最新閲覧日:

雇用吸収力があり、地球環境によいエネルギー産業にはどのようなものがあるか考えています。

よい考えがある方はご意見をお願いします。

A 回答 (2件)

難しいですね。

(^^;)

雇用の根本の問題として、人類が使っているエネルギー
の総量が増えない限り、新エネルギーが登場しても
既存エネルギーに取って代わるだけですよね?

となると

 ○既存のエネルギー産業労働者がそのまま横滑り
 ○既存のエネルギー産業労働者が失業して新しい
  技術者等の雇用が生まれる

ってことで、これはやってみないとプラスマイナスは
解らないですわ。


そうなるってぇと、ryon2さんが書いた「単位エネルギー
辺りの労働者数を増やす」ような新エネルギーじゃない
と無理ですわね。

 ※:自転車発電なんて、環境には優しそうですね。
   でも、人間(年寄りの社員)には優しくない
   かな?(^^;)


で、対象を電力として....。
雇用数の増加は不明ながら、現状よりも少し増えそうな
ものとしては「各家庭の屋根を拝借して行う太陽光発電」
ですかね~。

太陽光の設置自体は政府等の補助で全て賄うとして
そのメンテが当然(幾分か)出るでしょうし、大規模に
太陽光が設置されたら、各家庭を巡回するってことで
メンテナンス員が相当必要でしょう。

バクッっと考えて、既存発電所の運転員や補修員、その
他は失業しますが、それ以上のメンテナンス員需要は
存在しそうですね。

 ※:太陽光が自然(生態系)に優しいかどうかの
   議論は抜きにしての話。
   そこまで大量生産したら、単位台数あたりの
   投下エネルギーも減少するだろうし、総合と
   しては環境には優しい可能性が高いという
   期待も含めての話ね。


風力や核融合、波力、メタンハイドレート、地熱なんて
ものは、雇用吸収力は無さそうです。
    • good
    • 0

半分冗談ですが・・・。


「人力発電事業」ってのはどうでしょう?
労働者がたくさん並んで自転車のような発電機をまわすのです。
労働者が呼吸するぶんしかCO2が発生しないし、山のように雇用が生まれます。

でも、経済的には全く競争力が無いですね。

まじめなアイデアは、ちょっと簡単には思いつきません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ