鎖国時代の出島の貿易のやり方について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の成書が参考になりますでしょうか?


-----------------------------------
1.実学史研究/11/実学資料研究会/思文閣出版/1999.5 
2.出島/山根恵子/同学社/1995.2
3.幕末出島未公開文書/ドンケル=クルチウス…[他]/新人物往来社/1992.5 
4.オランダ東インド会社出島商館長ワーヘナール/オランダ村博物館/長崎オランダ村/〔1987〕 
5.オランダ領事の幕末維新/A.ボードウァン[他]/新人物往来社/1987.8 
-------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

 出島は寛永10年(1633年)の鎖国令によりポルトガル人が長崎市内に居住が禁止されたため、商館隔離の目的で作られた埋め立て地。

13年完成。江戸町と1本だけの橋で結ばれ、出入りはかなり厳しかった。幕府の直轄地のひとつ。14年の島原の乱以降は平戸のオランダ人商館が移転し、以来幕末まで唯一の貿易港であった。
 と、歴史にありました。以下は次で調べてください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/whotarou/nagasaki/dej …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎖国時代にできた出島について

 鎖国の時に長崎の出島はポルトガルやオランダとの貿易の拠点でした。
 そこで素朴な質問なのですが、なんで「長崎」に外国船はきたのですか?航海してきて一番はじめに見える陸が九州だったからなのかもしれませんが、九州には長崎以外の港だってありますよね。(鉄砲が伝わったの鹿児島でしたし…)なにか長崎で貿易することで利点はあったのですか? 
どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

長崎になったのは、簡単に言うと、ポルトガル人が「ここがいい」って言ったからです。
しかし、これにはいろいろ紆余曲折があって、まずは平戸に貿易港を築いたものの、大村領横瀬浦に移り、さらに福田というところに場所を移しました。
しかし、福田は貿易港として不適格だったため、島原半島の口之津港に移したものの、ポルトガル人が「大村氏の領土でないとイヤだ」クレームが出たため、長崎に白羽の矢が立ってポルトガルも了承したため、長崎が貿易港になったと言うことです。
開港当時は出島はなかったのですが、キリスト教禁教令により隔離されるようになり、出島に収容されたということです。1637年の島原の乱によりポルトガル人が追放された後、平戸にいたオランダが出島に移り、出島の主になった、ということです。
ちなみに、出島は当時は扇の形をしていたため、「扇島」と呼ばれていたらしく、どうやって作ったのか、誰が設計し、現場を指揮してたのか、一切が今もって謎です。

Q出島貿易時代の関税

幕末に開国した当時に列強に結ばされた不平等条約は関税自主権が無くて問題でした。
それ以前出島で制限貿易していた時代には関税はどうなっていたのでしょうか?

Aベストアンサー

時代によって,変化がある。
あるときは関税はおよそ100%であったし,またあるときは関税はなく長崎会所(現在の長崎税関)が独占的に買い上げそれを多大な利益を載せた上で商人に売っていた。

Q江戸時代 鎖国 対外貿易が行われた港

鎖国時代に対外貿易が行われた港
4ケ所と相手の国を教えて下さい。

Aベストアンサー

対外貿易が行われた港4ケ所ということですが、下に書いたように港が判らない場合も有りますので、知っている限りということでご容赦下さい。

幕府-長崎-オランダ・中国(明→清)
対馬藩-釜山(倭館を設置し交易)-朝鮮
薩摩藩-琉球(進貢船の形で毎年清国へ渡航)-清

松前藩-山丹(黒龍江下流に住んでいた山丹人)-山丹人や清
*山丹交易は非公式なので、山丹人-樺太アイヌ-蝦夷地アイヌ-松前藩という道筋が一般的。なお、山丹人を通じて清国の物産(蝦夷錦と呼ばれた絹製品など)も流入しており、実質的には清国との交易

Qオランダが鎖国中にも貿易ができた理由

鎖国中には清とオランダが出島に限って貿易を許されましたが(他に朝鮮通信使や琉球慶賀使などはありましたが…)オランダ船来航が禁止されなかったのはキリスト教布教に熱心ではなかったということを聞いたことがありますがこの理解で正しいでしょうか?

Aベストアンサー

キリスト教布教に熱心でなかった、なんてレベルじゃないです(^^;)。

キリスト教布教絶対絶対やりまっせん!!! 商売一筋!!!
だから我々オランダの船とだけ仲良くしてねっ♪♪♪

とゆー強烈アピールをしまくった結果です。
何しろ島原の乱の時、幕府に協力して、篭城中の日本人キリスト教徒たちに砲撃までしてますから。
(他の欧州キリスト教諸国からは「そこまでして金儲けしたいんか!?」と大顰蹙だったそうです)

当時のオランダにとって、対日本交易は結構な利益でした。
独占出来ればこんなにオイシイ話はないので、表から裏からアレコレと頑張っていたようです。
(以前NHKで見た歴史番組によれば、そもそも、ポルトガルとスペインは布教目的で来日するから追い出したほうがいい、と進言したのもオランダだった、という話です)

幕府としては、キリスト教に関係の無い国となら貿易しても構わなかったのですが、それぞれいろんな事情があって、「皆そろって長崎で交易」というわけではありませんでした。
逆に言えば、長崎を通して交易していなかったからと言って、日本と交流が全く無かったわけではない、ということです。
以下、知っている限りで並べておきます。

●朝鮮王国●琉球王国●アイヌ諸族●
>>>>>それぞれ対馬藩、薩摩藩、松前藩が専門に担当。
これらの藩は、江戸時代以前からの交易相手であり、財政も交易の上りで成り立っていました。
他藩に横入りされると死活問題なので、江戸幕府成立前後は硬軟様々な手段を講じ、「対XX交易のエキスパート」という地位を獲得しました。

これら3つについては、幕府直轄の長崎を通していなかった、というだけで、日本全体で見た場合は“交易があった”と言えます。
(通信使や慶賀使は国家同士の公式の使節のやりとり。
 商売はまた別に、各藩の港でやってます)

●明→清帝国●
正式の国交は無し。民間の貿易商のみ往来。

●東南アジア諸国●
実は江戸前期には数回来た記録が残っています。
しかし、遠い上に、対日交易を独占したいオランダが妨害工作することもあって、いつの間にか来なくなってしまいました。

東南アジア諸国の物産はオランダや清の民間商人が持ってきてくれるので、日本人は別に困ることもなく放っておいたと思われます。

キリスト教布教に熱心でなかった、なんてレベルじゃないです(^^;)。

キリスト教布教絶対絶対やりまっせん!!! 商売一筋!!!
だから我々オランダの船とだけ仲良くしてねっ♪♪♪

とゆー強烈アピールをしまくった結果です。
何しろ島原の乱の時、幕府に協力して、篭城中の日本人キリスト教徒たちに砲撃までしてますから。
(他の欧州キリスト教諸国からは「そこまでして金儲けしたいんか!?」と大顰蹙だったそうです)

当時のオランダにとって、対日本交易は結構な利益でした。
独占出来ればこん...続きを読む

Q江戸時代の鎖国について教えてください。

江戸時代、日本は鎖国制度で貿易制限をしており、外国人の国内での活動も大きく制限されていました。

ところで、日本人はどうだったのでしょうか。出島などの外国船に乗り込んでオランダなどのヨーロッパに入国した者もいたと思います。もちろん帰国すれば死罪でしょうが、移住覚悟で出国はできたと思います。

また、ヨーロッパでも日本でも需要はあったと思います。ヨーロッパの機械や、医学について、国内での研究にあきたらず出国した者もいたと思います。また、ヨーロッパの技術も、日本の技術も、相互に大きなメリットがあり、金儲けに目敏い日本の武士や商人が何もしなかったとは思えません。幕府自体でも、表向きは禁制として取り締まりながら、秘密裏に使者を送って技術や情報を得ていたものと思います。

こういった記録は歴史上ないのでしょうか。

質問1. ヨーロッパ・米国・中国側での日本との貿易・移民に関する記録はありますか。日本の資料でも、ヨーロッパや米国側の資料でもかまいません。

質問2.日本国内では外国人の活動は制限されましたが、東南アジアの日本人町やヨーロッパ・中国・米国では、日本人は活動に制限はありましたか(私は、安土桃山時代の東南アジアの日本人町のようなものが、小規模ながらヨーロッパにあったのではないかと思います)。

以上です。

江戸時代、日本は鎖国制度で貿易制限をしており、外国人の国内での活動も大きく制限されていました。

ところで、日本人はどうだったのでしょうか。出島などの外国船に乗り込んでオランダなどのヨーロッパに入国した者もいたと思います。もちろん帰国すれば死罪でしょうが、移住覚悟で出国はできたと思います。

また、ヨーロッパでも日本でも需要はあったと思います。ヨーロッパの機械や、医学について、国内での研究にあきたらず出国した者もいたと思います。また、ヨーロッパの技術も、日本の技術も、相互...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>質問1. ヨーロッパ・米国・中国側での日本との貿易・移民に関する記録はありますか。日本の資料でも、ヨーロッパや米国側の資料でもかまいません。

「鎖国」と聞くと、まずは、長崎の出島だけでの交易が思い描かれると思いますが、「四口(よつのくち)」と呼ばれる方法で、鎖国時代(江戸時代)でも、海外との交易の路は開かれていました。
1.中国から琉球へ、そして、薩摩藩を通じて幕府への路。
2.中国から朝鮮へ、そして、対馬を通じて幕府への路。
3.中国やオランダから長崎(出島)へ、そして、幕府への路。
これが、一般的に知られる鎖国時代の正規のルートと、多くの人に知られている路です。
4.蝦夷地(アイヌ)から松前藩を通じて幕府への路。

しかし、日本人の移民は、明治や大正時代のように、例えば、ブラジルへの集団移民等はありませんが、1人2人ぐらいの朝鮮や香港などへの移民はありました。
また、当時は、当然、海路しか方法がありませんので、船の調達が困難で、しかも、莫大な費用がかかりましたので、小船で何とかたどり着ける範囲で、誰でも行けた、と、言うわけではありません。

>>質問2.日本国内では外国人の活動は制限されましたが、東南アジアの日本人町やヨーロッパ・中国・米国では、日本人は活動に制限はありましたか(私は、安土桃山時代の東南アジアの日本人町のようなものが、小規模ながらヨーロッパにあったのではないかと思います)。

香港、マカオあたりには、数人の日本人が移住をし、いわゆる「日本町」を作ったりしましたが、寛永12年(1635)に幕府は「日本人の海外渡航と帰国の禁止令」をだしましたので、それ以後も、密航した者もいるかとは思いますが、公にはできませんでしたので、そうした記録は「闇に葬られて」しまいました。

(よもやま話)
これまでの考え方:(通説)
(1)「神の下では、万民が平等」という教えが、徳川幕府を頂点とした「封建社会の秩序」を乱しかねない。などの理由が挙げられていますが、戦国時代あたりから日本に「布教活動」を活発に行い始めたのは、主に、イギリスやポルトガル、スペインを中心としたキリスト教の中でも、カトリック系の宣教師たちであった。
(2)そして、確かに、私たちは、学校教育などの現場で「キリスト教徒」の進出に恐れて、日本が植民地化されるのではないか、と言う「懸念」から「鎖国」をした・・・と、習ってきましたね。
(3)しかし、長崎の出島においてはオランダとの交易は「許可」をした。
これには、オランダも植民地化を推進する国ではありましたが、一言で言うと、日本から「輸入」する「産物」が乏しかった。つまり、東インド会社などのように、当時、ヨーロッパが欲しがるような「香辛料」などは、日本の風土の中では、全くなかった。
さらに、金銀などにしても、当時は「銀」が主な流通貨幣でしたが、メキシコにおいて銀山の開発が本格化して、大量に輸出されたため、「黄金の国ジパング」とは言われても、その産出量は比較にならないほど少なかったためにスペインはいち早くメキシコとの交易に転じた。
なお、当時の日本の「銀」の産出は「石見銀山」が世界市場でも2%位を占めていたといわれています。
そして、オランダはキリスト教の中でもプロテスタント系が多く、東インド会社を巡っては、オランダはイギリスに勝利をしイギリスは排除され、日本からも撤退せざるを得なかった。しかし、すでに、日本が戦国時代頃から布教がされていたカトリック系をプロテスタント系に改宗せよ、と言っても、すでに根付いてしまったものを覆すことは、非常に困難であり、無理だと考え、布教活動に対する「魅力」は何もなかった。
(4)そこで、布教活動をするよりも、交易による利権に目を向けた。

もう一つの考え方:(日本側)
(1)どのような国の支配者たちも、自らの権力の「維持」「強化」を目指すものであり、海外との交渉で諸問題が発生するよりも、「閉ざされた社会」の方が「管理」をしやすい。
(2)当時の諸外国と言えども、中国や朝鮮でも同様に「閉ざされた社会」であり、例えば、明にしても、朝貢以外を排除し、中国人の海外渡航を禁止している。
(3)幕府としては、「開国」することにより、日本の諸藩が貿易による「財力」や「兵力」の拡大を強く恐れた。
(4)ただし、こうなると、諸外国の「情勢」が何も見えなくなって、いわゆる、「独裁国家」になるため、幕府権力だけでは日本を「独裁的」に統治する力は、まだ「完全」とは言えず、とは言っても、幕府権力という独裁的立場を確立するために、「布教活動をしない」という約束のもとで、長崎の出島のみでのオランダとの交易を許可した。
そこには、日本の諸藩を介入させず、幕府だけが「富」と「情報」を独占するためであった。
しかし、幕府の力が、まだまだ弱いことを印象付けたのは、寛永14年(1637)10月25日より発生した「島原の乱」では、幕府軍は苦戦をし、オランダに依頼をして、海上から原城への砲撃をさせています。
(5)「鎖国」をする・・・と、言うことは、とりもなおさず、国家の中だけで「自給自足」をすることになるわけですが、秀吉の頃からは、日本国内でも「灌漑」「治水」事業が発達して「新田開発」なども盛んになった、また、「農業技術」や「農機具の発明」などで徳川幕府としては、「国内生産」「国内消費」だけでも統治できる・・・と、考え「鎖国」に踏み切った。
(6)やがて、幕府権力も充実してくると、海外との戦いでも、必ずしも「最新の兵器」だけで勝てるわけもなく、「兵力数」や「食料の補給路」で、さらには、戦国時代としう戦いにおいての「戦略」や「戦闘技術」では、幕府は諸外国に対抗できる・・・と、考えた。
これには、秀吉が朝鮮出兵で「補給路」を絶たれて敗北した経験が、そうした考えとなった。
従って、徳川幕府としては、「鎖国」をすると同時に「海外進出」には一切目を向けていない。
寛永12年(1672)6月25日、幕府評定所の話し合いで酒井忠勝は、
「我々は、他の人の奉仕を受けることができるかぎり、日本の船を国外に渡航させる必要はない」
との諮問が出されている。
(7)幕府は、一気に「鎖国」をしたわけではなく、徐々に発令していった。
*慶長17年(1612)、キリスト教禁止令を出す。
*寛永10年(1633)、奉書船(渡航が許可された船)以外の海外渡航を禁止。
*寛永12年(1635)、日本人の海外渡航と帰国を禁止。
*寛永14年(1637)、島原の乱。
*寛永16年(1639)、ポルトガル船の来航を禁止。
*寛永18年(1641)、オランダ商館を平戸から長崎の出島へ移転。

「鎖国」という言葉について:
(1)ドイツ人のエンゲルベルト・ケンペルが江戸旅行をして、帰国後に書いた「日本史」(1712刊)の中にある、
「日本国において自国人の出国、外国人の入国を禁じ、また、此国の世界諸国との交通を禁止するにきわめて当然なる理」
と、いう一文を、蘭学者である志筑忠雄(しづきただお)が享和元年(1801)「鎖国論」において初めて使用した「造語」である。
(2)しかし、嘉永2年(1849)に成立した「徳川実記」では、寛永12年(1635)の措置を「海禁」と書かれている。
(3)近年、「鎖国」という言葉は、研究者の間でも使われなくなってきており、学校の教科書などでも、山川出版「新日本史」では、本文中には一切「鎖国」という文字は出てきていない。
(4)著者の東大教授藤田覚氏によると、
「幕府は、最初から鎖国を意図したわけではない。その状態が、たまたま200年ほど続いたから『なんとなく鎖国』だった」
と、考えた方が自然ではないか・・・とコメントしている。

少しでも、あなたのお役に立てば・・・。

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>質問1. ヨーロッパ・米国・中国側での日本との貿易・移民に関する記録はありますか。日本の資料でも、ヨーロッパや米国側の資料でもかまいません。

「鎖国」と聞くと、まずは、長崎の出島だけでの交易が思い描かれると思いますが、「四口(よつのくち)」と呼ばれる方法で、鎖国時代(江戸時代)でも、海外との交易の路は開かれていました。
1.中国から琉球へ、そして、薩摩藩を通じて幕府への路。
2.中国から朝鮮へ、そして、対馬を通じて幕府へ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報