このカテゴリーには初めて質問をいれました。
よろしくお願いします。
以前、夏に街路樹の下を自転車で通っている時、上から何かが左の腕に降ってきて、「チクッ」と痛みを感じました。見ると、巨大な蜘蛛がいました。
びっくりして思わず腕をぶんぶん振り回していたら、背負っていたザックの下に移動して、ものすごい速さで糸を張り出しました。興味深いとは思いましたが、やはり怖かったので、指先でピン、と落とすと、蜘蛛は何食わぬ顔をして再び木のほうへ去っていきました。家へ帰ってから、昆虫図鑑で調べたところ、どうやら「アシダカグモ科アシダカグモ(雄)」に該当するようでした。毒性についての記載はありませんでしたが、チクッとした腕の個所をみますと、三センチくらいに渡って、
みみず腫れが二本できていました。二~三日ひりひりしましたが、かぶれてくる気配はなかったのでそのままにしておきました。
 日本に棲息している蜘蛛で、毒性を持つものは一種類しかいないと(今のところ)記憶しているのですが、この場合、アシダカグモは弱度の毒性を有しているということなのでしょうか。
 また、蜘蛛は昆虫ではないとなっていますが、正式には何と言う種類(または名称)になるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すべての蜘蛛は毒を持っているはずですが、人間に影響を与えるものはごくわずかです。

アシダカグモは、そのわずかの中に入っていません。
分類は、節足動物クモ目です。クモは、クモのなかまということになります。
節足動物には、エビやカニ、フナムシやゲジなどがいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご解答ありがとうございます。
“わずかの中に入っていない”という事は、噛まれた(?)ためによるミミズ腫れ
ということになるのでしょうか・・・。私の友人達はこの蜘蛛を見たこともない、(女郎蜘蛛はよく見かけるらしいですが)と言うのですが、私はなぜかこの蜘蛛によく出会ってしまいます。小さい蜘蛛ならつかめるのですが、さすがにこの大きさだと触れません。
 「節足動物クモ目」・・・ですね。わかりました。また、色々興味があるので調べてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/21 23:25

僕も子どもの時にクモに指を噛まれて数日違和感があったことがありますので、影響を与えない程度の毒とはいえひとによってかみみず腫れのような症状になってしまうのかも知れません。

個人差ということでしょうか。
アシダカグモについて少し調べてみましたが、毒性について触れられているものは残念ながらありませんでした。むしろ、ゴキブリを捕らえる益虫とされているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。何でもかんでも興味をもってしまう性質なので、
この蜘蛛の件に関しては結構執念深く覚えていたんですよ・・・。(痛いのとびっくりしたせいもあって。)
私も図鑑で調べたとき、蜘蛛自体が大きいからでしょうか、かなり大きめのゴキブリなども獲ってくれるみたいで・・・。しかし、家の中に滞在していただくには大きすぎるのでぜひとも外で活躍してもらいたいですね・・・・。
体質としては、どちらかというと、かぶれ・湿疹を起こしやすいほうに入ると自分では思っています。かえって、慌てて腕を振り回して離れさせようとしたのが、余計に噛み付かせてしまったのかもしれません。そういえば、これを書いていて突然思い出したのですが、蛇(毒性を持つもので、とくに神経性毒のもの)に突然遭遇してしまった時は、身動きしないでそのまま通りすぎるのを待つのが良い、と何かの本で読みました。自分にとって、(興味はあるが)やはり恐ろしいと感じる生物の場合、慌てずに動かないで通りすぎてくれるのを待つのがベスト、ということでしょうか。(しかしアシダカグモ君の場合、そんな悠長なことしてると巣を張られてしまう気がする・・・)

お礼日時:2002/01/22 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアシダカグモ!?

9月下旬よリビングに大き2センチほどの子蜘蛛が出現。今回が二度目のです。
これはアシダカグモの子供ではないでしょうか?

当地は岐阜と一宮市の境、住民は誰一人アシダカグモを見たことがないという地域です。

Aベストアンサー

画像が鮮明ではない為良く判りませんが、アシダカグモではなくキシダグモ科のハシリグモの類ではないかと思います。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/musekitui/sessoku/kumo/

Q夜の駅前の街路樹のムクドリ

帰宅時、今年も駅前の街路樹が騒々しくなりました。
よく見ると、ムクドリ8:スズメ2ぐらいです。
なぜムクドリは、夜中までピーピー、キャーキャー鳴いてるのですか?
もうひとつ!なぜムクドリは夜になるとあんなに賑やかで、あんなに狭いところに密集するのですか?

Aベストアンサー

人間にも狭い部屋で複数の友人同士で深夜まで夜中までピーピー、キャーキャー騒いでいます。
ムクドリも「あのねーちゃんの髪型キャベツみたいで美味しそう」、「俺の足を踏むんじゃねー」、「お前体重増えただろう枝がしなりすぎるんだよ」「てめームクドリみたいにピーピー、キャーキャー騒ぐんじゃねー」と会話しているのでは?(正確なところムクドリに直接きいてくださ)

ムクドリだけは、日没後で寝る場所がキッチリ決まるまでのおおよそ1時間ぐらいは最大に騒ぎます。

おおよそ集団化する動物は、個体では無防備な動物が多く、何匹かが周囲(全方位)監視その他が睡眠をとります。それがランダムに入れ替わりを繰り返しています。多少の物事の変化で鳴きます。そしてそれに目覚めた鳥がたいしたことが無ければ。また眠るか監視に当たります。騒いだ監視役も誰も反応しなければ問題なしとして安心して寝てしまいます。

Qアシダカグモにバルサンは効かない?

1週間前にかなりきつめにバルサンを燻蒸したのに、巨大なアシダカグモがまた出てきてしまいました。

元殺虫剤嫌いの私が意を決してバルサンに挑戦し、目張り(パソコンや衣服類)や掃除・食器洗いに多大な労力を費やしたのに、なんだか徒労感だけが残ります。
(ちなみにバルサンを焚いた翌日に、虫除けに効果があるという木酢液約7リットルを家(一戸建)の周囲に撒布しています。)

アシダカグモにバルサンは効かないのでしょうか?
なんとか彼らを寄せつけない方法はないでしょうか?
見つけたら一匹ずつ退治するという対処療法しかないのでしょうか?

クモが益虫である・ゴキブリ駆除に大いに貢献してくれるということは充分知っていますが、我が家で共存は不可能です。
すでに日常生活に支障が出ていますのでできれば、「アシダカグモを寄せつけないためには」という方向からアドバイスを頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

#2です。
クモにもきくバルサンのホームページを参考URLに記しておきます。
ホームページにあるように、窓周りや床下などの侵入の可能性のあるところに定期的に吹き付けておくと、効果が高まります。

参考URL:http://www.chugai-health.com/health/products/varsan/iyanamushitaiji/main.html

Q街路樹の深さって

突然で住みませんが疑問に思ったので、どなたか知っている方がいらっしゃったら教えて下さい。

街路樹の深さって一体どのくらいなのでしょうか?
おそらくきちんとした機関に規定があると思いますが
サイト検索では詳しい内容は見つかりませんでした。

掘削の深度が知りたいのですが、どなたかご存知ですか?

Aベストアンサー

公共事業で植える樹木については【平成14年度版 国土交通省土木工事積算基準】829ページを参照していただければよいかと思います。

内容としては、樹木を高木、中低木と分類します。
  ・高木の場合は、地上高1.2mの幹の周長(目通りと呼びます)により、
  ・中低木の場合は、樹木の高さにより、
植えるために掘削する穴の深さ(大きさ)が決まっています。

たとえば、大きな木で、(目通り)が30cmの場合、深さ62cm、直径117cmの穴が必要になります。

これに依る部分は、街路樹に限らず、公園などの樹木も含みます。

ただし、一般に優先される順序としては、
1.発注工事ごとの指定条件(特記仕様書等)
2.共通仕様書に記載の事項
3.本書のような、関係文書
の順序となりますので、一概に表記の文書が絶対というわけではありません。
当然のことながら埋設物などがあれば、それ以上掘削することは出来ませんからね。

Qアシダカグモ科アシダカグモ(雄)について

このカテゴリーには初めて質問をいれました。
よろしくお願いします。
以前、夏に街路樹の下を自転車で通っている時、上から何かが左の腕に降ってきて、「チクッ」と痛みを感じました。見ると、巨大な蜘蛛がいました。
びっくりして思わず腕をぶんぶん振り回していたら、背負っていたザックの下に移動して、ものすごい速さで糸を張り出しました。興味深いとは思いましたが、やはり怖かったので、指先でピン、と落とすと、蜘蛛は何食わぬ顔をして再び木のほうへ去っていきました。家へ帰ってから、昆虫図鑑で調べたところ、どうやら「アシダカグモ科アシダカグモ(雄)」に該当するようでした。毒性についての記載はありませんでしたが、チクッとした腕の個所をみますと、三センチくらいに渡って、
みみず腫れが二本できていました。二~三日ひりひりしましたが、かぶれてくる気配はなかったのでそのままにしておきました。
 日本に棲息している蜘蛛で、毒性を持つものは一種類しかいないと(今のところ)記憶しているのですが、この場合、アシダカグモは弱度の毒性を有しているということなのでしょうか。
 また、蜘蛛は昆虫ではないとなっていますが、正式には何と言う種類(または名称)になるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え下さい。

このカテゴリーには初めて質問をいれました。
よろしくお願いします。
以前、夏に街路樹の下を自転車で通っている時、上から何かが左の腕に降ってきて、「チクッ」と痛みを感じました。見ると、巨大な蜘蛛がいました。
びっくりして思わず腕をぶんぶん振り回していたら、背負っていたザックの下に移動して、ものすごい速さで糸を張り出しました。興味深いとは思いましたが、やはり怖かったので、指先でピン、と落とすと、蜘蛛は何食わぬ顔をして再び木のほうへ去っていきました。家へ帰ってから、昆虫図鑑で調...続きを読む

Aベストアンサー

すべての蜘蛛は毒を持っているはずですが、人間に影響を与えるものはごくわずかです。アシダカグモは、そのわずかの中に入っていません。
分類は、節足動物クモ目です。クモは、クモのなかまということになります。
節足動物には、エビやカニ、フナムシやゲジなどがいます。

Q化学物質の毒性

化学物質の毒性に興味があります。
化学物質を扱っている工場の従業員の健康診断の結果が知りたいのですが、公開しているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

事故後の事後報告ならネットでも見つかりますが、健康診断結果は、まず公開されないでしょう。
工場側の立場から考えれば、良いことは外部通達しますが悪いことは伏せるのが常識的ですから。
現場の立場としては、会社側からその旨の健康診断を実施させられていますが、この結果は対個人との対応になっていますから個人が外部に流さない限り、表沙汰にはならないと思います。

また「特定化学物質等作業主任者」という講習会があります。この講義に参加すると、テキストを貰えるのですが、このテキストがなかなか優れものですよ。
各特定物質の毒性などを示した一覧表なども付帯していますから、僅かながらでもニーズに応えられるかも知れません。

参考URL:http://www.shikakude.com/sikakupaje/kagakubushitsu.html

Qアシダカグモに噛まれた人

アシダカグモを見たことありますか?
実家にいるときは、たまに見てたのですが
昨日いま住んでるボロアパートの壁にいたので
ビックリしました。
退治しようとしたら本棚の裏に逃げて
いまだに部屋のどこかにいる状態です。
質問ですが、
アシダカグモは人を噛んだり攻撃したりすることはないらしいの
ですが、それでも噛まれた方はおられますか?
素手で掴もうとしたら
防御で噛まれるらしいのですが、それ以外で攻撃された方おられたら
どんな状況でされて痛みはどれくらいありましたか?
デカイので怖いですよ・・あとゴキブリを捕まえてるとこ見たこと
あるんですよ、じっとは見てませんがグロかったです^^;

Aベストアンサー

蜘蛛類は 大抵の場合 人を噛みません

温度で獲物を見分ける事も出来るので 人の体温は獲物との見分けが付くみたいですね

寝てても素通りするくらいですから・・・たまに蜘蛛が人にくっつく事はあっても噛むのは珍しいくらいです
アシダカグモは見た目よりも大人しいので安心ですよ

Qダイオキシンの毒性は低い

世間ではダイオキシン発生を理由に、いろいろ規制・制限がされています。
しかし、インターネットでは反論もポツポツ目にします。
なんとなく・・・毒性は低いという意見の方が、正論というか科学的ぽいような気もするのですが・・・?

(1)
ダイオキシンの毒性は低い、その信憑性はどの程度のものなんでしょうか?

(2)
もし、ダイオキシンの毒性は低いが本当だった場合、信憑性が高かった場合、
国民に負担を掛けてまで、行政やマスコミが規制・制限をしてきた理由は何でしょうか?

Aベストアンサー

 今度こそ最後という事で、参考になるかはわかりませんが・・・

 小学1~2年の時に、親がカルピスの原液に水を足しているのを見て、「カルピス・・・薄めて飲むもの」という事だけ理解した私は「甘く美味しい成分の元が水と反応して増殖する」ことで「水を沢山いれれば美味しいカルピスが沢山できる」と信じて、薄くて味のないカルピスをつくって後悔してしまった事があります。その当時の私には、「薄めて飲むといっても糖分その他の成分が増えるわけではないので、沢山の水を入れれば不味くなるだけ」という事を理解していなかったのです(親がケチって薄めのカルピスにして、それでも特に問題なく飲めたから、というのもありますが・・・)。

 上の例は馬鹿みたいな話ですが、ネット上で大量に情報を入手できるようになったからといって、それを見ている人が賢くなっているわけでもなく、「カルピス・・・薄めて飲むもの」⇒「水を沢山いれれば美味しいカルピスが沢山できる」的な理解をしているパターンが多いような気がします。ネット上で出ている科学論文などをみていると、難解だというイメージに反して結論は読めてしまったりするので(まあ、普段使う言葉で書いてあるので当たり前といえば当たり前なんですが)それで理解できた気になるのですが、結局、その論文がいくら正しくても、読んだ素人の理解は、私の小学1~2年の時のカルピスに対する認識と同じ不完全なものなんですよね。
 まあ、カルピスなら飲めばそんな事がありえないのはわかりますからいいですが、見えない化学物質や地球環境問題といった簡単に視覚化できない問題ではそうもいかず、情報に溺れて不安におののいているのが現代人の心境なのかな、と思ったりもします。

 この解決策として、「考える力を」という月並みなキーワードが出てくるのですが、多少考えて、「カルピスの成分の元が水と反応して増殖する」的な短絡的な解釈をしてしまっても仕方がないので、途中の細かい過程を省いているネット情報を頼るのではなく、科学的な思考に必要な最低限の科学の知識は重要でしょう。

 質問者さんがどこまで勉強したかどうかがわからないので、(失礼になると困るとも思い)少し高めのレベルとして「大学レベル」と書きましたが、カルピスの例でいえば、「人間の舌の感覚やカルピスの原液の乳酸菌、糖分濃度を考慮してこれくらいの希釈が妥当」なんて事は知る必要がなく、「糖分その他の成分が増えるわけではない」というのがわかればいいわけですので、もう少し優しい本でも構いませんが、とにかく、結論だけ拾い出すのではなく、体系的に物事を学んでいくという姿勢が必要なのかな、と思いました。

>マスコミも、政治家の偉い人も、科学者も、全く答えてくれないのがとても歯がゆいのです。

 という事ですが、はっきりとは言っていないものの、回答に繋がるヒントはいくらでも述べているので、それを理解する知恵を身につけるのが重要ということでしょう。


>環境問題のウソの武田邦彦教授は有名ですよね。

 あの本は随分いい加減なものだと思っていますが、武田氏の、「環境問題について、科学的知識を持って自ら考えようともせずに、政府の政策に盲目的に従っている傾向がある」という問題意識は傾聴に値するでしょう。ただし、本人の意図に反して、「自ら考えようとせず(あるいは短絡的な解釈をして)、武田氏の意見に盲目的に従う」人が沢山出てきているのは悲しいところですが。
 あと、彼への批判の中でも、武田氏の著書を読んで考えた結果疑問を感じた、というよりは、「テレビでの話し方が気に入らない」といった科学とは全く関係のないところで批判をする人が多いのも気になるところ。いい加減と書きましたが、武田氏の一連の著作に時々出てくる彼の専門分野にかんする記述は正しいので(オーソドックスな内容)、「おいおい、そこまで否定していいの?」と思ったりもします。

 まあ、このあたりは気になったらまた質問を立ててみてください。

 今度こそ最後という事で、参考になるかはわかりませんが・・・

 小学1~2年の時に、親がカルピスの原液に水を足しているのを見て、「カルピス・・・薄めて飲むもの」という事だけ理解した私は「甘く美味しい成分の元が水と反応して増殖する」ことで「水を沢山いれれば美味しいカルピスが沢山できる」と信じて、薄くて味のないカルピスをつくって後悔してしまった事があります。その当時の私には、「薄めて飲むといっても糖分その他の成分が増えるわけではないので、沢山の水を入れれば不味くなるだけ」と...続きを読む

Qこのクモは軍曹でしょうか? 台所で発見したのですが、このクモはアシダカグモでしょうか??

このクモは軍曹でしょうか?




台所で発見したのですが、このクモはアシダカグモでしょうか??

Aベストアンサー

小さいですね。イエグモの仲間。ゴキブリやハエ、小さな虫を退治してくれます。我が家は殺さず居候させています。
http://image.search.yahoo.co.jp/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B0%E3%83%A2

Q化学物質の人体に対する毒性を知る一般的な方法は?

タイトル通りなのですが、例として「アルキルヒドロキシスルホベタイン」について知りたいです。
浅学の私には SDS を読めば化学物質が哺乳類(人体)に対する経口毒性、経皮毒性を知ることができると思っていたのですが、そうでは無いことを今日知りました。

SDSによれば「区分外」だそうです。

例に挙げたアルキルヒドロキシスルホベタインのLD50を知りたいときにはどうすればよいのでしょうか。

ちなみに同化学物質は人が経口的に摂取する可能性が少なくないのに、今の私にはLD50すら分かりません。

お詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例に挙げられている"アルキルヒドロキシスルホベタイン"で調べると花王のHPが表示されます.
花王の製品のSDSを見ると"3.組成、成分"の情報からラウリル(2-ヒドロキシ-3-スルホプロピル)ジメチルベタインが成分として入っている事が分かりますが,同時にCas No(13197-76-7)も分かります.
CasNoで検索(検索例:Cas 13197-76-7というキーワードでgoogle検索)すれば,ChemicalBookというサイトが出てきますので,ここに安全性情報が記載されている場合があります.
上述の物質では安全性情報はありませんでしたが,近似する物質として"(3-スルホナトプロピル)デシルジメチルアミニウム"であれば,いくつかの安全性の情報を確認する事ができました(LD50の情報はありませんでしたが).

また安全性を確認するのには"国際化学物質安全性カード"(http://www.nihs.go.jp/ICSC/)というサイトがあります.このサイトもその物質が登録されていれば,いくつかの安全性の情報を確認できます.

ただ,良し悪しは別として化審法やら労働安全衛生法などで対象になっている物質の全てが人体に対する毒性が記載されてはおらず,SDSも区分外もしくは区分できないといった表記がされているのは
①そもそもの評価がされていない
②各々の法規制に対して登録費用が掛かるため,登録しない(登録には評価も必要となる事もある)
③対象物質そのものでは評価していないが近似物質を引用している
といったメーカー側の事情もあると思います.
よって必ずしも質問に書かれている様なLD50のデータがそもそも存在しない可能性も十分に考えられます.法規制も日本国内に限った話ではないでしょうし,場合によっては1物質の登録だけでも数千万かかるケースもあったと思います.


そのほか参考
化学物質総合情報提供システム(CHRIP)  http://www.safe.nite.go.jp/japan/db.html
化学物質関連データベース http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/db.html
化学物質審査規制法に係る試験の実施費用と期間 http://www.mhlw.go.jp/public/bosyuu/iken/dl/p1220-2c5.pdf

例に挙げられている"アルキルヒドロキシスルホベタイン"で調べると花王のHPが表示されます.
花王の製品のSDSを見ると"3.組成、成分"の情報からラウリル(2-ヒドロキシ-3-スルホプロピル)ジメチルベタインが成分として入っている事が分かりますが,同時にCas No(13197-76-7)も分かります.
CasNoで検索(検索例:Cas 13197-76-7というキーワードでgoogle検索)すれば,ChemicalBookというサイトが出てきますので,ここに安全性情報が記載されている場合があります.
上述の物質では安全性情報はありません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報