(1)企業の経営資源(アウトソーシング、OEMについて)
(2)社会的責任(否定説と肯定説)
(3)経営目的の多様性(財務構造の弾力性を中心に)
(4)企業の経営目的の一元説と多元説(考え方)

この4つの中で少しでもいいので知識のある方、詳しい文章的なHPを知っている方教えて頂きたいです。

今この4つについて勉強しておりまして、HPのどこを探しても文章的なHPが
見つからず・・・困っています。
お力を貸してください、お願いいたします。

A 回答 (1件)

これらについてはつぎのように考えるべきものです。



企業経営の目的は、利益を獲得する事です。それ以外に目的はありません。昨今、企業経営の目的がいくつもあり、利益を獲得する事というのも目的の一つだがその優先順位は低いように言われることがありますが、これは誤った考え方です。企業はまず儲けなければならないのです。

企業が利益を獲得する事が、社会的な責任を果たす事にもなります。企業は利益を獲得するため社会のルールを侵してはなりません。ルールを守って利益を獲得することこそ企業が果たすべき社会的な責任です。この守るべきルールを企業の目的と勘違いして目的がいくつもあるように言われています。目的と守るべきルールは異なるものである事を正しく認識しなければなりません。

企業は利益を獲得するためには、経営を効率的に行う必要があります。効率的に経営するとは、投入資源をできるだけ少なくして多くの利益を得ることです。経営を効率化するための選択肢の一つとしてアウトソーシングやOEM生産という手法を用います。人的資源や開発コストを負担するよりも効率的な経営ができるのであればこうした方法を用いるべきです。

経営とはいろいろな考え方や手法を統合化したものであって、経営全体とのかかわりを考慮しながらそれぞれについて考えることが必要です。単独で考えようとすると、上で述べたような誤りを犯してしまいます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報