになりました。
一時の感情より、もっと冷静になろうと・・・。
実は先日の園長との1対1の会話は、私が思っていた以上にお灸になったようで、今週から園長の私に対する態度がビクビクしているような気がします。(いつもはブス~っとして笑顔の無い人なのに、声色からして違うような・・・)
クーデターが起きそうな気配を感じているようです。
30日の会議で歩み寄れる解決策が出ればいいですが・・・。
この質問の「辞めさせられるかどうか」という観点からは違う方法で解決するよう頑張ります。
chorotaroさんの回答で私も一つ成長できたかも・・。ありがとうございました。
30日の会議で歩み寄れなかったら、また違う方向で質問し直すかもしれません。
その時はまた宜しくお願いします。

補足日時:2002/01/22 19:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
私も今回の件は一人で乗り込まずにきちんと保護者会議にかけて複数で話し合うべきだったと後悔しています。
話を始める前はまさかこんな返事があるとは思ってもみなかったので。
あの場では、「なぜ保護者への連絡が必要なのか」という事を一生懸命説明して帰りました。
次回30日に保護者会議を開く事になったので、なんとか園の体質を変えていただけるか、話し合いたいと思います。
そのための準備として、chorotaroさんのアドバイスは大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 13:14

法律の観点からは良く分からないのですが…



保育園の人事は、認可保育園の場合、公立(市区町村立)なら市区町村、
私立(社会福祉法人等)なら法人の理事会等で決定されます。
単に、保護者とのトラブルが多いというだけでは、すぐに解雇というわけには
いかないのではないかと思います。
(例えば、園児の事故とか、経理の不祥事とかならあり得ると思いますが。)

ただ、それだけ保護者の間で評判が悪いということを行政に伝えれば、
何らかの改善指導があると思いますし、それを積み重ねていくことによって
解雇されるかどうかはともかく、いい方に変わっていくことはあるのでは
ないでしょうか。

具体的にどういうことを言われたとか、されたとか、そういうことをまとめて、
保護者代表もしくは保護者の連名で、市区町村へ提出してみては如何でしょう。
市区町村の態度がいまいち煮え切らない場合は、認可保育園の監査指導は
都道府県又は政令指定都市・中核市で行っていますので、そちらに連絡して
みるのも手かなと思います。

いずれにしても、単に保護者側のワガママと取られないように、
なるだけ事実を客観的に説明し、仮に保育園の児童の処遇に影響があるような
ことがあれば、そのことを強調した方がいいのではと思います。
※単なる私的な感情のもつれと取られてしまうと、「良く保育園と話し合って
みてください」で終わる可能性が強いです。児童処遇に影響を及ぼすケース
だと、行政指導がしやすい。
例:児童数の割に担当保育士の数が少ない、又は正職員が少なくパート保育士が
多い、延長保育の時間帯にいる保育士の数が少ない、役所に正式に入所手続きを
していない児童を保育園が受け入れている、給食やおやつの内容が悪い、
保育士による虐待がある等。
その他、保護者に対し保育園への寄付を強要するとか、保育内容に関する不満
なんかもあったら書いておくといいかも。

この回答への補足

sky333さんの仰るように理路整然と説明がつくほどの事(例:以下)なら簡単なのですが、主には感情のモツレと言わざるを得ないかもしれません。そこが私の「我慢するしかないのか」という憤りにも繋がっています。
一昨日の夜に役員が私宅で集まったのですが、それを聞きつけて、私以外の役員達に昨日電話して回っていたそうです。園長に「noritinnさん宅で何を話したのか」と聞かれたそうです。「ただの新年会です。」と答えて終わっているそうですが。(本当の事)
ちなみに「noritinnさんの家にも電話したけど留守だった」と言ったそうですが、嘘です。
家はナンバーディスプレイなのでかけて来たなら着信があるからです。きっと非通知でかけたので繋がらなかったのだと思います。(携帯には非通知で2件ありました。気付かなくて出ていませんが。)
このこと一つとっても園長が信頼関係を築こうとしているとは思えないのです。
自分にやましい所がなかったら堂々としていればいいと思いますが、こんな姑息な性格の人物なんです。
上記の件で私がかなりきつく抗議したので、何かアクションがあるのではないかとビクビクしているのではないでしょうか。

補足日時:2002/01/21 08:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/01/21 07:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業報告への役員の記載について

こんにちは。現在、3月末決算の未上場会社の招集通知一式を作成している者です。親会社が上場会社なので結構厳しくチェックされて苦労しているのですが、事業報告の記載内容で分らないことがあります。
3月末決算会社で6月に株主総会を予定しているのですが、この4月に臨時株主総会を開いて1名の方が新たに取締役に就任されました。
この取締役については、この6月の株主総会の事業報告の中で何か触れる必要はあるのでしょうか。できれば根拠条文も教えて頂けると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 株式会社の会社役員に関する事項を事業報告書の内容とすることが義務づけられているのは公開会社(上場会社という意味ではありません。)ですが、公開会社以外の会社で記載してはいけないという意味ではないので、公開会社だとしたら最低限、書かなければならないことについて回答します。
 事業報告の対象となる役員は直前の定時株主総会の終結の日の翌日以降に在任している者ですが、平成24年4月の臨時総会に選任された役員は対象となりません。なぜなら、自平成23年4月1日至平成24年3月31日の事業年度に関する事業報告だからです。ですから、その役員は来年の株主総会の事業報告の対象となります。(仮にその役員が本年度の定時株主総会終結日以前に辞任したとしても、辞任した役員の氏名等は事業報告書の記載内容になります。)

会社法施行規則

第百十七条  次の各号に掲げる規定に規定する法務省令で定めるべき事項(事業報告及びその附属明細書に係るものに限る。)は、当該各号に定める規定の定めるところによる。ただし、他の法令に別段の定めがある場合は、この限りでない。
一  法第四百三十五条第二項  次款
二  法第四百三十六条第一項 及び第二項  第三款
三  法第四百三十七条  第四款

第百十八条  事業報告は、次に掲げる事項をその内容としなければならない。
一  当該株式会社の状況に関する重要な事項(計算書類及びその附属明細書並びに連結計算書類の内容となる事項を除く。)
二  法第三百四十八条第三項第四号 、第三百六十二条第四項第六号並びに第四百十六条第一項第一号ロ及びホに規定する体制の整備についての決定又は決議があるときは、その決定又は決議の内容の概要
三  株式会社が当該株式会社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針(以下この号において「基本方針」という。)を定めているときは、次に掲げる事項
イ 基本方針の内容の概要
ロ 次に掲げる取組みの具体的な内容の概要
(1) 当該株式会社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の基本方針の実現に資する特別な取組み
(2) 基本方針に照らして不適切な者によって当該株式会社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組み
ハ ロの取組みの次に掲げる要件への該当性に関する当該株式会社の取締役(取締役会設置会社にあっては、取締役会)の判断及びその理由(当該理由が社外役員の存否に関する事項のみである場合における当該事項を除く。)
(1) 当該取組みが基本方針に沿うものであること。
(2) 当該取組みが当該株式会社の株主の共同の利益を損なうものではないこと。
(3) 当該取組みが当該株式会社の会社役員の地位の維持を目的とするものではないこと。

(公開会社の特則)
第百十九条  株式会社が当該事業年度の末日において公開会社である場合には、次に掲げる事項を事業報告の内容に含めなければならない。
一  株式会社の現況に関する事項
二  株式会社の会社役員に関する事項
三  株式会社の株式に関する事項
四  株式会社の新株予約権等に関する事項

(株式会社の会社役員に関する事項)
第百二十一条  第百十九条第二号に規定する「株式会社の会社役員に関する事項」とは、次に掲げる事項とする。ただし、当該事業年度の末日において委員会設置会社でない株式会社にあっては、第五号に掲げる事項を省略することができる。
一  会社役員(直前の定時株主総会の終結の日の翌日以降に在任していた者に限る。次号、第七号及び第八号並びに第百二十八条第二項において同じ。)の氏名(会計参与にあっては、氏名又は名称)
二  会社役員の地位及び担当
三  当該事業年度に係る会社役員の報酬等について、次のイからハまでに掲げる場合の区分に応じ、当該イからハまでに定める事項
イ 会社役員の全部につき取締役、会計参与、監査役又は執行役ごとの報酬等の総額を掲げることとする場合 取締役、会計参与、監査役又は執行役ごとの報酬等の総額及び員数
ロ 会社役員の全部につき当該会社役員ごとの報酬等の額を掲げることとする場合 当該会社役員ごとの報酬等の額
ハ 会社役員の一部につき当該会社役員ごとの報酬等の額を掲げることとする場合 当該会社役員ごとの報酬等の額並びにその他の会社役員についての取締役、会計参与、監査役又は執行役ごとの報酬等の総額及び員数
四  当該事業年度において受け、又は受ける見込みの額が明らかとなった会社役員の報酬等(前号の規定により当該事業年度に係る事業報告の内容とする報酬等及び当該事業年度前の事業年度に係る事業報告の内容とした報酬等を除く。)について、前号イからハまでに掲げる場合の区分に応じ、当該イからハまでに定める事項
五  各会社役員の報酬等の額又はその算定方法に係る決定に関する方針を定めているときは、当該方針の決定の方法及びその方針の内容の概要
六  辞任した会社役員又は解任された会社役員(株主総会又は種類株主総会の決議によって解任されたものを除く。)があるときは、次に掲げる事項(当該事業年度前の事業年度に係る事業報告の内容としたものを除く。)
イ 当該会社役員の氏名(会計参与にあっては、氏名又は名称)
ロ 法第三百四十五条第一項 (同条第四項 において読み替えて準用する場合を含む。)の意見があるときは、その意見の内容
ハ 法第三百四十五条第二項 (同条第四項 において読み替えて準用する場合を含む。)の理由があるときは、その理由
七  当該事業年度に係る当該株式会社の会社役員(会計参与を除く。)の重要な兼職の状況
八  会社役員のうち監査役又は監査委員が財務及び会計に関する相当程度の知見を有しているものであるときは、その事実
九  前各号に掲げるもののほか、株式会社の会社役員に関する重要な事項

 株式会社の会社役員に関する事項を事業報告書の内容とすることが義務づけられているのは公開会社(上場会社という意味ではありません。)ですが、公開会社以外の会社で記載してはいけないという意味ではないので、公開会社だとしたら最低限、書かなければならないことについて回答します。
 事業報告の対象となる役員は直前の定時株主総会の終結の日の翌日以降に在任している者ですが、平成24年4月の臨時総会に選任された役員は対象となりません。なぜなら、自平成23年4月1日至平成24年3月31日の事業年度に関する...続きを読む

Q保育園や幼稚園の保護者の名前は親権者?監護者?

タイトルの通りなのですが、離婚するにあたって夫は親権(財産管理権)私は身上監護権をもらうこととなりました。子供達は保育園と幼稚園に入れることになりましたがこのような場合入園願書の保護者の欄には親権者(財産管理権者)と身の上監護権者の私とどちらを記載するようになるんですか?

Aベストアンサー

どちらの名前を書いても法的な問題はありません。
しかし日常保育園や幼稚園と接点があるのはあなたでしょうし、また監護権者とは子供をそばに置いて育てる権利者をいいますので、あなたは法律上の保護責任者でもあります。
よって母親であるあなたの名前を記入すべきと考えられます。

Q法人役員任期を10年に変更した場合の既存役員任期

宜しくお願い致します。

H18年5月1日から施行された新会社法では、一定の会社において役員任期を10年まで延ばすことも可能となりましたが、実際にこの定款変更を行った場合、新法施行前から就任している役員任期の扱いはどうなるのでしょうか?

知人から相談を受けたのですが、よく分からなかったので・・・
具体的には、もともとの任期は2年(3月決算)の会社で、本来ならH18年の定時総会にて任期満了による役員選任が必要だったのですが、総会自体をやっていなかったそうです。

総会については議事録を作成して開催したことにするそうですが、役員については、このままだと登記忘れ扱いになるため、任期を10年に定款変更すれば自動的に現役員の任期が延長されて登記忘れの過料を心配しなくても良いのでは?という相談でした。

私としては、H18の定時総会における定款変更の効力は変更後の役員にのみ及ぶので、役員については(1)現役員の任期満了退任(2)新役員選任(重任)決議として重任登記が必要ではないか、と思ったのですが・・・

ウェブ上も、またこのコーナーの過去質問も検索しましたが、はっきりと分からなかったので、お教え頂ければありがたいです。

宜しくお願い致します。

H18年5月1日から施行された新会社法では、一定の会社において役員任期を10年まで延ばすことも可能となりましたが、実際にこの定款変更を行った場合、新法施行前から就任している役員任期の扱いはどうなるのでしょうか?

知人から相談を受けたのですが、よく分からなかったので・・・
具体的には、もともとの任期は2年(3月決算)の会社で、本来ならH18年の定時総会にて任期満了による役員選任が必要だったのですが、総会自体をやっていなかったそうです。

総会につ...続きを読む

Aベストアンサー

全ておっしゃる通りです。

登記忘れの過料は免れないと思われます。

3月決算の会社であるのなら
新法施行後の6月中旬頃の日付で議事録を作成し
そこで役員の重任決議と共に
定款変更決議も行った旨記載すれば良いと思われます。

Q選任された保護者が保護者でなくなるとき

 成人の実子(息子・学生)が統合失調症で医療保護入院となり、病院側から保護者選任の申し立てをするように言われ、選任について概要は理解できました。
 今度分からないのは、保護者が保護者でなくなるのはどういう場合かです。退院して、何かの手続きをすれば、保護者でなくなるのでしょうか?あと、被保護者となる息子が、将来、今回保護者選任されたことで、なんらかの裁判所の証明で、就職等でデメリットになるような形で第3者にわかる場合がありますか?
 大変変わった質問かもしれませんが、症状の比較的軽い統合失調症であり、学生のため、気になるので質問しました。

Aベストアンサー

ご質問の保護者とは,「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」20条による保護者のことですね。

 普通,どんな病気でも,入院は,本人が入院することを同意して行われるのが原則なので,他人が本人の意思に反して無理やり入院させることはできないわけです(任意入院といいます。)。ところが,精神障害の場合は,医療的には入院が必要なのに本人に病識がなかったりして同意が得られない場合が多いため,本人の代りに保護者が同意すれば入院させることができることとした(これを医療保護入院といいます。)のです。後見人,親権者,配偶者はそのまま当然に保護者になります。あなたの息子さんのように成人している独身者だと親権者も配偶者もいませんから,あなたのような扶養義務者が家庭裁判所から保護者に選任されることになるわけです。

 この保護者は,いったん選任されれば,死亡するか解任されるまで保護者のままです。本人が退院したからといって,保護者でなくなるわけではありません。保護者に選任されたかどうかは,選任した家庭裁判所と入院した病院以外にはだれも知りません。戸籍や住民票に書かれるわけではなく,後見人のように登記されることもありません。家庭裁判所は保護者以外の人に証明を出すことはないはずです。

 ただ,精神障害(息子さんの場合は統合失調症)にかかったこと自体が,何らかの形で就職に影響することはあるかもしれませんが,それは保護者が選任されたからということではなく,病気になったことが何らかの方法で就職先などに判明したからでしょう。家庭裁判所も病院も守秘義務がありますから,秘密を漏らせば犯罪になります。むしろあなたや本人が,就職などにあたって,統合失調症ということを申告するのか隠すのかということの方が悩み多き問題になるのかもしれません。

 軽い統合失調症ということですが,もし軽ければ医療保護入院にまではならないようにも思いますので,ちょっと心配ですね。病院で詳しく説明を受けたと思いますが,治療の結果さらに軽くなって退院しても,統合失調症は再発するケースが多く,特に本人が病識を欠き,薬を飲まなくなったり定期的な通院をさぼるようになると,たちまち再発して重症化する危険もあります。そのためか,保護者が何回にもわたって入院の同意をせざるを得ないことも珍しくありません。ですから,普通は保護者は,自分が認知症になったり死亡することになるまでは保護者の義務を続けるのが一般で,解任の申立てをするケースはほとんどありません。

 息子さんが一日も早く良くおなりになることをお祈りしております。他にお聞きになりたい点があれば,補足して下さい。

ご質問の保護者とは,「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」20条による保護者のことですね。

 普通,どんな病気でも,入院は,本人が入院することを同意して行われるのが原則なので,他人が本人の意思に反して無理やり入院させることはできないわけです(任意入院といいます。)。ところが,精神障害の場合は,医療的には入院が必要なのに本人に病識がなかったりして同意が得られない場合が多いため,本人の代りに保護者が同意すれば入院させることができることとした(これを医療保護入院といいます。)...続きを読む

Q保護者とは父母ですが、祖母や祖父も入るのではないのですか?

18歳未満の子供がゲームソフトやDVDを売る時に
「保護者の署名」を求めることがありますが、
ここで言う「保護者」とは父母以外ではダメなのでしょうか?
祖母や祖父、親族の署名では効力がないのでしょうか?

子供が祖母の署名をもらって、ソフトを売ろうとしたが
父母の署名でないので断られたという話を聞いたもので・・・

Aベストアンサー

民法には、未成年者が親権者(法定代理人)の同意を得ずに法律行為をした場合、本人又はその親権者(法定代理人)は、当該未成年者が行った法律行為を取り消すことができるという規定があります。通常、未成年者が当事者となる法律行為については、親権者(法定代理人)がそれに同意を与えることになりますが、親権者(法定代理人)が存在しない場合、また、存在しても親権者に財産管理権が存在しない場合、その者(親権者)にかわって未成年後見人(法定代理人)がその同意を行うことになります。ゲームソフトの買主側は、法定代理人の同意なく行われる売買契約について、後から当該契約を取り消されるのが嫌なために、今回のような親権者の同意を求めてきたと思われます。
 そこで、親が存在しない未成年者については、未成年後見人を選任する必要があり、未成年者にとって最後の親権者が遺言で未成年後見人を選任していない場合には、未成年被後見人(当該未成年者)又はその親族(祖父母も含まれます)が家庭裁判所に対し、未成年後見人の選任申し立てを行うことになります。そして、選任された未成年後見人のみが、未成年者の行う法律行為について同意をすることができることになります。未成年後見人自体は、未成年者の祖父母でもなることができますので、最寄りの弁護士か司法書士(司法書士の方が費用は安いです)に相談して未成年後見人の選任申し立てをし、未成年後見人となった上で当該売買契約について同意をしてください。したがいまして、今現在において、親権者(父母)が存在するなら、やはり当該親権者しか未成年者の法律行為に同意をすることができず、祖父母の方が同意をすることはできません。仮に、親権者が存在しない場合は、裁判所に、祖父母の方を未成年後見人に選任してもらい、その上で、未成年後見人の立場で同意をなさって下さい。今現在の時点では、祖父母の方には同意権がないことをご承知下さい。
 

民法には、未成年者が親権者(法定代理人)の同意を得ずに法律行為をした場合、本人又はその親権者(法定代理人)は、当該未成年者が行った法律行為を取り消すことができるという規定があります。通常、未成年者が当事者となる法律行為については、親権者(法定代理人)がそれに同意を与えることになりますが、親権者(法定代理人)が存在しない場合、また、存在しても親権者に財産管理権が存在しない場合、その者(親権者)にかわって未成年後見人(法定代理人)がその同意を行うことになります。ゲームソフトの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報