太陽光発電なんかで、商用へ戻す(売電する)時にインバータの出口側に
連係保護装置というものを接続するらしいですが、そもそも系統連携って
どういう意味なんでしょうか。それから、連係保護とは何を何から保護す
るのでしょうか。

A 回答 (3件)

専門家ではありませんが系統連携とは、例えば発電機が有ったとしてその発電機の発生した電力を何かのモータとか電気器具単独で発電機の電力を消費する場合は関係ないのですが、電力会社からの電力配線と一緒にしてしまう場合のことです。

但し系統連携する場合は電力会社の電気と発電機の電気が一緒になるので厳しい規制があります。
また連携保護とは、万一発電機側のトラブルが発生した場合、電力会社側に影響させないよう遮断装置を付ける事。
要するに万一発電機側にトラブルがあると電力会社側に影響あり、その地域全体に大変な迷惑をかけるので、安全のための装置とお考え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
商用に接続された発電機がトラブルのために、地域全体が停電してしまう可能性があるということですか。これは確かに大変な迷惑がかかりますね。そのために発電機を切り離す必要があるということになるんですね。

お礼日時:2000/12/20 17:11

 他の方の回答であってると思います、その他の保護装置としては、接地した時や短絡した時、周波数が高くなったり、低くなったりするとかなり電力会社は困ります。


 電気の供給が止まると周波数は落ちてしまいます。その分、他の火力発電所のタービンがいっぱい回転してくれてその周波数の下がった分を補ってくれます。
 他にも電力会社の系統に電気を送る際に周波数を合わせるために「同期」と言うものとり、60Hzならその周波数にあってないと、電気を送れないシステムもあります。
(360度の円で0度の±10度以内でないと駄目です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発電機側の故障、位相・周波数の問題等いろいろと考慮しなければならないことがあるんですね。売電用装置が高価になる理由が何となく分かったような気がします。
回答を頂いた皆様、ありがとうございました。

お礼日時:2000/12/21 18:33

コンセントの電気は交流の100Vというのはご存知だと思います。


交流というのはプラスとマイナスが、東日本の場合だと1秒間に100回(50Hz)、西日本だと120回(60Hz)入れ替わります。
乾電池を並列に繋いだ場合、(+)極同士、(-)極同士に繋ぐので2倍の電流が取り出せます。
ところが繋ぎ方を間違えて(+)と(-)を繋いでしまったとすると電池同士で電気を消費して(ようするにショート)危険です。
そこで、売電の場合。
もしも何も考えずに太陽電池側のインバーターと電力会社側を繋いでしまった場合、電力会社側が(+)の時にインバーター出力が(-)のタイミングになってしまう可能性もあります。
これを(+)同士、(-)同士に合わせる(これを位相が揃うといいます)ための仕組みと、もし万が一位相が狂った時に事故を防止するための仕掛けです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力の系統連係と売電について

太陽光や風力等で発電した電力を商用インフラである送電線に系統連係、売電する場合の技術基準、関係法令を知りたいのですが何か良い参考書や、webサイト等あれば教えていただきたくよろしくお願いします。
低圧、高圧、特高での系統連係も考えています。
小生約30年前に電験3種を取得したのですが、系統連係等は勉強した覚えが有りません。
今は電技解釈等変わっているのでしょうか。

Aベストアンサー

系統連系について、一番信頼性があり、詳しいのは社団法人日本電気協会発行の「系統連系規程」JEAC 9701-2012と思います。最新版は平成25年7月30日第6版2刷発行となっています。
 また、各地域ごと(例えば九州、四国・・・)に電気協会主催のこの規程を使った講習会も開催されておりますので、HPをみられたらよろしいかと思います。

Q系統連携に関して

個別分散発電の拡大に伴い、商用電源に発電設備からの電源を直接接続しますが、その時、電気はなぜ負荷側だけに流れて商用側に流れないのでしょうか?
周囲の人に聞いてみると、「電圧の差だ」と言いますが、そうすると発電側の電圧は商用側より低くしないといけなくなります。そうなるとせっかく発電した電気が流れないことになります。
どうしても分かりません教えてくださいお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。#1です。

> このような理解でいいのでしょうか?

その通りです。

> は、商用側に流れると言うことなのでしょうか?

そうです。これも、書いてあるようにあくまで発電量が負荷よりも
大きい時だけです。

どのレベルで説明すればいいのかちょっとわからないですが、簡単に
言うと、電力系統というのは負荷と発電量のバランスが保たれている
ので電圧と周波数が保たれています。
負荷を発電量が上回れば、系統の電圧と周波数は上がりますし、発電量が
下回れば系統の電圧と周波数は下がります。

ですから、「電圧の差」と言う答えは結果として間違いではありません。

○需要家の中だけで考えて、負荷より発電量が小さい場合
需要家の中の電圧と周波数が下がる方向に働くため、電力会社の系統から
電気が流れ込みます。そして、流れ込む分系統の電圧と周波数が下がるので
電力会社の発電機が規程の電圧と周波数を保つために出力を上げます。


○需要家の中だけで考えて、負荷より発電量が大きい場合
需要家の中の電圧と周波数が上がる方向に働くため、電力会社の系統に
電気を押し出します。すると、系統全体ではバランスが崩れ発電量が負荷を
上回り電圧と周波数が上昇するので、電力会社の発電機が出力を絞り電圧と
周波数を保つようにします。

このように、負荷を発電量が上回れば結果的に電圧が上昇して電力系統に
電気が流れるようになります。

現在では、託送を行っている発電機も多く電力系統に繋がっているため、
系統全体の電圧、周波数を一定に保つ為に調整する事をアンシラリーサービス
と言い、その調整を行う容量をガバナフリー容量と言い、出力調整幅の
大きな発電機を設置します。(効率の良い運転をするものは出力調整幅を
ほとんど持っていないです)

こんばんは。#1です。

> このような理解でいいのでしょうか?

その通りです。

> は、商用側に流れると言うことなのでしょうか?

そうです。これも、書いてあるようにあくまで発電量が負荷よりも
大きい時だけです。

どのレベルで説明すればいいのかちょっとわからないですが、簡単に
言うと、電力系統というのは負荷と発電量のバランスが保たれている
ので電圧と周波数が保たれています。
負荷を発電量が上回れば、系統の電圧と周波数は上がりますし、発電量が
下回れば系統の電圧と周波数...続きを読む

Q送電基幹連携系統図

送電系統図を手に入れたいのですが、インターネット検索などをしてもなかなか見つかりません。ご存じの方おりましたら、教えてください。

Aベストアンサー

送電系統図で検索すると中部電力の基幹系統図が見られます(中部電力は公開していない)。
平成××年?四国電力で送電鉄塔のボールと抜き取りで鉄塔倒壊事故の後電力会社は一斉に送電系統図の公開を自粛しています、それまでも関係者以外には公開をしていません。
今後も安全の為に公開をする予定はないでしょう。

Q系統の保護について

いくつかお聞きしたい事があります。
1・・・主保護は、何キロメートル間隔で検地するようになっているのでしょうか。
2・・・後備保護は動き出すのが主保護よりもおそいだけで、回路構成は主保護と同じなのでしょうか。
3・・・一つの区間の主保護の遮断器二つと、後備保護の遮断器二つは
その区間専用にあるのか、または別の区間の主保護の遮断器を後備保護の遮断器として使うのかどちらなのでしょうか。
わかりにくい質問ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 あまり詳しくないですし、会社によってリレーの使い方が若異なるかもしれませんが・・・。

 リレーは過電流継電器や距離継電器、過電圧継電器などさまざまな継電器があり、保護される系統の電圧階級や使われる場所(特高受電のお客さんへ行きっぱなしの送電線、変電所間など)で使われるリレーは異なります。

1・・主保護は何キロメートルで検地するのか。
 何キロメートルで検知するということから距離継電器で、距離継電器の主保護ということは1回線受電の特別高圧受電のお客さんへ供給する送電線保護だということがわかります。当たり前ですが、お客さんはリレーの設置箇所である変電所から決まった距離に会社を設置してくれるわけではありません。何キロメートルであろうと保護しなければなりません。物によって違いがあるかもしれませんが、距離継電器の場合では故障箇所までの距離を1~3段と分け、お客さんの受電する場所と変電所の距離を100%として、○○%以内の場合に1段が動作、△△%以内の場合に2段が動作という感じになっています。なので、何キロメートル間隔で検知すると具体的なことは決まっていません。余談ですが、距離(%)によってリレーの動作する時間が異なります。(変電所より近ければ早く、遠ければ遅い)

2・・・主保護と後備保護の回路の違いについて
 仰るとおり、後備保護は主保護より遅く動作します。理由は簡単で、使っているリレーが異なり、後備保護より主保護の方が信頼性の高いリレーを使用しているためです。(例えば、変電所間の故障でしか動作しないPCMなどの差動リレーを主保護とした場合、後備保護は、送り先の変電所、またはその先の送電線まで保護できる距離継電器を使用します)
ということで、主保護と後備保護の回路構成は同じではありません。
 電圧階級の高い重要な送電線を保護するリレーの場合、全く同じ回路構成で、同じ時間で動作するリレーを設置する場合があります。この場合は主保護や後備保護といった呼び方ではなく、2系列化されたリレーと呼んだりします。

3・・・一つの区間の主保護の遮断器二つと、後備保護の遮断器二つは
その区間専用にあるのか、または別の区間の主保護の遮断器を後備保護の遮断器として使うのかどちらなのでしょうか

 んー、仰る意味がよくわかりません。
 主保護であろうと後備保護であろうと遮断指令を出す遮断器は同じです。主保護用・後備保護用でそれぞれ一台ずつ遮断器を設置している箇所はありません。簡略的ですがA,B,Cの変電所があった場合、遮断器下図のように設置されています。(■:遮断器)

A変■━━━■B変■━━━■C変

A変を電源側、C変を末端側としてBC間で故障が発生した場合、次のような順番で故障除去されます。
(1)B変に設置されるBC線用の主保護で、B変右の遮断器に遮断命令を出し故障除去。
(2)BC間用主保護リレー不良の場合、B変に設置されるBC線用の後備保護で、B変右の遮断器に遮断命令を出し故障除去。
(3)B変右側の遮断器不良、またはBC線間の主・後備保護とも不良で故障除去できなかった場合は、A変右側の遮断器で故障除去。この場合、B変全部停止してしまう。

ちなみに、B変左側に設置される遮断器はB変より左側の故障でしか動作しないので、BC線間の故障では動作しません。
あと、実際の系統では変電所の母線保護などが線路の保護を行ったりします。

わかりにくい説明ですいませんでした。

 あまり詳しくないですし、会社によってリレーの使い方が若異なるかもしれませんが・・・。

 リレーは過電流継電器や距離継電器、過電圧継電器などさまざまな継電器があり、保護される系統の電圧階級や使われる場所(特高受電のお客さんへ行きっぱなしの送電線、変電所間など)で使われるリレーは異なります。

1・・主保護は何キロメートルで検地するのか。
 何キロメートルで検知するということから距離継電器で、距離継電器の主保護ということは1回線受電の特別高圧受電のお客さんへ供給する送電線...続きを読む

Qインバータ

よくインバータと聞きますが、どんな性能があるのでしょうか。電源容量を少なくできるとか発電を安定させられるとか…メーカーが言っていましたが。
またインバータにも高効率や普通の?とかあるのですか?価格も比例して高いとかあるのですか。素人ですんでわかり易い表現ですと助かるのですが。 

Aベストアンサー

● 商用電力の周波数は関東50HZ,関西60HZと一定です。

● 又、モーターの回転数はこの周波数に依存し、簡単に変更出来ませんでした。

● 従って昔(インバーターなし)の冷蔵庫、エアコンなどのコンプレッサーは回転数が一定で、温度が下がればコンプレッサーは停止、温度が上がってくれば運転と、断続制御であり、温度は幅広く変動しました。

●インバーターを使うと周波数を自由に制御出来、従ってモーターなどの回転数も自由に制御が出来ます。

● インバーターが付いたエアコン、冷蔵庫は温度が下がれば回転数を下げ、温度が上がれば回転数を上げる連続動作が可能となり、安定して温度を維持出来ます。

●インバーターとは商用電源を一旦直流に直し、トランジスターを使い、必要な周波数を造ります。

●又、蛍光灯は従来は50HZ,60HZで点灯し、チラツキが感じました、今は10000HZ程度の高周波で点灯し、チラツキを感じません、これは蛍光灯の安定器は従来は鉄芯にコイルを巻いた重たいものでしたが、インバーターによる高周波点灯では重たい鉄心が不要と成り、コイルも巻き数が遙かに少ない簡単な物で可能となりました。

● 電源アダプター(ノートパソコンの電源など)も非常に小型軽量に成りましたね(重たいトランスが、インバーター式の変圧器に)

● 車載用で12Vの電気を家庭と同じ100Vを造るインバーターも有りますね、 昔は直流を交流に変換するのは大変、モーターを回し、その回転で発電機を回すなどで市販品は有りませんでした。

>インバータにも高効率や普通の?とかあるのですか?価格も比例して高いと
● 車と同じで燃費の良い物、高級車など有るのと同様で、難しい内容であり、省略させて下さい。

● 商用電力の周波数は関東50HZ,関西60HZと一定です。

● 又、モーターの回転数はこの周波数に依存し、簡単に変更出来ませんでした。

● 従って昔(インバーターなし)の冷蔵庫、エアコンなどのコンプレッサーは回転数が一定で、温度が下がればコンプレッサーは停止、温度が上がってくれば運転と、断続制御であり、温度は幅広く変動しました。

●インバーターを使うと周波数を自由に制御出来、従ってモーターなどの回転数も自由に制御が出来ます。

● インバーターが付いたエアコン、冷蔵庫は...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報